コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
まず最初に昨日昨年の演奏会のことを書きましたが、後になっていろいろと思い起こすとあれもあったこれもあったなとか思ったりしました。
一つだけぜひ追加したかった演奏会がありましたのでそれだけ追加とします。
昨年もっともしみじみよかった演奏会。
音文練習室で行われた「楽路歴程」さんの演奏会。
そこでのターフェルムジークがとーーってもよかったです。
これだけはどうしても付け加えたかったので追加。

さて年末に何枚か購入したCDで「これはすごいねぇ」と驚嘆したものが2枚あります。
まず1枚目は!
ファジル・サイのベートーヴェンピアノソナタ
曲目は「熱情」「ワルトシュタイン」「テンペスト」という超有名どころを収録しています。
このディスクについてはIANISさんがご本人のHPですごい解説をされるはずなのでその前に私なんぞが書くというのもおこがましいんですが、まぁ素人のような意見として大目に見てください。

e0046190_0133036.gif
まずおもしろい!これが最初聞いたときの感想。
いっかにもファジル・サイ!先入観を裏切りませんでした。
特に「熱情」はすごく聞いて興奮しますね。
私は2楽章が一番いいと思いました。まるでジャズピアニストが弾いたらこんな感じになるんでは?と思いました。いい意味で音楽の運びが自由自在。
3楽章は快速ですっ飛ばしてますがなかなか聞かせどころもあってこの「熱情」には喝采。

ただその後に続く「ワルトシュタイン」と「テンペスト」はどうかなぁ。
「ワルトシュタイン」はなんか燃え尽きていない感じがするんですよね。
「テンペスト」も腰が弱いような気がする。
それにどうもずっとファジル・サイ節を聞いてると段々テンション下がってくるんですよね。
なんか慣れてくるせいなのかもしれないのですが。
「テンペスト」はなんか力入っていないように聞こえるんですがどうなんだろう。
いろいろ小技使ってるような感じはするんですが。

ということでお勧めするのは「熱情」!
あとファジル・サイは嫌いという人は無理して聞くことは無いってとこでしょうか。
まず音楽友の社のベスト盤とかの上位にくるようなものではないけど、サイというピアニストに興味がある人にならぜひ!というとこです。

あと一つは。
アンサンブル・オルガヌムによるマショーの「ノートルダム・ミサ」!
すいませんが新譜ではありません。すでに定評ある盤です。
新潟の古楽をとりまとめられている某教授さまよりのご紹介だったんです。
「佐藤さん、マショーだったらアンサンブル・オルガヌムは絶対聞かないとだめ、驚くよ」と言われて。。。聞いて「ぶったまげました」

e0046190_0143760.jpg
いやすごい。
この曲に関しては私が持っていたのはデラーコンソートのものだけで、そのイメージを持ったまま聞いたんですね。
とても同じ曲とは思えませんでした。
まぁ中世音楽はやり手によってかなりフォルムは変わるんですが、これほどとは想像してませんでした。
紹介されておきながら失礼になるかもしれませんが、もし「ノートルダム・ミサ」を最初の一枚として買いたいんですがどれがいいんでしょうか?とお客様に聞かれたとしてまずこのアンサンブル・オルガヌムのはお勧めしません。
決して悪い演奏と言うのではありません、最初の一枚にはふさわしくないということです。
それほど従来の中世音楽演奏の枠をぶちやぶっている演奏(合唱)です。
この荒々しさと力強さは教会音楽というより民俗音楽か声明の域ですね。

これははまると奥が深いですよ~この団体は。
私もこのアンサンブル・オルガヌムは追ってみたいと思いますが、先に標準的な演奏を聞いてから臨む事にします。
でもすごい団体教えていただきました。H教授様ありがとうございました。

今年は中世・ルネサンス音楽をちょっと力入れて勉強するつもりです。

以上この2枚は「普通ではない」という驚きみたいなのをお求めの方にはお勧めです!
# by concerto-2 | 2006-01-06 23:57 | CDの紹介 | Comments(0)

心がどっかいった日

今日は本年初の休日でして朝はワイドショー見まくってそいで昼寝してっと優雅な一日を過ごしています。
ほこほこ。。

さて以前、演奏会に行って心がどっかにいってしまうようなことがあると書きましたが、昨年そんな風に思った演奏会、演奏のことを書きます。
まず第5位は
だいしホールで2回聞きましたが、ヴァイオリンの羽柴累さんの演奏するイザイの無伴奏ソナタ4番。
まずこの方の雰囲気がいい。なごやかとか楽しいとは違う深い演奏をされます。
桐朋でられた後どうされるのかわかりませんが大きくなってほしいです。

第4位は
長岡交響楽団さん定期のベートーヴェン「英雄」。
正直気軽な気持ちで出かけて行ったこの演奏会でしたが、結果としてものすごく力入って見る事になりましたし、熱演でしたし感動的でした。
今年見た地元アマオケの演奏会の中では最も感動しました。
演奏レベルとしては新潟市のオケの方が上だと思いますが一期一会の演奏だったと思います。
ほんとうに見に行ってよかったと思った演奏会でしたね。

第3位は
新潟大学の弦トレーナーでもあられる風岡優先生のだいしホールでのリサイタルでのバッハ無伴奏ソナタ1番。
以前より「すごいですよ」とは聞いていた風岡先生のバッハ。感服しました。
正直リサイタルの前半はふつうかなぁと思っていたんですが、このバッハは聞いていて宇宙が広がるような気持ちになりました。

第2位は
ここで登場、トリオベルガルモ。そろそろ私がここを賞賛してもたいこもちみたいな感じに思われるかもしれませんね。たしかに身近であるために客観的に見れなくなっていることも事実かも。
そんな中ほんとに心がとんだ演奏が一つ。
7月の彼女たちの定期でのチャイコフスキーのピアノトリオ「偉大なる芸術家の思い出に」。
実は今年のベルガルモでこれが一番感動したということをメンバーである石井さんに話しても「そうですかぁ?」と言われてるんですね。きっとご本人たちは他の演奏でもっと自信があるんだと思いますね。
なのでほんとに私個人のその時の体調感情などいろんなものがあって、そのいい時に「バチーン!」とぶつかったいい演奏ということでご勘弁くださいね。

さてここまで見てもわかるとおり俗に一流とよばれる有名な団体とか個人は入っていません。
だからこれが昨年新潟で行われたベストコンサートのランキングではありませんので、あくまでも個人の思い入れまで含めたものです。

しかし!しかしながら
昨年の最高に感動した演奏会は残念ながら地元つながりではありません。
ここまでの2位から5位に関しては正直順位が入れ違っていてもいいんです。
でも昨年私が見た最高の演奏会は圧倒的に抜きん出ていました。

東京交響楽団が定期で演奏した
マーラーの交響曲第9番です。
これはほんとうに感動の極致でした。
4楽章は人間が演奏してるのでなく天上から音が聞こえてくるみたいな思いにとらわれました。
ほんとうにこんな素晴らしい音楽がたった1時間数十分で終わるなんて。。と思いました。
とても終演後すぐになんか拍手できませんでしたよ私は。

以上が私が心がどっかいった演奏の数々です。

あと心はどこかに行かなかったけど、とにかく感動した演奏会だけ三つ。

新大オケのパート別発表会でのヴァイオリンパートの発表会。
忘れられない思い出になった発表会でした。

NHK高校合唱コンクール県大会。
合唱の楽しさ、難しさそして素晴らしさを感じました。「風になりたい」は最高にいい曲!(BOOMの曲とは違いますからね)

東京学館さんの音楽文化会館での音楽発表会。
まわりで出番が終わった高校生が泣いている、たまりませんね、もらい泣きしてしまいました。

いずれもとにかく感動しました。
何に感動するか?やはりその時までその人が努力してきた一生懸命さに感動するんだと思います。

そういった一生懸命さを目の当たりにすると「よし、おいらも頑張ろう」と励みになります。
私もいつか人の励みになれたらいいなと思いますね。
そのためにも今年一年一生懸命にやります!
# by concerto-2 | 2006-01-05 15:42 | 演奏会のこと | Comments(2)

正月!

ふたたびあけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。

昨年は年末の大晦日から正月二日まで店はお休みしたんですよ。
今年は実際正月やるってどんなもんなんだろうと思ってノンストップ休日無しで開店してました。
年末に知人にそう話したらどうも大晦日は年越しまでやるという風に受け取られた方もいらっしゃったようですがそこまではちょっと。。。
ジルベスターみたいな年越しライブがあればやったかもしれませんけどね。
また以前いた会社の先輩の方が31日の夜中に「うおぉーい、今白山神社にいるんだけど店開けてるかぁ!」と実にご機嫌な電話を私の携帯にかけてこられたご機嫌にできあがってた方もいらっしゃいましたが(笑)
まぁ年越しについては今後の検討という事で。。
でも年越しのクラシックCDショップってなんかおもしろそうではあるけど。。。。 どうでしょ、皆さん来られます?
もっと元旦からやるお店とか増えると地区商店街としても盛り上がるかも知れませんね。

さて元日!
すっごいいい天気でしたね!こんなにいい天気の元旦なんてちょっと記憶に無いくらい。
さすれば売上もそうとうにアーーップ!
となれば最高ですが世の中そうそううまくいきません。
当店前の東堀通りは元日道の端は駐車OKなので朝からびっしり停まってまして。当店に来ようとも車を置くスペースがありません、おまけに白山神社に行こうと言う車の大渋滞!!
すごかったです。
それに元旦やるってお伝えしてなかったお客様がほとんどだったので売上はちょぼちょぼ。。。
でも「今日のさかい」様もおっしゃっていましたが、とりあえず道ゆく人達や動かずにのろのろの車内の方々は皆さん「おっ、やってる店あるけどなんだろう」みたいに見て行って下さってたので宣伝効果としてはなかなかのものがあったと思います!
これでよし!としなくては。

二日はいつーーーーものように天気が崩れました。
元旦はほんとに奇跡的な晴天だったですね。
東堀通りもまぁ混んではいるものの元旦とは大違い。
伊勢丹のある万代地区がすごかったらしい!。とはやはり正月からお仕事で泣きが入っているCHEEZEさんからの情報。
夜遊びにきてくれました。サンキュー!

そいで今日三日。
あーん、もうー!てな感じの雪。。。また雪。。。そいで吹雪いちゃったりして。。
でもこれが普通の新潟の冬だから仕方ないですよね。
テレビに映る東京のお天気は外国のようですよ。。
早く東京に大雪が降ってトップニュースになって、それ見て大笑いしたいものです。
憎い!でもちょっちうらやましい!

でも正月やってよかったです。
様々な方々がきてくれてご挨拶もできたし、今後も正月はやっていきたいと思います。
お客様の喜ばれているお顔をみるのが最大の喜びです。

皆様にとって素晴らしい一年でありますように!

くわぁ!3億円あたらなかった!また300円かよぉ。。。
# by concerto-2 | 2006-01-03 16:58 | Comments(2)

あけおめ!ことよろ!

あけおめ!ことよろ!
(筆者注:あけましておめでとうございます、今年もよろしく!の略です)

2006年!ことしもよろしくお願いします!
皆様方にも素晴らしい一年でありますように!
# by concerto-2 | 2006-01-01 00:43 | Comments(0)
いやぁもうすぐ2005も終わりですねぇ。
今日は休みで午後はいろいろと食料の買出しにいってきましたが、すごいですねぇ。
まるで戦場のようでしたねぇ。。。

そして帰ってきてからは!
PRIDE男祭りだぁーーー!
K-1プレミアムだぁーーーー!!

リモコンを片手に大騒ぎです!
ミルコだハントだ武蔵だシウバだヒョードルだぁ!!

そして時折紅白!もんただぁー!!

興奮してます!
これから小川直也と吉田秀彦です!はっきしいって意識はPCからとんでます!
くぅ!なかせるなぁ小川!あのはちまき!このテーマ曲!!(橋本のなんですよ)
天国の橋本見てるかぁーー!!

いやいやしかしここはきちんとご挨拶しないと!
ほんとうに今年はいろいろな方々に教えていただいた一年でした。
来年はもっと皆さんに喜んでいただける店にしたいと思います。

よいお年を!

あぁ小川負けたか。。。
# by concerto-2 | 2005-12-31 22:57 | テレビ・ラジオのこと | Comments(5)