コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
県コン本選会について、ちょっと余談的なことを。

さっき書いた後半の記事で竹内優姫乃さんについてちょっと長く書いてしまいましたが
竹内さんは残念ながら今回賞は取れなかったんですね。

長いこと県コン本選会を見てきて思うのは、印象に残るのは賞には入らなかったシーンが多いということなんです。

もちろんその年の代表者を争うわけですから丁丁発止な競い合いも醍醐味でしょう。
そうなると県コンを長く見ている人ならお分かりだと思うのですが
選ばれるパターンみたいなのがあるんですよね。いつもというわけではありませんが。
今回も「見に行ったけど、けっこうキツイ演奏が多い」という意見を目にしました。
わかるんですよね。

そんな中、これは受賞にはならないだろうけど染み入るなぁ~ということを感じる演奏があります。

中でもよく覚えているのを2010年のピアノ部門。
そこから3つ書きます。

2010年のピアノ中学生部門。糸魚川の磯野さんが弾かれたバッハのイタリア協奏曲。
この演奏とっても面白かったんです。何というかタテノリというか、クラシック的でないリズム感。ある種のグルーヴ感さえ感じる演奏でした。
この時の中学生部門と言えば相田さん、阿部さん、三宅さんと言ったそうそうたる面々が出てた時期で賞はもらえませんでしたが
とっても鮮烈な演奏で記憶に残っています。

後に磯野さんのお父さんとコンタクトをとる機会があって、たしかお父さんはフュージョンのバンドかなにか趣味でされている方だったと記憶しているのですが、やはりお父さんを見て育たれてたのかなと微笑ましく思いました。いいイタリア協奏曲でした!

次に

小学5・6年生の部。
川上那弥さんが弾かれたカバレフスキー「日本民謡による変奏曲」
このとってもよかったんです。だいたいこういう~変奏曲って面白くないの多いんですけど、これは曲もいいし、それに演奏もよかったです。
なんかこの時の川上さんの演奏には決意というか、うーんせっぱつまったというか
当然コンクールなので必死なところあるのは当たり前ですけど
なんか見ててつよいものを感じましたね。
この時のこの小学5・6年生の部では私的にはこの演奏が一番でした。
川上さんと言えば石川先生の門下さんで、この石川先生門下って県コンではもう常連さんがたくさんいるすごい門下です。
でもいつも思うのはみんな明るいんですよね。悲壮感があまりない。
そしてそれぞれがみんな個性的で、いい意味でバラバラというか(怒られるかな)
一人一人を先生がしっかり見て、その子に応じた伸ばし方をきっちりされているのだろうと思います。
将来その教えを受けた人が後進を育てていかれるのであろうと思うと、それもまた楽しみですね。

そして
県コンを見てきた中で一番印象に残っているシーンがあります。
思わず息をのんでしまった。
忘れられない演奏がありました。
それは

この年の小学5・6年生の部。
島田美和さんが弾かれたシューマンの「子供の情景」
何曲か弾かれたのですが最後が「トロイメライ」だったんです。
驚きました。
県コン本選会で「トロイメライ」を聴くなんて。
まずこういう曲は選ばれないんです。
あのコンサートホールに「トロイメライ」が流れている間はコンクールなんだということが頭から抜けましたね。
ただただ、聴き入りました。本当に素晴らしい瞬間でした。
島田さんは当時時折当店に来てくれてたので存じ上げてましたが、いつも挨拶がしっかりしたいいお嬢さんだなと記憶しています。

当時中学生とか小学校高学年であれば、8年たった今は20歳前後、もしくは過ぎた年代になられていることでしょう。
今ではピアノもされていないかもしれませんね。それでもいいと思います。
ある時期一生懸命に頑張ったということはきっと支えになります。
そんな瞬間に出会えたというのは幸福なことだと思っています。

ちなみにこの2010年の本選会では他にもヴァイオリン木野さんのすごい演奏があったり、伊藤舞さんがくるりと一回転したり(横にね)管楽器が全員賞をゲットしたり、ラストには金川唯さんの爆裂リストで幕を閉じるという思い出深い本選会でした。

県コン本選会って面白いです。
昨年行けなかった分、今年オールで見て増々そう思いました。

以上余談でした。。

あ、今年の県コン本選会公式プログラムを欲しいという方言って頂ければ何部か余計に買ってきましたので。
e0046190_17545572.jpg
ぜひお手元に一冊。いかがでしょうか。

いやぁ~県コン本選会ってほんとにいいもんです。

# by concerto-2 | 2018-07-30 17:44 | 街ネタ | Comments(0)
引き続き

次は管楽部門

ジュニアの部、本選に残った5人はなんと全員が新潟中央高校音楽科の皆さん。
さすがに全員高レベルでした。
私がこの中で一番だと思ったのはフルートの高垣さららさん。
とっても自然体で吹かれていましたね。緊張したりとか全くないということはないと思いますが動じないのも実力だと思います。優秀賞も納得。
クラリネットの平田さんもいい音出されてました。
トロンボーンの井上さんもりゅーとぴあのホールにいい響きで鳴ってましたね。
5人全員たいしたものだと聴いていました。

一般の部、ここはやはりクラリネットの辻さん。
私も一番に推しますね。実は全エントリー聴き終えた時に、もしかしたら辻さんが大賞ではないかと予想しました。

実は人にもちょろっと話してたのですが、今回の私の読みは
コンクールでの演奏曲目を知るまでは
本命チェロ山田さん、そこに対抗するのは鈴木莉歩さんと辻笑子さん。
そして私の知らない声楽の方が割って入るか。
でした。

辻さんのクラリネット、さすがでした。

ピアノ部門の高校生の部。
ここでは私の一番は井口里佳さんでした。今回井口さんの持ち味と曲目が(あとドレスも)ぴったりマッチしてましたね。聴いてて気持ちがよくなる演奏でした。あとトップに弾かれた高橋悠花さんのプロコフィエフもよかったです。
注目の八島みのりさん!私はよっしゃ!と思いましたが、果たして審査員さんにその熱意と音が届いたかどうかな~とちょっと心配でした。結果優秀賞をもらえてよかったですね!

もうお一人、高田高校の竹内優姫乃さんについて。
この竹内さんって、もう何度も本選に出られていますね。若き実力者さんと言えます。
それといつもとても好感が持てるな~と思っている方です。
ちょっと「ほっと」する空気を作れる演奏者さんだと思います。同じ上越のピアノさんで小林千花さんという、やはり何度も本選に出られている方がいらっしゃいます。
とてもタイプが似ていると思うのです。
個人的にこのお二人はとても好きです。
豪快にピアノを鳴らすというわけでもなく、神秘的に深い音色をだすというのもちょっと違う。
だから本選会のものすごい雰囲気の中ではともすると弱く感じられるかもしれない。
でもさっきも書きましたけど10数分という枠の中だけでなく、例えば45分とか1時間とかそういう中での演奏を聴いてみたい。そう思うのは竹内さんとか小林さんのような奏者さんですね。
なかなかそういうタイプの方はこうした競技会のような場では上位には入れないかもしれませんよね。
ただ私自身、昨日も聴いていて竹内さんの演奏のところでは「ほっと」できました。
そもそも本選会にこれだけ出ているということは予選を突破してこられているのですから実力があるのは間違いないわけです。

ピアノを演奏するということについて自分自身といい間隔を持たれているのだろうなと感じました。
そんなこと言ってますが竹内さんにも小林さんにも私は会ったこともありません。
見当違いな決めつけのような感じになってご迷惑を感じさせるものになってたらすいません。

そして最後はピアノ部門一般。

登場された4人の皆さんの演奏、とっても濃い~内容でしたね。
塚原さんのシューマンはスケール大きな、推進力あるいい演奏でした。
小林さんのショパン「舟歌」は個性的で起伏ある波に漂うような演奏。
塩谷さんのロシアンプログラムは面白かった。
最後に登場したのが大賞を獲得することになる鈴木莉歩さんでした。
曲目はバッハ作ラフマニノフ編の無伴奏ヴァイオリンのパルティータ3番より。

以前に室井まりかさんがこの曲でやはり大賞を獲得されています。
室井さんの演奏はタイプとして主観がけっこう入る凄みある演奏ですが
鈴木莉歩さんはどちらかというと切れ味鋭く、客観的な構築をされていくタイプだと私は思います。
なので今回の演奏順でいくと前の3人が濃密な演奏を繰り広げていた後での鈴木莉歩さんの演奏がサラッとした印象を受けたのです
しかしはったりがあまり無いので、そう感じたのでしょうけどやはり大賞にふさわしい演奏だったと思います。
鈴木莉歩さんは基礎がしっかりとされているんだろうなと思います。
ついに名門石川先生門下から大賞を獲得される方が出ました。
皆さん喜ばれていることと思います。
くらしき作陽というのもいいですね。

ゲスト演奏はソプラノの山崎由佳さん。
ピアノは佐々木和子先生。
佐々木先生のどっしりとしたピアノをバックに山崎由佳さんの歌声はゲスト演奏にふさわしい見事なものでした。
私は10数年県コンを見てきていますが2回だけ予選結果をみて
「あ~もうこの人が大賞、間違いなし」と予言して、そのまま当てた、、まぁ私的には当てたということではないのですが
そういうことがあります。それはソプラノの原璃菜子さんのときと山崎由佳さんのときでした。
本選会の時に風邪ひくとか盲腸でなければまぁ間違いはない。
と自信をもって予言した。それだけの実力者です。
とはいうものの
山崎由佳さんと初めて知り合った時は新大オケのトロンボーンの新人として当時のパート親分の本間さんが連れてきてくれたのが最初。
なんというか~あか抜けない感じでしたが
まさかその方が後に大賞とってゲスト演奏の場に歌っている。そんな予測はできませんでしたね。
とっても灌漑深くてじ~~んきました。嬉しかったです。
2011年暮れに店の歴史を止めなくてよかった~と思いました。

帰るときに今回から審査員になられた石井朋子さんにちょっと会えました。
石井さんがこういう中に入るということは大きいです。やがては品田さんや小黒さんなどが加わっていくことでしょう。新しい時代がやがて来ます。

最後に気になったことを。

まずお客様が少ない気がしました。そもそも応援した人を見るという観点から流動的に出たり入ったりするのが本選会の常なんですが、それでも今まではもうちょっと入ってなかったかな~と。
せっかくの晴れ舞台、多くの人に見てほしいですね。

これ仕方ないことですが、新潟大学の方の出演が少ない。
まぁ少ないというかおそらくは2年後には限りなく少なくなることと思います。
残念ですね。

今回の上位入賞者さんでの記念コンサートは11月10日にだいしホールで行われます。
当店でもチケットを扱うと思いますので、ぜひいかがでしょうか。

最後に新潟日報コンクール事務局の皆様、お疲れ様でした。

あとは鈴木莉歩さんのインタビュー、北原審査員長さんのまとめを楽しみにしましょう。



# by concerto-2 | 2018-07-30 16:27 | 街ネタ | Comments(0)
すさまじく新潟市が暑くなった昨日。
その暑さを体感することなく、午前10時くらいから夜8時過ぎくらいまでりゅーとぴあにいて今年の県コン本選会を堪能しました。

結果は昨日アップしました。
今朝の県民の新聞さんでも載っていましたね。
やがて大賞受賞者である鈴木莉歩さんの話、審査委員長である北原さんの総括された話なども掲載されることと思います。

いつものことではありますが、私の感想を書きますが、まったくの一個人、素人の感想でしかありません。あまり気にされないでくださいね。
それと基本的に本選ですから、渡船を予選を通過してこられた皆さんが集う本選会ですので、みんな上手い!素晴らしい!これは間違いありません。
本当にそうです。なので私の書くことに名前が出なくても印象に残らなかったということはありません。みんなよかったです!

では最初から

ピアノ部門の小学1・2年生の部
今回はお二人。新発田の石井さんも上越の平原さんもとてもよかったと思います。
ここからは優秀賞は選ばれませんでしたが、むしろそれでよかったと思います。
順位をつけるというものではないと思いましたから。
石井さんはトップで緊張されたと思いますが、とても落ち着いていらっしゃいました。まだ小学1年生なのにたいしたものです。
2番目の平原さんはとても音がきれいでした。大切なことですよね。
ぜひこれからも楽しい気持ちで弾いていかれてほしいと思いました。

ピアノ部門の小学3・4年生の部
ここの最初のお二人がお昼休憩の時に私の知り合いの方とで話題になりました。
まずトップの糸魚川の水沼さん。ハチャトリアンのトッカータをものすごいダイナミックに弾かれました。小学4年生とは思えないくらい。
と最初でどかん!ときて、その次の亀田の山田さんが全く水沼さんとは対照的できれいに音を並べていいピアノでした。この最初のお二人なかなかの聴きものでしたよ。
そしてこの3・4年生の部門では私の1番は優秀賞もいただいた東宮さんでした。
きっとこれから年齢を加えるにつれて素敵な演奏をする方になると思います。

ピアノ部門の小学5・6年生の部
4人ともみんないい演奏です。その中で個人的にはヘンデルを弾かれた梅澤さんいいなと思いました。ヘンデルの良さを感じさせてくれましたよ。
作曲者とか作品の良さを聴く人がわかってくれる演奏って大事なことだと思います。

順番次は弦楽部門
ここでは小学生の塚田さん(ヴァイオリン)が優秀賞をいただきましたね。
でも私は中学生の小林さん(ヴァイオリン)もとってもよかったと思います。
どちらがいただいても納得できるものだと私は思っています。

チェロの山田さん。
私は今回一番楽しみにしていました。演奏曲目がシューマンの幻想小曲集と知って、あれあれと思いましたが、そこはいかにも山田さんらしい!そう思いました。
演奏もピアノの片桐先生と組んでの素敵なシューマン。
今回惜しくも賞にはなりませんでしたが、山田さんが実力があって人望もあって、とっても素晴らしい演奏者であることは今までかかわってきた人はみんな知っています。
チェロの山田慧さんぜひご承知おきください。

とここでお昼休憩。

午後の最初はピアノ部門の中学生の部。

もはやこのあたりになると技術的にはみんなすごいものがあります。

そんな中でもひときわ輝いていたのは県知事賞をいただいた山崎さん。
リストを見事なまでの豪快且つきめ細やかに弾きこなされていました。
お見事。
ただ私的にはその後に弾かれた上坂さん、櫻庭さんもとても魅力的でした。
上坂さんは以前から注目している方です。バッハとかきっと素晴らしくひける人だと思いますよ。今回のリストはちょっと苦しかったかな。


コンクールなので与えられた時間で審査員に強い印象を与える。
が一番大事ですよね。
しかし、これがコンクールでなくリサイタルだったら、と思うことがあります。
ばばーん!というものだけでプログラムを組んだら聴くほうが疲れます。
本来もっと演奏する曲目を増やして様々なアプローチでの演奏を聴いて選ぶのが一番いいのでしょうね。もちろん県コンでは無理ですが。

声楽部門。

ジュニア部門では新潟中央高校音楽家のお二人が賞をいただきました。
賞から漏れた高志の平野さん、ちょっと最初の曲では緊張されたかと思います。
そりゃしますよね。
でも二曲目では声もよく伸びててよかったと思います。これからもっとうまくなると思います。

一般部門ではやはり上教大の田部さんが抜きんでていたと思います。県知事賞も当然でしょう。アリアの方でなくリートで上位の賞をいただくというのは久々ではないでしょうか。
バリトンの武藤さんも田中さんとのデュオとして面白かったですね。
いいコンビです。

とここまでで「その一」とします。


# by concerto-2 | 2018-07-30 14:40 | 街ネタ | Comments(0)
結果だけ今日載せます!


大賞 ピアノ部門一般 鈴木莉歩さん (くらしき作陽大)

県知事賞 ピアノ部門中学生 山崎絢斗さん (上越教育大付属)
県知事賞 声楽部門一般 田部栞さん (上越教育大院)

最優秀賞 管楽部門一般 クラリネット 辻笑子さん (東京音楽大)

優秀賞
ピアノ小学3・4年生部門 近藤由都さん (見附葛巻)
ピアノ小学3・4年生部門 東宮まゆかさん (新潟新通)
ピアノ小学5・6年生部門 佐藤直輝さん (新潟亀田)
ピアノ高校生部門 高橋悠花さん (新潟中央)
ピアノ高校生部門 井口里佳さん (新潟中央)
ピアノ高校生部門 八島みのりさん (新潟中央)
ピアノ一般部門 塩谷翔さん (上越教育大院)

弦楽部門 

小学4・5・6年の部

ヴァイオリン 塚田直弥さん (新潟白山)

声楽部門
ジュニア部門 梅沢ゆきのさん (新潟中央高)
一般部門 武藤正晃さん (東京学芸大院)

管楽部門
ジュニア部門 フルート 高垣さららさん (新潟中央高)
ジュニア部門 フルート 畠山弘人さん (新潟中央高)
一般部門 アルトサクソフォン 柳沢大希さん (上越教育大院)

奨励賞
声楽 ジュニア部門 二見有紀さん (新潟中央高)


という結果でした。
受賞された皆さんおめでとうございました。

# by concerto-2 | 2018-07-29 20:07 | 街ネタ | Comments(0)

審査発表、、

遅れています。
。。。。

# by concerto-2 | 2018-07-29 19:01 | Comments(0)