人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2011年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

新潟県はリコーダーが盛んですよね。
新潟市でもそうだし、長岡でも、六日町とかの方でも、そして佐渡も!
でもなんか隠れたイメージがあるような気がしないでもありません。
当店御常連のある方が
「やっぱ習い事とかになるとリコーダーでなくオカリナなんだよな〜。音程とかみればリコーダーの方がやりやすいからもっとサークルとかも増えれば良いのに」と言われてました。たしかに。

やっぱ学校でやった、いややらされたということによって負のイメージがあるのかなぁ。
なんかリコーダーってお笑いのネタにされそうな感じすらあるような。
でももともとフルートというのはリコーダーの事でしたし、かってはエース級の楽器だったことは間違いありません。
新潟ではたくさんすぐれた吹かれる方がいらっしゃるので接する機会も多いかも。
それだけ裾野があるということです。

そんなリコーダーフリークの方への朗報です。
こんな本が発刊されることになりました!
e0046190_2024288.jpg


日本で唯一のリコーダー専門誌
「季刊リコーダー」
2011年10月15日創刊決定!!

リコーダーとその音楽を楽しむすべての方に、貴重で多彩な楽譜と 新鮮で有益な情報をお届けします!
歴史ある楽器、リコーダーにまつわる興味深い話題が満載です!!

<コーナー紹介>
新『季刊リコーダー』創刊を祝して 荒川恒子

●楽譜
・ルネサンス、バロック時代の音楽から、現代譜では入手困難なオリジナル作品。
・クラシックの名曲やポップスからの編曲など、バラエティに富んだスコアを掲載。

(創刊号 掲載予定楽曲)
☆映画『借りぐらしのアリエッティ』より《アリエッティ・ソング》金子健治 編
☆リュリ2世《コンセール》(1707)ニ村重和 編
☆スザート《ダンスリー》(1551)

●連載
・教えて!リコーダーのテクニック <対談> 本村睦幸、川端りさ、森吉京子
・リコーダーのメンテナンス 木製リコーダーの手入れ
・リコーダーのミュージアム<工房・博物館探訪>
・リコーダーの音楽を愉しむ<ラボ1>ファンエイク 楽器と音楽 I  高橋明日香
・リコーダーの音楽を愉しむ<ラボ2>ガナッシの『フォンテガーラ』I
・リコーダーの音楽を愉しむ<ラボ3>名著紹介
・リコーダーのCD紹介/ リコーダー奏者の横顔
●特集
ダン・ラウリン 東京芸術大学での公開講座の一日<レポート&インタビュー>
田中せい子&ダニエレ・ブラジェッティ 指揮 リコーダー・オーケストラ"ソナトーリ・デル・フォンテーゴ"<レポート&インタビュー>

ということです。
そしてこの本は書店では流通しません!! ここが大事。

どうして入手するかと言うと裏面に詳しく書いてあります。
e0046190_20161479.jpg

ちょっと見にくいかもしれないので、要点を書きますと。

まず書店には出ません。
そしてバックナンバーは用意しません。
ということで発売前に申し込むことが必要。
発売前ですからね! 例えは初刊は今月15日発売だから14日まで!!
まず出版社さんへメールか電話をして、そして送ってもらって振り込む
そういう感じのようです。

詳しくは有限会社メロネストさんのHPを見てください。
こちら「プロジェクト季刊リコーダー 」
担当窓口さんの電話は03−5755−5544です。
メールアドレスは recorder@melonest.com です。

リコーダーをやる方なら勿論、教える側の方にもいいんじゃないかな〜と思います。
ちなみにこのチラシは当店にもありますので。

私もとりあえずオーダーしてみようかな。
1680円と送料で1890円ですって。
一年に4回発売の予定とのことです。

今日のCDはコレルリの作品5。今日入荷の新譜です。
e0046190_20173819.jpg

コレルリの作品5といえば名曲中の名曲。ラストがラ・フォリア!!
その作品5は通常ソロはヴァイオリン。
他ではリコーダーで演奏されているのもよくありますね。リコーダーでのラフォリアもカッコいいんですよね。
そのソロをこのCDではなんとガンバがやっています!! これは珍しいでしょう。
しかも演奏をしているのがパンドルフォ!!
バックを固めているのがテオルボがエグエス、チェロがナジッロなどという強力なメンバーがかためた6人での演奏です。これはすごそうです。
いかがでしょうか。

最近CMでやってます。
はっきり言ってそのCM見てて私はっつこみまくっています。
ジャロはなんにも言わないのはなんでなんだろう!
某ハンバーガーショップの新製品。
「とび◯りハンバーグ◯ンド ◯◯トマト&◯ーズデミ」
この会社は嫌いではありません。
しかしCMで嘘はいかん!!!いかんぜよ。
もしあれ見て同じようにしようとした人がいたら、悲惨極まりないことになりますよ。

だってこれですよ。
e0046190_2026772.jpg

これをどうやって袋から出して、手でもって、にっこり笑って
食べれます?
このソースははんぱじゃない!
袋から出した日にはドボドボとしたたり落ちます。
とても袋からなんか出せません。
今までのモ◯バー◯ーもソースどっちゃりでしたが、今回のはあんなもんじゃないくらいにずっしり。
結局袋に顔をつっこんで食べることになる。
そしてなんとか食べると、袋の底にはまるでビーフシチューのようにどっさりとソースが残る。
ま、私は予想ついていたので、それを解決する策は知ってましたけどね。
それは一緒にスープを頼む。
そうするとスープ用のスプーンがついてくるので、それですくってシチューみたいになってるのを食べる。
それだと無駄になりません。
ただ食べる時に口につきますよ。それも注意だな。
これって若い女性とか食べるんだろうか?
店の人に言えば皿をだしてくれるのでは?という方がいらっしゃるけど
それなら皿に盛りつけた方が良いと思う。でもそんなこと書いてあるかな?
CMでやってる風には絶対に食べれません!!!!! これはJAROですよ。

マックだってビッグマックは実際にはCMほどでかくないとかありますけど
今回の某社のは実際とCMの差がありすぎる。
私はちょっといけないな〜と思います。

味はそこそこいけてたと思います。
でもリピーターにはなりません。

あぁマックカムバ〜っク。。

この某社の味はナチュラルな感じが売りだからか甘いんですよね。
マックはなんつってもしょっぱい。その塩加減がたまらなくいいんですけど。産地?健康?安全?そんなんしったこっちゃねーぜ!
というマックが好きです。
あぁソーセージエッグマフィンが食べたい。。。。

今日某所で偶然FMPORTの美貌のTディレクターと会いました。
なんか、背中から疲れてそうなオーラビシビシ出してました。。
体調に気を付けてね。
そんなTさんに活力を与える為にも「クラシックホワイエ」にぜひリスナーさんからの反応が知りたいそうです。
番組へのメールどしどしお願いします。
先週末の放送からはまた新コーナーができましたね。
マニアックさと一般向けと言うバランスを常に考えていろいろな工夫をしていかれています。
ぜひ支援お願いしますね。

明日はTさんが今日より元気でありますように(笑)
by concerto-2 | 2011-10-11 20:37 | 書籍・コミックのこと | Comments(4)
昨日は休日でした。いい天気でしたね!!
いやいい一日だった!

まず朝一で万代島美術館に向かい、昨日が最終日だった藤城清治さんの展覧会へGO!
美術館のオープン前についたのですが、なんと1階のエレベーターの所で既に長蛇の列!
並んで待ってそして入場。
さすがに3回目ともなると見るポイントは知っているので最初の辺りをすっとばしたら
皆さんきっちり見て回られる御客様が多かったようで
なんとまさかのコーナー独占状態でした。いやあ〜何度見ても素晴らしい展覧会です。
それとあるコーナーには今回初めて感動した所もあったりして。
それは最後に書きますね。
3回これました、よかった〜
ついでに言えば3回とも。。。。たくさんの皆様ボンビーなわたくしをご支援いただきありがとうございます。。

展覧会を堪能した後は信濃川対岸にあります田中屋さんのみなと本舗までGO!
しばし休憩。。
e0046190_935158.jpg

できたてのしょうゆ団子が美味すぎる〜!

そして新潟駅へ。
向かうは新発田市民文化会館!!!
こちらも開場前にはレンタサイクルで現地到着。
ま、ま、まさのこちらも長蛇の列!! しかも会館中には収まらず外にまで。
私も外から並びました。大盛況じゃないですか!
そう、こちらのコンサートです!
e0046190_9373495.jpg

この前のクライヴァーンコンクールの覇者、ハオチェン・チャンのコンサートです!

会場も1階は満員。2階は半分くらいかな。
休日だということもあって新潟の方からも来られていらっしゃる方が多かったようですね。
とはいうものの、新発田圏内で、これほどピアノリサイタルに人が集まるというのは素晴らしいことだと思います。かねがね今の新発田からは優れたピアノ奏者さんが多く出ていると書いてますが、こういう下地があってボトムアップされていっているからもあるんでしょうね。
ほんといいことだと思います。
街の売りポイントに充分なると思いますよ。

さて肝心のコンサート。
プログラムは

モーツアルト:きらきら星変奏曲
ショパン:舟歌
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」

ラヴェル:夜のガスパール
リスト:スペイン狂詩曲

アンコールは。。。うーんまだこれから公演が続くので書いちゃわないけど
某作曲家の有名な甘い曲
Pではじまる作曲家の超絶な曲
お国もの
の3曲が演奏されました。ぜひお楽しみに。

それで感想ですが
まず前半。
うーん。うーーーん。まぁモーツアルトなんかはりゅーとぴあやリリックで聴くともっといい感じに聞こえるかもしれません。
ショパンはショパン命!という人にはあまりお勧めできないかも。
ベートーヴェンは、うーん若い。でもこう弾きたいんだろうね〜
と、実はあんまり感動や感激はしませんでした。
ちょっとプログラムも有名曲過ぎるものばかりというのが逆に辛い面もあったかも。
それにしてもクライヴァーンの覇者というのは3年間とにかく頑張らないといけないからたいへん。

休憩時間には、こんなアウエーな場所だから、知ってる方もいないだろうな〜と思いきや
たくさんいらっしゃいましてw
お話を伺いましたが、どなたもブラボーとはいきづらかったかも。。県民の新聞さんごめんなさい。

でもこのコンサートはプログラムを見てもわかりますが、なんつっても後半です!!後半!!
前半は捨ててかかってもいいくらいなんですよ!

まずラヴェル!! 良かったですね〜
なにがいいかって、夜のガスパール生で聴くなんてことがまず少ない。
技巧も冴えてよかったです。これでちょっとテンションアップしました。
(よるガス好きのyukiさん楽しみにしてて良いですよ!)

そして!ラストのスペイン狂詩曲!!!
今年の始めに音文での小黒亜希さんシークレットライブ(ちょっと大げさなんですがw)で聴いてから、はまりまくっている曲です!
それにハオチェン君としても、このスペイン狂詩曲を必殺武器にしているようですよね。
いやぁ〜すんごかった!!
この曲聴けただけで2500円の価値はありますよ!
このスペイン狂詩曲、略して、すぺきょーですが。
一番難しいのは、すぺきょーの後半三分の二を占めるホタ・アラゴネーゼという部分をいかに聴く人に退屈させないように弾くかなんだと私は思っています。
前半のフォリアの部分はだいたいみんないいんですけどね。

このハオチェン君のホタ部はすごかった。後半に行くに従って超絶技巧部分が続出してくるんですが、負けずにテンポアップしてくるんですよ。
手に汗握るスリル感。やはりこの曲が得意なんだな〜好きなんだろうね〜と思わせてくれる圧巻の15分でした!
はっきり言って、この後のアンコールは聴きたい気分にはなりませんでした。
ということで前半は、う〜〜〜んでしたが後半はブラボーでした!! すごい。
17日のりゅーとぴあ公演もいく予定にしているのですが、このすぺきょーを聴いたら15日のリリックまで行きたい気分になりました。(実際は行けないんですけど)

これから県内ツアーが続きます。
e0046190_9585586.jpg

15日がリリック、16日が柏崎、17日がりゅーとぴあとなります。
どうしようかな〜と思ってらっしゃる皆様。これは買いです!!!
ぜひラヴェルとリストを聴きにいきましょう!
当店にも柏崎、長岡、新潟と全部のチケットありますので、よろしくお願いします。

すぺきょーと言えば夏にリスト音楽院の若杉さんが帰省された時に、お話をした特にすぺきょーの話になってポイントとかを聴いたんですね。
その時にボレットのリストいいですよね〜と若杉さんがおっしゃられたのが嬉しかったです。
ぼれっともすぺきょーを録音しています。でも一度だけだというのがちょっと意外ですけど。
こちら
e0046190_10143785.jpg

なかなかシカゴのギャングみたいですねw
でもこのCDは渋くていいんですよね〜選曲もいいです。

最近のすぺきょー弾きではキーシンとユンディリが双璧だと思います。
すっごく精密な演奏でびっくりします。
ただ、なんか足りないよな〜、なんだろう。そうこの曲に限って言えば
「演歌魂」みたいなものがあった方がいいのかもしれません。
特に最初のフォリアの部分とかは。
そういう意味で言うと私は一番だと思っているのはギレリスのが最高かな〜と思っています。
すごいと思うのはシフラの東京ライブかな。

しかし、この曲に関しては裏ベストと密かに思っているものがあるのです。
それはこちら
e0046190_1020481.jpg

リストの原曲をブゾーニが管弦楽を付けて協奏曲風に編曲したスペイン狂詩曲です。
私の知っている所では4種類の録音しかないと思うんです。どれもこれも入手が難しいのなんですが
その中で最高だと思っているものです。
なにがいいってオケが入ることで、哀愁漂うメロディがなお一層心にしみて来るんですよ。
特に前半フォリアの最初のカデンツァが終わった後から始まるとこ。
そのあたりがこの録音では絶妙なんですね。まさにど演歌の世界!
ピアノではこんなにねっとり歌いきれないから独自の世界です。
すぺきょー好きならこれ聴かずして語れん!と思っている1枚です。
実は代理店さんにオーダーはず〜〜っとお願いしてあるのですが、1年くらいあればということでなかなか入って来ません。もしどっかで見つけたらご購入をお勧めします。

ネットとかをいろいろとまわると、リストって好きでなかったけど、この曲を聴いて好きになったと言う意見がけっこうあって、へ〜と思いました。分かりやすいですからね。
作品としてはソナタの方が圧倒的に上だと思うのですが、リストアレルギーのある方への入り口としてもいいのではないでしょうか。
そんな意味でもハオチェンチャンの弾くスペイン狂詩曲、ぜひぜひ聴きにいってみませんか!

いやぁ〜えぇ〜コンサートだったとホールを後にして新発田駅までもどろうとすると
e0046190_10293666.jpg

新発田駅前、ひ、ひ、人がいない〜、そしてこの写真は駅を真っすぐに見て、道路の中で撮りました。
ということで車も走ってない。。なんか映画のCGを見ているようでした。
大丈夫か新発田、頑張れ〜。

新発田市民文化会館さんでは来週はこちらがありますね。
e0046190_10313873.jpg

全国花嫁人形合唱コンクールです。
これは新発田というローカルなとこだけでない全国から集まってくる大コンクールですからね。
盛大に行われることでしょう。

そういえば会場でこれからの新発田のピアノをになうお一人、小学生の片山菜奈子さんからご挨拶されました。
ありがとうございます。
そして新潟に戻ってちょっとヤマハさんにいったらジュニアピアノコンクールの地区予選?結果が掲示されてて片山さんCクラスで予選突破で本選にいどまれるそうですね。頑張ってください。
そして、その紙の隣をみたら、上のクラスのD部門では宮崎まひろさんがやはり本選へ駒を進められてました。おぉー頑張ってくださいね。皆さんすごいです。
あとホール内では新発田を代表する先生でいらっしゃる金川先生からお声をおかけいただきました。
実際ちゃんとお会いしたのは2度ほどしかないのに、私のことを覚えていただけてたとは嬉しかったです。
ありがとうございました。

ハオチェンチャンさんのこれからの3つのコンサートがどれも盛況であることを願っています。

それにしても天気が良くてよかったです。
帰りの電車まで時間があったので、クラシック喫茶「2楽章」さんへ立ち寄ろうかなとしたのですが、なんか盛り上がっているようなお声が中から聞こえて来たので、混んでいるかなと思い入りませんでした。
きっとコンサート帰りの御客様とかが大挙いらしているのかな。こういう拠点があるのも幸せなことですよね。

最後に
やっと読了致しました。
この本。
e0046190_10503512.jpg

スペインのノーベル賞作家で詩人のヒメネスが書いた
「プラテーロとわたし」です。
この本はギターをやられている方とかならご存知の方も多いかもしれませんね。
いやはや、この本を読んでから藤城さんの展覧会でこの本のことを題材にした作品のコーナーがあるんです。藤城さんご自身も大好きなんだそうです。
それ見ると、じ〜〜んとしてきそうになりましたね。

ということで
いい本読み終わって、藤城さんの素晴らしい展覧会また見れて、田中屋さんの美味しいしょうゆ団子食べれて、ハオチェン君の素晴らしいリストに感激な一日でした。
贅沢なようですが、今日の一日もいいことがある一日でありますように。
by concerto-2 | 2011-10-11 10:55 | 演奏会のこと | Comments(6)
今日もいい秋晴れでした!
いいぞ!もう一日お願いしますよ。
今日行って来た三膳さんのコンサートについては後半で書きます。

ということで連休最終日の月曜日のご案内をまたまたです。

りゅーとぴあコンサートホールでは午後2時からこちら。
e0046190_18453779.jpg


りゅーとぴあスタジオAでは午後5時半からこちら。
e0046190_18462375.jpg


新発田市民文化会館では午後2時からこちら!
e0046190_18465533.jpg


長岡リリックホールでは午後2時からこちら。
e0046190_18472450.jpg


それと当店にもできればご来店いただけるとありがたいです。
ちなみに私は新発田のハオチェンチャン行ってきます!

さてそして今日行われたコンサートがこちら。
e0046190_18502044.jpg

だいしホールでおこなわれました
「三膳知枝ピアリサイタル」
に行ってきました。
プログラムは
ハイドンのピアノソナタハ短調16−20

バッハ:ゴールドベルク変奏曲

というプログラムです。
アンコールはありません。だから全部でも1時間半のコンサート。
通常であれば短い。と思うかもしれません。
でも全然思いませんでした。むしろゴールドベルク1曲だったとしても満足していたでしょうね。

三膳さんは新潟市出身で桐朋を出られた後モスクらのグネーシン音楽大学にすすみ、あの名教授トロップ先生に師事された方です。
やはりロシアンピアニズムのピアノが聴けたと思います。
豊かな音量、きれいだけど痩せてない弱音。とてもきれいでしたね。
ゴールドベルクが始まった時は「うわ〜始まった!」と聴いてる方まで緊張しました。
でもそこはさすがにゴールドベルク。。所々うとうとしましたよw
そして最後のアリアがきて、最後の音がなる。。。消えて。。。なんか、ため息が出ました。

そして、すぐには拍手も起こりませんでした。少し間を置いて徐々に大きくなる拍手。
御客様も良くご存知ですね。とてもいい感じでした。感動的でした。
この曲の後にアンコールなんかできませんよね、それに聴く方も聴きたくないです。

とてもいいコンサートでした。


このコンサートにまつわる皆さんの宣伝を。
三膳さんはロシアンピアニズムを学ばれた方。ということでこちら。
e0046190_197630.jpg

10月15日(土曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時スタート
「ロシアンメソッド 公開ピアノレッスン&コンサート」です。
いかがでしょうか。

そして今日のコンサート、受付には石井朋子さんがいらっしゃいましたね。
石井さんと言えば、新潟室内ではソリスト!
e0046190_1995890.jpg

11月12日(土曜日) りゅーとぴあコンサートホール 18時45分開演
「新潟室内合奏団 第62回演奏会」
ぜひ石井朋子さんの弾くモーツアルトのピアノ協奏曲第24番お楽しみに。チケット扱っております。

そしてベルガルモのメンバーとして。
e0046190_19113173.jpg

新潟公演は11月23日、スタジオスガマタ 14時からと18時からの2回。
長岡公演は11月26日、県立近代美術館講堂 14時開演。
チケット扱っております。特に長岡公演は現地での販売はありません。ご注意下さい。
リレーコンサートも出られますが、それはもうちょっとだけ後で。

今日の受付にはヴァイオリン白澤美佳さんのお母様がいらっしゃいましたね。
ということで白澤美佳さんも出られる公演があります。こちら!
e0046190_1915874.jpg

11月19日(土曜日) だいしホール 14時開演
「土屋朱帆のほっとコンサート」
こちらもチケットあります。このコンサートはこれから大プッシュしていきますね!

更に。
今日のコンサート客席にいったら、新大4年生の柴野絢子さんと久々に合いました。
柴野さんと言えば今年の新潟県音楽コンクールで見事大賞を獲得されました。
なのでこちらが控えています。
e0046190_19324870.jpg

11月12日(土曜日) だいしホール 14時半開演
「2011年第46回新潟県音楽コンサート 受賞者コンサート」
こちらもチケット扱っております。
ま、このコンサートでもトリとして出るわけですが、なかなか苦闘しているようです。
できれば「大賞受賞者としてでなく、ただの柴野絢子のピアノを聴きにきていただければ良いんですが。。」
とはご本人の思いですけど、なかなかそうもいかないでしょう。
でもガラコンサートみたいなものなので、思いっきりやればいいと思います。頑張れ〜。

で、その柴野絢子さんも出れば、先ほどの石井朋子さんも出る、おまけにやはり今日受付をされてた貝津さんまで出ると言う近来まれに見る豪華なリレーコンサートになりましたね。
e0046190_1940586.jpg

初日金曜日のよるの部。これはすごいですよ。絶対に聴きに行かねば。

もう一つ! 客席には井上静香さんのご両親様もいらっしゃいました。
なのでこちらも宣伝を。
e0046190_19413489.jpg

10月28日(土曜日) だいしホール 19時開演
「耳で聴く風景vol.4 井上静香&成嶋志保」
こちらもチケットございます。
プロコフィエフプログラムです。なかなか新潟ではこうしたものは聴けません。
それにこのお二人の演奏はすごいですから! お楽しみに。

最後に、ゴールドベルク変奏曲といえば長岡のギャラリーmuーanさんを会場として
チェンバリストの八百板正己さんが解説演奏会を続けられています。
e0046190_19452759.jpg

更なる深みを知りたい方はぜひ足を運んで見るのも良いかと思いますよ。

あとは、、、栄長敬子さんもいらっしゃいましたが、前回の載せたばかりですし、、あっ新潟シューベルティアーデさんの第4回公演は来年2月26日(日曜日) スタジオAで14時開演だそうです。よろしくお願いします。
チェンバリストの笠原恒則さんもいらっしゃいました。たしか笠原さんもこれからいくつもご予定があったかと思います。加茂でもありましたよね。頑張ってください。

長岡の方でのまるちんと渡辺さんとのオルガンコンサートもきっと盛況だったことでしょう。
次は新潟公演ですね。まるちんお疲れー。

一つのコンサートからもいくつもたくさんのまたコンサートへ広がっていくものがあります。
そうしてどのコンサート会場にも沢山の御客様が来ていただけると良いですね。
昨日ある先生に言われました。「とにかく有料のコンサートにお客様が来なければだめなんだよ」と。
無料コンサートはそれなりに意味がありますし大事です。
しかし有料のコンサートでどのくらいの方にお越しいただけるかが、やはり一番大事なんです。
やる側も頑張っていますし、聴く側も応援していきましょう。
文化を続けるにもそれなりのものが必要なんです。
ぜひご理解のほどを。

連休最終日! いいことが待っている一日でありますように。
by concerto-2 | 2011-10-09 19:55 | 演奏会のこと | Comments(4)

この週末は。パート2

パート2、なんていうと頭の中で「もしかして♪ もしかして♪ わったしのほかにもだ・れ・か」なんて思い浮かぶ人いませんか。私そういう人好きですW
てなことはいいとして。
今日は二つのコンサートに行ってきました。
それも後にして、まずは明日あさってにあるもののご紹介。

明日の日曜日は昨日も書きましたが
だいしホールでの三膳さんのゴールドベルク! 午後2時開演
e0046190_2042565.jpg


りゅーとぴあではパイプオルガンが無料で聴けます! 14時開演
e0046190_2052551.jpg


万代市民会館では新大ピアノ愛好会さん。13時半開演で入場無料
e0046190_2064151.jpg


長岡ではまるちん大作も出るオルガンコンサート! 14時開演
e0046190_2072442.jpg


そして月曜日の祝日!!のご紹介。
なんつっても! なんつってもこれを第1に宣伝します。
ハオチェンチャン!!
e0046190_2011248.jpg

いよいよハオチェンチャンの県内ツアーがスタートします。最初は新発田市民文化会館! 14時開演。
当店にもちょぼっとチケットあります! 私も行こうと今の所思っています。
よろしくお願いします。

りゅーとぴあコンサートホールではこちらがありますね。
e0046190_20124176.jpg

たくさんの御客様が集まられると良いですね。

スタジオAではこちらがあります。
e0046190_20132037.jpg

渡辺勇気さんのリサイタルです。

長岡リリックではこちらがあります!!
e0046190_20135887.jpg

10月10日(月曜祝日) 長岡リリック 14時開演
「第1回 フルートアンサンブル デュレーブ コンサート」です。
チケットは一般2000円 学生 1000円 当店でも扱っております。
ぜひ左から2番目の栗原さんを応援にリリックにお越し下さい! すごい個人的な応援の仕方ですいません。

そういう感じでしょうか。
あとお知らせを
おぉなんてこった! 今夜じゃないか。
夏行われたサイトウキネンフェスティバルでのNoismさんの活躍が放送されます!

◆NHK BS プレミアムシアター
10月9日(土)NHKBSプレミアム 午前0:00時から午前4:00時まで (8日深夜からということです)
 ■サイトウ・キネン・フェスティバル松本2011から
  バレエ「中国の不思議な役人」&歌劇「青ひげ公の城」(バルトーク)
 ■小澤征爾指揮ウィーン国立歌劇場公演2003 「子どものための『魔笛』」
プレミアムシアター:http://www.nhk.or.jp/bs/premium/

ぜひ見れる方はご覧下さい!
う〜忘れるとこだった!

あと今夜はFMPORTさんの「クラシックホワイエ」もあります。ぜひ聞いてくださいね!感想コメントも募集中です! よる11時から。今夜のテーマは20歳のモーツアルトについてですよ。

ということで、、、お知らせ関係はいったんここまでにして
今日のことを簡単に。

お昼はりゅーとぴあさんで行われたワンコインコンサートに行ってきました。
土曜日ということもあって、いつもたくさんの御客様がいらっしゃるワンコインも更にたくさん! 最初から3階も開けてましたね。
今回はトリオ・リベルタさん。ヴァイオリン&サックス&ピアノの3人。
プログラムはチックコリアの「スペイン」で始まり、ガーシュイン、などをへて後半はピアソラ!
いやぁ〜なんといってもヴァイオリンの石田氏!!! 神奈川フィルのコンサートマスターです!
しかし石田氏といえば見事なまでの野郎っぷり! 特攻服着た族のあんちゃんに見えましたねw
勢いがあるとジャンプしたり、蹴りはなったり! どうみても族のあんちゃん!
よかったなぁ〜。なんか今期のワンコインはピアノの鬼塚さんの
「あのさ〜オレさ〜500円だけどひくよ〜」みたいな独特のトークの回とかあって
アウトサイダーものに焦点をあてたみたいな狙い。好きです!
今回のりベルタンゴでの石田氏のヴァイオリンの切れっぷりはすっさまじかったですね。
あれはエアロスミスのジョーペリーみたいな感じがしましたよ。(意味不明w)

あと、だいしホールで行われた
「松浦良治〜歌とピアノコンサート〜」
に行ってきました。ただ前半の終り頃から入りました。
ピアノは栄長敬子さん。栄さんの方も多数いらっしゃいましたね。(ほぼ顔なじみ。というか私もその一人?w)
一番楽しみにしてた栄長さんのシューベルトの即興曲D899は残念ながら終わっていました。
後半は栄長さんのソロでシューマンの「蝶々」、松浦先生とで「詩人の恋」でした。
アンコールはまず栄長さんのソロでリストの愛の夢3番。お二人で「ます」
松浦先生の歌は独特の世界ですね。なんというか味がある。ほのぼのとしたものがある。
現代的ではないかもしれないけど。
聴きながらニール・ヤングを思い出しました。
栄長さんは相変わらずかっこ良かったですね。ファンのおじさま達も満足そうでしたw
で、宣伝を一つ。
栄長敬子さんは青陵短大の先生でもあるわけで、定期的にシューベルトの講座をされています。
私も参加した事がありますが、なかなかシューベルトについていろいろと知れて面白いですよ。
またあります。チラシはこちら!
e0046190_2037550.jpg

11月3日です。テーマは「菩提樹」。
よっしゃまた参加しようかな。。。ん? 皆さんで歌いましょう? うーん。。。ち、ちょっと検討しないと(笑)
どうしても歌わないと帰してもらえないのかしら (と思わず吉田秀和調に)
ぜひ参加ご希望の方はどしどしご応募を!!
えーちゃん頑張っています。 私はこれからの新潟音楽界を動かしていける力を持ったお一人だと思っていますよ。

チケット取扱スタートのものをご紹介です!
まずはお待たせしました!という感じです。長岡交響楽団さん。
e0046190_20411856.jpg

11月23日(水曜祝日) 長岡リリックホール 14時開演
「第1回 ファミリーコンサート 長岡交響楽団」
チケット 一般 1000円 高校生以下学生 500円
今回は先着で託児室も用意されるそうです。
いかがでしょうか。
皆様ぜひよろしくお願いします!!

もう一つ。あでやかなチラシをご覧下さいませ〜!
e0046190_20445423.jpg

美女3人によるクラリネットトリオさんデビューコンサートです!
来年の1月21日(土曜日) スタジオスガマタ 13時開演と17時開演の2回公演です。
「クラリネット・シャルダン ファーストコンサート」
チケット 1000円です。当店取扱スタートしました!!
よろしくお願いします。
広瀬寿美さんはアルスノヴァなどでも活躍されてますね。林佳保里さんは旧姓が中村さんと言えば、あー!と思われる方が多いでしょう。私の好きなプレーヤーさんの一人です。
そして広橋綾子さんとはしょっちゅう某所でお会いします。新潟に戻ってこられてこれから大活躍をされていかれる方です。そんな3人のトリオとしての初公演。ぜひ聴きに行きましょう!

面白かったのは今日Daaさんが来られたので、このチラシをお見せした所
さすがはクラリネットの大御所、この3人の皆さんの先輩にあたられますから。
あるポイントにチェック入れられてました。
私なんか、へ〜なるほどね〜なんて感じで聞いてましたけど。さすが専門の方はすごい。

ぜひよろしくお願いします。

今日のCDはラベック姉妹の新譜が出ました!
e0046190_20521357.jpg

新譜なのは右の方です。
ラプソディーインブルーとウエストサイドストーリーをやっています。
今聞いていますが、なかなか良いですね〜。
そして左側のは旧譜なんですけど、やっと入って来ました!!
ラヴェルの2台、4手、ソロなどでのものです。そしてここでのボレロが面白いんです!打楽器が二人はいって4人でのボレロ。これは聴きものです。
でもベルガルモと市橋靖子さんの4人でのボレロもかっこいいですよ!
ベルガルモだけのもいいんですが、やはり市橋さんが加わると一味違うんですよね。

今日は秋晴れでした。
芸術の秋としていくつもコンサートがあります。
コンクールもありますね。
新大のピアノ金川唯さんが日本クラシックコンクールで予選、地区本選突破して全国に進んだそうです。全国でも頑張ってください。
松浜のヒロインさんも、私も負けないように頑張ります!と言ってました。応援してるよ!ほんとに私の妹に思えるよ(妹って年齢差ではないかw でも実は名前は妹と同じなのだw)
たしか宮崎まひろさんもこれから中央の方でのコンクールがあったんだっけかな。将来が楽しみです。
みんな頑張っているな〜

全ての頑張っている人に良き結果がついてきますように。
私も頑張らないと。
明日もいいことがたくさんある一日でありますように。
by concerto-2 | 2011-10-08 21:00 | 演奏会のこと | Comments(4)

この週末は。パート1。

今日は不安定ではありましたが秋晴れな一日でした。
では今週の週末に何があるか! とりあえず明日とあさってについてご紹介です。

まず明日の土曜日。
りゅーとぴあさんではワンコインコンサートがあります。
e0046190_20524613.jpg

午前11時半開演。500円で聴ける充実のコンサートシリーズです。
今回の出演は「情熱&魅惑のトリオ」となっていますね。
メンバーがすごいんです。まず写真では一番後ろに写ってるちゃらいあんちゃんみたいな人。西川やすしみたいな人。
私も最初見た時驚きました。
この方実はすごいコンサートマスターさんなんですよ。石田さん! 以前東京交響楽団のゲストコンマスでも来た事があります。
そしてサックスはワンコイン人気投票でも1位になったサックス四重奏のカルテット・スピリタスのリーダー松原さん。
これは楽しそうです。

新潟音楽文化会館さんではこちらがあります。
e0046190_2053148.jpg

「新潟混声合唱団 第41回定期演奏会 初心のうた」
新潟音楽文化会館大ホール 15時開演 チケット前売り1200円
チケットは当店でも扱っております。

だいしホールではこちらがあります。
e0046190_20533470.jpg

だいしホール 14時開演 入場無料
「松浦良治 〜歌とピアノコンサート〜」
松浦先生とピアノは栄長敬子さんによるコンサートです。
こちらは入場無料ですが、新大教育学部さんの同窓会の一環でもあるので、早くから御客様が多いと思います。
早めに行かれることをお勧めします。

翌日の日曜日、9日は。
まず一番に押したいのはこちらです!
e0046190_20541456.jpg

10月9日(日曜日) だいしホール 14時開演
「三膳知枝 ピアノリサイタル」
チケット 2000円。
なんといってもゴールドベルク変奏曲です。アンコールで最初のアリアだけとかは聴く機会があっても、全部と言うのはなかなか機会がありません。当店でもまだチケット少なくなりましたがあります。
いかがでしょうか。

りゅーとぴあでは贅沢にもパイプオルガンのコンサートが入場無料で聴けます。
e0046190_20582359.jpg

10月9日(日曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時開演 入場無料
「りゅーとぴあオルガン講座 2011 秋のオルガン発表会」
りゅーとぴあで山本真希さんから学ばれていらっしゃる皆さんの発表会です。
学ばれているといっても、皆さん下地が出来ている方ばかりなのでただの素人ではありません。
立派なコンサートですよ。
個人的には山際規子さんを応援しています! 聴きに行けないけど頑張ってね〜。

万代市民会館ホールではこちらがあります。
e0046190_2134197.jpg

10月9日(日曜日) 万代市民会館多目的ホール 13時半開演 入場無料
「第6回 新潟大学ピアノ愛好会コンサート」
当店のうちわコンの超常連わたべさんが学生時代初代会長をされてた新大ピアノ愛好会。
私もかって聴きに行ったことがあります。その時はピアニカの達人さんがいらして感動したものでした。
という感じにクラシックにこだわらないジャンルを広くとったコンサートです。
とはいうもののラヴェルやリストなどの強者もいつもいらっしゃるようですね。

長岡では、まるちん大作頑張ります!
e0046190_2173814.jpg

10月9日(日曜日) 長岡のカトリック長岡表町教会 14時開演
「山崎陽子門下オルガンコンサート vol.5 オルガンの旅〜バロックから現代まで〜」
チケット 前売り1000円 当日は1200円 当店でも扱っております。こちらは電話予約もオッケーです。
よろしくお願いします。

という感じの土日ですね。おっと月曜日も休日なんですね。(なんて世の中休みが多いのだ)
そちらについては明日にまわします。

今日のCDは新大オケさんにはこのCDの復活が喜ばれるのではないでしょうか。
こちらです。
e0046190_21123882.jpg

バーンスタインがDGの残したシベリウスの交響曲集です。
1番、2番、5番、7番が収録されています。この1番!! なんでも新大オケ指揮者の河内先生がシベリウス1番でお勧めとおっしゃられているのが、この演奏だそうですね。
ここのところずっと廃盤だったんですよね。セットには入っているんですが、なかなか入手困難で。。しかも高いし。
こういう形での復活は喜ばしいですね。
ただこの演奏、、、普通のシベリウスではありませんけどね。。。

もう1枚。
これは前にも紹介しましたけど。
e0046190_21175848.jpg

シベリウスの権威、ピアニストのジーグフリードソンが自ら編曲し演奏している
シベリウスの交響曲第2、5番のピアノ独奏版です。
これ私も2番聴きましたけど、なかなかいいんですよね。
4楽章の迫力なんか出るの?と思ってましたがちゃんと燃えて来るものがあります。
なんだったらこれで全曲やったらいいのではと思う1枚です。

時々ふと食べたくなります。。。
e0046190_2122448.jpg

みかづきのイタリアン。これはベーシックヴァージョン。
古町にも再び出来ないかな。。
いや、それよりかマックですね。なんか最近マックにはリブものの新製品が出たとか!
あぁなんでマック食べる為に苦労せんとあかんのか。。。

明日から3連休。
どうかいい天気になりますように。
よろしかったら当店にもお越し下さい。

明日もいいことがたくさんある一日でありますように。
by concerto-2 | 2011-10-07 21:27 | 演奏会のこと | Comments(0)
まずまずのお天気だったようですね。
今日はびっくりした、いや予想はしていましたが。そんなニュースもありましたが、それは最後で。

ちょっとだけ閉店を早くして、りゅーとぴあスタジオAでおこなわれた
「フォルテピアノで聴く ベートーヴェン」 
演奏 平井千絵さん
に行ってきました。ほぼ満員ですね。
e0046190_21265957.jpg

プログラムはオールベートーヴェンで

ロンドト長調作品51−2
ピアノソナタ第17番「テンペスト」

創作主題による6つの変奏曲 作品34
ピアノソナタ第14番「月光」

アンコールは
シューベルトの楽興の時第3番 

という内容でした。
途中マイクでの解説もありました。とてもお話も上手な方で皆さん聞き入ってましたよ。
受けるとこは受けるで、良かったと思います。

平井さんといえば、今年の冬でしたでしょうか、モーツアルトチクルスの時に、やはりスタジオAで演奏をされました。
とても良い演奏でした。
しかし。最後にアンコールでモーツアルトではなく、次回の宣伝の意味も込めてと
ベートーヴェンの「月光」ソナタの1楽章を弾かれたのです。
これがすっばらしい演奏だったことを覚えています。
なんかモーツアルト全部を忘れさすくらいに!
それがあって楽しみにしていました。

いやいや今日のハイライトも「月光」でしたね。
フォルテピアノでの1楽章の素晴らしさは前回でわかった。でも3楽章とかどうなんだろう。。
迫力も充分の気迫溢れる演奏でした。全然違和感ありませんでした。
というかフォルテピアノ奏者さんにすれば、こちらが本家です。ということでしょう。
素晴らしい演奏でした。

オランダ在住ということで、そうそう聴けることもないのかもしれませんが、また新潟に来ていただきたいですね。
いいコンサートありがとうございました。

で今日はいくつかCDをご紹介。

まず、月光よかった!! で思い出したのがこちら。
e0046190_2193762.jpg

天才的ホルン奏者バボラークの新譜「ベートーヴェン・コラボレーションズ」です。
ここで最後に入っているのがクレーベという現代の作曲家がつくった月光ソナタをホルンとピアノのアレンジした作品。
これが収められています。
う〜〜ん、、なんか変。ここまでしなくてもって思っちゃうのですが。。。さすがのバボちゃんを持ってしても3楽章はきついよ〜。と思いました。でも楽しめる1枚です。

次に、ぬぉぉぉまた出たかー!
e0046190_21132129.jpg

ナクソスさんの企画CD「幻想魔人ハチャトリアン〜ダークヒーロー風クラシック名曲集」です!
裏表にある帯コメントがいつもながらすごいですよ!
「交響戦艦シリーズ第2弾の主人公は「悪役」だ!」
「男なら誰しも一度は、孤高のダークヒーローに憧れる。」
「仮面舞踏会、禿げ山の一夜などの名曲とともに、黒いマントが颯爽と翻る!」
「ニッポン男児よ、いまこそ、クラシックを聴きながら、孤高のダークヒーローを気取るがよい!」
などなど、よくもまぁこれだけあの狭い帯に入れるなぁw
さすがは帯コメに命をかけるナクソス京香さんです。姉上すごすぎます。
このシリーズ、、、まだ続くんだろうか。。

次はオルフ。
e0046190_212063.jpg

これは代理店さんの解説がとてもいいのでそちらをお読み下さい。

原曲に負けない迫力とエネルギー、面白さ満載、
2台ピアノと打楽器伴奏による『カルミナ・ブラーナ』

中世的エネルギーとインパクトの強さで人気の『カルミナ・ブラーナ』。これを2台のピアノと打楽器伴奏にしたものはBISからもリリースされ、ロングセラーとなっていますが、当アルバムは「作曲者のオーソライズ版による初録音」とされています。この編曲は1956年に、作曲家ヴィルヘルム・キルマイヤーが恩師オルフ自身の要請で行ったもので、声楽と打楽器のパートは一切変更せず、オーケストラ・パートのみを2台ピアノ用にしました。オーケストラの原色的色彩はなくなったものの、切れ味と打楽器効果は増し、新たな魅力を発見できます。
 ヘンスラー・レーベルからヴィラ=ロボスやブルックナーの合唱作品録音で高い評価を受けているシュトゥットガルトSWRヴォーカルアンサンブルが、合唱の魅力の粋を満喫させてくれます。(キングインターナショナル)

興味そそられるカルミナですね。

最後は変わった編成のトリオ!
e0046190_21224237.jpg

これも驚愕のCDなんです。ぜひこちらもキングさんのコメントを。

バンドネオン、バスーン、チェンバロという
思いがけない楽器の刺激的な出会い!
アメリカ大陸を縦断する音楽の旅

北米で活躍する古楽系ファゴット(バスーン)奏者マテュー・ルシエ、チェンバロ奏者でTVブロードキャスターでもあるカトリーヌ・ペラン、カナダを代表するバンドネオン奏者でアレンジャーのデニス・プラントという個性的なメンバーによる「バタクラン」のデビューCD。グループ名はオッフェンバックの中国を題材にしたオペラ『バ・タ・クラン』、1855年パリに建てられたキャバレースタイルのバタクラン劇場、そしてフランス語の「服、手荷物、がらくた」などいくつかの意味を込めています。
 このCDでは、ピアソラとタンゴ・ヌエヴォ(新しいタンゴ)のスタンダード・ナンバーから、ヴィラ=ロボス、エドゥアルド・ファルーまで、アメリカ大陸を横断する空想の音楽の旅を巧みな構成と編曲で聴かせます。演奏は自発性と即興性に溢れ、チェンバロの刻むオスティナートのリズムが、バロックでお馴染みの舞曲の多くが南米起源であることを思い出させます。華麗なデビュー作です。(キングインターナショナル)

どうでしょうか。チェンバロとファゴットとバンドネオン!! 普通ありませんよね、そんな編成。
でもそれでやっているということは、そうう編成でもありということ。
ぜひ新潟でもやってほしいものですね〜w
このCDはいきなり「リベルタンゴ」からスタートです。かっこよさそう!

で、今日のニュース。
たぶんテレビニュースとかでもやっているでしょう。
昨日シンボリルドルフが亡くなったということを書きましたが、今日は個人的にはルドルフよりもっと思い入れの強い偉大なる人物。
スティーブ・ジョブズが亡くなりました。
もう最近マスコミの前に姿を現した時のあの様子を見れば、もう近い、と思った人も多かったでしょう。

最近の方にはジョブズといえば、あのらっきょうみたいな顔でひょろっとして眼鏡かけてるおじさん。
もしくはおじいちゃん。というイメージらしいです。
今日もお客様に聞いたら、その通りのことを言われてました。
でも我々の世代で、PC黎明期にちょっと踊ってた世代の頭にあるジョブズは全く違います!!
ちょっと生意気でかっくいーあんちゃんだったんですよ。
もうやんちゃで子どもがでっかくなったような。
あんまりやんちゃが過ぎたので自分が創業したアップルから追放されたんです。
その頃にウインドウズ95に始まるPCブームが到来しました。
私は一番最初に買ったPCがマックのパフォーマ5210というモデル。単になんかデザインがかっこいいという理由だけで選んだんですが、それからはマック大好きになってPB150,PB5300C,初代iBook、白いiBook2台と遍歴を続けて来ました。
でもパフォーマの頃のアップルなんか、今のアップルしか知らない方には信じられませんよ。
もういつ倒産してもおかしくない、ソニーに身売り話をもちこんだら断られてとかいう話もあったりして(事実かたわかりませんが)とにかくよたよた。。

そこにジョブズが戻って来て、早速 iMacを発表! iBookを発表! ビル・ゲイツの協力も取付ける!
そしてiPod,iPad,iPhoneなどと快進撃が続くわけですね。
最近のジョブズはなんか神様みたいに見えてましたよ。人生達観したかっての遊び人のように。
暴れん坊の頃のジョブズが懐かしいですね。
それにしてもほんとうにすごい人物だと思います。
なんかもうこの世にいないと思うと寂しいですね。まだ56歳なんて若いです。

私の青春を飾る人物がまた一人去ったな〜。。
イッセイさんとかアルマーニさんとかも長生きしてねって願いたいです。
帰ったらテレビみなくっちゃ。。

新チロル発見!
e0046190_21422996.jpg

サークルKにて発見。
「パチキャンレモン」味。う〜ん、、まぁまぁかな。。

明日は音文で夕方からクラシックコンクールの地区本選があるようなので、ちょっとのぞいてこようかと思っています。

明日もいいことがある一日でありますように。
もうちょっと暖かくなりますように。。
by concerto-2 | 2011-10-06 21:44 | 演奏会のこと | Comments(4)
久々に当店で現在取り扱っているチケットのご案内をします。

その前に今日届いたものをご紹介です! 待ってましたよ!
e0046190_19443130.jpg

11月12日(土曜日) だいしホール 14時半開演
今年の新潟県音楽コンクールの受賞者コンサートです!
チケット&チラシが今日届きました。チケットは700円です。
いっつも満員完売になるのがこの受賞者コンサート。御早めにお求め下さいね。

ではその受賞者コンサートをも含んで今現在の取り扱っているもののご紹介です。


10月8日(土曜日)
「新潟混声合唱団 第41回定期演奏会 初心のうた」
新潟市音楽文化会館 15時開演
チケット 1200円 当日1500円 中学生以下無料

10月9日(日曜日)
「三膳知枝 ピアノリサイタル」
だいしホール 14時開演
チケット 2000円

10月9日(日曜日)
「山崎陽子門下オルガンコンサートVol.5 ~オルガンの旅 バロックから現代まで」
長岡 カトリック長岡表町教会 14時開演
チケット 1000円 当日1200円

10月10日(月曜日祝日)
「第1回 フルートアンサンブル duReve コンサート」
長岡リリックホール 14時開演
チケット 一般 2000円 学生 1000円

10月10日(月曜祝日)
「ハオチェン・チャン ピアノコンサート」
新発田市民文化会館 14時開演 
チケット 2500円

10月14日(金曜日)
「品川聖&今村泰典 デュオ・コンサート」
りゅーとぴあスタジオA 19時開演
チケット 3500円 当日 4000円

10月15日(土曜日)
「ハオチェン・チャン ピアノコンサート」
長岡リリック 18時半開演
チケット 2500円

10月16日(日曜日)
「ハオチェン・チャン ピアノコンサート」
柏崎産業文化会館 14時開演
チケット 2500円

10月17日(月曜日)
「ハオチェン・チャン ピアノコンサート」
りゅーとぴあコンサートホール 19時開演
チケット 2500円

10月22日(土曜日)
「田中弦楽アンサンブル 第17回演奏会」
だいしホール 18時開演
チケット 1000円

10月23日(日曜日)
「山崎陽子門下オルガンコンサートVol.5 ~オルガンの旅 バロックから現代まで」
新潟 カトリック花園教会 14時開演
チケット 1000円 当日1200円

10月23日(日曜日)
「洋楽の夕べ ジョイントリサイタル」
りゅーとぴあコンサートホール 17時開演
チケット 1500円

10月28日(金曜日)
「耳で聴く風景 井上静香&成嶋志保」
だいしホール 19時開演
チケット 3000円

11月12日(土曜日)
「2011年第46回新潟県音楽コンクール受賞者コンサート」
だいしホール 14時半開演
チケット 700円

11月12日(土曜日)
「新潟室内合奏団第62回演奏会」
りゅーとぴあコンサートホール 18時45分開演
チケット 1000円

11月19日(土曜日)
「土屋朱帆の ほっとコンサート」
だいしホール 14時開演
チケット 3000円

11月23日(水曜日祝日)
「トリオ・ベルガルモ 室内楽シリーズNo.14 ハンガリーとチェコの作曲家」
新潟 スタジオスガマタ 14時開演 & 18時開演
チケット 1500円

11月26日(土曜日)
「トリオ・ベルガルモ 室内楽シリーズNo.14 ハンガリーとチェコの作曲家」
長岡 新潟県立近代美術館内講堂 14時開演
チケット 1500円

11月27日(日曜日)
「新潟交響楽団 創立80周年記念 第89回定期演奏会」
りゅーとぴあコンサートホール 14時開演
チケット 指定席 1500円 自由席 1000円

12月11日(日曜日)
「アンサンブル・パルマ・イタリア 名曲で贈るクリスマスコンサート」
りゅーとぴあコンサートホール 14時開演
チケット 指定席 3000円

ということになっています。
あとシネウインドでの「ゴダール映画祭」と「ショージとタカオ」の前売り券があります。

それと。。。これはいかがですか!
今年の大晦日に東京文化会館大ホールで行われる
コバケンさんのベートーヴェン全交響曲連続演奏会!! 
13時開演 はたして終演は何時なんですかねw
こちらのコンサートに行けなくなった御客様よりチケットをお預かりました!
いい席です。しかも2万円のチケットですが割引価格で良いということです。
詳細は私までお問い合わせ下さい。東京組の皆さんもいかがですか?

昨日書きました、ウインド前支配人橋本さんたちの、古町に映像拠点を!
ですがチラシもできています。こちら
e0046190_19552827.jpg

拠点出来て欲しいですね。簡単なことではないと思いますが。

今日はだいしホールでフルートのコンサートが行われていますね。
(水島さんチケット売れたよ!!)

明日はこちらの注目のコンサートがあります。
e0046190_19574245.jpg

スタジオAでフォルテピアノ奏者平井千絵さんによるベートーヴェンプログラムです。
フォルテピアノによる「テンペスト」や「月光」! どんな風に響くのか興味津々ですね!
私も行きます。(なのですいません明日は6時半頃で閉店させていただきます)

3月の震災で中止になったと思われた長岡のジェンキンス「平和への道程」の公演が、来年5月20日に行われるそうで、メンバーを募ってらっしゃいます。素晴らしいことですね。
e0046190_201426.jpg

これで佐渡裕さんももうすぐ来られるし、震災で中止になったものもほとんど復活になると言うことですね。

今日のCDはマーキュリーさんからの新譜より。
まずはリストの珍しい曲。
e0046190_202402.jpg

リストの晩年の名作宗教曲「十字架への道」です。
CDになっていることがまず貴重。そんなに出てないですからね。そしてなんと言ってもマーキュリーさんは国内盤として出しているので日本語の解説、そして対訳があるということが大きいです!

もう1枚。これはリラックスして聴けるでしょう。マリンバでバッハ。
e0046190_2071230.jpg

クーン・ブランティーンクというマリンバ奏者さんのアルバムです。
全編バッハ。無伴奏ヴァイオリン&チェロの1番ほかをマリンバソロで演奏されています。
こういうのってありますけど、なんかこのジャケットから漂うシャレた雰囲気は、なんか良さそうな感じがします。
BGMなんかにしてもいいでしょうね。

ホットなものを食べたいぞー
出来たてでハフハフ言って食べるようなのが!
ということで上古町のケンズバーガーさんのチーズバーガーです。
e0046190_2011547.jpg

スモールサイズでもでかいです。温かいですよ。

今朝の新聞やムーランさんでのスポーツ新聞を見て、なんかしんみりしていました。
スポーツ新聞なんかトップニュースでしたよね。

皇帝と呼ばれたスーパーホース、シンボリルドルフが亡くなりました。
30歳だそうで、人間にすれば90歳くらいだとの事。大往生といえるでしょう。
なんか、、、、、そっかぁルドルフ死んじゃったのか。。。となんとも言えない気持ちになりましたね。

ルドルフって特別な存在だったと思います。
私はその時代、よく書いたりしてますが1歳年長で3歳の時には無敵を誇った三冠馬ミスターシービーのファンでした。
とにかく想像を絶する闘い方。うっそー!と思うようなレースをするような馬でした。魅了されましたね。
翌年になって、ミスターシービーの天下。。。となるはずが
そこにシンボリルドルフという馬が登場して来たわけです。デビューは新潟でした。
もう〜強いなんてものではありません。
ただ
ルドルフの闘い方って、ほんとに正攻法で奇策とかとは全く無縁でしたね。なんともの静かに勝っていく馬なんだろうと思っていました。
そしてミスターシービーとの初の決戦となったのが84年のジャパンカップ。
見てました。。。結果はルドルフの勝ち。ミスターシービーの必殺の末脚は及びませんでした。
ただルドルフもこの時は初の2位。カツラギエースと言うそれまで全然知らなかった馬が逃げて優勝しました。
ただ次ではカツラギエースは全くルドルフの相手にはなりませんでした。ミスターシービーも3度挑戦しましたが、この1歳年下の天才馬には一度も勝つことが出来ませんでした。
その後もルドルフは連勝を続け。いつしか皇帝と呼ばれるようになり。
生涯成績16戦13勝というすごい戦績を残して引退するわけです。
そして息子にはトーカイテイオーという優れた馬をも輩出します。

ルドルフ以降にもオグリキャップ、メジロマックイーン、ナリタブライアンや最近のディープインパクトまで時代を代表する名馬と呼ばれるスーパーホースが現れては消えていきます。
そんな中で、なんかシンボリルドルフというのは違うんですよね。
特別な存在感を持つ名馬だったと思います。
強いんだけど不思議な静けさと落ち着き。そういうものを感じさせてくれる名馬ではなかたtでしょうか。
皇帝シンボリルドルフ。安らかにお休み下さい。合掌。。

私は特に競馬ファンというわけではありませんからw
競馬ファンと言えば、新潟駅前近くにありました洋食屋さんでキッチンMというところをご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。
古町地区にありますキッチンVのオーナー大西さんのご親戚にあたられる方だったかな。その方がやってらっしゃったのがキッチンM.
石丸電気時代にもしょっちゅう行ってました。狭かったけど美味しかったんです。
昨年夏に盤鬼平林さんが来られた時にも一緒に行きました。
そんなずっと続いて来たお店でしたが先月の25日で店を閉められました。
寂しいですね。
オーナーさんは競馬が大好きで、昨年行った時もディープインパクトの話を笑顔でされてました。
キッチンMさんが無くなって、ルドルフも亡くなって。なんかな〜と感傷に耽ってた今日でした。

私もルドルフのような大人を目指すぞ!

明日もまたいいことがありますように。
by concerto-2 | 2011-10-05 20:32 | 取扱チケットの御案内 | Comments(2)
まだまだ肌寒いですね。。。ってまだ10月始まったばかりなのに!
寒すぎる。。

そんな昨日のことから。
昨日の休日は店を10時頃で出て、知り合いのとこによって
それでシネウインドさんへ!
なんといっても今上映中である「海洋天堂」を見に行かなくては!!
e0046190_18395868.jpg

いやぁ〜なんというか。泣かせるぜウミガメ〜w
もうあちらこちらですすり泣き状態でしたね。
涙腺の弱いことでは人には負けない私は、あらかじめポケティシュを袋から出してスタンバッてましたよ。
あのカサカサいわせるのがきらいで。

まぁ、この映画はなぜか日本公開されなくて、幻になりかけたのを一般の人々からの「見たい!」コールの高まりによって今年公開されたと言う作品です。
そもそもなんでこれって公開に入らなかったのかが不思議。
政治的なこととかも全く関係ない親子のドラマなのに。

主演がジェット・リー。あのアクションのジェット・リーがここでは、一心不乱に子どものことを思い続けるお父さんになっています。これがまたいい味出しています。ちなみにジェット君は私と同い年w

ストーリーとかはもうネットとかではたくさん書かれています。
ちょっと検索すればすぐにいくつも出て来ます。
でも私は書かないでおきますね。書くとなんか変な印象を見る前に持たれてしまうかもしれないのです。
自閉症とか、やはりそういうものを題材にしたものを苦手にされる人っていらっしゃると思います。
私もそういうとこあります。
でもこの「海洋天堂」は暗い映画ではありません。
とてもペーソスあふれる、味わい深い、楽しい所もある映画です。
大名作! とよぶにはちょっと恥ずかしい。一人一人の心の中に生きて行く映画ですね。
そんなことでは「ライフ・イズ・ビューティフル」にもちょっと似ているかもしれません。
なんというか、、、、いい映画です。
ぜひ皆様シネウインドへ。
上映時間は
10月7日までは毎日 12時10分〜、14時15分〜、19時〜の一日3回。
8日から最終14日までは 10時〜の1回のみ上映です。
ぜひお見逃しなきように。

映画と言えば
驚きましたよ!昨日の県民の新聞さんの夕刊に!
1面トップのでっかい記事がこちら!
e0046190_19301219.jpg

おぉ写っているお二人のうち左側の方は前シネウインド支配人の橋本さん!! お懐かしゅ〜ございます!
体調を崩されて引退されたんですが、もう良くなられたんですね。
橋本さんはウインド設立前はライフさんの技師でしたから、もう新潟の映画事情には精通されてらっしゃる方です。
そんな方達が古町に映像の拠点を!ということで立ち上がられました。
協力したいと思います。ぜひ古町に作ってください!!
第1回の旗揚げ上映はNSGさんの映画館のとこで今月8と9の二日間。
「新新潟市紀行」という新潟市紹介のフィルム上映が10時20分〜、13時半〜の2回
「旅と女と寅次郎」という佐渡を舞台にした寅さんものが11時40分〜、14時40分からの2回
入場料は1000円です。いかがでしょうか。

さてさて芸術の秋。今まちなかのギャラリーではとてもいい個展が行われていますよ!
まずは古町8にある羊画廊さんではこちら!
e0046190_19391569.jpg

「丹治直子 磁器絵付け展」 
こちら実際に今日見て来ましたが素晴らしいですよ。目が覚めるとはこのこと。
小さな食器、ポットそれぞれがとてもきれいな絵が描かれています。
そしてお値段も安い。もういくつも販売のマークがついていました。大事なことです。
ほんと鮮やかなんですよね。
e0046190_1942274.jpg

この写真、ハガキなどより実際に見た方がいいです。会期は11日までです。お勧めです。
ついでに言えば、丹治さんご本人もいらっしゃいました。とても凛とした美しい方でしたよ。うん。

西堀にありますギャラリー蔵織さんでは、いつも蔵織のかわいい主としていらっしゃる水上さんご自身の個展です!
e0046190_19434443.jpg

「水上祐子 小品展 さよならみどりちゃんっ!」
という水上さんの作品展。さっきの作品は「僕のパレード」という作品なんですが、私も前から大好きな作品です。小さな甥っ子さんの好きなものをみんな書き出したんだそうです。素晴らしい作品ですよ。
ただ!残念なのは水上さんの作品はとにかく精緻を極めるんです!! 縮小してしまうとなにがなんだかわからなくなるんですよ。
だから当然ではありますがぜひとも本物を見にきてください。
e0046190_19463576.jpg

もうお目にかかったという方も多いと思いますが、水上さんはとってもキュートな方ですよ。うんうん。

そして新潟絵屋さんでは私も楽しみにしていました!早川ゆーこさん!
e0046190_19504597.jpg

曽田文子&早川ゆーこ 絵ことば12ヶ月」
というお二人の絵本作家さんによる作品展です。曽田さんは愛媛県のご出身ですが現在は柏崎に在住の方。早川さんはかっては佐渡にいらして、今は西蒲原の方にいらっしゃると伺っています。
とても素晴らしい、また愛らしい作品を書かれています。
早川さんは5、6年前にフルムーンさんで個展をやられてて、その時に見て感動したんですよね。
なんてナチュラルにかわいい絵を描かれる方なんだろうと。
今回また見て改めて素晴らしさを感じましたよ。
小さなお子様がいらっしゃる方には特にお勧めですね。早川さんの作品また見れてうれしかったです。
ちなみにお会いしたことはありません。う〜んw

絵屋さんで主の井上さんといろいろ話してて、おっこれは!というチラシを発見しました。
思わず笑ってしまいました。
e0046190_20383529.jpg

「新発田モンパルナス展 〜佐藤哲三と画家たちの青春〜」
11月3日から新発田生涯学習センターで行われる展覧会のチラシです。
なぜこれを見て、二人して笑ってたかと言うと、前にも書きましたが今の新発田の文化行政にはもう新潟県美術界のマエストロみたいな方がいらっしゃるんですね。
もう公務員としては定年になられている方なんですけど、また新発田市の方からお声がかかったようです。
もうクラシックマニアとしても有名なそのお方。ま、仮にOさんとしましょうか。
もう〜Oさんはとても愛すべきお方でみんなから慕われている方です。
そして仕事での馬力がはんぱではない。
あ〜Oさんが新発田にいったのか〜と思ったらあれよあれよ言う間に文化行政の中心近くまで行ったのかな。もうキャリアなんかもはんぱな人ではありませんから。
我々知人友人にしたら、このチラシ見ただけでOさんの仕掛けだというのは一目瞭然なんです。
さすがやるなぁ〜Oさん。以前はテレビで枝並千花さんと特別番組に出てたり、はたまた新発田に行ってからのこの前にはFMPORTに出てカナちゃん先生いじめてたし(笑) Oさん手加減してやってよぉ〜w
それにしても新発田市、こんな大物が来たのに美術館が無いんですよね〜。
これがほんとに痛恨の極みです。フキヤさんのはありますけど普通のがほしいですよ。
なんとかOさんが加わってる間に話とか決まりませんかね。
とにかくこの新発田のモンパルナス展はその頃になりましたら超プッシュします!
あとOさんお体はお大事に。

最後は新潟市美術館さん。新しい常設展が先週末からスタートしました。
e0046190_20115766.jpg

「常設展 コレクション展 Ⅲ」です。
今回のテーマは「ヨーロッパに渡った作家たち」ということです。
うーん、前回よりはいいかな。。見応えのある作品もいくつかあるし。
ただ心配なのはシビさん(新潟市美術館さんの略)は新体制になってから、常設展を思い切った展開にしています。いわゆる目玉作品とかにしばられずに、あくまでもテーマ優先での展示。ということですね。
いっつも行っている常連さんはいいんです。だから私なんかも新しい作品が見れるので、けっこう楽しんでいます。
でも新規の御客様にはどうなのかな〜と思うんですよね。企画展があるから〜というのかもしれませんが、やはり常設展というのは、その美術館の顔となる作品が常時あった方がいいのでは?
とも思うんですよね。そのへん難しい所だと思うのですが、どんなものなんでしょうかね。
心なしか、この常設展シリーズになってから常設への御客様少ないような気もするのですが。。
ただ館長さんも新たに決定しましたし、市美さんもこれからでしょう!!
ぜひ新潟市美術館さんにもお立ち寄り下さいね。

今夜はイムジチの公演が行われていますね。御客様沢山こられてますでしょうかね。
明日はこちらがありますよ。
e0046190_20183335.jpg

だいしホールで18時半開演。
ジェラール教授を囲んでというフルートのコンサートです。
チケットは一般2000円、学生1000円。当店でも扱っております。

それとこれ新潟ではないので、宣伝にもならないのですが私の好きな奏者さんなので告知!
e0046190_2020327.jpg

名古屋です! 電気文化会館コンサートホールで
トパゾス弦楽四重奏団というカルテットの演奏会。ここに誰が出ているかと言うと。裏面で
e0046190_20231285.jpg

チェロの紫竹友梨さんなんです!
紫竹さんは現在愛知県藝院の2年生。そして新潟中央高校のご出身です。
最近ピアノの二宮麻里子さんが新潟の方で頭角を表しはじめて来ましたが、その二宮さんと同期なんですね。この学年の皆さんにはほんと知っている人が多かったんです。
高校生の頃から紫竹さんの演奏には注目してて、また当店にもよく来てくれて話なんかもしたものです。
立派になられましたね。
愛知県藝に行かれてからもコンクールで入賞、優勝とか、またコンサートもされたり、欧州に勉強に行かれたりと大活躍です。とても嬉しいです。そんな紫竹さんの入っているカルテットのコンサートが明日あります。
名古屋だけど(笑)
紫竹さんがんばってねー。ほんとこの年の中央の皆さんには思いである方がたくさんなんです。これから活躍されてこられるんでしょうね。楽しみです。新潟在住組は二宮さんが筆頭だと思います。ぜひ二宮麻里子さんも応援よろしくお願いします。

昨日知人のとこでゴチになりました。
e0046190_20312862.jpg

ルタオのケーキ。有名ですよね。でも、どうだろ。。美味しいと言えば美味しい。でも長蛇の列が出来るほどかと言えば、そっかな〜とも思わないでも無いけど。。
でも美味しいです。

とにかく暖かくなってほしいです! 昨夜なんか10時半に布団に入ると言う通常では考えられないおやすみでした。ちょぼっと体調不良です。明日は治ってますように。。

あっ今日いいことあったな。
でも
明日もいいことがたくさんありますように。。
by concerto-2 | 2011-10-04 20:34 | 展覧会のこと | Comments(8)

最近のチラシから。

今日のネーベルさんは好評だったようですね。
1号さんが行かれているのでレポートが載ると思います。
お楽しみに。

それにしても新潟寒い!! 今日埼玉から帰って来た知り合いとメールしてて「新潟寒すぎ!」とのこと。
たしかに。。そろそろカーディガン王子になる頃だな〜。

さっき歌手の土屋朱帆さんと電話して、いろいろ話をしていました。
こちらの公演よろしくお願いします。
e0046190_195220100.jpg

チケット扱っております。ぜひぜひ! 超お勧めです。

では最近見つけたチラシをいくつかご紹介しますね。
日にち順で行きます。

まずは10月15日。五頭です。
e0046190_19542774.jpg

10月15日(土曜日) ぽっぽ五頭 14時開演
「秋の午後 オカリーナの調べ」
出演はオカリーナ五十嵐正子さん  ピアノ佐藤有里子さん

次は10月30日、合唱祭
e0046190_19572716.jpg

10月30日(日曜日) 音楽文化会館 13時半開演 入場無料
「第45回 新潟市合唱祭」
学生さんの合唱団から社会人の合唱団さんまで。コンクールとは一味も二味も違う楽しい合唱が聴けると思いますよ。

11月6日はフルート。
e0046190_2003070.jpg

11月6日(日曜日) 音楽文化会館 14時開演 入場無料
「第10回 新潟フルートアンサンブルカーニバル」
入場無料で何人ものフルートの方が出られて素晴らしい演奏を繰り広げられます。
お得なコンサートですよ。クリニックもあるようです。

11月12日はチェロ。
e0046190_2024612.jpg

11月12日(土曜日) 営所通りにある「器」さん 19時開演 1500円
「近藤浩志チェロライブ」
現在大坂フィルハーモニー首席チェロ奏者である近藤さんのコンサートです。
ピアノは小尾沙織さん、ゲストは廣川抄子さん。
ワンドリンク付きでのコンサートです。

11月12日。ちょっとここからは遠いけど。
e0046190_2084080.jpg

「五嶋龍 ヴァイオリンリサイタル」
11月12日(土曜日) 十日町市市民会館 15時開演 4000円
11月13日(日曜日) 小千谷市民会館 15時開演 4000円
こっちまで来て欲しかった。。

11月21日、この人ご存知ですか!
e0046190_2012891.jpg

11月21日(月曜日) イタリア軒3階サンマルコ 20時開演(ディナーは18時半より) S−14000円、A-12000円。
「倉井夏樹 オータムライブ」
倉井夏樹さんというハーモニカ奏者さん。寺泊出身の23歳。
私は3年位前に知り合いの方より教えていただきました。実際に聴いたことはまだ無いのですが、その筋では天才と言われる奏者さんです。もうCDも発売されていますね。
いつか聞ける日を楽しみにしている方です。

11月30日。お父様お待たせ致しましたw
e0046190_20155156.jpg

11月30日(水曜日) りゅーとぴあコンサートホール 19時開演 
S−6800、A−5800、B−4000 円
「ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団&森麻季 クリスマス名曲コンサート」
うーん、よさそうですね。
最前列争奪戦でしょうか。w

12月のアルカディア。
e0046190_20204574.jpg

「第19回 アルカディア音楽祭 〜歌 響け〜」
12月3日(土曜日) 14時開演 「まちが歌であふれる日」
12月4日(日曜日) 14時開演 「うた・合唱の饗宴」
船橋さんが音楽監督をされている音楽祭ですね。
会場は見附のアルカディアホールです。

12月26日は加茂の第九。
e0046190_20235371.jpg

12月26日(月曜日) 加茂文化会館 18時半開演 
「第九合唱演奏会」
ソリストはたしか地元出身の皆さんだったでしょうか。
オーケストラは東京交響楽団さんです!

と、とりあえずここまで。気になるものはあったでしょうか。

今朝の県民の新聞さんより
e0046190_20262048.jpg

今回はテナーリコーダー。吹かれているのは笠井さん。
さすがにこれでリコーダーは終りでしょう。
まさか次回はヴォイスフルートなんて言ったら拍手しちゃいますけど。
(そもそもヴォイスフルートって楽器は知名度ないでしょうしね。リコーダーの一種です)

ほんと寒くなって来ました。
暖かくしていきましょう。
そんな時には温かい。。。。。おしることか。
e0046190_2030261.jpg

上古町の「えんや」さんのおしるこです。
ほっくりします。。

体調に気を付けて、明日からの一週間を頑張りましょう。
明日も良いことがありますように。
by concerto-2 | 2011-10-02 20:31 | 演奏会のこと | Comments(8)
今ほどだいしホールから戻って来ました。
あららメールがいっぱい来てる。ちょっとまっててねー
では書くぞ! 

今日は素敵な御客様がいらっしゃいました。
は、後にして
だいしホールでよる6時半からおこなわれた
「新潟フルートアンサンブル・アカデミー 第12回演奏会」
に行ってきました。
e0046190_21122836.jpg

出演のアカデミーの皆さんは石丸涼子さん、佐藤鎮香さん、手島尚子さん、西山直子さん、そして代表の水島あやさん、前代表の榎本正一さん。
ゲストはアコースティックギター長谷川裕二さん、カホン伊藤哲さん。
という顔ぶれでのコンサートでした。

プログラムは
第一部はアカデミーの皆さんでの演奏。
バッハ/ジーグ風フーガBWV577
ドヴォルザーク/スラヴ舞曲作品46第7番
ショッカー/フルート四重奏曲第1番

第二部はゲストのお二人をお迎えしてのラテン。
ピアソラ/リベルタンゴ (フルート西山さん&ギター長谷川さん)
ピアソラ/ブエノスアイレスの春、ブエノスアイレスの冬 (全員で)
アブレウ/ティコ・ティコ・ノ・フバ (全員で)

この後ゲストのお二人でのアンコールは井上陽水/少年時代

第三部はアカデミーの皆さんで
メルカダンテ/フルート協奏曲 (ソロは手島さん)

アンコールは
イエンセン/おもちゃの兵隊の行進
山田耕筰/あわて床屋

という内容でした。
とてもいいコンサートでしたよ。
フルートの音色はやはり心地良いですね。
特に最後のメルカダンテではソロを吹かれた手島さんとバックのトップを吹かれた水島さんとのきれいなやり取りみたいなのが、すごく気持ちよかったです。
榎本師匠のバスフルートもかっこよかったですよ。
なんかフルートこれからでもやれるかな〜とか思っちゃいそうに。。なんて気にもなっちゃうような。(も〜無理かなw)
高校生の頃、ほんとにフルートやろうかな〜と思ったんですよね。
その頃から続けていれば、今頃おいわどんさんの隣あたりで吹いてたりして!(そんな大それたこと!)
水島さんもお疲れさまでした。
水島あやさんの吹いている姿ってカッコいいんですよね。
同じように、かっこいい女性フルート奏者さんと言えば、コンセルトヘボウでトップを吹く世界有数のフルート奏者エミリー・バイノン。
今日のCDはそのエミリー・バイノンのものからこちらを。
e0046190_21265350.jpg

このCDはフルートをソロにして、フルートとピアノを始めとし、フルートとハープ、フルートと弦楽四重奏、フルートとオーボエとかの隠れた知られざる名曲を収めています。
その中でも、おー!と私が思ったのは知る人ぞ知る名曲で、ほんとにCDが入りやすいのが無くて困っていたものが収録されてたので喜んだんです。
それはルイーズ・ファランク作曲のフルート、チェロとピアノのための三重奏曲です。
これはよく知られざる名曲を集めたような特集には載るものの、なかなか音源が手に入りませんでした。
トロフォンというレーベルにあるんですけど、なかなか。
私も石丸時代にずっと待ってやっと手に入れたものでした。それがここに入っているのが売りの一つです。
ただいい曲なんですけど、そこまで労しての大名曲かと言うと、、まぁまぁの名曲。
なんですけど。それでも貴重なんですちなみにルイーズ・ファランクはヴァイオリンソナタもあって、当店では揃えてあるんです。超貴重!でも全く売れません(笑) それどころかフランクと間違って買っていかれそうな御客様に紛らわしいとか思われたりして可哀想。そんなに悪い作品ではないですけどね。
三重奏曲なんかはきっと生でやると映える良い曲だと思うんですけど。。どなたかやらないかな。

フルートといえば、すぐにこの演奏会があります。
e0046190_2112079.jpg

10月5日(水曜日) もうすぐですね。 だいしホール 18時半開演
チケット 一般2000円 学生 1000円 チケット扱っております! よろしくお願いします。

さて、今日は午後に素敵な御客様がご来店されました。
加茂在住の書家、泉田佑子さん。
泉田佑子さんといえば2年前の秋に行われた、素晴らしい個展がありました。
その時のチラシがこちら
e0046190_21162635.jpg

テーマを小路の文化だったかな。すごくいい写真ですよね。
それにこれは加茂で行われて、写真も加茂ですが、加茂のなんというか裏通り?あそこのとこってすごくいいですよね。
少なくとも新潟島には無いです。
そううところで生まれ育った泉田さんの想いが作品に反映された、ほんとに素晴らしい個展でした。
たしか私は2009年度に見た展覧会で第一位に選んでいたと思います。
そんな泉田佑子さん。
先日私が加茂に行った時にお会いできなかったので連絡したら、今日泉田さんから来てくださったんですね。
久々にお会いしました。そんで県政記念館に行ったり、帰りに一緒に青島ラーメン食べたり
店に戻れば賑やかな御客様がたくさんいらしてて、泉田さんを囲んで話の輪ができたり。
楽しんでいただけたようです。
泉田さんは書家として数々の仕事をこなされていらっしゃいます。いずれも素晴らしいお仕事ですよ。
最近ではこの題字を書かれています。
e0046190_21391959.jpg

秋葉区にあります村祐酒造さんの日本酒「嵩村桂」の題字ですね。お見事。
いつも泉田さんの作品を見て思うのは、商品としていつも成立しているんです。
それは前から思っていました。
時折、作家の個性だからと称して「これは売れないだるな〜」と思うものをいくつもいくつも世に出されている。そういうケースを見る事があります。
それはご本人の考えだから第三者として口を挟むべきことではありません。
でもビジネスとしてどうだろ?と思うことはあります。
その点、泉田さんの書くものは商品としてきっちり作られています。
そこらへんのことは今日いろいろと話した時にも聴いてみました。
やはりそれはプロとしては当然であって、売れなければ私は生きて行けませんから。ということ。
ビジネスとして成り立たせるということが大事であるということをしっかり考えられています。
文化というものをいかにしてお金にするか。
これを下世話なことと考えられるかもしれないですが、書家であれ作家であれ画家であれ音楽家であれ全てはビジネスでやるのがプロの世界です。
泉田さんはすごくそのことをしっかり考えられています。
もうこの秋にもある食品のパッケージに泉田さんが起用されています。まだ内緒なんですけどね。
そして来年には大きなことをやる計画があります。これもここでは書けませんけどね。
書家というものを知って欲しい。身近に思って欲しい。そうおっしゃられていました。
中には「あんたがちゃかちゃか〜と書いたものがなんで何万円もするんだ」そんなことを思われる場合もあるそうです。とても悔しいでしょうね。
まるで「宣伝になるからタダで演奏すれば良いじゃないか」と同じです。
そこに至るまでのものを考えて欲しい。
話しながら凄く共感できるものを感じました。
泉田佑子さん、書家のプロとしてはまだ若手の部類かもしれませんが道を切り開いて行ってます。
ぜひどこかでお名前を見かけたら応援してください。
素顔はとってもきさくで素敵できれいな女性ですよ。お婿さん募集中w(ほんとかな〜)

以前泉田さんからお手紙をもらった事があって、あまりに見事なのでお宝としてとってあります。
e0046190_21532588.jpg

ちなみに加茂の泉田さんといっても某県知事さんとは親戚でも何でも無いそうですのでw

明日の日曜日は!
一押しはこちら
e0046190_21554132.jpg

ネーベルさんです。チケット扱っております!
庄司愛さんと佐々木友子さんのソロにぜひご注目を!

スタジオスガマタさんではこちら
e0046190_21572756.jpg

柴野絢子さんにご注目を! がんばってねー。

新発田ではこちら
e0046190_21562727.jpg

浅香みのりさんにご注目を!

最後にタウン誌PASマガジン最新号で上古町の親分、さかい社長様が1ページ載っています。
e0046190_21593572.jpg

オーディオとLP。
LPはラウテンバッハーのロザリオのソナタとバッハのソナタのが写ってますね。
153ページです。ぜひ見てくださいね。てか買っていただけたら最高でしょうね。

明日のネーベルは1号さんに行ってもらうつもりです。
ぜひよろしければ当店にもお越し下さいませ。

明日も良い1日でありますように。
by concerto-2 | 2011-10-01 22:02 | 演奏会のこと | Comments(2)