人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2010年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

まず最初にメーカーから不良連絡がきました!
先日入荷があったEMIのフランソワのショパンBOX
中の1枚に不良がありました。
幻想即興曲にエラーが出ます。

一応こういう手順になっています。
*******************

■良品交換対応窓口
連絡先:EMIミュージック・ジャパン カスタマー・サポート・センター
住所:〒107-6327 東京都港区赤坂5−3−1 赤坂Bizタワー27階
電話:03-6830-8333
営業時間:10:00〜12:00、13:00〜17:00
土、日、祝祭日は休みとなります。
お客様のお名前・ご住所・電話番号を必ず明記の上、着払いにて
不良ディスクCD5のみのご返却をお願いしております。
なお、良品(交換品)の発送につきましては、4月上旬を予定しております。

********************
なんです。
ただ当店からお求めのお客さまは私が代行してもいいです。
新大のTさん、ごめんなさいね〜。うぅぅぅぅ
じじねこさん連絡するね〜。

たまにあるんですよね。

さて気を取り直して
毎月第3水曜日は新潟市役所ロビーコンサートの日です!
今月は
フルート市橋靖子さん&電子ピアノ川崎祥子さんのなんでもこいデュオ!
「昭和を歌う Vol.2」
いやいや、もういかにもこのお二人というコンサートでした!
それではプログラムを紹介!

1、りんごの歌
2、学生時代
3、青葉城恋歌
4、さよならの向こう側
5、恋のバカンス〜恋のフーガ
6、知りたくないの
7、東京ブギ

さすがです!
ここのお客さまの層を見事につかんだ曲目。まさに「昭和を歌う!」
懐かしい曲にはお客さまの歌声の歌声も聞こえて、リズムをとるお客さまも。
こうなったら山口百恵とかもやらないで昭和30〜40年代にしぼってもいいかも。
なんて思いました。ぜひ次の選曲には私も参加で(笑)
ただな〜昭和歌謡といえば、私の人生最初の大好きになった歌手が出てないんですよね。
それはフルートというよりクラリネットが合う〜。
いつかうちわコンサートで4号とDaaさんにバックしてもらって私が歌おうと画策。。。はしてないですけどねw
岡晴夫さんです!私の親が大好きだったこともあって小学生の私の心をつかんだのです!
大好きです!
CDも持ってます!
今日もロビコンの帰りは歌ってました!
市橋さん、ぜひいつかは岡晴夫ナンバーを!

客席の後ろにあるカウボーイも感動してました。
e0046190_083869.jpg

「わしも感動したぞぉ〜うるうる」

そして今回は市橋さんのパワーに加え「川崎祥子さんのワールド全開」といった感じです。
川崎さんはすごいです。こういう人がプロのミュージシャンというんだろうね〜と思いました。
川崎祥子さんのソロコンサートも今月あります。
今資料が手もとにないので、後日またご紹介!
この市役所ロビーコンサート、来月は!
ヴァイオリン佐藤博志さん&琴の奥村京子さんのコンビです。
ぜひお楽しみに!
e0046190_065791.jpg

見てて気付いたのは。。。あっ!ステージの上の時計が新しくなってる!そしてモニターがつけられてる!

市橋さん&川崎さん、ありがとうございました。

ちなみに私が新潟市で一番!と思ってるラーメンやさんのBGMはすごいですよ!
毎日昭和ムード歌謡ヒットメドレーです。思わず歌いそうになるんですよね〜。
この前Gメン75のテーマがかかった時は感動した〜。

夜は新潟市役所ラ・フォル・ジュルネ担当の白井まやさんが店に来てくれて、閉店後はプチ・事務局状態。
二人で関係者に電話かけまくり。
でも私のやる事もだいたいやれて白井さんにお渡しできました。よかった。
これから白井さんはテレビやラジオにがんがん出てジュルネをPRしまくるそうです!
頑張ってますよ。
ぜひ白井さんには早く偉くなってもらって、いつかはりゅーとぴあの支配人になってほしいぞ!

その白井さんが持ってきてくれました。
今日できたばっかりのジュルネ新潟の新しい完全版パンフです!
完全スケジュール表やら当日のコンサート以外のイベント紹介とかものってますよ。
e0046190_023840.jpg

前の予定表で未定だったとこも内容が決まったのでのってます。
当店にも置いてあります。ご自由にお持ち下さい。

ぶらあぼ最新号も届きました。
e0046190_0243555.jpg

どうぞご自由にお持ち下さい!
by concerto-2 | 2010-03-18 00:25 | 演奏会のこと | Comments(8)
またしても遅くなった!
今日は新潟市役所のロビーコンサートがあるんだ!
出演は我らが市橋靖子さんと川崎祥子さんの芸人コンビ、あっ失礼しました、、なんでもできる演奏家お二人です!
もしお時間ある方はぜひ!

それで昨日は県民会館の小ホールで19時から行われた
「春のおんがく会」に行って来ました。
これは武蔵野音楽大学在校生・卒業生による皆さんでのコンサートです。

よくこういう音大の皆さんでのコンサートってありますよね。OBOGも入れての。
武蔵野音大さんは4、5年振りとの事。
ということで今回の運営された皆さんは前にやった事が無いというので、ちょっと緊張されてて、またちょっとたいへんそうなとこもあったかと思いますが。
途絶えたものを復活させて、また始めるというのは素晴らしい事です。
また毎年行えるようになると良いですね。
係の皆様お疲れさまでした。
いい演奏会だったと思いますよ。

それでプログラムは
ラヴェル:ソナチネより第1、2楽章  笠木麻衣さん(ピアノ)
サンサーンス:アレグロアパッショナート  鈴木舞さん(ピアノ)
モーツアルト:ピアノソナタK333より第1、3楽章  松田結香さん(ピアノ)
Rシュトラウス:わたしは漂う、ウェーバー:すらっした若者がやってくると  藤巻咲さん(声楽) 山下泉さん(ピアノ)

ドゥメルスマン:オベロン大序曲  遠藤真由美さん(フルート) 笠木麻衣さん(ピアノ)
Rコルサコフ:トロンボーン協奏曲より第2、3楽章  寺井弦さん(トロンボーン) 金川唯さん(ピアノ)
エワイゼン:ソナタ   久住篤さん(テューバ) 池田祥子さん(ピアノ)
カーマイケル:スターダスト  寺井弦さん(トロンボーン) 久住篤さん(テューバ) 池田祥子さん(ピアノ)

特別出演としてOGであるピアニスト山田美子先生による演奏
ショパン:幻想ポロネーズ

アンコールで山田先生による
ドビュッシー:夢

という内容でした。
トロンボーンやテューバがメインをとるというのはなかなか珍しかったのでよかったと思いますね。
よかったですよ。
進行のトロンボーン寺井さんのMCもちょっとハラハラするものもあったかもしれませんが、なかなか爽やかで好感の持てるものでした。
これから楽しみにしています。頑張って下さい。
山田先生のピアノはさすがでした。

受付で頑張ってたファゴットの小武内さん。彼女も高校生の頃から私がいい〜奏者だな〜と思ってた一人です。
その小武内さんも来週の水曜日には同じ県民小ホールでコンサートに出られますね。
3月24日(水曜日)18時半開演。
「新潟中央高校音楽科 第9期卒業生演奏会」
チケットは500円です。当店も扱っております。ぜひよろしくお願いします。
こういう高校を卒業しても同期として集まってコンサートをやるというのも素敵ですね。いつまでも仲良く頑張って下さい。

新潟中央高校さんも今日が卒業式ですね。
晴れて良かった。
Kさん残念だったけど頑張った!
また一緒になんかしよう。
michiさんも、今度は新大オケで聞くのを楽しみにしてるよ!

今日卒業式を迎える皆さん
おめでとうございます!

今夜は新潟市ジュルネ担当の白井さんが当店に来られて打ち合わせです。
なんかラ・フォル・ジュルネについてご質問などある方や、私のちょっと声かけられてて問い合わせたい事があれば、夜6時半以降に当店にお電話頂ければ直接お話し出来ますので。
なんかあればどうぞ当店まで電話かけて来て下さい。でも7時ちょっと過ぎ位まででしょうけど。
ラ・フォル・ジュルネまだまだ知られてませんね〜。これから段々盛り上げて行きましょう!
by concerto-2 | 2010-03-17 10:47 | 演奏会のこと | Comments(4)
月曜の休日は見たかった映画を見てきました!
それはシネウインドで上映されている
「シャネル&ストラヴィンスキー」!!
先週末から公開されてます。

12時半からだったので、それまでどうしよ〜かな〜と思ったのですが
万代での私のお気に入り場所、Tジョイ万代さんのカフェスペースで時間まで2時間待ってました。
e0046190_23245157.jpg

ここは眺め最高なんですよね。
そんでもって読んでたのはこれ
e0046190_23264589.jpg

片桐卓也著「クラシックの音楽祭がなぜ100万人を集めたのか〜ラ・フォル・ジュルネの奇跡」
一気に全部読んじゃいました。
感想はいろいろありますが、それはまたいつか。
もう頭ぱんぱん。。。

そんで時間になったのでシネウインドさんへ!
えっ!なんか行列じゃん!
ウインド久々の新人ちゃんがなかなかもぎりのスピードが上がらなかったのもあるけど(頑張ってねー!)
混んでいる。。ざっと数えて40人近く。
ウインドで40人と言えば満員近しですよ。こんな月曜の昼に。。
どちらかというと人生の先輩の皆様がたくさんでしたね。
シャネル人気かストラヴィンスキー人気なのか。。。いずれにしてもいいことですよ!

観ました!!

率直な感想は
うーまぁまぁかな。。。でしょうか。
そんな大名作と言うことはないです。
が、見る価値はあるなぁ
まず最初に「春の祭典」の初演のシーンから始まります。
これがとってもよく再現されている!!
ここは必見!
主役の二人だけでなく、ディアギレフやニジンスキー、そしてバレエ・リュスと言われるディアギレフのバレエ団が行ったニジンスキー演出を忠実に再現しています。
ほぉ〜こういう踊りだったのか〜。なるほどね〜
そして大騒ぎで警察も駆け付け、照明もつけられたり消されたりと大混乱の中一度も演奏をとめなかったオーケストラに黙々と指揮を続けるモントゥー。
それらが忠実に再現されています。
ここが一番面白かった!

その後はシャネルがストラヴィンスキーを見込んで自分の邸宅に一家ごと住ませる。
となるとシャネルとストラヴィンスキーが急接近して。。。
そしてそれが奥さんにもばれて、、、修羅しゅしゅしゅ。。。
やがてシャネルの心もストラヴィンスキーから離れて、香水に没頭する。。
あぁ男ってだめな生き物。。。わかるわかる。。

ただ「春の祭典」の再演ができるよう匿名で寄付をする。
そして春の祭典再演はプログラムデザインがピカソ、寄稿がコクトー、衣装がシャネルという今では信じられないようなメンバーで行われる。
というようなストーリーです。
三角関係が静かに、でも濃密に進行して行く。。という中間部はかな〜り大人の映画です。一応18禁っす。
シャネルの香水と言えば!
天才調香師エルネスト・ボー登場です。そしてNo5。
このあたりもちゃんと描かれていますよ。
No5、懐かしいなぁ。
私実はバブル期には香水コレクターだったのです。
シャネルは全部そろえましたよ。No5,No19,COCO、プールオムなどなど。。
そしてなんといっても男性諸氏にはアンテウス!
私が一番好きだった香水でした。
ちなみに第2位はフェレ。
今でもその頃の香水が中身入りでけっこうな数あります。
っつーか捨てるに捨てらんないんですよぉぉ〜
e0046190_2354673.jpg

あんまり褒めてないような感じで書いたのですが、一見の価値はある映画です。
シャネル役のアナ・ムグラリスがほんとうにシャネルっぽいので、まさに適役!
だって本当にシャネルのモデルをやってる人だから着こなしなんかもばっちし。
ファッションに興味ある方にもお勧めの映画です。
シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルトもわざわざ映画のためにドレスをつくってます。

ラガーフェルトといえば、恵比寿ガーデンプレイスができた時、そのオープン2日目に行ったんですよ。そしてあのウエスティンホテルに泊まったんですよ。
その日は夜にシャネルのファッションショーがあって、ショーは見れなかったんですがロビーにモデルさんたちが宣伝のために何人かいらっしゃったんですね。
も〜〜〜私と同じ生き物とは思えませんでした!
身長でっけー!顔ちっせー!足なっげー!!
宇宙人のようでした。
懐かしい思い出です。

今日のCDはそのサントラ。
e0046190_23592057.jpg

ウインドにおいてあるのは私がお貸ししたのです。
よろしかったらご予約下さい。できたらでいいです。。

明日は武蔵野音大さんのコンサートがありますね!
by concerto-2 | 2010-03-16 00:00 | 映画のこと | Comments(4)

土曜日は花盛り。

昨日の土曜日。
午後はいろいろありました。
栄長敬子さんの「冬の旅」に行けなかったのは残念。。きっとたくさんのお客さまがお聞きになられたことでしょう。
講座もいけなかったし、えーちゃんごめんなさい。
ぜひまだ栄長さんのシューベルトシリーズ聞かれていない方は、新潟に一生懸命シューベルトと取り組んでいるいいピアニストさんがいることをご承知置き下さいね。
人柄も抜群ですよ!

それで昨日はまずパイプオルガンの音色からスタートでした。
山本真希さんのパイプオルガン講座修了生の皆さんによる修了演奏会が2時から。。。。
と思ってたら、チラシをよぉぉぉ〜〜く見ると。。。ん?1時から過去に修了された方の演奏会が先に1時からあるとのこと。こ、これは見えないだろぉ〜(笑)
教えていただいたお客さまありがとうございます。(そして県外にお引っ越しとのこと。今までありがとうございました)
ちょっとだけでもと思い早く出て1時からの過去の修了生の方の演奏を1曲だけ聞けました。
やはりパイプオルガンの音色と言うのはすごいですね。
あるお客さまともお話ししたのですが、新潟でヴィドールだ〜ヴィエルヌだ〜なんていうパイプオルガンの作曲家さんのコンサートが行われるだなんて15年前には想像できませんでしたから。
新潟の宝としてもっともっとアピールしていきたいものですね。

そして昨日のメイン公演へ。
おなじりゅーとぴあ内のスタジオAで午後2時半から行われた
「ピアノ・ぴあの・Piano~小西奈雅子ピアノ作品集〜」
に行ってきました。
この公演、新潟在住の作曲家小西先生のピアノ作品の最近のものを一挙演奏と言うコンサートでした。
お客さまもとても多く、また音楽関係者のお顔もたくさんお見かけしました。
小西先生のこれまでのご努力、そして素晴らしき実績を感じましたね。
今回演奏されるピアニストさんは全部で6人。
石井朋子さん、内田美果さん、長村未佳さんのプロに加えて、鈴木麻生さん(小3)、高橋怜奈さん、高橋理紗さん(中1)
そしてプログラムは全曲小西先生の作品で

古の風に   (演奏)石井さん
FanasyⅡ  内田さん
海界へ  長村さん
垂氷〜2台ピアノのための   石井さん&内田さん

小さなピアニストのための曲集より 2曲  鈴木さん
緑の画集 より7曲  長村さん
組曲 雪のおくりもの  高橋さん&高橋さん ナレーション小西先生
光の春〜2台ピアノのための(初演)  内田さん&石井さん

現代音楽といえば現代音楽なのかもしれませんが、そんなに難しくはなく、そして生で聞くということもあって「凄み」を感じた曲、演奏でした。
特に 「垂氷」 ではピアノの中に本やファイルのようなプラスチックなどを入れて、プリペアードピアノですね。そうして更には弦を直接マリンバのマレットで叩いて音を出すと言うような演奏法で、なかなか見て楽しめました。演奏の石井さんと内田さんも素晴らしかったです。
1曲目の「古の風に」  もそうですが。
石井さんはこういう曲が合うな〜と感じました。

そんな石井朋子さんがメンバーのトリオベルガルモさんの公演は4月25日です。
午後2時からと午後6時からの2回公演。
今回のような現代曲とは趣ががらっと異なりハイドン、ベートーヴェンというプログラムです。
ベルガルモさんもどちらかというと、とんがったプログラムをやることが多いのですが、今回はザ・古典派!!ですね。
e0046190_13373610.jpg

ぜひお楽しみに。まだチケットはできていません、もうすぐとのこと。でもご予約受けたわっています!
定員が少ないのでお早めに。

りゅーとぴあを後にして
次は午後6時からだいしホールで行われました
「新潟サクソフォーン協会」
に行ってきました。
毎年聞きに行っているんですよね。
なかなかいいですよサックス。
サックスというとジャズのイメージが強いですが、もともとサックスと言う人が木管と金管のいいところを兼ねた楽器を、ということで作った楽器ですからクラシック曲のためにできた歴史ある楽器なのです。
なのでもっともっとクラシック関係のお客さまにもきいていただきたいですね。

プログラムは
最初はラージ・アンサンブルコーナー
モーツアルトのディベルティメントK136より第1楽章
チャイコフスキーの弦楽セレナードよりワルツ

ソロ、アンサンブルコーナー
ボザのアリア
ヘンデルのヴァイオリンソナタ第6番より第1、2楽章
本田俊之のジャズ・エチュードより第4楽章
シュミットの無伴奏テナーサクソフォーンのための組曲
シュミットの2本のサクソフォンと打楽器のためのジャズ組曲

本田俊之の陽だまり
大島ミチルの天地人のテーマ
シフリンのミッション・インポッシブルのテーマ

最後はラージ・アンサンブルに戻って大編成サックスアンサンブル!
エルガーの愛の挨拶
カバレフスキーの道化師のギャロップ
フォーレのパヴァーヌ
エヴァンスのレディー・オブ・スペイン

アンコールは。。。あっ!忘れた。。う〜ん、、なんか(笑)

ソロの部はちょっとマニアックかもしれませんが、ヘンデルのソナタなんてサックスにするといいですね〜
そして合奏ではフォーレのパヴァーヌなんかうっとりしますよ。
サックスアンサンブルいいです!
噂のバスサックス(たしかにでかい!)の威力もあって低音域もずっしりとしてましたし、幅が広がりました。
これはたくさんの方にぜひお勧めしたいですよ。

なかなかいい演奏会がたくさんあった土曜日でした。
そして今日日曜はなんといってもだいしホールでのクラリネット・アンサンブル!
「ぜひクラリネットの素晴らしい音色を聞きに行って下さい。なんと無料コンサートです!」
と、昨夜書いたとこであえなくダウンでした。
そんで、今頃、、、もう開演してる時間で書いてます。。Daaさんすまんこってす。。
きっとだいしホールも押すな押すなの超満員のことでしょう!
熱い演奏繰り広げられている事でしょうね!

今日の日曜日はそれにいい〜〜天気です!
最高の週末ですね。
古町にもいつもより多くの方が歩いてらっしゃいました。

さてさて、これをアップしたら奥村景さんの記事をまとめておくらないと。。アセアセ!!
新聞にそのうちのっても「あードタバタして書いてたからいい出来でないよね〜」
と思って読んで下さいね。
ぜひ奥村景さんと大滝俊さんのだいしホールでのコンサートよろしくお願いします!!!
これほんとにプログラム面白いんですよ。
滅多に聞けませんよ、こんなプログラム。
お勧めです!!

明日はシネウインドに「シャネルとストラヴィンスキー」を見て来るつもりです!
ほんとうはこれCDを頼まれていたのに。。間に合わなかった〜。。
ウインドのまっちゃん姫、ごめんね〜。

今日のCDはこちら
e0046190_13542441.jpg

声楽界の最高峰ともいえるD.F.ディースカウのEMIに残した録音から代表的なものを10枚を選んでボーナスで1枚を加えたボックスものが発売になりました!
当店価格は2100円です。
名盤が安くてに入る嬉しさと、もうEMIはこういうビジネス専門になったのかな〜という感じにもなってちょっとだけ複雑な心境になります。
かってなら1万5千円くらいでしょう。
でもプラス思考で行きましょう!こんな名盤がこんな価格で入るという事は素晴らしいことです。
シューベルトが4枚、シューマンが1枚、ブラームスが1枚、マーラーが1枚、ヴォルフが1枚、Rシュトラウスが1枚、他が2枚の11枚セットです。
一応限定だと思います。ぜひ御早めに。

今日の午後も素晴らしい一日でありますように!
by concerto-2 | 2010-03-14 14:01 | 演奏会のこと | Comments(2)

昨日はNoism、明日は。

昨日はNoismの特別公演「白鳥の湖ヴァージョン」に行ってきました。
通常のヴァージョンではカンチェリとかの曲を流して、ダンサーはipodで白鳥の湖を聞いて踊る?
と聞いています。
それを観客も白鳥の湖を聞くようにして展開する。。。。でいいのかな。
なんせ通常版見てないので人伝えに聞いたことなんですけどね。
で感想ですが。
正直その通常の方がいいかも。というのも昨日見たのが悪いわけではありません。
が、やはり白鳥の湖となるとバレエのものすごい完成度の高い作品がある。どうしてもそれが頭にあるんですよね。
なのでちょっと素直に感動するということにはなりにくかったかなと思っています。
あと中野綾子さんが抜けたNoismを初めて見たわけですが、やっぱファンだった人間には寂しい。。。
ラ・フォル・ジュルネで以前Noismさんがやったバッハの無伴奏ヴァイオリンの演目やったらいいのになぁ。これこそ新潟独自の出し物になると思いませんか?
提案してみようっと。
金森さんどうですか?
って今からでは時間ないですしね。

そして明日はいろいろあります。
例えばこんなのたちが
e0046190_23454574.jpg

午後3時からは器さんで栄長敬子さんのシューベルトシリーズ「冬の旅」。
午後6時からだいしホールでは新潟サクソフォーン協会さんのコンサート。
あとりゅーとぴあさんでは午後2時からオルガン講座修了生さんたちのコンサート。これは無料ですね。無料でパイプオルガンが聞けるんですよ。お得ですよ!

そしてスタジオAではピアノのコンサートがあります。
作曲家小西先生の作品演奏会です。もうチケットは完売に近いらしいです。
私にとっても特別な想いで聞きにいくコンサートです。身を浄めて聞きに行きたいと思っております。

今日のCDはこちら
e0046190_23451362.jpg

これ超限定だったので、今あるのはほんとうに日本国内でもなかなかありませんよ!
4セットのみ手に入りました!
ドイツグラモフォン111周年セットです!55枚組で13800円です。
4つだけしかありません。DGの歴史を作った名盤が一気に手に入ります。
これからいろいろ集めようと言う方はぜひ!

最後に
今日はマック4連発の最後の登場!
e0046190_23574929.jpg

カリフォルニアバーガーです!
う〜ん、まぁまぁかな。でも普通のクォーターパウンダーの方が私は好きですね。
でもなかなか美味しいですよ。

明日は心落ち着かせてスタジオAに。あ〜なんか緊張するなぁ。(聞くだけなのにw)
by concerto-2 | 2010-03-12 23:59 | 演奏会のこと | Comments(2)

うわっ!今日じゃん!

しまった!
今日のコンサートで一つ宣伝するのを忘れてました!
当店近くにあります画廊フルムーンで今晩7時から
電子音響室内楽10「Permutation of Time」
というコンサートが行われます。
演奏は演奏&作曲&プログラミングの福島諭さん。
新潟出身のすごい方です。
で、電子音楽ということなんですが
プログラム言語Max/MSPを用いてのリアルタイムに音響処理を行う。。。

もうこれだけでその筋の通の方には「えっ!Max/MAPを使うんですか!すごい!」
だそうです。
そうでしょ〜すごいでんですよ〜と言いたいとこですが私もさっぱり分かりません。
でもわからなくとも楽しめる音楽だそうです。
いかがですか。
入場料2000円。
koshinoさん遅くなってすいません。

私の今晩はNoismに行ってきます。「白鳥の泉」特別ヴァージョン。楽しみにしています。
なのですいませんちょっと今晩は早く閉めさせていただきます。すいません。

それといろいろあるのですが。。えーっと
前回の記事に書きました新潟県音楽コンクールの件ですが
このコンクールの現場責任者のAさんは私が石丸電気にいる頃からのおつきあいなんです。
しょっちゅう連絡はとりあってるので
早速今朝聞いてみましたよ。
「コントラバスの知り合いが、出ても良いのかな〜?と言ってましたけど」
A氏「あ〜〜そう、では申し込みあったら弦楽の先生にお願いするね」
だそうですよ、haruちゃん!道は開けるぞよ!
ま、いやいや聞いただけですから〜とお茶を濁してきましたぞよ(笑)

新潟市美術館の件は関係者大騒ぎだそうです。
関係者の中にも存じ上げている方がいらして、昨日文化庁が発表した事は私も耳にしてました。
そうなるらしいと。秘密の話として。
でもここまでやってるのに、まさかね〜
と思ってましたが、貸し出し不可の方向を発表しましたねー。
これはほんとうに大変!
も〜〜超がっくり。
なんとか貸し出しオッケーにしてくれないものなのかなぁ。
新潟美術史上最大とも言えるものであったのに。。
実際に奈良とかでは国宝といえどもケース内におかれず、堂の中に置かれてて、触ろうと思えば触れる場所にあるものだってあるのに。。
クモくらいで。。。と言っては行けませんけど。
でも話はクモだけではなく、どろどろ〜っとしたものがあるようです。

中宮寺の弥勒様が来られると言う数ヶ月の夢を頂いたと思って我慢すればいいのかなぁ。残念。。
でもまだはっきりとは決まっていませんから!と関係者さん。
一発大逆転があることを願っています。
きっと弥勒様だって新潟に来られる事を「楽しみにしてますよぉ〜」と思ってらしたと私は勝手に思うのですが。。
実はこの春のイベントの私の中での重要度は
ベルガルモ>弥勒様>ジュルネ
だったのです。はぁ〜。。。

いくつか明るい話題を。
当店の前もそうですが東堀はず〜〜〜っと工事をしていました。
地下のパイプやらの工事、歩道の工事、そしていよいよ最後の電信柱の抜き取りが今日行われました。
e0046190_12212888.jpg

3年もかかった工事でしたが、これでやっと落ち着くでしょうか。

そして今月は東京交響楽団さんの新潟定期がありますよね。
プログラムを見て「うわ〜近代物かぁ、難しいのかなぁ」と思われた御客様。ご安心を!
もーすっごく楽しいプログラムなんですよ!
初めて曲であっても大丈夫です。
ということで、これまた恒例のお昼のロビーコンサートはこちら。

ホルン四重奏

ジョナサン・ハミル
阪本正彦
甲田幹雄
曽根敦子

A・リード作曲「フランス組曲」より ほか

だそうです。ホルンの素晴らしい響きをお楽しみに!

つづいて
新潟市在住のフルート石崎綾夏さん。全国コンクールを突破して台湾での国際コンクールに出られたそうです。
結果は2位!ちなみに1位は5月の東京交響楽団新潟定期で協奏曲のソロを吹かれる新村さん。
彼女に続いての2位ですから。たいしたものです。
3月20日の10:35からNT21の「まるどり」という番組に出演されるそうです。
世界クラシック2010についてのインタビューと1分程度の演奏とのこと。
生放送だそうなので緊張すると思うのですが頑張って下さいね。
なんとうちわコンサートに出られた方が国際コンクール2位だなんて嬉しい事です。

そして
FMPORTさんの番組「遠藤麻理のライフステーション」今週の土曜日午前11時45分からのに登場はピアニストの渡部未玲さんです。
よろしかったらお聞きくださいね。

もう一つ。
クラシック界のカリスマ、アリアCDの松本社長様から
またセール品を送ってもらう事になりました。
明日には展開出来ると思います。どんなのがあるか私も楽しみです。

今日のCDは新譜入荷です。
e0046190_1235911.jpg

アンネ・ゾフィー・ムターのブラームスのヴァイオリンソナタ全集です。
再録音になりますね。
私と同い年のムター、ムッちゃんと勝手に呼ばさせていただいて。
ムッちゃんのジャケットも段々ぼやかしてきたなぁ〜というのが第一印象(笑)
まだ聞いてませんが、きっと個性的で濃厚なるブラームスではないかと思います。
すっかりヴァイオリンの女王の風格たっぷりになりましたね。

今日はいい天気になりました。ラッキー!と思って頑張りましょう。
by concerto-2 | 2010-03-11 12:39 | 演奏会のこと | Comments(2)
2010年の県音楽コンクールの要項が届きました!!
当店にも置いてございますので、ぜひ興味のある方や我こそは!と思われる方はお渡しできますので。

それでは今回の内容をピックアップ!

「2010年 第45回 新潟県音楽コンクール 要項」
参加資格:新潟県内在住、もしくは居住されたことがある方もOKです。
参加料:7000円
申込み締め切り:5月10日 上越会場ピアノ部門は定員50名にて締め切り。
予選会は
6月20日 上越文化会館 ピアノ部門(50人)
6月26日 長岡リリック ピアノ部門独奏(中学生、一般)、連弾。 弦楽部門 
6月26日 新潟市音楽文化会館 声楽部門(ジュニア、一般)。管楽部門(ジュニア、一般)
6月27日 新潟市音楽文化会館 ピアノ部門独奏(小学生、高校生)

本選会は
7月25日 りゅーとぴあコンサートホール 

そして1番の注目であろう課題曲!!
ピアノ部門
小学1、2年生 ブルグミュラー作曲 25の練習曲op100より「スティリアの女」
小学3、4年生 モーツァルト作曲 ソナタハ長調 K545より第3楽章
小学5、6年生 バッハ作曲 シンフォニア第3番
中学生 ベートーヴェン作曲 ソナタト長調 op14-2より第1楽章.124小節まで
高校生 シューマン作曲 幻想小曲集op12より「夜に」
一般 ショパン作曲 24の前奏曲op28より 9.10.11.12番
連弾 随意曲(小中学生3分以内 高校生、一般 5分以内)

弦楽部門
ヴァイオリン
小学生 ダンクラ作曲 パチーニの主題によるエア・バリエop89no.1
中学生 バッハ作曲 無伴奏パルティータ第3番よりGavotte en Rondeau、 Giga
一般 10分以内の随意曲

チェロ 10品以内の随意曲

声楽部門
1曲は課題曲より選曲と8分以内の随意曲
ジュニア
ローザ作曲 Star vicino
山田耕筰作曲 この道

一般
中田善直作曲 悲しくなったときには
トスティ作曲 Tormento
モーツァルト作曲 AnChloe k.524

管楽部門
随意曲 5分以上でカット。

ということになります。
ぜひ皆さんふるってご応募ください。特に弦楽器部門が応募数が少ないので主催の方では困っているようです。このままでは弦楽部門の存続の問題すら出てくるかもしれません。
ぜひ弦楽の方、チャレンジお待ちしています!との主催の方から聞いております。

今回本選会のゲスト演奏はテノールの長川慶さん。

ちょっと気が早いですが受賞者コンサートは11月13日となっています。
いよいよスタートですね。
皆さん頑張って下さい!!
e0046190_13283541.jpg

またいくつものドラマ、名シーンが生まれるかな。楽しみです!
by concerto-2 | 2010-03-10 13:33 | 演奏会のこと | Comments(6)

あー切羽詰まるぅ〜。

その昔、競馬の世界に史上最高の末脚と呼ばれた伝説の名馬がいました。
その名をミスターシービー。

最終コーナーをほとんど最後尾でまわって、そこからの直線をものすごいスピードでひっくり返すのがいつものスタイルという実にカッコいい馬でした。
私好きだったんですよね。

なのでよく「おいらの仕事スタイルはミスターシービーさ。」なんて思ったりもして。
何の事は無い、締め切りまでぐーたらしてて、いざ締め切りが間近になると
「あー!なんでもっと早くからしてなかったんだぁー!」
と騒ぐ。
今回のPC故障の件もそう。
「あーなんでバックアップとってなかったんだぁー!」
まぁ幸いにしてデータは無事だったので事無きを得ましたが。。。実は治ってきてから今だにバックアップとってましぇん。。。Daaさんすいません。。近々には。。。と言ってたぶん。。。

ミスターシービーはそういう天才的な才能で天下を取るかと思われたのですが、そこに後輩のシンボリルドルフというオールマイティーになんでも強いと言う超天才馬が現れたため、王座を奪われ遂にルドルフには勝てないまま引退して行きました。
やはり「俺は締め切り間際にならないと力発揮できないんだぜぇ」なんていうのは、ただの力が無い人間の戯言なんだと思い知るのです。。。あぁまるで私のこと。

なんでこんなことを書いているかと言うと、現在この週末に向けていくつもの急がなければならない事が山積なんです。
あーなんでもっと早くからやらなかったんだー!と気分は小学校の8月30日の気分です。。。
週末には8月31日気分になってることでしょう。
とりあえず今日明日の2日間は一人なので、そういった課題も頑張らないと。

で、そんな抱えている事の一つが
「ラ・フォル・ジュルネ」です〜〜〜〜。

もぉ〜〜〜昨日も夕方から新潟市役所に行って、担当の白井さんとあれこれと打ち合わせをしてきました。
水と土〜の時はお断りしたのですが、この音楽祭はなんとか協力したいんですよね。
そんなこんなでどっぷりと足を突っこむことになりました。
皆さんぜひ御協力ください!!
何に協力?っていうことなんですが、ここでまだ書けないんですよ〜〜とほほほほほ。。
2つ抱えてまして。
そのうちの1つはいずれ公表してお願いする事になると思うのですが、市の関係もあって。。
公表出来ない方の1つはもう何人かの方にはお知らせ&お願いをしてあります。
お知らせした方、ひき続き連絡する事もありますのでよろしくお願いします。

そしてこの数日で幾人かの方にもお願いをしていきますので、連絡が行きましたらよろしくお願います。
できましたら御協力ください。
あまりにも抽象的ですいません。
もう市のことだけでなくいろいろなことが絡んでて。。。。
「じゃぁこの件のこの事に関しては、こう動いても良いんですね?」
「いやぁ〜それはどこそこの了承がとれてなくて。。」

でも直接の担当の白井さんの方が手伝いの私なんかより数倍たいへんだと思うし。。
この白井さん、新潟交響楽団のヴァイオリン奏者さんです。
先日の新潟交響楽団室内楽演奏会で久々に演奏しているところを見ました。
水と土が終わって、すぐにラ・フォル・ジュルネ担当。すごく慌ただしいようです。
それでもいつもにこにこと笑顔を絶やさない素敵な女性です。
白井さんのためにも頑張らないと!
皆様のお力もお貸しください。

で、こんなのも出回りますよ〜。
e0046190_1117397.jpg

当店でも数部おいてますので。フリーペーパーです。

今日のCDはこちら
やっと入荷してきました!!!
もう何枚も予約を受けてました!!
e0046190_1122346.jpg

「シュヴァルツコップ1972年 日本リサイタル」
名歌手シュヴァルツコップさんが1972年にやった日本ライブが残ってたんですねー!
FM東京さんの秘蔵録音。しかもご本人も監修に加わっていたこの録音は初CD化です!
これはファンならずとも大いに気になる1枚となる事でしょう。
by concerto-2 | 2010-03-10 11:25 | 演奏会のこと | Comments(4)

ヤマハさん頑張る!

昨日の休日。。
朝は美女とモーニングコーヒーを。。。

といっても色っぽいお話はありませんので。
も〜文部科学省推薦を目指してますから!(これはウソ)

朝いつものように万代朝マックをしてたら、偶然にFMPORT美貌のディレクターTさんと一緒でした。
あー!一日休んでみたいよー!
とTさん。聞けばここずっと一日休んだ事は無いそう。
たしかに前から一日休んだってあまり聞かない。
大丈夫?ちょっとお疲れの色も見えてたけど。

そんなFMPORT美貌のTディレクターが作ってる数々の番組の一つ。
毎週土曜日の午前11時45分からの15分番組
「遠藤麻理のライフステーション」
今週週末はピアニスト渡部未玲さん登場です!!
3月20日のコンサートのこととかもお話しになられるのではないかな。
実は今日収録。私も今日Tディレクターに用事があってPORTさんにいってくる予定があるので、もしかしたら収録現場を見て来れるかな。
ぜひお楽しみに!
PORTさんのHPにも番組紹介ページで写真付きで案内がのると思いますよ。
ぜひお聞きください!

万代と言えばヤマハさんにも必ず立ち寄ります。
昨日行きましたら、収穫ありました!!
まずヤマハさんではよく無料インストアライブをされてますがこれからの予定が掲示されてました。
まず今週末の3月14日(日曜日) 11時半と1時半からの2回公演。 ヴァイオリン松村牧子さんとピアノ轟文子さんとのジョイントミニコンサートがありますね。たしかこのお二人は学生時代同期のお二人だったと思います。実力派の息のあったデュオ、ぜひお聞きくださいね。

わざと一つとばして
3月28日(日曜日)は11時半からの1回公演で
ヤマハさんでヴァイオリンを習われてる小学生の皆さんによる「小さなヴァイオリニストのコンサート」があります。

そして!!これが書きたかったのですよ!
とばした3月21日(日曜日) 11時半と1時半の2回公演
こちらです!!!!
e0046190_11393959.jpg

我が東区のスーパースター!小黒亜紀さんによるショパンサロンコンサート!!!
こ、これはいかねば!!
小黒亜紀さんのような人が新潟に戻ってきてくれてるってほんと嬉しい事だと思ってます。
戻って来られてないと思ってらっしゃる方もいらっしゃいますからね。
すごいピアニストさんです。
ショパンのサロンコンサートということなので、あまりあの凄さが伝わるか分かりませんがピアノを習われてる方にはぜひ聞いて欲しいコンサートですね。

もう一つこういう新たなチラシがありました。
e0046190_11434723.jpg

「山本貴志ピアノコンサート」
前回のショパンコンクールの第4位、そしてとても個性溢れるピアノ。
必ずやこれからビッグになられる逸材です。
遂に新潟リサイタル決定ですね!
5月30日に音楽文化会館で
13時半開演です。チケットはヤマハさんまで。
聴きに行きたいですね!

今週末は土曜日にサックスがありますが、日曜日はクラリネットがありますよ!
e0046190_11455683.jpg

だいしホールで13時半開演です。
素晴らしきクラリネットアンサンブルの音色に感動すること間違いなっし!!
無料コンサートでもあります。
たくさんのクラリネット奏者の方々が出られます。ぜひ聞きにいらして下さい。
Daaさん頑張って下さい!

あと新たなご紹介を一つ。
e0046190_11481818.jpg

3月16日(火曜日) 県民会館小ホールで18時半開演。
「武蔵野音楽大学在校生・卒業生による 春のおんがく会」
です。
ぜひよろしくお願いします。
こちらのチケットもヤマハさんですね。当店でも扱えればな〜とも思ってたのですが。

ヤマハさん頑張ってます。さすがです!

昨日は万代まわった後に、ほんぽーとに行って来ました。
万葉集がらみをいろいろ見てたら、すごい面白いのを見つけました。
「本当は怖い万葉集」っての。
でもちゃんとした本なんですよ。それで書かれてある事が凄い!
この小林恵子さんという著者の歴史謎明かしみたいなものは落合信彦にかってはまりまくった私にはドンピシャ!でした。
また来週熟読して来ようと思っています。
収穫が多い休日でした。

今日もいい日でありますように。
by concerto-2 | 2010-03-09 11:55 | 演奏会のこと | Comments(0)

こんなの送ったんです。

先日
新潟の放送局に「またね」の紹介メールを送ったんですよ。

と書きました。
まぁまだなんにも反応はないのですが、さとあきさんがなんとフランスの佐藤さおりさんと作詞の方にその事をお伝えして下さるというのでびっくり。
せっかくなのでこういう文面で送ったという事をお知らせしますね。

************
はじめまして。
東堀にあるクラシックCDショップの佐藤利幸と申します。

突然のメールでお忙しい中申し訳ございません。

実はご紹介したい事がございまして。

まもなく卒業式シーズンとなりますが、かっては卒業式と言えば歌われるのは「蛍の光」だったり「仰げば尊し」でしたが
現在では正直大人にはわからないような曲だそうです。
なので式で歌われても、参列者には今ひとつ感動の度合いが高まりにくいという話をきいたことがあります。

ですが実は卒業式にはぴったりという曲があるのです。
しかも作曲者は新潟の出身の方。
旧豊栄市出身で現在はフランスに在住の作曲家、佐藤さおりさんという方。現在30代中半の方。
その方が作られた

「またね」

という曲があるのです。
今でも合唱をやられている方には広く知れ渡っている名曲で、卒業式で歌われるという事は聞かないのですが
合唱団のコンサートなどでは、新潟の合唱コンサートのアンコールは「またね」
というのは定番にもなりつつあります。

特に高校生の合唱部さんのコンサートでのアンコールで歌われる時は涙でぐしゃぐしゃになった「またね」は聞く人も涙を
もらってしまうこと確実です。

そんな名曲「またね」
これがまだ一般には知られていません。
実にもったいない事です。

新潟には佐藤さおりさんの曲をやるためにある合唱団さんもあるくらいの素晴らしい作曲家です。
新潟の誇りとも言える佐藤さおりさんの「またね」。
ぜひなにかで取り上げていただき発信できれば、多くの人に感動を与える事が出来ると思います。
全国的に発信しても通用する話題だと思います。

このメールで簡単に取り上げて下さるとは思っておりません。
ぜひともこういう作曲家さんがいて、地元の合唱団の間では歌われているという人がいらっしゃるんだなということを
ぜひ知っていていただきたいと思いメールを致しました。

****************
という感じ。
私はこんなブログ書いてるので書き物は楽に書けるでしょ。なんて思われがちなんですが、こういうちゃんとした場への文章はひじょーに苦手。
今週にも1本あーとぴくすの記事をあげないといけないので、うんうん唸ってます。

たしかにこんなメール一つ送ったところで反応は。。。無いと思ってます。
そんな簡単なもんじゃありませんしね。
本来なら知り合いのマスコミの方々にお願いすれば、できたかもしれません。
ちょっと今回だけはテレビというメディアがどんなものなのかな〜ということにこだわってみたかったこともありました。
とにかくは動いてみないと。
別に失うものは何も無いので。

ぜひこれをご覧頂けた皆様に「またね」を聞いていただける機会があればな〜
と思います。
そして新潟からフランスに行かれて活躍されている、ほんとうに素晴らしい作曲家さんがいらっしゃるということに、頭の片隅にでも覚えていただいたらな〜と思っています。
ちなみに佐藤さおりさんはブログを書かれてます。タイトルが「小洋梨日記」
よかったら検索してご覧下さいね。

NEWSさんCD出せば良いのにな〜。売れると思うけど。。。私買うから1枚は確実ですよ(笑)
ではいい一週間でありますように。

PS
週末勝負のKさん、あえてメールもしませんし、今更「頑張って」というのもななんですよね。もう頑張ってらっしゃるのはわかってます!
週明けにメールするね!
頑張って。(あっ言っちゃった。。。w)
by concerto-2 | 2010-03-08 08:50 | サイト・ブログのご紹介 | Comments(2)