人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
いよいよ明日が最終日となります!
e0046190_19545455.jpg
そして今日と明日はギャラリーコンサート。
今日は満員です!
e0046190_19552674.jpg
ちなみに明日はまだまだ席あります(笑)
ぜひいかがですか。

ちなみに明後日の月曜日は蔵織でこちらがあります。
ヴァイオリン星先生のヴァイオリンサロン
e0046190_19563075.jpg
1日星先生がいらして、サロンのような感じになるかと思います。
演奏もされると思います。でも何時からとかはありません。
よもやま話もあるそうです。
ぜひふらっと来てみませんか。

あと来月の21日ですが蔵インストアライブとしてこちらやります。
e0046190_19580164.jpg
フルートアンサンブル「シャオリー」さんです。
メインは9月8日のコンサートになるのですが、プレとして7月21日に蔵織でもやります。
カホンのプレイヤーさんも参加されますよ。
いかがでしょうか。

いろいろとやります!

ほんぽーとさんに毎月入れ替えをしてもらっているブックパック。
団体貸出ですね。
それを先日行ってきました。
今回司書さんが選んでくれたのはこちら。
e0046190_20000523.jpg
e0046190_20001407.jpg
e0046190_20002437.jpg
e0046190_20003360.jpg
という30冊。
選んでいただいたのには、その司書さんの思いがあるんだと思います。
汲み取るためにも私も読まねばと思っています。
当店の中に置いてありますので興味ある方はぜひご覧ください。

明日もいい一日でありますように!

# by concerto-2 | 2019-06-22 20:01 | 展覧会のこと | Comments(0)
今日も何人もの方が見に来られています
山田貴広作品展。
e0046190_17581475.jpg
この土日で終わります。ぜひ見にいらっしゃいませんか。

そしてこの土日にはギャラリーコンサートがあります。
土曜日は夜だからいいですが日曜日は午後なのでその時間は公演貸し切りとなりますのでご注意ください。
e0046190_17593233.jpg
明日の回はあと2人くらいならなんとか。
日曜日の回は大丈夫です!でもご予約連絡いただけると嬉しいです。

そのほか
22日の土曜日には

ジブリとか
e0046190_18003930.jpg
メープルさんとか
e0046190_18005384.jpg
東区ではこんな演劇が
e0046190_18011187.jpg
23日の日曜日は

長岡ではバッハ!
e0046190_18013342.jpg
越後さんも
e0046190_18015246.jpg
ファミリーコンサートも
e0046190_18020739.jpg
すごいギタリスト岩永さん
e0046190_18023665.jpg
ゆんたくさん
e0046190_18024982.jpg
北区では
e0046190_18053247.jpg
見附では
e0046190_18065188.jpg
上越では
e0046190_18082828.jpg
古町の喫茶マキさんではこんなライブもあります。
e0046190_18105462.jpg
ほかにもきっといろいろあると思います。
全部満員にしていきましょう!


そして!
いよいよ今年の新潟県音楽コンクールがスタートします。
23日の上越文化会館が最初ですね。
来週が新潟&長岡会場。エントリーされる方は最高のパフォーマンスが出せるよう体調に気を付けて頑張ってください!



土曜日の夜はよかったらFMPORT「クラシックホワイエ」お聞きください。
今週の内容は

放 送 日

2019.06.22

初夏のマイニュー・スペシャル
新譜特集です。

1枚目

キリル・ペトレンコ指揮 ベルリン・フィル/「チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調《悲愴》」
https://www.kinginternational.co.jp/ganre/kkc-6029/
¥3,241+税/KKC-6029
オンエア曲/チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調《悲愴》より第3楽章

2枚目

フランチェスコ・トリスターノ/「東京ストーリーズ」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/francescotristano/discography/SICC-30507
¥2,600+税/SICC-30507
オンエア曲/ホテル目黒

3枚目

レ・ヴァン・フランセ/「モダニスト」
https://wmg.jp/lesventsfrancais/discography/20759/
¥3,800+税/WPCS-13818
オンエア曲/ミヨー:フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタOp.47

4枚目

アンドリス・ネルソンス指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団/「ブルックナー:交響曲第9番・第6番」
https://www.universal-music.co.jp/andris-nelsons/products/uccg-1843/
¥3,780(税込)/UCCG-1843/4

オンエア曲/ブルックナー:交響曲第6番より第4楽章

5枚目

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)
https://wmg.jp/ost/discography/21102/
9404.320027
オンエア曲/ゴジラ メイン・テーマ

エンディング使用曲

スギテツ/「スギテツ ウノ スケルツォ」より「7 AVE MARIA」抜粋
http://www.sugitetsu.com/pick-up/uno_scherzo
¥2,778+税 / KICC-1485
新譜紹介ですね!

ペトレンコの「悲愴」は当店も入ってくるとすぐに販売となっています。
やはり皆さん興味があるのでしょう。

ネルソンスは私も好きな指揮者です。
ウィーンフィルとのベートーヴェン交響曲全集も出る予定ですよね。
今後が楽しみな人です。

いい週末にしていきましょう!

# by concerto-2 | 2019-06-21 18:15 | この週末は。 | Comments(0)

ちょっと一休み。

今日はいい天気になりました。
いろんな方が蔵織に来られています。
山田貴広さんの作品展ぜひ見にいらしてくださいね。

さて、今日はちょっとコーヒーブレイクな感じで。


当店の中に今いてくれているチームの面々をご紹介。

蔵織隣の西堀ゆきわの前にある大きなカメに中に普通はいいるのですが
水替えのためにちょっと当店内に一時引っ越し。

オランダシシガシラの夫婦。
e0046190_17411046.jpg
右が旦那で、左が嫁さんです。

昨年愛知から一緒に新潟に来たペアです。
e0046190_17414427.jpg
いつも元気に泳いでいます。
e0046190_17423996.jpg
ところがこの夫婦を中に入れたら、隣のランチュウのらんちゃんがなんか元気がないんだなぁ。
e0046190_17431758.jpg
一人ぽつねん・・・・・としている。ちと寂しさを感じたかw


そして、そんなことはちっとも構わず食欲が旺盛な頂天眼のてんちゃん。
e0046190_17445657.jpg
ちょっと前は元気なかったのに今では超元気になっています。

池の方も雨が降ったのでみんな活気づきました。

金魚はすぐに死んじゃう。。。と思われがちですが、なんとか長生きさせていきたいと思っています。
当店に来られた時はぜひ見てあげてください。

こちらのチケット取り扱いスタートしました!
斉藤晴海さん。
e0046190_17470341.jpg
裏面も
e0046190_17472038.jpg
ぜひいかがでしょうか。よろしくお願いいたします。

明日はワンコインコンサートがありますね。
e0046190_17480006.jpg
「オーボエ」とのことです。

また満員になるかな。

よかったら蔵織&コンチェルトにもお越しください。

よき日々でありますように。

# by concerto-2 | 2019-06-20 17:49 | 街ネタ | Comments(0)
まず昨晩はさすがに驚きました。揺れた~~~!
でも大丈夫です。ご安心を。

そして今日は水曜日ということで蔵織&コンチェルトは休館日なのですが

やります!開けております!

やっぱ一人でもこの作品展を見に来てほしいのです。
e0046190_17401905.jpg
山田貴広さんの作品展。

この数日でも
この作品展を見るためだけに!!
神奈川から、山形から、長野から お客様がいらしてます。

そしてその皆さんも「来てよかった~~~~」と言われているんです。

こうなったら水曜日とは言え、もし休みなんてことを知らずに来られて方がいらしたら申し訳ない。
一人でも残念な気持ちになってほしくありません。

昨日は販売品をたくさんアップしましたが

やはりこんかいの作品展ではこれすごいですよ。

e0046190_11552438.jpg
大きい作品です。

タイトルは「午前二時」

浮かんできませんか。。。。

午前二時、踏切に望遠鏡を担いでった ベルトに結んだラジオ、雨は降らないらしい。。二分後に君が来た、大げさな荷物しょってきた 始めようか展観測
ほうき星を探して

そう、これはあのバンプオブチキンの名曲「天体観測」をオマージュした作品なんですよ。

もう~あの曲が大好きでカラオケでも歌っている私には大感激でした。

そして作品がまた素晴らしい。
今朝も一人でじっくり見ていたんですが、声が出ません。
よくこんなものを若い作家が一人で作ったものだと思います。

新潟美術界の金字塔になる作品の一つと言ってもいいと思いますよ。

バンプオブチキンの事務所とかに連絡したほうがいいんじゃないですかね。。。

本当に素晴らしいです。

ぜひ見にいらしてください。

最後の二日間にはギャラリーコンサートもあります。
e0046190_12010651.jpg
でも、この時間はコンサートに貸し切りとなるので作品は見れません。
それもご注意ください。

新潟には音楽もそうですし、美術の世界にも素晴らしい逸材がたくさんいます。
まだ原石かもしれませんが、みんなで応援していきましょう。
楽しいことはまだまだたくさんある!

# by concerto-2 | 2019-06-19 12:02 | 展覧会のこと | Comments(0)
今日も何人もの方が来られている山田貴広さんの作品展。
今回の個展にはご本人の並々ならぬ決意がありました。
かなり前から告知活動に頑張っていましたし、販売する作品を数多くつくる
という努力もあったと思います。
私としても、ぜひ山田さんを応援したく
今回の販売している作品を一挙紹介します。

なお、今回紹介したものが次の展示の時には価格などが変わっている場合もあるかもなので、この記事は展覧会が終わった後少ししたら消します。

もし「いいな!」と思うものがありましたら、ぜひ見にいらしてください。
会期中に来れないという場合は言って頂ければ、なんとか対応したいと思います。
「ほしい」ということであれば私の方で確保しておきます。
なんでもご相談ください。

e0046190_17193301.jpg
今回のチラシデザインにもなっている作品
「夜明けの翼」 42000円

e0046190_17201995.jpg
左から「好奇心」「ケトルと小人」「槍をもつノーム」 4800円

e0046190_17213100.jpg
ミニ額 素材が違います。1400円

e0046190_17220465.jpg
小作品 前列の二つは販売になっています。 2800円

e0046190_17224948.jpg
「ひずみ・オオワシ」 14000円

e0046190_17232108.jpg
「ひずみ・フェネック」 4800円

e0046190_17234866.jpg
「ひずみ・トカゲ」 4800円

e0046190_17241491.jpg
「深淵山のドワーフ」 14000円

e0046190_17245539.jpg
「妖精森のドワーフ」 14000円

e0046190_17253063.jpg
「ひずみ・5」 4800円

e0046190_17260121.jpg
「ひずみ・6」 9600円

e0046190_17262746.jpg
「花鳥図 2」 4800円

e0046190_17265561.jpg
「花鳥図 1」 9600円

e0046190_17272046.jpg
「旅の途中」 48000円

e0046190_17275287.jpg
「ナイトウォーカー」 26000円

e0046190_17281685.jpg
「舞龍図 2」 12000円

e0046190_17290326.jpg
「舞龍図 1」 12000円

e0046190_17293023.jpg
「鳳凰図」 19000円

e0046190_17295546.jpg
「CaitSieh 03」 4800円

e0046190_17302745.jpg
「CaitSieh 02」 4800円

e0046190_17310038.jpg
「CaitSieh 06」 9600円

e0046190_17314661.jpg
「槍を持つ」 56000円

という作品たちです。

どうでしょうか。
新潟県内でウッドバーニング作家となると山田さんただ一人とのことです。
ウッドバーニングとは焼き絵のことなのですが
実際に見ないとこの質感、迫力は伝わりません。
そもそも大きさがこの写真たちだと伝わりにくいですよね。

本当に見に来ていただきたいな~と思っております。
これは販売向けの作品たちですが、展示のみの大きな作品たちがこれまたすごいのですよ。
百聞は一見にしかず! 
e0046190_17401905.jpg
見に来てください!!


# by concerto-2 | 2019-06-18 17:43 | 展覧会のこと | Comments(0)