人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 04月 17日 ( 1 )

昨日の金曜日、4月16日!!
その日の話題と言えば!!!
なんつってもこれでしょう。
買ったっどー!&音楽の友より。_e0046190_23493976.jpg

村上春樹「1Q84」の第3巻です!
買ったどー!

村上春樹さんの作品は私にとって縁遠いものでした。
はっきりいって面白いと思ったことがなかったんです。
「海辺のカフカ」でやっと「すごい面白い!」と思いました。
でも「ねじまき鳥クロニクル」はひどかった。
そんな中、この「1Q84」はそれまでの村上春樹長編作品にあった、やったら長い描写や意味不明なワープゾーンみたいなものが、無いとは言えないけどそれなりにコンパクトにまとめられて、読んでいてスピードが高まる作品だったと思います。
だから1&2の時もあっという間に読み終わったという声が多かったですよね。
私も「1Q84」の1&2は面白かったです!
ぜひこの3も楽しみたいと思います。

村上春樹さんの作品と言えば「海辺のカフカ」を読んだ人はフルニエのハイドンのチェロ協奏曲を聞きたくなるとか、「1Q84」では一気におなじみとなったセル指揮ヤナーチェクのシンフォニエッタ。
などなど作品から静かなる音楽ブームをおこします。今回も早めに対応できるようにしたいと思っています。
このブログを書いたらスタートする予定です。

本関係でもう一つ。
ちょっと時間がたったのですが
「音楽の友」の4月号でまたまたショパンの特集が組まれています。
そこにショパンに関しての読者アンケートがあって、なかなか面白かったのでご紹介します。
(音楽の友ってあんまり読まれてないと思うので)

音楽の友 4月号 特集「生誕200年 ショパンを歩く」
という特集なんですけどね。回答は1000人近く。かっこ内の数字は得票数です。

Q、好きな作品を教えて下さい

1、舟歌(250)
2、ピアノ協奏曲第1番(227)
3、ピアノソナタ第3番(196)
4、バラード第4番(172)
5、英雄ポロネーズ(164)
6、バラード第1番(135)
7、ピアノソナタ第2番(117)
8、幻想ポロネーズ(111)
9、幻想即興曲(109)
10、アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ(95)
Q,好きなジャンルを教えて下さい

1、ノクターン(516)
2、バラード(321)
3、ワルツ(274)
4、ポロネーズ(223)
5、協奏曲(218)
6、マズルカ(211)
7、スケルツォ(200)
8、ソナタ(164)
9、前奏曲(148)
10、即興曲(51)

Q、ショパン演奏のスペシャリストだと思うピアニストを教えて下さい(外国人)

1、クリスティアン・ツイメルマン(297)
2、マウリツィオ・ポリーニ(273)
3、マルタ・アルゲリッチ(243)
4、ウラディミール・アシュケナージ(231)
5、アルトゥール・ルービンシュタイン(228)
6、ユンディ・リ(219)
7、ラファウ・ブレハッチ(180)
8、スタニスラフ・ブーニン(125)
9、ディヌ・リパッティ(101)
10、アルフレッド・コルトー(62)

Q、ショパン演奏のスペシャリストだと思うピアニストを教えて下さい(日本人)

1、小山実稚恵(290)
2、横山幸雄(258)
3、中村紘子(250)
4、仲道郁代(172)
5、山本貴志(94)
6、辻井伸行(63)
7、遠藤郁子(48)
8、河村尚子(45)
9、高橋多佳子(43)
10、河合優子(39)


というのが結果。
ふむふむ曲では「舟歌」か〜。まぁそれは納得かも。
それにしてもバラードの4番がこんな上位とは驚き。たしかにショパン最高傑作の一つだと思うけど、人気面では1番でしょう〜と思ってました。音楽の友誌という通の読者層ということもあるのでしょう。

ただそうであったら演奏者では本文にも書いてましたがルイサダあたりはいてもいいかな〜
とか
日本人なら高橋多佳子さんはもっと上でもいいと思うけど。

えっ!メジューエワ入ってないの?
もあるし。そもそも選ぶ時って外国&日本という区分けだけでなく、現役と物故というものでも区分けしてほしいです。
ルガンスキーやタローやカシオーリのショパンもいいですよ。
「音楽の友」なら、現役にもっとスポットをあててほしい。

では今日のCDは、また今日入った注目のものから。

まずはこれですが、ちょっとマニアックぽいです。
買ったっどー!&音楽の友より。_e0046190_0523310.jpg

「ブラジル1900〜19世紀の3人のブラジルの作曲家による作品集」
名ピッコロ奏者のジャン=ルイ・ボマディエのアルバムです。
伴奏はマリア・ジョゼ・カラスケイラ(P)
19世紀にリオ・デ・ジャネイロで活躍した3人のブラジルの作曲家の音楽を名手、ボマディエが超絶技巧ときらびやかな音色で1枚のCDにまとめ上げたものです。
まず3人の作曲というのは
パッタピオ・シルヴァ
マシュー=アンドレ・ライヒェルト
ジョアキン・アントニオ・ダ・シルヴァ・カラドJr
う〜ん全員知りません。
でもブラジルの作曲家であれば、そんなに難しくはないと思います。
それにピッコロのアルバムっていいじゃないですか!
もしかしたらノリのいい作品で、それをピッコロで演奏した。なんか楽しそうな予感がしませんか!
ちょっと聞いてみたくなる1枚です。

もう1枚は久々に1枚入手できたんですよ!
発売は2年くらい前でした。究極の脱力系バッハ。
買ったっどー!&音楽の友より。_e0046190_0584566.jpg

これ暑くなってきた時の喫茶店のBGMなんかに最適だと思うんですけどね。
ジョン・キングというハワイのウクレレ奏者さんによる
バッハのウクレレソロ編曲CDです。
無伴奏チェロ1番から始まり、無伴奏ヴァイオリンパルティータ3番もあるし、主よ人の望みの喜びよなんかもあります。
変にハワイアン風になっているわけではありません。とってもまじめに演奏されています。
ただテンポもゆっくりめで、ゆ〜っくりと、そしてポロンポロンと奏でられるウクレレの音色。
これは聞いてるとワイハーにいるような気分になりますよ。
あぁワイハー。。。もう一度行ってみたいなぁ〜。。
ちなみにジャケットのおじさんはジョン・キングさんではありませんので。(誰なんだろ)
なかなか入手できませんので貴重な1枚になります。

金曜日はまたも寒かった!
でも天候はとりあえず大丈夫だったし、土曜日は雨と言う予報が出てたからか、けっこう花見の皆さんがいらっしゃいました。
曇天なのが残念なのですが、桜はどばっと咲きました。心が洗われますよほんとに。。

県民会館の入り口から見た白山公園です。
買ったっどー!&音楽の友より。_e0046190_16583.jpg


青空が欲しいですね!日曜日はぜひ晴れて欲しいものです。

土曜日はなんといってもだいしホールの井上静香さんと成嶋志保さんのデュオコンサートです!
きっと満員になることでしょう。

あとはりゅーとぴあ能楽堂の方ではNoism1&2合同新作の劇的舞踊「ホフマン物語」のプレシアタートークが午後2時半からあります。
入場は無料です。金森さんをはじめとした関係者さんによるトークです。
入場が無料なので、能楽堂なるところに行ってみたいぞ!と思われる方にもいいと思いますよ。
ぜひそうして一人でも多くの方に聞いてほしいイベントですよね。
「ホフマン物語」の本編の方は7月中旬です。

いよいよあと1週間ちょっとになりました
トリオベルガルモ公演!!
ぜひともよろしくお願いします。
夜6時の方は順調に販売しています。ぜひお急ぎを!
2時開演の方はまだ余裕があります。
買ったっどー!&音楽の友より。_e0046190_1132888.jpg

よろしくお願いいたします。
庄司さん夜の方補充できたらお願いします!
by concerto-2 | 2010-04-17 01:14 | 書籍・コミックのこと | Comments(2)