人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 04月 04日 ( 1 )

日曜日はスタッフ。

晴天の日曜日。
今日は午後2時からヴァイオリニスト岡礼子先生のスタジオで行われた
サロンコンサートに行って来ました。

プログラムは
ベートーヴェン 弦楽三重奏曲作品9−1
モーツアルト ディヴェルティメントK563

アンコールはバッハの平均律をモーツアルトが編曲したフーガ
最後はバッハ ゴールドベルク変奏曲から弦楽三重奏編曲でアリア

ゴールドベルクは昨年に県政記念館で全曲をやられましたよね。
その時のことを思い出された方も多いのではなかったでしょうか。

演奏者はヴァイオリン岡礼子さん、ヴィオラは中山良夫さん、チェロは宇野哲之さん。
県政記念館でのゴールドベルクもこの皆さんでの演奏でした。
中山さんは元東京都交響楽団の方です。昨年このスタジオでヴィオラ無伴奏リサイタルを行われたのも記憶に新しいです。

なかなか弦楽トリオでのフルコンサートというのは珍しいですよね。
だからモーツアルトのK563というのも名曲と言われながら、なかなか実演でお目にかかる事はありませんでした。貴重な機会だったとも言えるでしょう。

で、
私は行って来ましたと冒頭書きました。実は御客様としてではなく会場スタッフとして参加してきました。
もしかして
「あ〜なんか今日の椅子の配置おかしいんじゃないか〜」とかご不満になられた方いらっしゃいましたでしょうか。。。私が椅子責任者でございました。。もしいらっしゃったら申し訳ございませんです〜

でも御客様、終演後はとても満足されていらしたようにお見受けしました。
とても喜んでいただけたコンサートではなかったかな〜と思っています。
やはり裏方としても、そういうのは嬉しいですよね。
私も会場の外で中から聴こえてくる音楽に耳を傾けていました。
いいコンサートだったと思います。

天気がよかったのも後押ししてくれましたね。
ご来場頂きました御客様ありがとうございました。

ついでといっては何ですが。
今日素晴らしい演奏をしてくださったヴィオラの中山さんが中心になって東京の方で室内楽コンサートをやられています。
チラシはこちら
e0046190_19105691.jpg

5月9日(日曜日)午後2時から ムジカーザ
チェロには新大オケトレーナーの江口さんが参加されてるようですね。
興味ある方はぜひ聞きにいらして下さい。

では新潟の方での新しいチラシをご紹介。
e0046190_19132564.jpg

5月28日(金曜日)だいしホール 18時45分開演
「歌とギターの世界in新潟 マルティエ・ヴァン・デ・ヒンステ(ソプラノ)&岩永善信(ギター)」
チケットも当店にて扱っております。一般3500円 学生2000円 当日は500円増し。
毎年新潟でコンサートを行われる名手岩永さん。
今年は歌手との共演で歌とギターのコンサートです。これは楽しみですね。
チラシの裏に曲目が書いてあるのですが歌でスタート、ブリテン、ファリャ、ヴィラ=ロボス
そしてギターソロでスカルラッティ、カサド。カサドは無伴奏チェロの第三楽章をギター編曲したもののようです。
そして歌に戻ってグリーグの歌曲。
という実に面白そうなプログラムです。
今まで岩永さんのコンサートというとマニアックなギターフリークの皆さんという客席のイメージが会ったのですが、今回は歌曲中心という事で初めて聞きに来られるお客様もいらっしゃることでしょう。
ピアノ的とも言える岩永さんの十弦ギター。きっと歌のバックではその音域の広さが有効に活用されると思います。楽しみですね。

もう一つ。これはヤングな皆さんの祭典。えっヤングって死語?
これです。
e0046190_19235227.jpg

5月2日(日曜日)りゅーとぴあコンサートホール 13時開演。
「第14回 ジョイントコンサート イン ブラス 2010〜さぁ、音楽の海へ出発だ!音楽王にオレはなる〜」
という勇ましいサブタイトルが付いたコンサート。
これは新潟市内の関屋中、小針中、坂井輪中、山の下中、新潟商業、新潟青陵、東京学館、高志校、新潟南の9つの中学校、高校の吹奏楽部の皆さんの合同演奏会ですね。
私も前に聴きに行った事があります。りゅーとぴあのステージにあふれんばかりの生徒さんがのって演奏するのはすごかったですよ。
今回は小針中の合唱部の皆さんも賛助出演されるそうです。
チケットは前売り700円。当日は1000円です。当店でも扱っております。
ぜひよろしくお願いします。

今日のCDはこちら
e0046190_19412579.jpg

ちょっと遠藤麻理さんが喜びそうなホラーチックなジャケットですが、中身は超マニアック。
ワインベルクの無伴奏ヴィオラソナタ全集&ヴィオラソナタ、ドルジーニンの無伴奏ヴィオラソナタ。
演奏者はレベッカ・アドラーというヴィオラ奏者さん。
なぜこれを選んだのかと言うと、今日も素敵なヴィオラを聴かせてくれた元東京都交響楽団の中山さんが昨年無伴奏ヴィオラリサイタルをやられた時に、このドルジーニンの無伴奏をやられてんですよね。
この曲は以前にバシュメットが一度入れてたんですが、今では入手不可だったんです。
なのでこのCDはとても貴重。昨年出たんですけどね。
ワインベルクの無伴奏ヴィオラ全集というのもマニア心をくすぐるのでは。
新潟でこんなのを置くのは当店だけでしょう〜ね〜。。。ってそして売れてない。。。
いいのだと思うんだけどなぁ。。
ヴィオラの音ってほんと良いですよね〜私は大好きです。

さて、そんなヴィオラを今度は佐々木友子さんが素晴らしい演奏を聴かせてくれるはずです!
そう4月25日のトリオベルガルモ!!
e0046190_1949441.jpg

ベルガルモの3人に加えて今回参加の佐々木さんのヴィオラにも御注目を!!
チケット大好評販売中です!!御早めに。
25日の14時と18時開演の2回公演です。チケットは1500円。
御早めに!あと20日になりました!

明日の休日は某所にて某ピアニスト志望さんのプチ激励会をしてきます。
もし明日りゅーとぴあにいかれる方がいらっしゃいましたら、ぜひ練習室の電光掲示板を見てやって下さいね。
by concerto-2 | 2010-04-04 19:52 | 演奏会のこと | Comments(0)