人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 03月 14日 ( 1 )

土曜日は花盛り。

昨日の土曜日。
午後はいろいろありました。
栄長敬子さんの「冬の旅」に行けなかったのは残念。。きっとたくさんのお客さまがお聞きになられたことでしょう。
講座もいけなかったし、えーちゃんごめんなさい。
ぜひまだ栄長さんのシューベルトシリーズ聞かれていない方は、新潟に一生懸命シューベルトと取り組んでいるいいピアニストさんがいることをご承知置き下さいね。
人柄も抜群ですよ!

それで昨日はまずパイプオルガンの音色からスタートでした。
山本真希さんのパイプオルガン講座修了生の皆さんによる修了演奏会が2時から。。。。
と思ってたら、チラシをよぉぉぉ〜〜く見ると。。。ん?1時から過去に修了された方の演奏会が先に1時からあるとのこと。こ、これは見えないだろぉ〜(笑)
教えていただいたお客さまありがとうございます。(そして県外にお引っ越しとのこと。今までありがとうございました)
ちょっとだけでもと思い早く出て1時からの過去の修了生の方の演奏を1曲だけ聞けました。
やはりパイプオルガンの音色と言うのはすごいですね。
あるお客さまともお話ししたのですが、新潟でヴィドールだ〜ヴィエルヌだ〜なんていうパイプオルガンの作曲家さんのコンサートが行われるだなんて15年前には想像できませんでしたから。
新潟の宝としてもっともっとアピールしていきたいものですね。

そして昨日のメイン公演へ。
おなじりゅーとぴあ内のスタジオAで午後2時半から行われた
「ピアノ・ぴあの・Piano~小西奈雅子ピアノ作品集〜」
に行ってきました。
この公演、新潟在住の作曲家小西先生のピアノ作品の最近のものを一挙演奏と言うコンサートでした。
お客さまもとても多く、また音楽関係者のお顔もたくさんお見かけしました。
小西先生のこれまでのご努力、そして素晴らしき実績を感じましたね。
今回演奏されるピアニストさんは全部で6人。
石井朋子さん、内田美果さん、長村未佳さんのプロに加えて、鈴木麻生さん(小3)、高橋怜奈さん、高橋理紗さん(中1)
そしてプログラムは全曲小西先生の作品で

古の風に   (演奏)石井さん
FanasyⅡ  内田さん
海界へ  長村さん
垂氷〜2台ピアノのための   石井さん&内田さん

小さなピアニストのための曲集より 2曲  鈴木さん
緑の画集 より7曲  長村さん
組曲 雪のおくりもの  高橋さん&高橋さん ナレーション小西先生
光の春〜2台ピアノのための(初演)  内田さん&石井さん

現代音楽といえば現代音楽なのかもしれませんが、そんなに難しくはなく、そして生で聞くということもあって「凄み」を感じた曲、演奏でした。
特に 「垂氷」 ではピアノの中に本やファイルのようなプラスチックなどを入れて、プリペアードピアノですね。そうして更には弦を直接マリンバのマレットで叩いて音を出すと言うような演奏法で、なかなか見て楽しめました。演奏の石井さんと内田さんも素晴らしかったです。
1曲目の「古の風に」  もそうですが。
石井さんはこういう曲が合うな〜と感じました。

そんな石井朋子さんがメンバーのトリオベルガルモさんの公演は4月25日です。
午後2時からと午後6時からの2回公演。
今回のような現代曲とは趣ががらっと異なりハイドン、ベートーヴェンというプログラムです。
ベルガルモさんもどちらかというと、とんがったプログラムをやることが多いのですが、今回はザ・古典派!!ですね。
e0046190_13373610.jpg

ぜひお楽しみに。まだチケットはできていません、もうすぐとのこと。でもご予約受けたわっています!
定員が少ないのでお早めに。

りゅーとぴあを後にして
次は午後6時からだいしホールで行われました
「新潟サクソフォーン協会」
に行ってきました。
毎年聞きに行っているんですよね。
なかなかいいですよサックス。
サックスというとジャズのイメージが強いですが、もともとサックスと言う人が木管と金管のいいところを兼ねた楽器を、ということで作った楽器ですからクラシック曲のためにできた歴史ある楽器なのです。
なのでもっともっとクラシック関係のお客さまにもきいていただきたいですね。

プログラムは
最初はラージ・アンサンブルコーナー
モーツアルトのディベルティメントK136より第1楽章
チャイコフスキーの弦楽セレナードよりワルツ

ソロ、アンサンブルコーナー
ボザのアリア
ヘンデルのヴァイオリンソナタ第6番より第1、2楽章
本田俊之のジャズ・エチュードより第4楽章
シュミットの無伴奏テナーサクソフォーンのための組曲
シュミットの2本のサクソフォンと打楽器のためのジャズ組曲

本田俊之の陽だまり
大島ミチルの天地人のテーマ
シフリンのミッション・インポッシブルのテーマ

最後はラージ・アンサンブルに戻って大編成サックスアンサンブル!
エルガーの愛の挨拶
カバレフスキーの道化師のギャロップ
フォーレのパヴァーヌ
エヴァンスのレディー・オブ・スペイン

アンコールは。。。あっ!忘れた。。う〜ん、、なんか(笑)

ソロの部はちょっとマニアックかもしれませんが、ヘンデルのソナタなんてサックスにするといいですね〜
そして合奏ではフォーレのパヴァーヌなんかうっとりしますよ。
サックスアンサンブルいいです!
噂のバスサックス(たしかにでかい!)の威力もあって低音域もずっしりとしてましたし、幅が広がりました。
これはたくさんの方にぜひお勧めしたいですよ。

なかなかいい演奏会がたくさんあった土曜日でした。
そして今日日曜はなんといってもだいしホールでのクラリネット・アンサンブル!
「ぜひクラリネットの素晴らしい音色を聞きに行って下さい。なんと無料コンサートです!」
と、昨夜書いたとこであえなくダウンでした。
そんで、今頃、、、もう開演してる時間で書いてます。。Daaさんすまんこってす。。
きっとだいしホールも押すな押すなの超満員のことでしょう!
熱い演奏繰り広げられている事でしょうね!

今日の日曜日はそれにいい〜〜天気です!
最高の週末ですね。
古町にもいつもより多くの方が歩いてらっしゃいました。

さてさて、これをアップしたら奥村景さんの記事をまとめておくらないと。。アセアセ!!
新聞にそのうちのっても「あードタバタして書いてたからいい出来でないよね〜」
と思って読んで下さいね。
ぜひ奥村景さんと大滝俊さんのだいしホールでのコンサートよろしくお願いします!!!
これほんとにプログラム面白いんですよ。
滅多に聞けませんよ、こんなプログラム。
お勧めです!!

明日はシネウインドに「シャネルとストラヴィンスキー」を見て来るつもりです!
ほんとうはこれCDを頼まれていたのに。。間に合わなかった〜。。
ウインドのまっちゃん姫、ごめんね〜。

今日のCDはこちら
e0046190_13542441.jpg

声楽界の最高峰ともいえるD.F.ディースカウのEMIに残した録音から代表的なものを10枚を選んでボーナスで1枚を加えたボックスものが発売になりました!
当店価格は2100円です。
名盤が安くてに入る嬉しさと、もうEMIはこういうビジネス専門になったのかな〜という感じにもなってちょっとだけ複雑な心境になります。
かってなら1万5千円くらいでしょう。
でもプラス思考で行きましょう!こんな名盤がこんな価格で入るという事は素晴らしいことです。
シューベルトが4枚、シューマンが1枚、ブラームスが1枚、マーラーが1枚、ヴォルフが1枚、Rシュトラウスが1枚、他が2枚の11枚セットです。
一応限定だと思います。ぜひ御早めに。

今日の午後も素晴らしい一日でありますように!
by concerto-2 | 2010-03-14 14:01 | 演奏会のこと | Comments(2)