人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2010年 03月 10日 ( 2 )

2010年の県音楽コンクールの要項が届きました!!
当店にも置いてございますので、ぜひ興味のある方や我こそは!と思われる方はお渡しできますので。

それでは今回の内容をピックアップ!

「2010年 第45回 新潟県音楽コンクール 要項」
参加資格:新潟県内在住、もしくは居住されたことがある方もOKです。
参加料:7000円
申込み締め切り:5月10日 上越会場ピアノ部門は定員50名にて締め切り。
予選会は
6月20日 上越文化会館 ピアノ部門(50人)
6月26日 長岡リリック ピアノ部門独奏(中学生、一般)、連弾。 弦楽部門 
6月26日 新潟市音楽文化会館 声楽部門(ジュニア、一般)。管楽部門(ジュニア、一般)
6月27日 新潟市音楽文化会館 ピアノ部門独奏(小学生、高校生)

本選会は
7月25日 りゅーとぴあコンサートホール 

そして1番の注目であろう課題曲!!
ピアノ部門
小学1、2年生 ブルグミュラー作曲 25の練習曲op100より「スティリアの女」
小学3、4年生 モーツァルト作曲 ソナタハ長調 K545より第3楽章
小学5、6年生 バッハ作曲 シンフォニア第3番
中学生 ベートーヴェン作曲 ソナタト長調 op14-2より第1楽章.124小節まで
高校生 シューマン作曲 幻想小曲集op12より「夜に」
一般 ショパン作曲 24の前奏曲op28より 9.10.11.12番
連弾 随意曲(小中学生3分以内 高校生、一般 5分以内)

弦楽部門
ヴァイオリン
小学生 ダンクラ作曲 パチーニの主題によるエア・バリエop89no.1
中学生 バッハ作曲 無伴奏パルティータ第3番よりGavotte en Rondeau、 Giga
一般 10分以内の随意曲

チェロ 10品以内の随意曲

声楽部門
1曲は課題曲より選曲と8分以内の随意曲
ジュニア
ローザ作曲 Star vicino
山田耕筰作曲 この道

一般
中田善直作曲 悲しくなったときには
トスティ作曲 Tormento
モーツァルト作曲 AnChloe k.524

管楽部門
随意曲 5分以上でカット。

ということになります。
ぜひ皆さんふるってご応募ください。特に弦楽器部門が応募数が少ないので主催の方では困っているようです。このままでは弦楽部門の存続の問題すら出てくるかもしれません。
ぜひ弦楽の方、チャレンジお待ちしています!との主催の方から聞いております。

今回本選会のゲスト演奏はテノールの長川慶さん。

ちょっと気が早いですが受賞者コンサートは11月13日となっています。
いよいよスタートですね。
皆さん頑張って下さい!!
e0046190_13283541.jpg

またいくつものドラマ、名シーンが生まれるかな。楽しみです!
by concerto-2 | 2010-03-10 13:33 | 演奏会のこと | Comments(6)

あー切羽詰まるぅ〜。

その昔、競馬の世界に史上最高の末脚と呼ばれた伝説の名馬がいました。
その名をミスターシービー。

最終コーナーをほとんど最後尾でまわって、そこからの直線をものすごいスピードでひっくり返すのがいつものスタイルという実にカッコいい馬でした。
私好きだったんですよね。

なのでよく「おいらの仕事スタイルはミスターシービーさ。」なんて思ったりもして。
何の事は無い、締め切りまでぐーたらしてて、いざ締め切りが間近になると
「あー!なんでもっと早くからしてなかったんだぁー!」
と騒ぐ。
今回のPC故障の件もそう。
「あーなんでバックアップとってなかったんだぁー!」
まぁ幸いにしてデータは無事だったので事無きを得ましたが。。。実は治ってきてから今だにバックアップとってましぇん。。。Daaさんすいません。。近々には。。。と言ってたぶん。。。

ミスターシービーはそういう天才的な才能で天下を取るかと思われたのですが、そこに後輩のシンボリルドルフというオールマイティーになんでも強いと言う超天才馬が現れたため、王座を奪われ遂にルドルフには勝てないまま引退して行きました。
やはり「俺は締め切り間際にならないと力発揮できないんだぜぇ」なんていうのは、ただの力が無い人間の戯言なんだと思い知るのです。。。あぁまるで私のこと。

なんでこんなことを書いているかと言うと、現在この週末に向けていくつもの急がなければならない事が山積なんです。
あーなんでもっと早くからやらなかったんだー!と気分は小学校の8月30日の気分です。。。
週末には8月31日気分になってることでしょう。
とりあえず今日明日の2日間は一人なので、そういった課題も頑張らないと。

で、そんな抱えている事の一つが
「ラ・フォル・ジュルネ」です〜〜〜〜。

もぉ〜〜〜昨日も夕方から新潟市役所に行って、担当の白井さんとあれこれと打ち合わせをしてきました。
水と土〜の時はお断りしたのですが、この音楽祭はなんとか協力したいんですよね。
そんなこんなでどっぷりと足を突っこむことになりました。
皆さんぜひ御協力ください!!
何に協力?っていうことなんですが、ここでまだ書けないんですよ〜〜とほほほほほ。。
2つ抱えてまして。
そのうちの1つはいずれ公表してお願いする事になると思うのですが、市の関係もあって。。
公表出来ない方の1つはもう何人かの方にはお知らせ&お願いをしてあります。
お知らせした方、ひき続き連絡する事もありますのでよろしくお願いします。

そしてこの数日で幾人かの方にもお願いをしていきますので、連絡が行きましたらよろしくお願います。
できましたら御協力ください。
あまりにも抽象的ですいません。
もう市のことだけでなくいろいろなことが絡んでて。。。。
「じゃぁこの件のこの事に関しては、こう動いても良いんですね?」
「いやぁ〜それはどこそこの了承がとれてなくて。。」

でも直接の担当の白井さんの方が手伝いの私なんかより数倍たいへんだと思うし。。
この白井さん、新潟交響楽団のヴァイオリン奏者さんです。
先日の新潟交響楽団室内楽演奏会で久々に演奏しているところを見ました。
水と土が終わって、すぐにラ・フォル・ジュルネ担当。すごく慌ただしいようです。
それでもいつもにこにこと笑顔を絶やさない素敵な女性です。
白井さんのためにも頑張らないと!
皆様のお力もお貸しください。

で、こんなのも出回りますよ〜。
e0046190_1117397.jpg

当店でも数部おいてますので。フリーペーパーです。

今日のCDはこちら
やっと入荷してきました!!!
もう何枚も予約を受けてました!!
e0046190_1122346.jpg

「シュヴァルツコップ1972年 日本リサイタル」
名歌手シュヴァルツコップさんが1972年にやった日本ライブが残ってたんですねー!
FM東京さんの秘蔵録音。しかもご本人も監修に加わっていたこの録音は初CD化です!
これはファンならずとも大いに気になる1枚となる事でしょう。
by concerto-2 | 2010-03-10 11:25 | 演奏会のこと | Comments(4)