コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

2010年 02月 28日 ( 2 )

いよいよ発表します!!

私は演奏者の方々の皆様にいつもお付き合いさせていただき、そして助けていただいており
ほんとうに感謝しております。

だから。。。順番なんかつけらんないよ〜〜〜



言いたいところなのですが。。。

これだけは!
これだけは!別なんです!!!
勝手に応援団長を名乗っている私なんです。
も〜〜これだけはぁぁぁぁぁ〜

遂にここで発表します!
トリオ・ベルガルモさんの次の公演の件です!
e0046190_10555182.jpg

(Vn.庄司愛さん、P.石井朋子さん、Vc.渋谷陽子さん)
(ソロで活躍する3人がトリオを組んだのは2004年。当店と思い年です♪)

まだどこでも発表はされてませんよね。
私は前から教えてもらっていたのですが、昨夜、庄司愛さんに確認をとって発表OKをもらいました。
では発表!!

4月25日(日) 午後2時からと午後6時からの2回公演です。
場所はいつものスタジオ・スガマタ
今回のゲストはヴァイオリンの佐々木友子さんです!

プログラムは
ベートーヴェンの弦楽三重奏曲作品9−2
ベートーヴェンの2つのオブリガード眼鏡付きの二重奏曲WoO32
ハイドンのピアノ三重奏曲Hob.24
ハイドンのピアノ三重奏曲Hob.29

となっております。順序はこの通りではないかも知れません、でも後半がハイドンと予定されています。
本当は昨年にやろうとしたんですよね、たしか。それでハイドン。。。
でも今年でも別にいいですしね。
佐々木さんが弾かれるのも聞いたんですけど、、忘れてしまいました。たしか眼鏡だったかな〜〜。。

いずれにしても4月25日!!例のジュルネの前の週です。
私にとってはジュルネよりこっち!!
メンバーの皆さんにも話した事があるのですが「私はね、ベルガルモの公演がある日にりゅーとぴあでベルリンフィルが来ようがウイーンフィルが来ようがベルガルモにくるかんね!」
全くその意思は揺らぎません!!!
ベルガルモのためなら「新潟一番」に出たっていいです!

チケットはまだ来ていませんが、予約受け付けます!
なんせ会場のスタジオ・スガマタは定員がどのくらいでしょ、30人ちょっとでしょう。
2回公演といえども毎回ソールドアウトになったりします。
ぜひ!ご予約を!
よろしくお願いします!!

でもこれから春以降の演奏会も発表されていくでしょうね。
近いところでは
6月4日にりゅーとぴあでケマル・ゲキチがショパンプログラムやることになってますよね。これはまだ一般には宣伝されてませんが、もうお知らせDMもまわってますから公表しても良いでしょう。
6月4日にショパンか。。。二日後にはツィメ様のショパンもあるけど大丈夫かな?
まぁ全く個性が違うから比較するのもいいでしょう。

あと音楽の友にはもう情報が載ってたらしいですが
12月にゲルギエフ&ロンドン交響楽団がきますよね。
何をやるかなどはまだ分かりません。マーラーを最近よくやってるし、マーラーイヤーということもあるので有力ではないでしょうか。
7番やらないかな〜。

今日はのだめコンサートがあります。
当日券も少しだけ今日発売になったと思います。でももうそれも完売かな?
今のところ私もいってくるつもりです。
新潟交響楽団さんの室内楽も開演時間が早いので、ちょっとでもいけたらな〜と思ってますが。難しいかな。こちらは入場無料です! お時間ある方はお越し下さいね。

ではトリオ・ベルガルモよろしくお願いします!!
by concerto-2 | 2010-02-28 11:25 | 演奏会のこと | Comments(2)
雨と言う予想に反し、いい天気でした!
昨日の土曜日、だいしホールで行われたこのコンサートに行ってきました!
e0046190_0164991.jpg

「合唱団NEWS 第12回演奏会〜ア・カペラ100%〜」

お客さまもたくさんいらしてましたね。
それも毎回のすばらしい演奏の積み重ねがたくさんのリピーターのお客さまを生んでいるんだと思います。
とにかくこのNEWSさんのコンサートはいつも「合唱っていいねぇ〜」と思わせてくれるコンサートなんですよ。

ではそんな合唱団NEWSさんの今回のプログラムは

木下牧子作品集より
サッカーによせて
いっしょに
ロマンチストの豚
さびしいカシの木

シサスクのモテット集より
Stabat mater dolorosa
Ave Maria
Benedicamus
Laudate Dominum

(休憩)

後半は全て佐藤さおりさんの作品です。
憧憬
無伴奏混声合唱のための「アルバムⅢ」より「聖」(委嘱初演)
MESSE

アンコールも佐藤さおりさん作品
地球の歌
またね

といったラインナップでした。
今回はピアノなしでの全て合唱のみでしたが、とってもクリアで透明感ある合唱でした。
最初の「サッカーによせて」から、へぇ〜いいなぁ〜と思いました。
それに指揮者の金子さんのつくるうねるような音楽。
引き込まれますね〜。

それに私は合唱にはこうあってほしい。みたいに思ってることがあって
以前その金子さんから「佐藤さんは○○みたいな合唱が好きなんでしょ?」と見事に言い当てられたことがありました。
このNEWSさんも私の好きな合唱のタイプなんですよね。

そして佐藤さおりさんの作品がまたいい。
何度も書きますが佐藤さおりさんは豊栄出身、新潟大学を経て今ではフランス在住の作曲家さんです。
新潟にも何度も来られてるのでおなじみの方です。ファンも多いですよね。
どっかのレーベルが作品集のCD作ってもいいと思いますね〜。全国に紹介をしてほしい作曲家さんです。

なんといってもアンコールで歌われた「またね」。
も〜〜このNEWSさんだけでなく、新潟の合唱でアンコールと言えば「またね」です!
何度聞いても涙腺が緩む名曲中の名曲です。この曲がCDになってれば売れますよ!
それに卒業式でこの「またね」を歌うと最高に盛り上がりますよ。
大地礼賛よりもいいムードになると思うんだけどなぁ。
きっと涙と鼻水でぐずぐずの「またね」になるのでは。でもそれもほんと感動なんですよ。

終演後はすぐに団員の皆さんがロビーにいって、お客さまを歌での送り出し。
これもいつものことですが、こういうのって最高です。
私はもううるうるきそうで直視できません。

合唱ってすばらしい!と思わせてくれる素晴らしいコンサートでした!!
NEWSさんありがとうございました。

また打ち上げ後には町中ゲリラライブでもされたのかな(笑)

でもって今日のCDはミサつながりで〜
こちら
e0046190_8272257.jpg

ジュリーニ様指揮のバッハのロ短調ミサ。
この演奏すごいです。
モースリークラシック誌でもベタほめしてた1枚ですよね。
私はリヒターのも持っていますが、このジュリーニ様のは別世界の演奏だと思ってます。
最初の「キリエ」の素晴らしいこと!
特殊なテンポの演奏ではありますが、納得しちゃうんですよね。

今日の日曜日はりゅーとぴあさんでは「のだめコンサート」
だいしホールさんでは「新潟交響楽団室内楽演奏会」
などがあります。
2月最後の一日、ぜひお楽しみ下さい。

次回は遂にあのトリオの次回公演の発表をします!!!
by concerto-2 | 2010-02-28 08:40 | 演奏会のこと | Comments(6)