コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2009年 06月 30日 ( 2 )

「マエストロ、それはムリですよ・・・」
というタイトルの本を今日の帰りに近所の本屋さんで見つけました。
そして買ってきました。今読みはじめた所です。
そしてこれはどんな本かと言うと。。。ネットでの解説を勝手にコピペ!!
e0046190_2251557.gif

「マエストロ、それはムリですよ・・・」
〜飯森範親と山形交響楽団の挑戦〜
------------------------------------------------------------------------
山形交響楽団に何が起きた?! 指揮者・飯森範親の熱き挑戦の物語。
「いわゆる地方オーケストラの一つ」などと評されるに過ぎなかった山形交響楽団。ところが最近、その山響がとにかく熱い!着実に観客動員数を伸ばし、さまざまな取り組みによって東京や他の地方楽団から“お手本”と目されるようなオーケストラに変貌した。その改革を先陣切って進めていったのが、音楽監督である指揮者・飯森範親である。旧来の発想に安住していた楽団員や事務局に「それはムリですよ…」と言われ続けながらも、飯森は手綱を握り走り続けた。その改革の中身とは・・・?

【内容】
第1章 飯森範親と山響の出会い
第2章 新しいボスがやってきた
第3章 しなやかな発想と大胆な行動
第4章 もっと山響が聴きたい
第5章 飯森範親“極私的”インタビュー

---------------------------------------

といった内容の本です。
そんな飯森さん&山形交響楽団さんのりゅーとぴあ公演もいよいよ近くなってきました。
この本を読むと楽しみも倍増間違い無し。。。かな。

飯森範親&山形交響楽団さんのりゅーとぴあ公演は
7月5日(日曜日)16時開演(この16時開演というのも飯森さんのこだわりなんですって、本に書いてありますよ)
プログラムは
モーツアルトの「魔笛」序曲、交響曲K76
ブルックナーの交響曲第4番「ロマンチック」
いずれもこのコンビの得意曲ですね。

ぜひ聞きに行きましょうね!
そして山響さんに毎年新潟公演でもやりたいね〜と思ってもらえるよう、盛り上げたいものです。
by concerto-2 | 2009-06-30 22:23 | 書籍・コミックのこと | Comments(0)
月曜日の休日は先週末から上映がはじまった!
「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」
を観てきました。

もう先週は行列ができてたそうですね。
万代のTジョイさんでも、なんと初回の上演は8時から!!早いー!
私は10時20分からの2回目の上演に行ってきました。
行列?いやいや〜さすがにその時間では20人くらいのお客様でしたね。
ゆったり観れたけど、ちょっち寂しいかな〜。。。と思いきや。
2回目の上演が終わってシアターを出てロビーにいったら、たっくさんの人!!!!
高校生もとても多く!(なんで月曜の昼に高校生?テスト期間?)
やっぱ早い時間でよかった〜と思いました。

さてそれで!
あっ私は特にアニメマニアということではございませんので(あんまり、ひかないで下さいねw)
それでもエヴァンゲリオンははまりましたね〜。DVDなんか新旧2セットもっています。
このエヴァンゲリオンというのは昨今の太宰治ブームにも通じる所があるかと思います。
「自分とはなんぞや?」といった感じのテーマ性が感じられる。
充分大人の鑑賞に耐える作品です。
ぜひ一度は御覧いただきたいものです。

そしてこの映画版。やはりこの映画版から御覧になられると言う方もいらっしゃるかもしれません。
でもそうすると難解に思える所があります。
できればテレビシリーズを観てから、この新劇場版を観た方がいいですね。
新劇場版前作の「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」はオリジナルシリーズの新編集といった感じでした。あまりオリジナルストーリー逸脱することなく、各名場面を広げたという感じ。
たしかに迫力はあるけど、テンポが早すぎてほんとうにはじめてみる人はついて来れないのではないだろうか?と思ったんです。
今度7月中にテレビで放映されるらしいですよ。

新劇場版の2作目となるこの「破」もそうなのかな〜と思ってました。

が!

違いました!!かなーり違っている。大枠はだいたい一緒なんですよ。
でも設定が全然違う。
特に4号機使徒に関しては「こうきたのか〜」と絶句。
ネタバレになると悪いので、あまり詳しくは書けませんが、今回の作品は「へー」「ほー」の連続でした。
すごい力が入った作品です。
綾波レイへの感情の持たせ方なんかも新しかったですし、新キャラも最初「どうなんかな〜」と思いましたが後半生きてきてます。
いやぁ後半はすごいですよ。

に、してもぜひ最初はテレビオリジナルを観てほしいです。
この新劇場版もそのベースがあることによって成り立ってるので。

新劇場版の3作目は「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とのこと。
カオル君登場。これも新しい設定になっているようです。

でもほんとテレビシリーズからをお勧めします。
もしテレビシリーズを観てるよ!という方はぜひこの「破」をお勧めです!!
なかなかすごい作品でした。

話し違いますが、NEXTのロビーに置かれた、というか建てられたと言った方がいいですね。
巨大な小林幸子像は御覧になられました?
で、でかい!
e0046190_022710.jpg

小林幸子「大婦人」。
高さ4、7メートル。3階分の高さ。仮にこれ立ち上がったら6階分くらいありそう。
思わず拝みそう〜。なんか御利益があるといいですね。
百分は一見にしかず!ぜひ実物見てみてください。
by concerto-2 | 2009-06-30 00:26 | 映画のこと | Comments(2)