人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2008年 12月 24日 ( 1 )

昨夜は閉店後になりますが、りゅーとぴあスタジオAでおこなわれた
「レ・プリヴィレージュ・デュ・ロワ 新潟公演」
サブタイトルが
「ソプラノ、リュート、ポジティブオルガンによる クリスマスコンサート」
に行ってきました。

レ・プヴィレージュ・デュ・ロワさんはメンバーが
ソプラノの川口聖加さん、リュートがパトリック・ヴィヴィアンさん、オルガンが佐藤さおりさんの3人。
川口さんと佐藤さんは新潟大学のOGでいらっしゃることもあって、会場には新潟の合唱、声楽のそうそうたる先生の方々がお見えでした。
そうそうたる〜の中には当然、合唱団NEWSのマエストロこっち様も入ります!

この3人でのコンサートはおそらく新潟では初めてではないかと思うのですが、会場は満員。
私なんか中ですわれる席が無いような事をお聴きしたのでスタジオの外から椅子を持って休憩時に会場に入りました。
満員というのはいいものです。活気もありますしね。

プログラムは前半が
ダウランド   流れよ、わが涙
作者不詳  ラミレの上に
ダウランド  彼女は私の過ちを許してくれるのか
メルテル   プレリュードーバレエ
パーセル   恋の病から逃れようとしても
作者不詳   貴婦人ケアリーのトンプ
パーセル   こよなく美しい島
ダウランド   レディー・クリフトンの心
パーセル   祝福されし処女の戒め

後半が
クリスマスメドレー
プレトリウス   ベツレヘムに幼子が生まれた
ナルバエス   千回の後悔
JSバッハ    目覚めよと呼ぶ声が聞こえ、天にいますわれらの父よ、おおいと高き神よ私達にこの年を全うさせてください、さぁ夜よ明けよ美しい朝の光よ
バード   この日キリストは生まれ

というプログラムでした。
アンコールもありましたが私はちょっと曲名不明。

とにかくソプラノの川口さんの声がきれい!艶もあるし心地良い声でした。
新潟大学の院を出られた後オランダにの王立音楽院で学んでこられたんだとのこと。
曲が分からなくても歌声を聞いているだけでうっとりするような感じでした。
そうそうたるお歴々の方はどうだったんでしょう?私の感想なんて素人感想なので。。
そうそうたるこっち様いかがでした?
とても清廉な若さを感じさせてくれる歌声だと私は思いました。

と、歌のことばかり書いちゃいましたが、佐藤さんのオルガン、パトリックさんのリュートもとてもよかったです。
初めて近くで生の佐藤さおりさんを拝見致しました。
おぉ〜この方があの素晴らしい合唱曲を作曲されてるのか〜と。
なんか感動しました。

今では佐藤さおりさんのファンの方々の事を「さおりすと」と呼ぶ(らしい)のですが
すごい人気です。
先日、ラジオ収録で横坂先生と佐藤さんの話にたまたまなりまして、なんと佐藤さんのご出身は私の実家の隣の市だとのこと。
ちょっと親近感を持ちました。
ぜひこれからも素晴らしい作品を世に送り出してほしいものです。
そしてぜひCDを出してほしいのです!!問い合わせをうけたこともありますし、会場で「さっきの歌CDあればね〜」という声を聞いた事もあります。
きっと売れますよ。まず私が買います。
新潟では合唱のアンコールは演奏会の半分位は佐藤さんの名曲「またね」ですし。
私も「またね」は聴くたびに感動してます。

とても心が温かくなるようなクリスマスコンサートでした。
ぜひまた聞いてみたいと思いました。。ありがとうございました。
by concerto-2 | 2008-12-24 14:23 | 演奏会のこと | Comments(8)