人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2008年 05月 31日 ( 1 )

さっき、りゅーとぴあさんに行って来たら新しく出てたチラシで
「アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団 新潟公演」
のチラシが出てました。

11月8日(土曜日)午後2時開演 りゅーとぴあコンサートホール
価格はS-10000 A-7000 B-4000 P-2000 (P席はパイプオルガン前席)
発売は5月27日から。
当店は残念ながら扱いには入ってません。

指揮はエドゥアルド・トプチャン
コンチェルトのソリスト(ヴァイオリン)はカトリーヌ・マヌーキアン
サブタイトルが熱が入っています!
「ファン待望のオーケストラが遂に初来日!! 美貌のヴァイオリニストが奏でる抒情的な旋律 情熱のオーケストラが奏でる入魂の演奏!!
大地の恵に満ちた、力強く澄んだ音色! 感動!陶酔!熱狂の嵐が吹き荒れる!!」

と、なんか船越英一郎が出て来そうな感じですね(笑)
それはいいのですが。。。

私はオーケストラが人気のある曲に集中するのは仕方ないと思います。
いかに通俗名曲といえども、やはりそれは聴けば聴くたび違った感動があるはず!!

と思っている人間ではあるのですが。。。

おっと忘れてましたね、今回のプログラムは
ボロディンのダッタン人の踊り
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザークの新世界より

なんだそうです。うっ。。新世界はいい曲なんだけど。。。
でも、でもここで初めて「新世界より」を聴くという方もいらっしゃると思うし。。。

アルメニアなんだからハチャトリアンの3番でもいっそのことやってもらえると面白いんですけどね。

ちなみに「美貌のヴァイオリニスト」ことカトリーヌ・マヌーキアンさんはチラシ表の写真より裏の写真の方がよく撮れてて、たしかにおきれいですね。
カナダ生まれでアルメニア人と日本人の血を引かれているという事です。
日本にもよく来られてるということです。まだお若い。

楽しみにしましょう!

今日はだいしホールで夜行われる、伊奈先生のクラリネットリサイタルに行って来ます!
by concerto-2 | 2008-05-31 12:39 | 演奏会のこと | Comments(2)