人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2007年 05月 03日 ( 2 )

5月のイベント!

GWも後半突入ですね。
今月もいろいろとあるのでお知らせします。

えっとまずその前に個人的な事を。
Lathkey、いよいよ明日は挙式だね!思い返せばいろいろと君には助けてもらった。
明日は頑張って!挙式までに東京行くって言ってたけど行けずにすまん!
6月の例の日までには行くから。よろしくね。これから幸あらん事を祈ってるぞ。

え〜っと、それで話戻して。
4日は新潟三越でやってるイタリアフェスティバルに午後2時から7階の会場でオペラデュオ・フェリーチェさんが歌われますね。フェリーチェさんを聞いてみたい方はぜひイタリアフェア会場まで。

5日の土曜日はりゅーとぴあスタジオAで「バロックへの誘い〜バッハとヘンデルの声楽曲」が午後2時からと7時からの2回公演であります。
歌う人も演奏する人も新潟では有名な方々が出ます。けっこうすごいキャストですよ。お勧め!

それと新潟三越さんでは午後1時半より3階イベントスペースでフルーティスト山形由美さんのミニコンサートがあるようです。

10日は県政記念館での木曜コンサート第2回目があります!
出演はオペラデュオ・フェリーチェのお二人。
記念館は4時半で一旦閉館して6時半から会場7時から開演。
今回は先月ほど冷え込まないと思うのですけどね。

12日にはりゅーとぴあさんで夜7時から新潟室内合奏団の定期演奏会があります。
今回はモーツアルトのホルン協奏曲3番、同じく交響曲第32番、ブラームスの交響曲第2番という新潟室内にしては重量級のプログラム。
当店にもよく来られるマエストロ高橋さんの指揮に期待!です。
当店でもチケット販売中。

13日の日曜日はだいしホールでギタリスト岩永喜信さんのリサイタルが午後3時半よりおこなわれます。
ギターファン必見ですね。
当店でもまだチケット販売してます。

りゅーとぴあさんでは午後2時から新潟市民吹奏楽団さんの定期演奏会がひらかれます。
砂丘館では午後2時より和楽器ユニット薫風の音の演奏会がありますね。

16日水曜日はお昼の新潟市役所ロビーコンサートに津軽三味線の小林史佳さん登場!今や新潟でも屈指のお客様動員数を誇る小林さんの三味線!生はすごいですよ。
しっかし有名になったなぁ〜。。。

17日には音楽文化会館でショパンコンクールでファイナルまで進んだピアニスト、根津理恵子さんのリサイタルがあります。午後7時からですね。
それとこの日からココロさんでは29日までイラストレーター懐夜さんの個展「懐夜浪漫画展」がスタートします。ぜひ見に行ってやって下さい。
私が懐夜さん連れてココロさんにお願いにいって開かせてもらった個展なので、なんとか多くの人に見て欲しいです。よろしくお願いします。

18日の金曜日には長岡のリリックホールで五十嵐郊味さんのソプラノリサイタルが午後7時から開かれます。
伴奏は石井朋子さん。
実は私もこれ行く予定にしています。当店でもチケット販売しています。いかがですか!

19日は音楽文化会館で師匠こと、榎本正一さんの演奏会が夜6時半より開かれます。
今回は弦楽合奏をバックにしてのモーツアルトがメインですね。当店でもチケット扱っています。
りゅーとぴあさんでは仙台フィルを招いての「あなたの街の音楽会」が午後2時から開演。
ただ整理券がいるようですね。当日に飛び入りはだめなのかな?
あと小新にあります皮膚科まるやまクリニックさんのヒーリングホールで定期的にひらかれている古楽の演奏会があります。これは夜7時から。
トラヴェルソ、リコーダー、チェンバロの演奏会ですね。

20日以降のものはまた今度。けっこうありますよ。

5日土曜日はそういえばFM新津さんの朝9時からの番組で私の出る2回目の放送がオンエアされる予定です。
初回はもう思い出したくも無い!のですが2回目はちょっとほぐれてますので。
でも2回目の収録はほぼ一月前だったので、それが今日流れるってタイムマシン的な感じでおもしろいです。
by concerto-2 | 2007-05-03 19:46 | 演奏会のこと | Comments(0)
なにを今更と言われそうですが綿矢りさ著「蹴りたい背中」をやっと今頃読みました。
文庫本が出たんですよ。
どうしてもこのくらいのボリュームの本を通常のお高い状態のやつは買いません。
あっという間に終わってしまうから。
文庫で充分♪

100万部以上のベストセラー「蹴りたい背中」!
想像通り「あっ!」という間に読了しちゃいました。
感想は「う~~~ん」。。。。。

いや、つまんないとは言わない。
でもなんかライトな感じだなぁ(軽いってこと)それとストーリー的にも未消化のままで終わっているような感じで、ん?だから何だろう?
と思っちゃうんですよね。
若い人たちにはどう感じられているのかなぁ。
私がおじさんになったから、あまり感動しなかったのかなぁ。

感動した本といえば「がんばらない」
これは。。。これは。。。ちょっとめくる度に号泣!ティッシュも1箱以上は傍らに置かないと。
でした。初めて読んだのは3年位前でしょうか。
その著者、鎌田先生の講演が水曜日りゅーとぴあさんの劇場で午後1時半よりひらかれました。
鎌田實 講演会「命、環境、平和が大切、がんばらないけどあきらめない」

鎌田先生は長野の諏訪中央病院名誉院長さんです。
地域医療、特に末期がん医療のことをお書きになられた著書「がんばらない」はさまざまなところでもとりあげられますね。
テレビやラジオでもご活躍になられています。
劇場も1階2階を使ってましたがほぼ満員。

スクリーンにスライドを大写しにして、およそ1時間半の講演会でした。
最初に末期がん医療のお話からで、「うわ、これはまずいなぁ~」。。
93歳の末期がん患者さんのお話。本の中でもお書きになられている話でした。
恥ずかしながら早くも開始3分でうるうるきてしまいましたぜ。。。

その後は仙台の障害を持つ子供たちの施設の仕事にうちこんでいる元大リーガーの選手の話や筋ジストロフィー患者さんの泳いでみたいという願いを叶える話、世界に目を向けてアウシュビッツのこと、アジアで地雷の被害にあった子供たちのこと、チェルノブイリで日本の人が医療面でがんばってた人たちがいたことなどのお話がありました。

単に感動的な話だけでなく、考えさせられるような話も多かったです。
時折冗談も交え1時間半の講演はあっという間でした。

心に残ったのは話題にはなかなか上らないことですが、チェルノブイリの被害に関して今でも医療支援をやっている日本の個人(鎌田先生もそうです)、大企業があるということ。
特にキリンビールさんは10億円の支援を行っているそうです。
鎌田先生はそれ以来キリンビールしか飲まない!と決めたそうです。
まだまだ風化していないことなんですね。

いやぁ感動的な講演でした。
惜しむらくは聴衆に若い人が少ないことでしょうか。
幅広い世代の人に聞いて欲しい講演でしたね。

鎌田先生の著書「がんばらない」は名著です。まだお読みで無い方はぜひ一度読んでみてください。
by concerto-2 | 2007-05-03 01:32 | 書籍・コミックのこと | Comments(0)