コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2006年 03月 28日 ( 1 )

再び音文で練習。

月曜は休みでした、だもんで午前中、久々に音文の練習室でリコーダーの練習をしてました。
まぁ練習したっていっても演奏家の方が演奏会のために練習されるのとはわけが違いますけどね。
ちょっとした気分転換になるというかストレス発散になるというか。。。カラオケで歌いまくるに近い開放感と達成感みたいなものがありますね。
まさに音を楽しむと書いて「音楽」!!てなものかな。

それで今日は練習したい曲があったんですね。
一つはピアソラの「カフェ1930」。
これはフルートとギターの定番の名曲ですが、大好きな曲なんですね。
そんなことをギタリストのIさんに話したらなんと先日楽譜をお持ちになられ、フルートのパート譜をコピーいただきました。うれしい!
それでちょっとやりたいなーって思ってたんです。
実際やると最初のゆっくりしたところは簡単なのですがいきなり早くなるところは今日1時間くらいやったところでは手も足も出ませんでした。
5倍くらいの超スローでやりながら段々と早くしていってできるようになりたいなーと思っています。
とにかくいい曲なのでいつかメンヒさんとかIさんとかのギターにのせて吹けたらいいなぁ~って思ってます。(いつの日かはとーぶんまだまだ。。)

もう一つは
ラフマニノフのヴォカリーズ。
これは曲もゆっくりなのでなんとか最後までやれます。
かなりへろへろですけど。
まぁ1時間もやれば誰でもできそうな曲ですからね。
でもしっかりとやれるようになれればなーと思っています。
個人的に中学生の頃FMで江守徹さんのナレーションで夜やってる番組があったんですよ。
日曜日だったかな?
その番組でオープニングの曲がヴォカリーズだったんです。
その頃から大好きな曲です。
中でもその番組で使われていたアンナ・モッフォとストコフスキーのはほんと私の思い出の中にある素晴らしい演奏です。
(こんな名盤なんで廃盤なんだろうと思ってます。)

ヴォカリーズは帰りにヤマハさんによって楽譜も買ってきました。
練習はCD耳コピだったんで。
また練習を重ねていつか、いつか石井朋子さんにピアノを弾いてもらって!
あぁ私としたら恐ろしいことを。。。そんなことありえない。。恐れ多い~
CHEEZEさんに弾いてもらってやりたいと思っています。

なんか勝手にメンヒさんとかCHEEZEさんとかバックに。。なんて無謀な贅沢ものです私は!
でもそうやって合わせるって楽しいですね。
難しいことはできないけど周りの達人さんたちの力をかりてやるとうまくなるような気がしますよ。
まぁ数ヶ月かけてってとこですね。
いつかお披露目出るくらいになればな~。
e0046190_122449.jpg

終わって片付けてるとこです。朝早起きしたので実はかなり眠い状態。。。
by concerto-2 | 2006-03-28 01:03 | Comments(2)