人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フルムーン「八百板正己 チェンバロの響き」

今日はフルムーンでの演奏会でした。
第3の演奏者さんはチェンバリスト八百板正己さん。
たいへん充実したコンサートでした。

お客様の方も当日来られた方もいらっしゃり、ほぼ満員。
プログラムは

バッハの平均律第1巻の最初、前奏曲とフーガ ハ長調
パーセルの組曲二長調
フィリップスのアマリッリ
クープランの組曲 ヘ長調
バッハのトッカータ ト長調

そしてアンコールは
バッハのゴールドベルク変奏曲からアリア

でした。
いつものように1曲1曲、八百板さんによる解説がついてのコンサートでした。
わかりやすくて、曲を楽しむのに良い解説なんですよね。
いやぁフルムーンにチェンバロの音色は合いますね〜。
それと八百板さん御本人もおっしゃられてたのですが
「以前にもこの場所で同じ楽器で弾いたのですが、今回はものすごく音が良くなっていますね〜」とのこと。
たしかにいい響きでした。
全曲よかったですが、アンコールにやってくださったゴールドベルクのアリアは格別。
お客様全員が酔いしれていました。
ぜひ、いつか全曲を!ですね。

現在、八百板さんは長岡の方でバッハの平均率を毎月1曲づつ取り入れたコンサートを始められました。今年の1月からスタートしてます。毎月第3木曜日に長岡のギャラリーmu・anさんというとこで。
2年間をかけて平均率を第1巻を全曲やろうという企画です。
しまった!第1回目を聞き逃した!というお客様も今日のお客様であれば今日1曲目をやられているのでギャラリーでの2回目から聞けばOKということでした。

終演後に八百板さんと話したら、平均律の1やって、2やって、そしたらゴールドベルクですかねぇ〜、その後はフランス組曲で〜との予定?を楽しく語られていました。
これから先も楽しみは続きそうです!!

八百板さん、そしてお越しいただきましたお客様、ありがとうございました!
e0046190_19252884.jpg

毎回大盛況のこのフルムーンコンサートシリーズ
次回は今週木曜日、夜7時開演。
琴(箏)の奥村健一さん&ヴァイオリンの松村牧子さんのコンサートです!
予約もどしどし集まっています。あとちょっとだけ大丈夫です。でもほんのちょっとだけ。早めに御予約を!
素敵な夜のコンサートになりそうですよ。

今日は嬉しい出会いもあった一日でした。
フルムーンでの片づけを終わって、店に戻ったらほどなくして若い女性のお客様。。
一見してすぐにどなたかわかりました。
新潟県音楽コンクールで本選の常連であったファゴット奏者の小武内さん。
私はコンクールで聞いてて、いいなぁ〜といつも思ってました。
あと中央高校での演奏会、ジュニアオケでの演奏。いつも注目していた奏者さんです。
当店には初お目見え。嬉しい!!
お声をおかけしてお話をしました。今は某音大にいかれているとのこと。
そして新潟でもこの初夏のあたりにすごいメンバーさんたちと合奏する演奏会があるとのこと。
この演奏会については私もちょっと聞いているのですが、まだ内緒の話です。
でもすごい楽しみにしている演奏会です。
お知らせできるのは、もう少々お待ち下さいね。
でもそういう大物の中に混じって若手が頑張るって、ものすごい勉強になると思います。
いい経験をしますね。小武内さん頑張って下さい!応援してますよー。

同じように3月15日にある「ときどき管打楽器」という楽しいコンサートでも大物さんたちに混じってトランペットの真水京子さんが頑張ります!!
若手奏者さんたちにぜひ御注目を!!
by concerto-2 | 2009-02-15 19:26 | 演奏会のこと | Comments(0)