人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

奥村和雄門下生 第39回ヴァイオリン発表会

いよいよ今日が画廊フルムーンでのコンサートシリーズ初回です。
今日の初回はソプラノ北住順子さん。
よろしくお願いします。

昨日のことに戻りまして
昨日の土曜日、午後は音楽文化会館で開かれた
奥村和雄門下生ヴァイオリン発表会「第39回 小さな音楽会」
に行ってきました。

奥村和雄さんの門下と言えば奥村愛さん、鍵富弦太郎さん、枝並千花さんなどを始めとしてそうそうたる現在活躍をしているヴァイオリン奏者さんを輩出されている門下。
新潟の一門発表会でも、ちょっと別格かも知れません。

今回の発表されるのは年長さんから大学生まで33人。
ただ主に小学生の方が多かったですね。
でも小学生と言っても昨年の県音楽コンクールで県知事賞をとった小学1年生の近藤ほなみさんなどレベルは皆さん高い人が多いです。
33人中22人が小学生でした。とりあげられる曲はやはりというかヴィヴァルディ、ベリオ、ザイツとかが多かったです。でもヴァイオリンを習われている方以外にはあまり聞かない曲ですね。
それを聞けるというのも面白いです。
そんな中、バッハの無伴奏パルティータ3番のプレリュードを弾かれた方もいらっしゃって、すごい新鮮に聴こえました。
小学生でうまいな〜と思ってしまうこの門下、なんといってもメインは中学生の部。
演奏順がいつも年齢順であいうえお順なので続けて演奏となったのが
昨年の中学日本1、上越の大野佳央里さんと県のコンクールで弦楽のトップをとられている長岡の木野裕り乃さん。
この2人はもう横綱王関の土俵入りみたいな感じで、聞く側も思わず座り直すような感じになります。
今回は大野さんがチャイコフスキーのワルツスケルツォ、木野さんがメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第1楽章でした。
いやはやすごいものです。特に大野さんの音のみごとさはすごいですね。ミニリサイタルのようなものなら、やってもいいのではないでしょうか。

ゲスト演奏は門下の先輩となる加藤礼子さんの演奏でブルッフのスコットランド幻想曲でした。
3時間以上の長丁場の発表会ですが、聞きごたえのあった発表会でした。

さて今日の日曜日はフルムーンの方はもう満員なんです。
その他にはだいしホールで新潟交響楽団さんの有志のみなさんによる室内楽演奏会があります。
午後2時開演、無料です!ぜひこちらもお勧めです!!
ちょっと天気が良くなって来ました。よかったぁ〜
by concerto-2 | 2009-02-08 10:27 | 演奏会のこと | Comments(0)