人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ポッチャリーノ四重奏団 演奏会

土曜日、三つ目は夜7時からだいしホールで行われた
「ポッチャリーノ弦楽四重奏団 演奏会」
に行ってきました。

新潟大学オケOBOGの、どちらか〜というと「ぽっちゃり〜の」な4人で結成された、このポッチャリーノ四重奏団。
ヴァイオリンが奈良秀樹さん、小島健弘さん、ヴィオラが長尾幸さん、チェロが安部信之介さん。全員が新潟のアマオケで活躍されている方々です。

プログラムは
ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第8番
宮下秀樹さんの「楽園のあゆみ」(新作初演)
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第4番

アンコールは
崖の上のポニョ
そして最後に「音楽を通じて皆さんといつまでも!」ということで、加山雄三「君といつまでも」
という実に福々しい(笑)しめくくりでした。
拍手に応えて袖から出入りするお姿はなにか宝船にのった七福神(四福神?)のようでした。。

演奏としては前半の2曲が重い暗い感じの曲。申し訳ございません、さすがに一日飛び回っていたのでショスタコは所々意識が飛んでしまいました。
でも滅多に聴けない曲であるし、この曲からスタートするというのはすごい冒険だと思います。
やってくださったことに感謝。
宮下さんの新作は静かな中にメロディアスなものを含んだ作品。ユージン・スミスの同名の作品にインスピレーションをもらって作られた作品との事。
ベートーヴェンではそれぞれの技量が発揮された演奏だったと思います。
特に奈良さんと小島さんの2トップは見てても迫力ありますね〜。音色のコントラストもよくわかって楽しめたし、みなさん伸び伸びされてましたね。

お客様は満員!!ある程度は予想してましたがたくさん入ってらっしゃいましたね〜。びっくり。
無料ということもあったのかな?テレビでの宣伝告知もあったし。
それでもこんなにたくさん来られたのはご本人たちの努力の結果でしょう。お疲れさまでした。

あと配られたプログラムが面白いんですよね〜
裏の1ページを使ってメンバーの若かりし時と現在の対比みたいなつくりになってて。
奈良さんが若いときウエスト54だったそうです。わかるなぁ〜実は私の高校1年の時ウエスト58ですからね〜。その頃の写真を今の知り合いに見せたら「気持ち悪い〜」と言われますよ(泣)ま、私も今の姿は仮の姿と思ってますんで。。

こうしたオケを母体とした室内楽コンサートは楽しいです。
2月には8日(日曜日)の午後2時からだいしホールで新潟交響楽団さんの団員による室内楽コンサートが無料であります。
そして15日には同じ場所同じ時間でリングアンサンブルがあります。
このリングアンサンブルはいいですよ〜!かっての新潟交響楽団さんの首席クラスのみなさんでのアンサンブルです。私の大好きな山本みちるさんや松村牧子さんも出られます。
ぜひお勧めです。リングアンサンブルさんは無料ですが、一応整理券があります。当店でもお配りしています。
私は両日ともフルムーンでコンサートがあるのでいけませんが、ぜひ足をお運びください。

さて今日はシューベルトです!!
Commented by ikaubon at 2009-02-01 22:48 x
 ポッチャリーノ行きたかったです。残念。さすがに、1/31の指揮と2/1の歌の本番の谷間に聴きに行く気力はありませんでした。シューベルティアーデご来場ありがとうございました。おかげさまで、お客さんをお断りするくらい満員でした。明日のブログ更新が楽しみです。辛口評論お願いします。
Commented by concerto-2 at 2009-02-02 10:05
辛口ですか?
そうですね〜あえて言うなら
匠さん、もっと笑顔で(笑)

あとは後半をテーマに基づく選曲だったということで栄長さんがお話の中でおっしゃられてましたが、もうちょっとプログラムに書くとかされても良かったかもしれませんね。

それと今回難しいものだ〜と思ったのはお客様の入場数の見極めですね。実は私の知り合いも断られたという方がいらっしゃいました。
今回のように前売りがかなりの数が売れているという場合、とりあえずお帰りいただくのではなく、ホワイエでお待ちいただき開演間近での状況を見て入っていただくことにしてもよかったかと思います。私自身も当日行ってそうして入れていただいたことがありました。
実際には空きが出来てしまってたのでもったいないのと、来られたけど帰られたお客様への御配慮。
そのあたりを少し心配しました。
私はどうしてもそういう商人的なことに気がいってしまいます。
Commented by tek310 at 2009-02-04 00:03 x
 辛口コメントありがとうございます(笑)。
 入場数の見極め、確かに難しかったと思います。一番問題なケースは、持っている方が入れないということですね。それを最優先した結果、今回当日を全てお断りした形になりました。受付の人によると、当日券を求めて20人近くの人が来たとのことでした。あの日の入場者数からすると、待って頂いても全員に入って頂けない状況で、当日の対応としては止む無しだったかと思っています。今考えると、チラシに当日券の明記をしていたので、当日券分を確保した上でチケットの販売を取りやめるべきだったかもしれません。後はチラシに「満席の場合は入場をお断りする場合があります」と記載しておく、など。。。
 それにしても、、、1週間前の販売状況だと6割程度の入りだったので、、、難しいですね。今後は何らかの対応を考えていきたいと思っています。入場出来なかった皆様すみませんでした。
Commented by concerto-2 at 2009-02-04 10:23
まぁそれだけ待望された演奏会だったということでしょう。
次はりゅーとぴあのコンサートホールで!!
それなら心配ないでしょう!!
それと遅くなりましたがヴォーカルアンサンブルコンクール(で名前合ってるかな)での関わられた団体よかったですよ。
いろいろと大活躍ですね。お疲れさまでした。
Commented by Nobui at 2009-02-06 12:02 x
 初めてコメントいたします。当方も先日の「ポッチャリーノ」聴きに行きました。
 実は当初は聴きに行く予定は無かったのですが、当家の近所に住んでいるO氏(新潟交響楽団のトロンボーン奏者)が「同じ新潟交響楽団のメンバーも入っていますので、是非聴きに行ってやってください」と言われたのに押されて聴きに行きました。
 メインはベートーヴェンの弦楽四重奏曲第4番。当方にとってベートーヴェンの弦楽四重奏曲では中期、後期のイメージが「聴いて疲れる」感じもこれあり、積極的には聴いてこなかったのですが、この曲は部分的にはハイドン的なものも感じさせながらもそこから脱し、それ以上にベートーヴェンらしさが盛り込まれていると思われました。演奏もしっかりしたものが感じられました。これが「入場料無料」とは…。
 次は新潟交響楽団のメンバーによる室内楽演奏会とスプ-リング コンサートに行く予定です。それまでに「コンチェルト」にはスプ-リング コンサートの入場整理券をいただきにお伺いいたしたいと思います(CDを買うのが目的でなくてすみません)。
Commented by concerto-2 at 2009-02-06 13:23
Nobuiさま、ありがとうございます。
お初にお目にかかり。。。って、先生いつもありがとうございます!!
会場でもお目にかかりました。挨拶もろくにできず失礼しました。
ポッチャリーノをお誉め頂きありがとうございます。
無料のコンサートには宝石の原石がある!と思っています。
リングアンサンブルなんかも素晴らしいですよ!!
いつもありがとうございます。
Commented at 2009-02-08 02:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by concerto-2 at 2009-02-08 10:31
emaさん、ありがとうございます!!
一言コメント言うのって簡単そうで難しいですよね。
自分で「短いな」って思う位がちょうどいいですよ。自分で「うっ、長いかな。。」と思うようなのは聞いてる人は「すっげぇ〜なっげー」と思われてますから。
ぜひ頑張って下さい!!
ANDHYPENが世話になりますのぉ〜。
by concerto-2 | 2009-02-01 11:03 | 演奏会のこと | Comments(8)