人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

佐藤哲三の時代 展

今日の水曜日、午後は朱鷺メッセにあります万代島美術館(通称バンビ)
にいくぞ!!
と思ってたら突然の豪雨。。。たじろんでたら段々やんできて。。
晴れたなと思い、外に出て雲の状況を見てたら、知ってる人が自転車で。。。
リンクもしているブログ「今日のネコ山さん」のさゆりんさんでした。
おぉ〜いつもながらキュートなさゆりんさん、それになんせ新妻ですよ!
もー水もしたたるいい女〜ってびしゃびしゃじゃん(笑)
「もしかして降った時にも出てたの?」「はい〜」ってかわいそうに。
でもいつものように明るい笑顔でした。
さゆりんさんはナースという大変な仕事で辛い事もたくさんあると思うのですが頑張ってください。久々に会えて嬉しかったですよ。

そして晴れたのを確認してバンビに行ってきました!!
e0046190_1911137.jpg

前から何度も宣伝してましたが、先週土曜日から始まったのが
「佐藤哲三の時代 展」 です。

骨太の味わい深い作品がずらっと一堂に会したいい展覧会です。
佐藤哲三さんといえば長岡に生まれ、すぐ新発田に越して来られ中央画壇で有名になっても、ずっと新発田や加治村(後の加治川村→新発田市に編入)で教育の傍ら、筆をとられていた巨匠です。
なので私の地元近くにずっといらした方でもあるので、とてもなじみ深い方でもあります。
別にそういったローカルな事に区切らなくとも、誰が見ても郷愁をそそられるような素晴らしい作品群です。

そして、この展覧会を応援するのはそれだけではありません。
今回、この企画のリーダーとしてやってこられたのがバンビの学芸員omiさん。
omiさんはクラシック音楽をこよなく愛し、クレンペラーの大ファンでもある音楽通。
当店の御常連でもある方なんです。
そのomiさんの現役学芸員としての最後の大仕事が今回の展覧会なんです。
もー1年以上前位から、これにかける想いを聞いてました。
とにかく、あまりにも熱意を傾けて体調を悪くしてしまう位の力の入れようだったんです。
県民会館にあった美術館、長岡の近代美術館、そしてバンビと新潟の美術界の先頭を走って来られた偉大なる人生の先輩になんとか力になりたいと思っています。

でも、そういった私の個人的思いを抜きにしても実に見応えのある展覧会です。
先日まで行われていたルノワールやマネなどフランス美術を集めた展覧会はたしかに観客動員数もすごく多かったそうですし、それなりによかったと思います。
でも、あの展覧会がどこかよそいきのフランス料理オードブルみたいなのに対して、この佐藤哲三展はたくわんやみそ汁、焼き魚やあついご飯みたいなすごく心に深く根ざした日本の原風景みたいなものを感じさせてくれます。
はっきりいって動員数では前の展覧会ほどは行かないかも知れません。
しかし強い印象を感じさせてくれるのはこちらです。
ぜひ12月14日まで行われています。足を運んでみて下さい。

佐藤哲三だけの作品ではなく他のまつわる画家の作品も展示されています。
私はとにかく入ってすぐの山本芳翠という明治の画家さんの作品に心打たれました。
3点のみの展示ですが、素晴らしい!とても明治12年の作品とは思えない。
ルノワールが描く女性像より遥かに素晴らしいと私は思います。この3点だけでも見に行く価値はあると思いますよ。お勧めです!!
omiさん!これにかけた情熱受け取って来ましたよ!!

さて、ついでに31階の展望室も寄って来ました。
e0046190_19294014.jpg

西日を浴びて信濃川や新潟島が輝いてました。
それでこの展望階では時折コンサートも催されます。
来週の水曜日22日の19日からここで
「天空に響く箏曲の世界〜箏&十七弦&ヴァイオリン」
というコンサートがあります。
e0046190_193205.jpg

出演は琴に杉浦順子さん、十七弦に奥村健一さん、ヴァイオリンに新潟交響楽団の美しきコンサートミストレス松村牧子さんの3人での演奏会です。
夜景も楽しめて素敵な演奏も楽しめると言うコンサートです。
こちらのチケットですが当店でも取り扱っています。2000円です。

もしよろしければこちらもお願い致します。
by concerto-2 | 2008-10-15 19:34 | 展覧会のこと | Comments(0)