人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

茂木大輔のオーケストラコンサート。

白山公園の桜も咲いて、とても気持ちのいい日曜日!
いろいろな催し物が行われました。

午前中にもいろいろあって、音楽文化会館では「クレモナ音楽教室発表会」、りゅーとぴあ劇場では大正琴の演奏会、ちょっとだけ見てきました。午前中にある演奏会というのもいいものだと思います。

そしてメインは新潟では1年に一度行われています
N響の名物オーボエ奏者、茂木大輔さんによる名曲解説コンサート!!
正確に記すると「愉快なお話とオーケストラでつづる、100倍ためになる音楽会 ベートーヴェン交響曲第7・8番 戦争交響曲 初演プログラム再現演奏会」
に行ってきました。
茂木さんの解説コンサートは今回が4回目になりますね。
初回が「新世界より」、2回目が「運命」、昨年が「英雄」とそれぞれ超有名な1曲を徹底的に掘り下げたやり方でしたが、今回は有名な曲の初演を再現しようという画期的なテーマでの演奏会でした。

これは面白いんですよね
というのも通の方はご存知なのですが、ベートーヴェンの頃の演奏会のプログラムって現在とはちょっと違うんです。
とにかく盛りだくさん!!というかおそろしく詰め込みすぎで長い。そしてなんでこんなに略脈のなさそうな曲順?
とても今の感覚からいうといい言い方では「新鮮」!変な言い方では「変」!

ということで今回のプログラムは
1、ベートーヴェン:交響曲第7番
2、ベートーヴェン:三重唱曲「おののけ、不敬な者ども」

3、ベートーヴェン:交響曲第8番
4、戦争交響曲

というプログラムです。
まずこの曲順が今では考えられない。トップに7番ってあんな激しい曲おいたら演奏者さん燃え尽きちゃいますよね。
でもこの曲はやはり人気ありますね。「のだめ」で一気に知れわたったこの7番、私のお隣のご夫人も「あら~玉木君もいればいいのにねぇ~」とおっしゃられて娘さんに笑われてました。
きっとそう思われた方も多かったかもしれません、それだけあの番組の力たるやすごいものだと改めて実感です。

私は7番という曲はよく演奏されるのでいいとして、全然演奏される機会の少ない8番が楽しみでした。
生での8番演奏ははじめて聞いたんです。
CDでは聞きなれた曲でしたが実際に見ると「よくできたいい曲だな~」と思いましたね。

最後は戦争交響曲。ベートーヴェン最大の駄作として有名なこの曲ですが、見ると面白かったです。なるほどこういう意味合いがあるのか~と勉強になりました。

前回、「茂木さんの話が聞こえないよ~」と書いたのですが、今回は前回よりははるかによく聞き取れました。改善していただけたのか座った席がよかったのかわかりませんが良かったです。

そして演奏の「人間的楽器学管弦楽団」さん!いつもサプライズなメンバーが楽しみです。
今回もフルートの高木綾子さん、オーボエの古部賢一さん、ヴァイオリンの磯絵里子さんなどスタープレイヤーの方々がたくさんいらしてくれてうれしいですね。

楽しい解説と高いレベルの演奏、両方楽しめるこの茂木さんの演奏会。次回も楽しみにしたいです!!
まだお聞きになられたことのない方もお勧めですよ!
Commented by kawazukiyoshi at 2008-04-07 17:49
昔の演奏会ってつめこみだったんですね。
演奏者も大変だったでしょうねー。
ベートーヴェンの7番の交響曲は楽しい。
体が自然に動いちゃいますね。
今日もスマイル
Commented by concerto-2 at 2008-04-08 01:22
kawazukiyoshiさま、ありがとうございます。
そうなんです、演奏者さんはたいへんだったでしょうね。
しかも聴衆はかしこまっているわけでもなくって、がやがやいってる中での演奏が普通だったそうです。
7番は会場のお客様もリズム取ってた方多かったです。
スマイルが自然と出てくる曲ですね。
明日もにっこり。です。
by concerto-2 | 2008-04-07 09:07 | 演奏会のこと | Comments(2)