人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

第37回 小さな音楽会

日曜日はだいしホールで新潟大学の鈴木先生による近現代ピアノ作品の演奏会というすっごく気になるものもあったのですが、私はこっちに行ってきました。
「奥村和雄門下生 ヴァイオリン発表会 第37回小さな音楽会」

新潟が弦の王国といわれるのはこの奥村先生の門下の方々の頑張りが大きいと思います。
その一門の皆さんの発表会、レベルも当然高く、この発表会はただの発表会ではありません。

年齢順の演奏順だったのですが、とにかく最初の年長さんの部からして上手い!
年長さんって5歳くらいですよね、音程なんかも実にしっかりしているし、テクニックもあったりしてびっくり!でした。
きっと数年後には頭角を現してこられるのかもしれません。
最初がそんな出来でしたから、その先は語らずともわかりますよね。
この発表会は年齢順に前半、後半となってまして、後半に出られる方などは県コンクールで弦部門1位になった方やジュニアオケのコンミス、新潟大学オケのコンミスなど私もいたるところで演奏をすでに聞いたことのある方々でした。
皆さん実力とおりの演奏だったと思います。

そんな中でも私が一番これはすごいと絶句したのは後半でなくて前半の最後を飾った中学1年生の大野有佳里さん。
曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の1楽章。
全日本学生コンクールなどでも活躍されてる方です。
おそらく数年後には誰もが知っているという演奏者になっていることと思います。

そういえば先ほど県コンで活躍されたと書いた木野さんも中学1年、やはり全国レベルのコンクールで上位に入られています。

いやはやすごいものですね。
こうした方々の将来ってどうなるんだろうな~と考えますね。

その将来が具体的に見れたのが同じ日の朝あったんですね。
昨日の「題名のない音楽会」ご覧になられましたでしょうか。
出演されたゲストが高嶋ちさ子さんと12人のヴァイオリニストさんたち。
白澤美佳さん出てらっしゃいました。

そして出演されてたオーケストラが東京交響楽団さん。
枝並千花さん出てらっしゃいました。

こうして新潟出身のお二人が頑張っている姿というのは、若い方々の素晴らしい目標となるんでしょうね。
そしてゲスト演奏の鍵冨弦太郎さんも素晴らしい目標のお一人でしょうね。
鍵冨さんの演奏はイザイの3番良かったですね。

私なんか、すごい演奏者になるのもいいけど、いい人生を送ってね。。。。なんてついつい親父目線で思っちゃいました。
でも若い。。。というか、まぁお子さんたちですねよ。そんなお子さんたちが必死に頑張っているのを見るとなんか感動しますね。あぁおじさんだなぁ~。。

とにかく発表会の枠をこえた素晴らしい発表会でした!
みなさんこれからの活躍、楽しみにしてます!
Commented by 羽柴房子 at 2008-02-13 01:11 x
私もこの発表会は、すばらしい演奏ばかりで、いつも勉強させて頂いています。弦太郎君のイザイの3番では、バラードという言葉を再確認しました。累が弾くと、全力疾走の『息切れ行進曲』のようで、緊張感ばかり残りますが、さすが天才は、豊かな感情の起伏にとんだ叙情的(バラード)な演奏でした。佐藤さんが親父目線になる気持ちはよくわかります。私も累には、きちんと会話ができ、理解できる文章も書け、お料理ができたらオヨメにいけるよ。少しくらいバイオリンが弾けてもダメなんだからね、と言い続けてきました。人間の成長度というか、内面の『しっかり度』がしっかりしていないと、薄っぺらな人格になっていしまいますもの。佐藤さんの『すごい演奏者になるのもいいけど、いい人生を送ってね』というコメントはフランス映画のエピローグのようで、チョーかっこいい(笑)と思いました。
Commented by concerto-2 at 2008-02-13 10:04
先生ありがとうございます。
「息切れ行進曲」ですか(笑)でもその感じ分かります。
でも私はあの必死に曲に入り込もうとしている累さんの演奏大好きですよ。
鍵富さんの演奏は曲を自分から離した所で成立させている(う〜わかりにくいかもしれませんが)。ある意味客観的にとでも言ったら良いのでしょうか。
そこには技術の裏付けなどがあってできることなんでしょうけど。
そこまでしないと、というかならないとトップクラスにはなれないんでしょうね。

お嬢様はしっかりしてると思いますよ。。。。料理は私には知るべくもありませんが(笑)
しっかりと学ばれて戻って来られるのをファンとして楽しみにしています。
by concerto-2 | 2008-02-11 09:46 | 演奏会のこと | Comments(2)