人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜

見てましたよ~「のだめカンタービレinヨーロッパ」第一夜!

よくできてると思いましたよ。
実は私はあんまりのだめ!のだめ!というのもちょっと。。。と思ってはいるのですが
やはり見ると面白いですよ。
今回もチャイコフスキーのコンチェルトとかリヒャルトのティルとか「いい曲だよね~」なんて見入ってましたからね。
きっと明日は多くの人の話題になってることでしょう。

なんだかんだいってもこの「のだめ~」の存在ってのは大きいですよね。
あ~~んなマンガのでしょ~
と思う方もいらっしゃるでしょうが、いかにレコード芸術とかで特集を組もうが「のだめ」一発ほどクラシックファンを増やすことはできないです。

百人の通よりのだめのほうが裾野を広げられるパワーがあるというのは事実。
言い換えればクラシックとかのどちらかといえば閉鎖的かもしれない世界のことを外に向けて発信する努力がもっともっと必要!そしてある程度そういった紹介を受け取ってくれる人もけっこう多いということがいえると思います。

そういえば、のだめカンタービレオーケストラの公演がありますが、この公演の初期の頃ってすごくトラブルがあったんですよ。
あまりこのことは知らされてませんが、朝日新聞だけはとりあげてました。
FM新津で番組の打ち合わせのときに、このことが話題になりました。
トラブルというのは、この公演にはクラシックコンサートには初めてというお客様が多くて、演奏中の会話やその他、普通の公演の聴衆さんにはマナー違反ととられるようなことがあってトラブルとなっていたんですよ。

それで横坂先生にどう思われますか?とお聞きしたんです。
すると先生が「いや、これは当然ありえることでしょうね。でもこれは従来の人にはちょっと我慢していただくことになりますよ。それでも多くの人に来てもらわなければならないんですよ」
とおっしゃられました。
さすが先生!!実は私もまったく同じ考えだったんですよ!
私もよく「生の演奏会に行きましょう!」と書きますが、先生もよく同じことをおっしゃられます。
やはりもっともっと普通のかたがたに広く知っていただく努力をしないといけないんだと思いますね。
メンヒさんが「横坂先生が新聞に書かれるのを読むと、行って見たいなって思いますよ」とおっしゃられてましたが、そういう考えが先生にベースとしてあるから読み手にも感じられるんでしょうね。

ということで通の皆様はみんなで普通の方々に演奏会にお越しいただけるよう頑張りましょう!

のだめオーケストラが6月5日に新潟で公演があるそうですから、どんなものか聞いてみたいです。
では明日は第二夜があります。楽しみにしましょう!!

今日の休みはティッシュ抱えて「マリと3匹~」を見に行こうかと思いましたが、起きたら1時過ぎだったのでおとなしく借りてきてた「わがはいは主婦である」を見てげらげら笑ってました。
ドラマのクドカンは面白い!(映画と違って。。。)

あっそうだ明日のFM新津「Dr横坂のくらくらクラシック」は私の担当です。よろしければ朝9時から。76.5hzです!
Commented by Daa at 2008-01-06 21:58 x
のだめ、ちゃんと2日分見ましたよー。金曜日分は録画して土曜昼間に見ましたけど。

のだめオケとか、昨日あったアンサンブルベガとかはどちらかというとクラシック初心者向けと思ってるのでマナーの面はしょうがないんじゃないでしょうか。でも多分司会も立てたりするでしょうから、話の流れでマナーを教えたりするのも大事なんでしょうね。ポップス系のコンサートの場合正直隣同士で話したりしても問題ないような音量ですからねぇ。

音楽をアマチュアながらやっている者として、のだめの世界はほんの一部ながら分かるところもあり普通のドラマに比べて入れるところも多かったですね。2日目の話の中でののだめの気持ちの変化などはなんかわかる気もするなぁと。。私も悩んだ時期ありましたので。

のだめのおかげでオケの話が世間の人にしやすくなったのは事実ですね。なんか納得してもらえます。少しずつでも裾野は広げていきたいですね。
Commented by concerto-2 at 2008-01-07 08:58
Daaさん、ありがとうございます!!
あの「のだめ~」の果たした大きなものは、「クラシックやってる人もふつーの人だよん」ということを伝えられたことだと思うんですよ。
我々の感覚だと別に当然のことだと思ってますが、一般的にはやはりクラシックやってる人は
「お高い」とか「お嬢様」とか「いつもあんなドレス着てる」とか(笑)
すさまじいイメージをもたれてるようです。
違いますよー普通ですよー(むしろ普段着はあまりファッションなんかこだわってないような。。。)
というところを紹介してくれたとこではないかな~と思ってます。
ちょっとハードルさげてくれたかな。と。
あと裾野を広げられるかどうかは従来からのクラシックファンの力だと思います。
ここでクラシックファンがまたハードルを上げちゃったりしないようにして、うま~く一般の方々にご紹介、ご案内していくと裾野ってほんとに広がると思います。
だから今の時期って、こっち側の努力が問われると思います。
ちょっとでも親しみをもっていただいて多くの人に楽しんでいただけるよう頑張りましょう。
by concerto-2 | 2008-01-04 23:55 | テレビ・ラジオのこと | Comments(2)