人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

近山朱里さんのTV番組。とワンコインコンサート。

これを書いているこの時間(日曜日午前1時40分)UXテレビで「三丁目のポスト」という番組が放送されています。
私も前にこのブログで書いたことのある「盲目のピアノ少女、近山朱里さん」のことがとりあげられています。
この9月から親元を離れ寮で一人暮らしを始められたそうなんですね。
そのお母さんとご本人が出演されての番組。
もうゲストの方も、そして見ている私も涙、涙。。。
寮に入るのも大人になる前にいろいろ試してみたい。というご本人の決意。
まだ13歳なのに、すごいなと思います。
残念なのはこの番組、新潟ではこんな深夜でしか放送されてません。
おそらく見た方もそんなに多くないのではないでしょうか。
それがちょっと残念。

これからどのような大人になられるのかわかりませんが、とても前向きな朱里さん。
きっといくつもの可能性があるはずです。
私ごときが「がんばってください」と言うのも軽すぎますね。でも心の中でいつも応援しています。
もしピアノをお続けになられるのであれば、いつの日にか聞けるのを楽しみにしています。
以前、県のコンクールに出られたときkazuyaさんが聞かれてたそうで、「上手かったですよ~」と感想を話されてました。
私も楽しみにしています。


話し変わって金曜日には、りゅーとぴあさんでのお昼のワンコインコンサート
「カルテット・スピリタス コンサート」に行ってきました。
カルテット・スピリタスさんはサクソフォン四重奏です。

なかなかクラシックの世界でのサックス・カルテットって珍しいのではないのでしょうか。
正直私もあまりなじみはありませんでした。
アマチュアではありますけどプロとなると特に。

プログラムは
ビゼーのカルメン幻想曲(サックスカルテット編曲版)
オリジナルでの「音楽レストラン」
ドビュッシーのベルガマスク組曲から「前奏曲」「月の光」
ジャンジャンのサクソフォン四重奏曲より「村の楽しみ」「蝶々」
浅利真さんのラテンメドレー

アンコールは
バッハのG線上のアリア
プッチーニの誰も寝てはならぬ

でした。
軽妙なるトークがさえわたりお客様も大爆笑の楽しいステージでした。
サックスカルテットいいですね。特にあの柔らかい音が重なるハーモニーはとても心地よいものでした。

また夜には同じメンバーでの、昼より長いフルコンサートがありました。
私はいけませんでしたが、当店のお客様でサックスをやられている方がいかれてます。
行かれる前に当店にお立ち寄りくださり、私の昼のプログラムに夜の部の曲目も書いているのでみてもらったのですが、演奏される作曲家でジャンジャンとかシュミットというあまりなじみのない作曲家があったんですね。
「これってサックス界では有名なんですか?」とお聞きしたところ
「はい、有名なんですよね。でもサックス以外の人にはわかりませんよね」
とのこと。はいわかりませんでした。

こうした、その楽器をやる人でないとまずわからない!という作曲家さんを知るのは楽しいですね。
またそのような様々な楽器のプレイヤーの方々が来店してくださるのもありがたいです。
実際、クラシックの知識ってお客様から教えていただくことが多いので感謝感謝です。

今日の土曜日はなにがあるかというと。。
りゅーとぴあさんでは劇場で高校総合文化祭の記念演奏会?みたいなものがありますね、たしかピアニストの小杉真二さんもでられるはず。
能楽堂では無料の能楽の催し物があります。

だいしホールではさいとうけいこピアノ教室さんの発表会。

そして、これ行きたかったんですがちょっと行けないのです。
ココロさんで午後2時からフォルクローレの「リマックバンバ」さんのライブがあります。
ココロさんでは2回目ですね。
たぶん直接いっても入れる(かな?)入場料はいつもと同じと思うので多分千円。
きっと楽しいですよ。

それから3日から6日まで県民会館ギャラリーで高校写真展があります。
高校生の写真って見てると元気もらえるというか明るい気分にしてくれるんですよね。
昨年のを見に行ったんですが感動しました。
もし興味のある方はぜひ。たしか無料。

楽しい週末を。
おっともう寝なくては!!
by concerto-2 | 2007-11-03 02:34 | テレビ・ラジオのこと | Comments(0)