人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

今日の収穫。

いつもりゅーとぴあさんや県民会館さんとかほぼ毎日行ってるのですが
ここ数日新しい演奏会のチラシやフリーペーパーなどが出ているので、ちょっとご紹介。

まず演奏会のチラシ関係で新しく出ているがいくつかありましたが、ピックアップしたいのはこの4つ。
今日の収穫。_e0046190_13484636.jpg

左からいくと
10月7日(日曜日)りゅーとぴあスタジオAで夜6時半から行われる
「藤田豊 チューバ・コンサート」
このコンサート、チラシにはプレイガイドとしてのってませんが当店でもチケット扱う予定です。
(演奏家の皆様みんな扱いますから!!よろしくお願いします!)
藤田さんには以前当店のミニコンサートで演奏してもらった事があります。
えっ!チューバ!ってみんな驚いたものです。なかなかチューバでのソナタ演奏とか聞かないですものね。
面白かったです。
その藤田さんいよいよリサイタルです!!管楽器が好きな方はもちろん。そうでない方にもお勧めです!

次は「イエルク・デームス ピアノリサイタル」です。
11月27日(火曜日)夜7時から音文でおこなわれます。
このチケットは残念ながら当店では扱えませんね。(みんな扱えたら良いんですけどね)
デームスといえば古い、、いやある程度年数の(まわりくどい表現)音楽ファンならどなたもご存知の「ウイーン三羽がらす」のお一人。
超ベテランさんです。
今回のプログラムはすごいですね。
ハイドン、モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブルックナー、ベルク、ブラームスそして自作曲と「これでもか!」といわんばかりのドイツウイーンもの。
先日のシュタットフェルトを上回る大サービスなプログラムです。
ブルックナーのピアノ曲もやるというのがいいですね!!
あまり知られていないのですがブルックナーのピアノ曲っていいんですよ。
価格が3500,2500,2000円というのもお得でしょうね。チケットは9月半ばより発売。

その右のが東京交響楽団さんによる「りゅーとぴあ得割コンサート」です。
これはもうおなじみですね。
東京交響楽団さんによる1時間の名曲コンサートです。
名曲コンサートとばかにすることなかれ、実際昨年私も聴きに行きましたが「良い!」です。
チケットは9月8日から販売(一般)9月いっぱいは1500円と安いです。一度聞いてみるとあまりの楽しさに感動です。

そして一番右にあるのがうおぉ!これは必ず行く!!
「クリスマスにおくる レッド・プリースト コンサート」
12月12日(水曜日)夜7時から。りゅーとぴあコンサートホール。
ほんとにくるんだレッドプリーストって感じです。何度この人達の「四季」(廃盤)をとってくれと頼まれた事か!
レッドプリースト、メンバーは
世界一リコーダーを愛する男 ピアーズ・アダムス
サイケデリック・ヴァイオリニスト ジュリア・ビショップ
大胆不敵なパワフル・チェリスト アンジェラ・イースト
ピアーズのよき相棒、自由奔放なチェンバリスト ハワード・ビーチ
の4人(ちなみにこの変な肩書きは本人たちがつけてるはず)

以前BSで放送されたのを見ましたが、おもしろい!!
これはバロック好きな人には当然お勧めですが普通の音楽ファンにもお勧めです!
そしてこの演奏会!コンサートホールでやるのですが席は少ないです!これ注意。
1階とステージ後ろのPブロック。そしてステージ上の席になります。
なので早めにいい席はゲットした方がいいですね。
あーこれいっぱいの人を集めたいな〜。絶対に面白いです!皆さん聴きに行きましょう!
チケットは9月21日から販売(一般)

この4つのチラシは店内に掲示しました。それにりゅーとぴあさんにいけば当然ありますから、ぜひ手に取ってみて下さい。

それとフリーペーパー。
「りゅーとぴあマガジン」最新号出ました!!!
表は赤を基調とした表紙ですが、裏表紙に注目!
これです!
今日の収穫。_e0046190_1433148.jpg

裏表紙と巻末特集記事は昨日偶然にも頑張ってると書いた枝並千花さん。
なんかモデルのようですね。
当店ではこの裏表紙を上にしておいときましょう。

中を読むと来年の催し物についても発表されてますね。
個人的にえっ!と思ったのは
2月28日のミュージカル「星の王子さま」
1月30日の舞台NYLON100C
の二つ、特にNYLON~は話題になるでしょうね。出演者も犬山イヌコ、大倉孝二、岡田義徳ら豪華。「時効警察」にはまった人はぜひ!とあります。見たい!

こちらもりゅーとぴあさんにも置いてありますが、当店にもおいてあります。
御自由におとり下さい。
そしてホールや劇場にぜひ足をお運び下さい。
by concerto-2 | 2007-08-22 14:43 | 演奏会のこと | Comments(0)