人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

新潟室内合奏団 第53回定期演奏会

ソラリズムとnegiccoを見た後、夜は音楽文化会館で夜7時からおこなわれた
「新潟室内合奏団 第53回定期演奏会」
に行って来ました。
新潟室内合奏団 第53回定期演奏会_e0046190_11195931.jpg

プログラムは
モーツアルトの交響曲第32番(珍しいですね)
モーツアルトのホルン協奏曲第3番
メインはブラームスの交響曲第2番

でした。ブラームスの2番なんて従来の新潟室内さんでは考えられない演奏曲でした。
でも室内楽的なのもいいかもしれませんし、いいプログラムだと思いました。
指揮者はよくご来店いただいている高橋裕之さん。
ホルンのソリストは桐朋出身の佐藤さやかさん

新潟室内の前プロの協奏曲は地元にゆかりのあるフレッシュなソリストを使うんです。
それがすごくいいと思っています。
なかなかオケをバックにして協奏曲をするなんて経験は積めないと思うんですよ。
今回の佐藤さんはさすがにちょっと緊張の面持ちでしたが、よく頑張られたのではないでしょうか。
そもそもホルンは難しいですし。
とてもいい演奏だと思います。
新潟ジュニアオケのご出身ということで応援されてた方も多いと思います。
これからもぜひいろいろなところで活動されて行かれると良いですね。

メインのブラームスはさすがにもっとボリュームがあったほうがいいような。と思うとこもありましたが小編成のオケではよかったんではないでしょうか。
どうせなら新潟室内で残り3曲もやってみるのもいいのではとも思いました。

今回、事前のある団員の方から「今回はホルンとコントラバスに注目してね」と言われてました。
それでよく見える場所に陣取ったんです。
コントラバスの演奏者を一目見て「なるほどね〜」と思いました。
新大オケの頃からかねがね「いいなぁ〜」と思っていた奏者さんがいらっしゃいました。
新潟室内では初参加かなぁ?
前プロ2人、ブラームスはいつもの新潟室内名人のお一人を加えて3人のバスは強力でした。
私もパートとしてはコントラバスパートが一番印象に残りました。

ホルンもソロを吹かれた方上手でした。
たしかこのかたもお名前を見た事があります。よかったです。
さすがに内部から推薦されるだけあってホルンとバスは聞きごたえありました。

指揮の高橋さんも若々しくきびきびしてて新潟室内にあってるのではないでしょうか。
また来て欲しいです。

新潟室内合奏団、次回の定期は
10月21日、場所はりゅーとぴあコンサートホール。
モーツアルトの交響曲第35番「ハフナー」
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲
コープランドの静かな街
ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」
と盛りだくさんな内容。
指揮は本多優之さん、ヴァイオリン独奏は奥村愛さん!

奥村愛さん久々に登場!ということで話題になるでしょうね。
楽しみです。

今日は午後からだいしホールでギター岩永善信さんのリサイタルに行って来ます!

あとがき:
今(日曜日の13時半)昨夜の指揮をされたマエストロ高橋さんが店に来てくれました。
「僕、このお店好きですよ!」とまた買ってっていただけました。
え〜人やぁ〜。
また新潟で指揮して下さい!
昨日のブラームスについて2、3お聞きしました。なるほどねぇ〜。
あと福島のオケ状況とかも。
ナイスな若手演奏家さんでした!
by concerto-2 | 2007-05-13 11:33 | 演奏会のこと | Comments(0)