人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

藤元高輝さんの新潟ツアー。曲目はこんな感じです!

いい気候になってきましたね。

もうちょっと暖かくなると最高ですが、この週末は白山公園も桜満開でしょう。

さて
ドイツから日本に帰国して来られた、すんごいクラシックギタリスト
藤元高輝さん!

5月に長岡市、新潟市、上越市と3カ所をまわります。

こちら
藤元高輝さんの新潟ツアー。曲目はこんな感じです!_e0046190_14495467.jpg
これは新潟市向けのチラシです。
(まだ紙としてはできてないです)

新潟市公演はここ蔵織。
こんな20名くらいの所で演奏してもらうような人ではないのですが
ありがたい話なのです。

もともとドイツで頑張っているリュート奏者佐々木勇一君が藤元さんと知り合って(ドイツで)

「新潟に行くことがあったら蔵織ってところがあるからそこでもやればいいよ」
と紹介してくれたのが始まり。

そして藤元さんがりゅーとぴあコンサートホールでオーケストラとの共演があったときに、ここ蔵織でソロ公演をしてくれたのです。
それが縁でドイツから帰国されると蔵織に来てくれて演奏してもらってました。
こんなものすごい奏者さんなのに・・・・ありがたし。

帰国されて、これから日本でしっかりと演奏して行かれる!とのことです。
ドイツの佐々木勇一氏いわく
「若手では世界で一番のギタリストですよ」
とのこと。
たしかに生で聴くとものすごいですよ。
国際コンクールなど総なめ1位の実力は本当にすごい。

ということで5月の公演も、藤元さんのことを知っている人はもうすぐにご予約の連絡をいただきました。

今日連絡がきて演奏曲目を公表していいとのことなのです。

こんな感じですよ。

J.S. バッハ 主よ人の望みの喜びよ BWV147、目覚めよと呼ぶ声あり BWV645、プレリュード、フーガ、アレグロ BWV998 F.タレガ ヴェニスの謝肉祭 L. ブローウェル:カンティクム M.リョベート:カタロニア民謡集。アメリアの遺言、盗賊の歌、王子哀歌、糸を紡ぐ娘、うぐいす、先生、あとつぎのリエラ、凍れる12月、商人の娘、羊飼いの娘、レリダの囚人、聖母の御子
C.ドビュッシー:ボヘミアの踊り(A.クラウゼ編) M.ラヴェル:「鏡」より道化師の朝の歌(藤元高輝編)
あとアンコールは・・・いやいやそんなん今言わなくていいから(笑)ということで。実はアンコールも有名どころなんです。ぜひいかがでしょうか。長岡のも上越のもよろしくお願いします。こちらもよかったら見てください。

春ですね。

by concerto-2 | 2024-04-11 14:59 | 演奏会のこと | Comments(0)