人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

第57回 新潟県音楽コンクール私的感想その3(最後まで。空腹の極み・・)

そしていよいよ今年の県コン
最後の枠は

ピアノの高校生と一般。

メインイベント的な枠ですね

この頃になるとお客様も段々増えてくるんですよ

まずは高校生の部

ここで個人的に注目が2人いらっしゃいました

まずは今回最優秀賞を獲得された上坂さん
私は大賞候補の一人と思ってました。
充分それに見合うだけの実力を持っています!
ちょうど10年前の47回の県コンに本選初登場(小2)以来毎年のように本選会で見て来ました。10年全部本選会に出演されていますよね。
小学6年の時のバッハに「へ~」と思ったものです。
見た感じもそうですが、音楽も派手さより実直で中身がぎっしり詰まっている感じのピアノです。
地に足がついた安定感。素晴らしい演奏でした。

もう一人は
県知事賞を獲得した佐藤梨生さん
上坂さんと同い年でやはり47回の時に小2で本選に出られています。
当時佐藤さんは金川先生の門下で私もその頃金川先生の門下発表会とか行ってたものですから佐藤さんの事を知ってました。
その後いろいろあったようなことを聞いて、てっきりもうピアノは弾かれてないのかと勝手に思ってました。。が、昨日の演奏。魂の演奏でした
勝手にやめてたと思ったのは失礼でしたね。

新潟高校の大澤さんのドビュッシーはめくるめくようなすごい演奏でした
長岡の清水さんのショパンは考え抜かれたようなバラード1番でした
高田の佐藤さんのプロコフィエフは迫力ありました。

高校生の部の5人は全員熱演でした。


ラストはピアノ一般の部

ここではお二人注目していました

一人は長谷川さん、新潟中央高校の頃からよく存じ上げています。
学年を代表する存在でした。県コンは初参加でしょうか?
スケールの大きさを感じます、見事な演奏で優秀賞を獲得されました。

もう一人は刈谷優さん。
やはりスーパージュニア時代から存じ上げている方でした。
もう大学3年生なんですね。大人になった。
偉大なる先輩である宮崎真ひろさんを追いかけてピアノを頑張ってたあの頃からぐっと大人になってシックな大人のラフマニノフを聴かせてくれました。
時のたつのは早い。優秀賞獲得されました。

くらしき作陽の阿部さんはスケルツォ4番頑張ってました。
なんかこの曲の新しい1面を教えてもらったような演奏でした。くらしき作陽の皆さんもどんどん県コンに出てほしいものです

新潟大の二瓶さんはショパンの2番ソナタでラストを飾ってくれました。
新潟大学の音楽科の皆さんにもがんばってほしいですね。以前と状況は違いますが
それでもこうした立派な演奏をされる方がいらっしゃるのはうれしいことです。


ということでした!!

この時点でけっこう空腹・・あぁチョコ持ってくればよかった・・

そしてゲスト演奏で新大卒のチェリスト山内さんの意にステージがありました。
なんか学生時代より(当然だけど)あか抜けましたねw

そして表彰式・・・あぁやっと終わる・・・と思いきや。。

結局35分遅れで始まりました。
上越から来られているちびっ子たちはたいへんだなぁと思いました。
お疲れ様です。

この数年はナレーションの中津川さんも最後はステージ上に出て話されています。
蔵織でイベントなどもされたことがある中津川さん、独特のクールビューティーなお声はもう県コンの顔!いや声?(笑)
とっても素敵な方です

関係されたすべての皆様お疲れ様でした。

こうして新潟クラシック界の1年1度の夏祭りは無事に終わりました。

いいコンクールでした。

第57回 新潟県音楽コンクール私的感想その3(最後まで。空腹の極み・・)_e0046190_16554018.jpg
来年も楽しみにしましょう!

by concerto-2 | 2022-08-01 18:25 | 街ネタ | Comments(0)