人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。

今日のいまいあいさんのリサイタルは定員に対して満員だったようですね。

よかったよかった。

さて!

もうすぐ5月も終わりますが、6月になるとすぐにこちらがあります!
皆さまよろしくお願いします。
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19171934.jpg
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19172872.jpg
当店もチケット扱っております。
そして、まだ席はたーーーんとあります!

なんかこのチラシも文字とか見ると「なんか面倒?」「難しそ?」と思いがちになるかもですが。
そんなことは一切ありません!

そもそもバロック音楽って、人の気持ちを明るく楽しくさせるためにつくられていると言ってもいいですよ。もちろん宗教曲は別ですが。
今回演奏する曲はそれぞれの楽器の音色がとっても素敵に聞こえる曲たちばかりです。全然難しくありません。
ぜひいかがですか!!

この公演は新潟出身のチェロ山田さん、そして新潟市生まれのオーボエ大木さんが中心になっているものでもありますので、これから毎日PRしていきます!!
どうかよろしくお願いします。


そんな大木雅人さんから今日こちらも届きました。

オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19204462.jpg
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19205451.jpg
品田真彦さんと大木さんが組んでのオーボエコンサートシリーズ。
2回目となるこの回はなんと!!
オーボエの親戚であるイングリッシュホルンだけでのコンサートです。
こんなの日本中探してもそうはありませんよ。
有名な「新世界より」交響曲の2楽章でのあのメロディ。「家路」と日本では題されていますよね。あのメロディを吹いているのがでっかいオーボエ、その名前をイングリッシュホルンといいます。
もしくはコールアングレともいいます。

オーボエを使わずイングリッシュホルンだけでの演奏は、そもそも曲も少ないので貴重なのです。
大木さんはドイツから帰国したときにオーケストラアンサンブル金沢にいたのですが、それはイングリッシュホルン奏者として参加されていたのです。
その道の名手!

こちらもチケット来ております。
ぜひぜひいかがですか。

まずは6月2日のを先によろしくお願いします。


最近いろいろな方が来てくれて

オルガン石丸由佳さん。
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19255689.jpg
手に持たれているのは新潟で次に行われるこちら
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19262967.jpg
そしてこれも持ってきてもらいました。
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19265194.jpg
欧州時代につくった石丸さんのファーストアルバム。
店頭に1枚あります。石丸さんの指紋付き(笑) いかがですか。

そして
クラリネット林かほりさん
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19275189.jpg
手に持たれているのはこちら
オーボエ大木雅人さんから届きました。そしてもうすぐ! &いらっしゃいませ。_e0046190_19281235.jpg
このコンサートでモーツァルトのクラリネット五重奏のソロを吹かれますよ。
これから新潟のクラリネット界を牽引していく存在になっていきますね。

二人とも頑張ってください!!

さぁ明日は東京交響楽団さんの日です。

楽しみにしましょう。私は蔵織の予定があるので行けませんが。
ぜひたくさんの人でお迎えしましょう。

by concerto-2 | 2022-05-28 19:29 | 演奏会のこと | Comments(0)