人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

Nコンの個人的感想。

昨日のNHKニュースでもNコンのことが流れていましたね。

まぁ結果は昨日書いた通りです。

上位3校はきっと多くの人が思ったでしょうね。
私的には中央がとるか、長岡大手が勢いで上に出るか。
が注目でした。

順を追いますと

昨日も書きましたが私は8年ぶりくらいにNコン聴いたのですが
参加校の少なさに驚きました。
ぱっと思い浮かぶだけで、新潟高校、清心さん、あと柏崎も何校か以前出てましたよね。東京学館さんも名前がない。
ということで昨日の参加は9高。ちょっと寂しいと思いました。

それとNコンの課題曲ってなんか変なのが多いんですよね。
商業主義と絡めて評する人もいますが、今回の高校の課題曲(全校が歌う曲です)
これも、合唱でやるにはどうなんだろう?いや、だからこそ力を見るにはいいのかな?
と思いました。
まず最初のところが合唱だとよく聴こえない。わかりずらい感じになっている。
そして最大のポイントは真ん中にあるラップ。。合唱でラップ?
しかもダンスをつけてやる高校が多い。
ラップでダンスしてだと歌がよく聴こえないんですね。
ここの処理の仕方が最大のポイントだったと思います。
ちなみにこの曲の歌詞も??? なんか臨死体験を歌った歌詞なのかなぁ。。

金賞は 新潟中央高校。
もう新潟中央にとっては県大会を突破するのは当然というような感じですよね。
かなりプレッシャーもあると思います。
私も中央さんの合唱を久々に聴きました。
前に聴いた時はもちろん指揮者(指導者)は立川先生。
まるで天空に舞うオーロラのようなコーラスでした。
空中にたようような変幻自在さ。
それ以来、そして今は立川先生は長岡大手に移られているので、もちろんちょっと雰囲気は違いました。でもやはり王者ですね。
旋律の最後まできっちりと歌う、細かいところも丁寧に。伝統の力だと思います。
ただなんか以前と比べて、ちょっと暗い気がしました。あくまでも印象ですけどね。
やはり音楽のことは新潟中央!ということで頑張ってほしいです。
中央高校の皆さんおめでとうございました。

銀賞は 敬和学園高校さんと長岡大手さん

敬和さんは私の数年前からの印象でも中央&敬和&長岡はビッグ3と思っていました。男声の力強さは敬和さんならではですね。中央のようにまとめる、というより個々の力を前面に出すというようなパワフルさは今も変わっていません。
ただ、問題のラップの部分はやはり敬和さんをもってしても、なんかもったいないかなぁと思ってしまいました。
この部分を聴かせる~って無理なんじゃないの?と思ったんですよね。

長岡大手さんについては後で。

銅賞は 新潟南さんと長岡高校さんと長岡向陵さん。

新潟南さんはよかったですね! どうしても大人数のところがよく聴こえてしまうのは仕方ありません。でも南さんのように一回り小さな人数でもしっかりいい音がつくれているのはうまいなと思いました。私的には2番目にいいと思いましたよ。

長岡さんは、まず人数が少ないのに驚きました。かって河本先生の下で中央とトップを競っていたころはたくさんいらっしゃいましたよね。
なかなか部を変わらないように運営していくのは難しいものだと思いました。
でも歌声はさすがです。鍛えられているなと感じました。

長岡向陵さんはかって中央や長岡が競いあってた時代に1番をとったことがありました。私もその時会場で見てました。ピアノは村山薫さんでしたね。
その時を思い出しました。いい意味で通の方を唸らせる、みたいな力がある気がしました。

奨励賞は 村上中等教育学校さんと新発田高校さんと高田北城さん
村上中等さんはとても繊細でいい合唱されてました。トップということもあって最初の方ちょっとパワーが出てなかったかな、惜しかったかなと思いました。
でも例のラップのところは無理に動かずやったのはいいと思いました。

新発田高校さんは最も数が少なくて6人。
しかし!この6人のアンサンブルがとっても心地よかったのですよ。
いい~声をされている方が何人かいらっしゃいましたね。6人でも聴き入りました。
敢闘賞があったらあげたいと思いました。

高田北城さんは指揮者金子さんの熱い指揮に応えた粘りあるいい合唱でした。
私は感動しましたよ。なんかきれいな竹林みたいな感じを受けました。
ステージから足を経て口から声が出ている。そんな気を受けました。すごくよかったです。

それで!
一番楽しみにしていたのが長岡大手さん。
今や新潟県高校音楽界の台風の目ですよね。
合唱のみならず吹奏楽の世界でも。

新潟中央高校のクオリティを高めに高めた立川先生が昨年春に長岡大手に移動され(移動するということさえビッグニュースでした)
すぐにされたのが吹奏楽部の人たちを合唱部にもする。
つまり吹奏楽部員は合唱部員でもあるのです。
立川先生になんでそんなことを?と以前聞いたら、吹奏楽部にもっと歌い方を身に着けてほしかったから。だそうなんです。
それでも練習時間なんかどうやって割り振るんだろう。。とか思ったものですが
見事に結果を出されています。
今年の夏に行われた全国高校文化祭みたいなのでは長岡大手さんは吹奏楽と合唱の両方で県代表ですからね。すでに結果を積みあがり始めている。
昨日の演奏もすごかった!
私個人的には1番です!
中央高校は上手かった! 長岡大手さんはクオリティではさすがに王者中央には勝てませんが、勢いとそして発散する音楽の魅力という点では中央を上回っていたと思います。
立川先生の演奏って、なんか神がかるんですよね。見てても伝わるものがあります。
課題曲のラップの部分でも素晴らしい処理の仕方でした。こうきたか~と思いました。
しかし今年新入部員が30人近く入ったんだそうです。だから今回の演奏にも出ていますね。そういう1年生がほとんどであってもこのレベルの演奏ができる。
この1年生たちが3年生になったときのことを考えるとどんなものを表現してくれるのでしょうか。
しかも立川先生が合唱部のピアニストとして招いたのが、かって長岡向陵さんがトップをとったときのピアノ、村山薫さん。
東京音大を出た後英国ロイヤルアカデミーに留学され戻ってこられたピアニストです。村山さんからも生徒さんはいろんなものを感じるかもしれません。
長岡大手さんのこれからは目が離せませんね。
来年は中央高校さんもうかうかしていられませんよ。

長岡大手さんは前半の出番で、休憩時間にはちょうど立川先生と村山薫さんにお会いしました。
e0046190_17252926.jpg
そんな昨日のNコンでした。

そういうコンクールの順位はありますが、主役の生徒さんたちは皆さん一生懸命歌われてて、どれも感動しましたよ。
6人の新発田高校さんなんかホロっときました。ほんといい声なんですよ。
とっても面白かったNコン、また来年も楽しみにしたいと思います。
新潟中央高校さんはぜひ次の関東甲信越ブロックの大会でも頑張って来てください!

新潟中央高校さんと言えば。。。
今日は昨年度中央を卒業されて、今は昭和音大にいかれたピアノの深海さんが帰省できてくれました。
e0046190_17302478.jpg
あ、手に持たれているのは今開催中の展覧会の作家、中野さんにお願いして書いてもらった似顔絵ですw

ちょっとピアノも弾いてもらいました。
e0046190_17313038.jpg
うん、さすがです。
これからたくさんいろんなことを学んで、もっともっと大きくなってください!

立ち寄ってくれてありがとうございました。

そろそろ帰省シーズンも終わりですかね。夏の終わりはちょっと寂しいですね。



by concerto-2 | 2019-08-22 17:32 | 演奏会のこと | Comments(0)