コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

チェンバロ奏者笠原さん。すごい!

こちらの方が来てくれました。
もはやおなじみ!
e0046190_17522677.jpg
チェンバロ奏者の笠原恒則さんです。
最初に言っちゃいますが、笠原さんみたいなチェンバロ奏者さんってなかなかいませんよ。様々なジャンルを縦横無尽に駆け巡りながらも、一つ一つにしっかりと意味を持った音楽を表現している。
我々新潟の聴衆はラッキーなことだと思います。
そんな笠原さんが手に持たれているのは新たに情報公開になった2つの公演のチラシです。
まずは左手の方のを。
こちらです。
e0046190_17554082.jpg
裏面も
e0046190_17555505.jpg
11月16日に燕喜館、18日にヒーリングホールで行う公演
共演者はチェンバロ飯田万里子さんです。
2台チェンバロでの演奏会ですね。でも飯田さんも駆け巡る奏者さんですからね。
自由闊達な音楽が聴けますよ。
こちらはチケットはありません、予約もいりません。
直に会場まで行かれてください。

そして笠原さん右手にお持ちなのがこちら
飯田万里子さんが駆け巡るとしたら、この共演者さんは宇宙を飛び回ります!
川崎祥子さん!
e0046190_18030446.jpg
裏面も
e0046190_18031862.jpg
笠原さんと川崎祥子さん、チェンバロとピアノという楽器の違いこそありますが、同じ鍵盤楽器のファンタジスタ二人です!
なんか同じ匂いがするといっては失礼かもしれませんが(そう川崎さんご自身が言われてましたよ)
うちのインストアライブで共演をちょこっとされたことがありましたけれど
本格的にがっぷりと組むのは初めてではないでしょうか。
川崎祥子さんって天才ですからね。私は冗談ではなく新潟一のミュージシャンだと思っています。まぢです。
笠原さんにしても偉大なる先輩の胸を借りる!そしていろんなものをさらに吸収するというチャンスでもあると思います。
このお二人ということで曲目の事前発表はないですね。、当然でしょう。

飯田万里子さんと川崎祥子さんというファンタジスタなプレイヤーさんとの共演が先にありますが。。。。

その前にバロック奏者としての直球の演奏者笠原さんとしての公演があります。

こちらもうすぐ!
e0046190_18085866.jpg
裏面も
e0046190_18091201.jpg
こちらは順調に席も埋まっているそうです。
当店も夜の部のチケットは完売しました。
でも大丈夫です。私に言って頂いても受付しますよ。
午後の部はまだチケットあります。

そしてこちらもあります!
e0046190_18123425.jpg
裏面も
e0046190_18125113.jpg
トリオ・ペンナです。
こちらもチケット扱っております。

笠原さんの本業ともいえるバロック音楽。
風間左智さんの歌声、根津要さんのチェロ、廣川抄子さん、佐々木友子さんの弦
それらと丁丁発止に絡んだり、映えるように支えたり
ぜひ様々な笠原さんの魅力ある演奏を聴きにいらしてください。


こちらの主催者様より情報を送っていただきました。
「も」の会の皆様よりです。
e0046190_18165651.jpg
とても魅惑なプログラムですね。
興味ある方はぜひ朝日酒造エントランスホールの方に行かれてみてください。

ここ蔵織では明後日からこの展覧会がスタートします。
棚池春・板垣匠 二人展
e0046190_18192385.jpg
棚池さんのここで使われている作品を送ってもらったのでアップしますね。
e0046190_18195781.jpg
ずっと私が蔵織でやってほしいなと思っていた作家さんです。

そして板垣匠さんはもう新潟美術界の若きエースのひとりです。
蔵織では旧作品を展示になりますが、21日から羊画廊さんで新作展が始まります。
e0046190_18211122.jpg
すごい作品が並ぶはずです!
蔵織と羊画廊、両方見てください。
棚池さんも板垣さんもまだ20代半ばのお二人です。
こうした人たちをどんどん応援してあげていきませんか。
ぜひ見に来て下さい。
明後日からです。

by concerto-2 | 2018-09-13 18:22 | いらっしゃいませ! | Comments(0)