人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

待望の復活!

せっかく雪も溶けてきたかと思ったのにここ数日また雪で朝なんかツルンツルンしてますね。
先日の朝なんかあやうく転倒してしまうところでした!
変に転ぶと骨折する可能性だってあるから怖いです。
おまけにそれがきれいなお姉さんとすれ違って、その後にまた振り返って見ようとした時に足を滑らして転んでしまったなんていったら目も当てられませんぞ!(体験者は語る!)

さてこんな事ってありませんか?
CDショップでふと見つけた気になる一枚。でもそんなにすっごく欲しい訳でもないし、まぁまた今度かな。。。。。
そして時が流れたある日、雑誌でその時のCDが絶賛されていた!
「おぉこれは買わねば」と思い探したところなんと「廃盤」!!
輸入ものも国内盤もない!ガーン!!オーマイガッ!
そうなるとすっげぇ欲しくなるよー!
てなこと。

私も何枚かそういうのがあるんですがグラモフォンレーベルではすぐに「この3枚!」というのがあります。
クレーメルのブラームスのヴァイオリンソナタ
ヴェロニカ・ハーゲンのブラームスのヴィオラソナタ
そしてもう一つが
ダンチョフスカのフランクのヴァイオリンソナタ
なんです。
みんなどうしても欲しいと言うわけではなかったんですが、手に入らなくて再発を待ち望んでいたんですね。
その中でダンチョフスカのフランクが再発されることになりました。やったー!
あとの二つもなんとかお願いしたいものです。
ユニバーサルの輸入のH女史様、なんとかお願いします!!

クラシックでは廃盤になるのがとても早いですね。
そもそも作っているメーカーが小さいところが多いのでプレス数が非常に少ないから、ほんとうに店内に貼ってある1号さん作成の「迷ったら買いましょう」は正しいです。
皆さん!迷ったらそれは買い!です。

ところでフランクのヴァイオリン・ソナタっていいですよね~
私もヴァイオリンソナタでは一番好きな曲です。
CDもいくつか持っていますが最近のお気に入りは昨年に出たザルツブルグでのレオニード・コーガンさんのライブ。
ピアノはお嬢さんのニーナ・コーガン嬢。
待望の復活!_e0046190_039403.jpg
親子競演のせいか普段はアダムスファミリーにでも出そうなほど強面のコーガンさんがふと微笑んで演奏しているような、そんなとても暖かな演奏になっていてなかなか素敵です。
特に4楽章がとてもおだやかに響いています。

でももっとパワフルにというのであればオイストラフ&リヒテルかな。
あとコンビのスリル感を味わうならタシュナー&ギーゼキングがお勧め。
正統派で立派なのといえばマルツイなんかいいと思います。
でもほんとどれでも聞けば気持ちが幸せになります、ほんとにいい曲ですね。
とある偉い人が自分が死んだら葬儀にはフランクのヴァイオリンソナタを流して欲しいとおっしゃってたらしいですがわかりますよ。

若いヴァイオリニストさん達にも人気のこの曲。新潟大学オケのヴァイオリンパートの発表会で今年もこの曲にチャレンジする人がいらっしゃいます。Hさん頑張って!
by concerto-2 | 2006-01-21 00:49 | CDの紹介 | Comments(0)