人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

昨日の二つのコンサートを見て。確実に新しい風が吹いている!

今日もいい天気。。。というか9月なのに朝から30度越えってどうなの?
って感じです。でもアクティブに行きましょう!
今日もいろいろあります!

昨日2つのコンサートに行って来ました。
どちらも素晴しく、また単に素晴しいだけではなく
新潟の音楽界ってこれからすごくなっていくのではないのだろうか。
今までの考えを超えた世界。そんなものまで想像させてくれるような気がしました。

まずは2時から器さんで行われたこちらのコンサート。
昨日の二つのコンサートを見て。確実に新しい風が吹いている!_e0046190_10464275.jpg

柳本幸子さんと内田美果さんのコンサート。
今回はスペインに関するものでまとめられた内容でした。
ちょっと今時間が無いので曲目までは書きませんが
柳本さんのコンサートはいつも超満員です。
それに初めて見た人は驚くと言います。たしかに。
何がすごいかと言えば、毎回見て思うのは歌の出来がというものはもちろん
ほんとにすごいのは

構成力

です。これがほんとうにすごい。
柳本さんと内田さんのコンビネーションの良さあっての事なのですが
コンサートの流れが一編のドラマ、小説、映画のようなんです。
出だしの入り方、途中の間の作り方、語りをした後のピアノの入り方。山場への持って行き方。
ここまで完璧に創り上げる人はそうはいません。
一つの世界ができています。単に歌を歌ったコンサートではないんです。
見てみると分かります。
同時刻で本番があったので無理でしたが、渡部未玲さんにも見て欲しかった。
おそらくこういうことを目指していたと思いました。
ほんとうに二人の力が一つになった素晴しいコンサートでした。
柳本さんのいる意味合いというものは大きいです。

そんな柳本さんに実は一つお仕事を依頼してまして。。。まだ発表していいのかわからないので正式には発表しませんけれど。。某ホールからのオファーで、テーマが
「ジブリも歌う、歌のお姉さん!」
うーんと思ったのですが。。柳本さんに「できる?」と聞いたら「おまかせあれ!」とのこと。
ぜひ濃密な濃いー世界の柳本さんとはまた違った一面の柳本さんワールドも秋に見る事ができますよ。
そちらもお楽しみに。

このコンサートにはパリから帰ってきてる今井あいさんと一緒に見てました。
宣伝もたくさん出来てよかったですね。
昨日の二つのコンサートを見て。確実に新しい風が吹いている!_e0046190_10582692.jpg

今井あいさんは柳本さんの妹分なのです。
なんか妖艶な姉妹ですねw
今井あいさんって、このチラシのイメージが強いと思うのですが、きさくで面白い元気な方なんですよ。
2ヶ月ちかく新潟に戻ってきているので、いろんな方に紹介出来ればと思っています。

そんな柳本さんのコンサートの後は

夜7時からスタジオスガマタでおこなわれたこちらのコンサート。
昨日の二つのコンサートを見て。確実に新しい風が吹いている!_e0046190_11123394.jpg

とりあえず当店主催なのでスタッフとして早めに行って会場整理とかしてました。
こちらのお二人もいいコンビネーションです! お茶目なお姉さんと実直な弟さんというような。

既に一度同じプログラムでヒーリングホールで行われたこのコンサート。
二部構成で第1部はテレマン、クープラン、バッハというチェンバロの通常のレパートリー。
私は前半は受付にいたのですが、いい音が漏れ聞こえてきました。
拍手からも御客様が満足されているのが伝わっていました。
そして第2部!
ここからがこのお二人の本領発揮!
ドビュッシー、モンポウ、ボッケリーニときて次はタンゴ!!
ラ・クンパルシータ!そしてピアソラのリベルタンゴ!!
まだまだ続きます。
次はいきものがかりのYELL!
そして最後はヘビメタ
Opus atlanticaのHoly Graal
JDK.bandのバレスタイン城
後半の編曲は全て笠原さんがされています。すばらしい編曲!!
チェンバロでここまで表現可能だとは、実際にきかなければわかりませんよ!!
まさにブラボー。

で前回はネタ切れでアンコールが出来なかったという事で今回のために急遽編曲したというナンバーが演奏されました。。

なんだろう。。とワクワクしながら笠原さんのトークを聞いていると。。

ジョン・ロードの話が出て、、(えー!!!!)
アンコールは

ハイウエイスター です

もう狂喜乱舞ですよ私!!
実はプログラムの最後のヘビメタもの聞きながら、、、パープルとかもあうだろうな〜ハイウエイスターとか、、、と思てったんです。

実際に演奏されたハイウエイスターは途中までで、ちょうどリッチーのソロが出る前まで。
さすがに急遽やったという事で半分まで。それでもジョンのソロのところなんかもちゃんと聞けました。
これは完成すれば目玉になりますよ!
ついでにスモークオンザウォーターもやってほしい!
なんならツェッペリンも!
とか夢は膨らみますねぇ〜

その後のアンコール2曲目はパッヘルベルのカノン
そこにいろいろな音楽の要素を混じらせての素晴しいアレンジ。
私の知り合いの方は涙されてました。

見事な笠原さんのワールドが展開されていました。
もちろん笠原さんと飯田さんの演奏がいいことは当然。
その上でこうして一つの世界を創り上げる。
昨日の二つのコンサートを見て。確実に新しい風が吹いている!_e0046190_11573648.jpg

土曜日のこの二つのコンサートを聞いて思ったのは
柳本さん、内田さん、笠原さん、飯田さんなど、この世代の皆さんは活躍されている人が多いです。
そして皆さんがそれぞれ個性的でいろんな世界をつくられている人が多いのです。
その皆さんが創りだす風がこれからもっといろいろなものを生み出して来る事を考えると
新潟の音楽界ってすごいと思いませんか!
それを考えるとこれからが楽しみです。
ワクワクしてきます。

素晴しい二つのコンサートでした!

今日もコントラバスだけのアンサンブルとか(スタジオA)
シューベルティアーデさんの解説コンサートとか(カワイさん)

斬新なものがあります!
ぜひ体験しにいきましょう!
by concerto-2 | 2012-09-02 11:37 | 演奏会のこと | Comments(0)