人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ハオチェン・チャン お勧めです!!!!

昨日は休日でした。いい天気でしたね!!
いやいい一日だった!

まず朝一で万代島美術館に向かい、昨日が最終日だった藤城清治さんの展覧会へGO!
美術館のオープン前についたのですが、なんと1階のエレベーターの所で既に長蛇の列!
並んで待ってそして入場。
さすがに3回目ともなると見るポイントは知っているので最初の辺りをすっとばしたら
皆さんきっちり見て回られる御客様が多かったようで
なんとまさかのコーナー独占状態でした。いやあ〜何度見ても素晴らしい展覧会です。
それとあるコーナーには今回初めて感動した所もあったりして。
それは最後に書きますね。
3回これました、よかった〜
ついでに言えば3回とも。。。。たくさんの皆様ボンビーなわたくしをご支援いただきありがとうございます。。

展覧会を堪能した後は信濃川対岸にあります田中屋さんのみなと本舗までGO!
しばし休憩。。
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_935158.jpg

できたてのしょうゆ団子が美味すぎる〜!

そして新潟駅へ。
向かうは新発田市民文化会館!!!
こちらも開場前にはレンタサイクルで現地到着。
ま、ま、まさのこちらも長蛇の列!! しかも会館中には収まらず外にまで。
私も外から並びました。大盛況じゃないですか!
そう、こちらのコンサートです!
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_9373495.jpg

この前のクライヴァーンコンクールの覇者、ハオチェン・チャンのコンサートです!

会場も1階は満員。2階は半分くらいかな。
休日だということもあって新潟の方からも来られていらっしゃる方が多かったようですね。
とはいうものの、新発田圏内で、これほどピアノリサイタルに人が集まるというのは素晴らしいことだと思います。かねがね今の新発田からは優れたピアノ奏者さんが多く出ていると書いてますが、こういう下地があってボトムアップされていっているからもあるんでしょうね。
ほんといいことだと思います。
街の売りポイントに充分なると思いますよ。

さて肝心のコンサート。
プログラムは

モーツアルト:きらきら星変奏曲
ショパン:舟歌
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」

ラヴェル:夜のガスパール
リスト:スペイン狂詩曲

アンコールは。。。うーんまだこれから公演が続くので書いちゃわないけど
某作曲家の有名な甘い曲
Pではじまる作曲家の超絶な曲
お国もの
の3曲が演奏されました。ぜひお楽しみに。

それで感想ですが
まず前半。
うーん。うーーーん。まぁモーツアルトなんかはりゅーとぴあやリリックで聴くともっといい感じに聞こえるかもしれません。
ショパンはショパン命!という人にはあまりお勧めできないかも。
ベートーヴェンは、うーん若い。でもこう弾きたいんだろうね〜
と、実はあんまり感動や感激はしませんでした。
ちょっとプログラムも有名曲過ぎるものばかりというのが逆に辛い面もあったかも。
それにしてもクライヴァーンの覇者というのは3年間とにかく頑張らないといけないからたいへん。

休憩時間には、こんなアウエーな場所だから、知ってる方もいないだろうな〜と思いきや
たくさんいらっしゃいましてw
お話を伺いましたが、どなたもブラボーとはいきづらかったかも。。県民の新聞さんごめんなさい。

でもこのコンサートはプログラムを見てもわかりますが、なんつっても後半です!!後半!!
前半は捨ててかかってもいいくらいなんですよ!

まずラヴェル!! 良かったですね〜
なにがいいかって、夜のガスパール生で聴くなんてことがまず少ない。
技巧も冴えてよかったです。これでちょっとテンションアップしました。
(よるガス好きのyukiさん楽しみにしてて良いですよ!)

そして!ラストのスペイン狂詩曲!!!
今年の始めに音文での小黒亜希さんシークレットライブ(ちょっと大げさなんですがw)で聴いてから、はまりまくっている曲です!
それにハオチェン君としても、このスペイン狂詩曲を必殺武器にしているようですよね。
いやぁ〜すんごかった!!
この曲聴けただけで2500円の価値はありますよ!
このスペイン狂詩曲、略して、すぺきょーですが。
一番難しいのは、すぺきょーの後半三分の二を占めるホタ・アラゴネーゼという部分をいかに聴く人に退屈させないように弾くかなんだと私は思っています。
前半のフォリアの部分はだいたいみんないいんですけどね。

このハオチェン君のホタ部はすごかった。後半に行くに従って超絶技巧部分が続出してくるんですが、負けずにテンポアップしてくるんですよ。
手に汗握るスリル感。やはりこの曲が得意なんだな〜好きなんだろうね〜と思わせてくれる圧巻の15分でした!
はっきり言って、この後のアンコールは聴きたい気分にはなりませんでした。
ということで前半は、う〜〜〜んでしたが後半はブラボーでした!! すごい。
17日のりゅーとぴあ公演もいく予定にしているのですが、このすぺきょーを聴いたら15日のリリックまで行きたい気分になりました。(実際は行けないんですけど)

これから県内ツアーが続きます。
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_9585586.jpg

15日がリリック、16日が柏崎、17日がりゅーとぴあとなります。
どうしようかな〜と思ってらっしゃる皆様。これは買いです!!!
ぜひラヴェルとリストを聴きにいきましょう!
当店にも柏崎、長岡、新潟と全部のチケットありますので、よろしくお願いします。

すぺきょーと言えば夏にリスト音楽院の若杉さんが帰省された時に、お話をした特にすぺきょーの話になってポイントとかを聴いたんですね。
その時にボレットのリストいいですよね〜と若杉さんがおっしゃられたのが嬉しかったです。
ぼれっともすぺきょーを録音しています。でも一度だけだというのがちょっと意外ですけど。
こちら
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_10143785.jpg

なかなかシカゴのギャングみたいですねw
でもこのCDは渋くていいんですよね〜選曲もいいです。

最近のすぺきょー弾きではキーシンとユンディリが双璧だと思います。
すっごく精密な演奏でびっくりします。
ただ、なんか足りないよな〜、なんだろう。そうこの曲に限って言えば
「演歌魂」みたいなものがあった方がいいのかもしれません。
特に最初のフォリアの部分とかは。
そういう意味で言うと私は一番だと思っているのはギレリスのが最高かな〜と思っています。
すごいと思うのはシフラの東京ライブかな。

しかし、この曲に関しては裏ベストと密かに思っているものがあるのです。
それはこちら
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_1020481.jpg

リストの原曲をブゾーニが管弦楽を付けて協奏曲風に編曲したスペイン狂詩曲です。
私の知っている所では4種類の録音しかないと思うんです。どれもこれも入手が難しいのなんですが
その中で最高だと思っているものです。
なにがいいってオケが入ることで、哀愁漂うメロディがなお一層心にしみて来るんですよ。
特に前半フォリアの最初のカデンツァが終わった後から始まるとこ。
そのあたりがこの録音では絶妙なんですね。まさにど演歌の世界!
ピアノではこんなにねっとり歌いきれないから独自の世界です。
すぺきょー好きならこれ聴かずして語れん!と思っている1枚です。
実は代理店さんにオーダーはず〜〜っとお願いしてあるのですが、1年くらいあればということでなかなか入って来ません。もしどっかで見つけたらご購入をお勧めします。

ネットとかをいろいろとまわると、リストって好きでなかったけど、この曲を聴いて好きになったと言う意見がけっこうあって、へ〜と思いました。分かりやすいですからね。
作品としてはソナタの方が圧倒的に上だと思うのですが、リストアレルギーのある方への入り口としてもいいのではないでしょうか。
そんな意味でもハオチェンチャンの弾くスペイン狂詩曲、ぜひぜひ聴きにいってみませんか!

いやぁ〜えぇ〜コンサートだったとホールを後にして新発田駅までもどろうとすると
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_10293666.jpg

新発田駅前、ひ、ひ、人がいない〜、そしてこの写真は駅を真っすぐに見て、道路の中で撮りました。
ということで車も走ってない。。なんか映画のCGを見ているようでした。
大丈夫か新発田、頑張れ〜。

新発田市民文化会館さんでは来週はこちらがありますね。
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_10313873.jpg

全国花嫁人形合唱コンクールです。
これは新発田というローカルなとこだけでない全国から集まってくる大コンクールですからね。
盛大に行われることでしょう。

そういえば会場でこれからの新発田のピアノをになうお一人、小学生の片山菜奈子さんからご挨拶されました。
ありがとうございます。
そして新潟に戻ってちょっとヤマハさんにいったらジュニアピアノコンクールの地区予選?結果が掲示されてて片山さんCクラスで予選突破で本選にいどまれるそうですね。頑張ってください。
そして、その紙の隣をみたら、上のクラスのD部門では宮崎まひろさんがやはり本選へ駒を進められてました。おぉー頑張ってくださいね。皆さんすごいです。
あとホール内では新発田を代表する先生でいらっしゃる金川先生からお声をおかけいただきました。
実際ちゃんとお会いしたのは2度ほどしかないのに、私のことを覚えていただけてたとは嬉しかったです。
ありがとうございました。

ハオチェンチャンさんのこれからの3つのコンサートがどれも盛況であることを願っています。

それにしても天気が良くてよかったです。
帰りの電車まで時間があったので、クラシック喫茶「2楽章」さんへ立ち寄ろうかなとしたのですが、なんか盛り上がっているようなお声が中から聞こえて来たので、混んでいるかなと思い入りませんでした。
きっとコンサート帰りの御客様とかが大挙いらしているのかな。こういう拠点があるのも幸せなことですよね。

最後に
やっと読了致しました。
この本。
ハオチェン・チャン お勧めです!!!!_e0046190_10503512.jpg

スペインのノーベル賞作家で詩人のヒメネスが書いた
「プラテーロとわたし」です。
この本はギターをやられている方とかならご存知の方も多いかもしれませんね。
いやはや、この本を読んでから藤城さんの展覧会でこの本のことを題材にした作品のコーナーがあるんです。藤城さんご自身も大好きなんだそうです。
それ見ると、じ〜〜んとしてきそうになりましたね。

ということで
いい本読み終わって、藤城さんの素晴らしい展覧会また見れて、田中屋さんの美味しいしょうゆ団子食べれて、ハオチェン君の素晴らしいリストに感激な一日でした。
贅沢なようですが、今日の一日もいいことがある一日でありますように。
Commented by けんきち at 2011-10-11 20:49 x
コンチェルトさま
ハオチェンくんのコンサートの情報を載せてくださってうれしいです(^-^)とっても楽しみにしています。
たくさんのお客様が入って下さると良いなぁって思います。
私もシネウインドが大好きです。
海洋天堂もみましたよー。
予告編をみていて予想できたので、泣き顔を見られない様、終わる時間が真っ暗でなくては困るので夜にいきました。ウミガメに少しびっくりしましたが、翌朝起きたら、やっぱり宇宙人なみに目がはれていました(@_@;)
ジェットリーのファンになっちゃいました(*^_^*)
Commented by yuki at 2011-10-11 22:03 x
こんばんは~♪
新発田のハオチェン公演は、結局いつものバタバタで行けませんでした~(残念)
ラヴェルとリストが良いそうで、りゅーとぴあでの公演がとっても楽しみになってきました。
夜ガスが好き過ぎて…ハオチェンくんの超絶技巧が今から楽しみです。
すぺきょーは、小菅優ちゃんが15才で録音してますが、なかなか凄いですよ。
最近また気持ちが落ちてましたが、ハオチェンくんの凄い演奏を楽しみに頑張りますっ!ではまた~♪
Commented by メンヒ at 2011-10-11 23:41 x
「ブラテーロと私」はヒメネスの詩にギター伴奏を付けた楽譜が出版されていますが、テデスコとデ・ラ・マーサの2つの異なる曲があります。

もっともテデスコ作曲の「ブラテーロ」をセゴビアがギターソロのみで抜粋してレコーディングしたので、純粋なギター曲としても親しまれているように思います。

この曲集の中で「メランコリア」という曲が好きです。
Commented by concerto-2 at 2011-10-12 12:33
けんきち様ありがとうございます。
ハオチェンチャンぜひお楽しみにしててくださいね!
ほんと御客様がたくさんいらしてくれることを祈っています。
海洋天堂はよかったですねぇ〜
私は真っ昼間だったんで困りましたよw
いい映画でした。
ありがとうございました。
Commented by concerto-2 at 2011-10-12 12:37
yukiさん、新発田では探しましたよ。
駅で待ち合わせでとも思いましたが、
ぜひハオチェンチャンお楽しみに!
小菅優ちゃんのすぺきょーは聴いてません。要チェックしなければ!!
ハオチェンチャンのすぺきょーはまじすごいですから。
では、りゅーとぴあで!

私は一月前くらいアップダウンではなうてダウンにつぐダウンで最悪でした。でもそこからはかなり回復して来たかなと思っています。
ほんと我々の世代って、なんというかめんどくさいというか手のかかる世代だと思いますよw
ぜひハオチェンチャンで上昇気流にのってくださいね。
ありがとうございました!
Commented by concerto-2 at 2011-10-12 12:38
メンヒさんありがとうございます!
さすが! です。
テデスコが作曲してたというのは知ってましたが、マーサというのはほんの数日前に知りました。
そしてどっちも曲は知りません。
こんど聴いてみますね!!!

ありがとうございました。
試験などなど頑張ってください!
by concerto-2 | 2011-10-11 10:55 | 演奏会のこと | Comments(6)