人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

小ネタを3つほど。。

小ネタその1

「うっそーーー!!」
と思わず今朝の県民の新聞さんを見て言ってしまいましたよ
二週間に一度のお楽しみ「楽器は友だち」
まさかの
小ネタを3つほど。。_e0046190_1016295.jpg

アルトリコーダー!! 最初丸山先生でソプラノリコーダーが取り上げられた時に「わざわざソプラノ〜とつけるからには、各種全部やったりして〜w」なんて冗談で言ってたのがほんとになりそう。
しかも今回登場は西門さん。よ〜く存じ上げている方です。
小ネタを3つほど。。_e0046190_10185186.jpg

ここまできたらテナー、ソプラニーノ、クライネソプラニーノ、グレートバスだとかまだまだありまっせって感じですね。
でもこうしてとりあげられて、かっては花形!! とか書かれると良いですね。
だってほんとに花形だった時期があって、そもそもフルートという言葉はリコーダーを意味していたんです。
そういうこともちょっとでもわかっていただけたらと思います。
すごい楽器なんですよ。
こうなればぜひソプラニーノのあたりにには遠藤麻理さんに登場して欲しいものです。
(ぜひご本人がこれを目にしませんように。。)

リコーダーも大活躍される古楽フェスティバルは来週になりました。
いつも大盛況のイベントです。またチケット&ご予約大丈夫ですよ。
ぜひいらしてください。
小ネタを3つほど。。_e0046190_10224547.jpg

できましたら1号さんがホワイエで出店をしておりますので、なんかお買い物と頂けると更に嬉しいです。
よろしくお願いします。


小ネタその2

盤鬼リポート。
盤鬼こと日本を代表するクラシック評論家平林直哉大先生。
最近私の携帯のメール着信フォルダは平林さんからのメールで一杯なのですが(笑)
ありがたい話です。
そんな中で
「平林さん、これいいですよ〜ブログにのっけていい?」
「いいよ〜」
とご了解頂いたので、ベストショットを載せちゃいましょう!
タイトル
「昨夜の盤鬼」
小ネタを3つほど。。_e0046190_1026697.jpg

オケの練習中のショットを送ってきてくださったんです。
かっちょいいですね〜。

これにまつわる宣伝を二つ。
まず平林さんが所属しているオケは稲城フィルハーモニー管弦楽団さん。
HPはここ「稲城フィル 公式HP」
次の定期はメンデルソーンのイタリアとドヴォルザークの7番。
ドボ7の第1楽章の初めの辺りがヴァイオリンはすっごく難しくて〜とおっしゃられてましたね。
でもこういう評論とかするだけでなく、実際の演奏の場で活躍されているということが他の評論家さんとちょっと違うとこですよね。かっこいいです。

もう一つ。
この写真の中で平林さんが来ていらっしゃるTシャツ。
なかなかデザイン性よさそうなのでしょ。平林さんはいっつもTシャツとかラフなカッコされているので、ある意味Tシャツの通!
この黒のTシャツは先日新潟にいらした時に上古町にあるヒッコリーさんで買われたんですよ。
一緒してたんですが、ちょっと高かったな〜と買った後おっしゃられてました。

メールがありまして
「このTシャツ昨日初めて着ましたけど、デザインはいいし、作りもしっかりしていて
着心地もいいです。買って良かったです。宣伝してあげたら?
さすが、千円、500円とは違いますね。」
と激賞!! さすがはヒッコリー!!
喜んでいただけてよかったです。

いつか盤鬼様にはうちわコンサート出ていただきましょうw


小ネタその3
昨夜のFMPORT「クラシックホワイエ」お聴き頂けましたでしょうか。
有名なオペラアリア特集でした。
ぜひ皆様番組のご感想やリクエストなどどんどん番組でも良いですし、ここにコメントで送っていただいても良いですし、よろしくお願いします。
昨夜のは選曲はそれなりでしたが、選ばれた音源が変わってて面白かったかな〜と思いました。
内容はこんな感じ。

【2011/9/3 これからホワイエ 〜 オペラの超名曲 】
月の最初の「クラシック・ホワイエ」は「これからホワイエ」として、ぐっと親しみやすい作品を中心にお届けしています。今回のテーマは「オペラの超名曲」。
だれもが知るオペラの名曲、名アリアをずらりと並べてみました。

【曲目】
ヘンデル:「セルセ」より「オン・ブラ・マイ・フ」
モニカ・グロープ(Ms)ユハ・カンガス指揮オストロボスニア室内管弦楽団

モーツァルト:「フィガロの結婚」より アリア「恋とはどんなものかしら」
シギスヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンド、
モニカ・グロープ(Ms:ケルビーノ役)

ヴェルディ:「椿姫」より「乾杯の歌」
カルロス・クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団と合唱団、
イレアナ・コルトバス他

プッチーニ:「ラ・ボエーム」より「私の名はミミ」
アンジェラ・ゲオルギュー(S)
アントン・コッポラ指揮ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団

カタラーニ:「ワリー」より「さようなら、わがふるさとの家よ」
クリスティナ・ガイヤルド=ドマス(S)
マウリツィオ・バルバチーニ指揮ミュンヘン放送管弦楽団

ワーグナー:「ワルキューレの騎行」
ゲオルグ・ショルティ指揮ウィーン・フィル

R・シュトラウス:「薔薇の騎士」より第3幕 三重唱とフィナーレ
ルネ・フレミング、バーバラ・ボニー(S)スーザン・グレアム(Ms)、
クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウィーン・フィル

ヴェルディ:「リゴレット」より「女心の歌」
ジャコモ・アラガル(T)
ランベルト・ガルデッリ指揮ミュンヘン放送管弦楽団

*******

この「これからホワイエ」はとてもいい企画だと思います。
個人的にはリゴレットならジュリーニ様のがベストだと思いますが。
でも紹介CDの宣伝の事情もありましたしね。
これからも番組をぜひお楽しみにしてください。


先日Tディレクターと話してた中で
北区フィルさんの話になって。。。。。あぁこれ書いて良いのだろうか。。
「私さ〜気になることがあるんよ〜」
とこれなんですが
北区フィルさんの「ファミリーコンサートチラシ」のページ
「気になるんだよね〜」
ん?なにが?
「このフルートさんの右手! フルートの上にきてるよね。」
な、なるほど。
やはりフルートをやってるTさんにはすぐにおかしいと思われたそうです。
「小さいことだけどね 笑」
と小ネタでした。でもこのデザインかっこいいですね。北区フィルさん楽しみです。

美貌のTディレクターさんにも、いつかうちわコンでフルート吹いてもらいましょうねw

以上小ネタ集でした。

豪雨の被害が大きくある所もあるようです。
そんな中新潟市は今の所、申し訳ないくらいの晴れ。暑いです。
なんとか1日この快晴が続きますように。。

今日は東響デーなので1割引き致しております。
どうか当店にもお越しいただければ幸いです。
Commented by 匿名 at 2011-09-04 19:46 x
コバケンさんの第九聴きました。震災や原発事故、水害などが度重なる今、ベートーヴェンの第九には勇気づけられます。人類の悟りの境地が伝わりました。ブルッフの協奏曲、ヴァイオリンの方。男性的な深い響きでした。
Commented by concerto-2 at 2011-09-04 21:18
匿名様ありがとうございます。
ほんといろんな意味で勇気や元気や希望みたいなものを与えられた演奏会だったと思います。
ほんとよかったですね。
ありがとうございました。
by concerto-2 | 2011-09-04 10:49 | 演奏会のこと | Comments(2)