コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ナクソスさんとオクタヴィアさんの新譜からご紹介。他

まずは今朝の県民の新聞さん、ご覧になられましたでしょうか!
快挙ですよね!
e0046190_1858769.jpg

阿賀町出身のソプラノ丹藤亜希子さんがどーん!と載っています。
7月に行われる二期会オペラの「トゥーランドット」で主役の姫を演じることになってらっしゃいます! すごいですね。
丹藤さんは当店にもいらしたことがあって、ちょっとしたエピソードもあったりして私もよくおぼえています。
メールなんかもやり取りしたりして。
とてもスケールの大きな歌い手さんです、今や希少と言われるソプラノ・ドラマティコと言われる部類のソプラノさんです。ワーグナーなんかもやったりされてますが、とてもスケールの大きな歌を要求される役所を得意とするポジションです。
こういう方が新潟から出られたというのは嬉しいですね。
インタビューの中で、日常は地道な練習と 意外にも「アルバイト」
ここのところを意外と思われた記者さん。
やはりそういう認識なんだろうな〜とちょっと思いました。
演奏者さんってけっこうたいへんなんですよ。。
丹藤さんはこれからもっと大舞台に上がっていかれる方だと思います。頑張ってください!

先週ですがこういう記事も載っていましたね。リアルタイムに載せられなくてすいません。
e0046190_198137.jpg

新大付属新潟中学校で日本の伝統楽器を体験しようという授業がおこなわれたそうで、講師として藤崎浩子さんが招かれたとのことです。
こういう授業って楽しそうで良いですね。藤崎さんもきっと和楽器にお子さんが親しまれていくのを見て嬉しかったのではないでしょうか。

では本文で。
今月のナクソスの新譜が出ました!  って実は〜今月は月半ばが発売日だったのですが、こないな〜延びてるのかな発売日〜
いやいや、延びているのでなく私がオーダーし忘れていたんです。ひー!
ということで今日入って来ました。ちょっと数点欠けているのですが、今回もなかなかユニークなものが揃っています。
帯キャッチコピーの名手、ナクソス京香さんの名文とともにご紹介! (タイトルの前の数時は品番です)
****************

「暗い時代だからこそ、人の心は拠り所を求める 例えそれが許されない愛であっても」
8572597 バックス:冬の伝説 他

「心はいつも故郷ウェールズにあり 現代的な響きの中に懐かしい面影も」
8572292 マティアス:ヴァイオリンソナタ集

「ちょっと聞くとジョン・アダムス そのうちトルコ風味がじわじわきます」
8572553 インス:交響曲第5番「ガラタサライ」他

「師であるショパンは手掛けることのなかったヴァイオリン曲 彼の思いを継いだ弟子たちが思い思いの花を咲かせる」
8572460 ショパンの弟子たちによるヴァイオリンとピアノのための作品集

「オーケストラで聴いても、ピアノで聴いても ドビュッシーの色彩感覚は凄すぎる」
8572385 ドビュッシー:4手のための初期作品集

「楽譜さえ現存していれば正当な評価が与えられたはず 幻の作曲家、ストラーチェの変幻自在な音楽を」
8572209 ストラーチェ:チェンバロのための音楽集

「シベリウスの代表作登場! この曲には何か人の心を高揚させる成分が含まれているに違いない」
8572704 シベリウス:交響曲第2番、カレリア組曲他

「宗教曲だからと言って畏まることはありません 全ての人が一つになって高らかに歌えばよいのです」
8572653 ラター:グローリア/マニフィカト/テデウム

「ふくよかな楽器の響きと、鄙びたオルガンの音色、そして充実の合唱。 ハイドンの職人気質をとことん楽しむ1枚です」
8572128 ハイドン:神なる聖ヨハネのミサブレヴィス/テレジアミサ

「ほとんど同じ時代を生きた父と息子 共通する言葉は愛。ただそれだけ・・・?」
8570562 リスト;ワーグナー&ウェーバートランスクリプション集

「弦楽器がなくても、ここまでスゴイことができる 様々な素材を丁寧に紡ぎ、現代風の味付けを施した作品たち」
8572528 ファンファーレ、カプリッチョとラプソディ

「こんな作品を書いてもいいのだろうか? 晩年のサン=サーンスの逡巡が目に浮かぶ美しすぎる秘曲」
8572454 サン=サーンス:弦楽四重奏曲第1&2番

「あのマーラーも拝伏した早熟の才能 コルンゴルドの知られざる歌曲の全貌がついに明らかに!」
8572027 コルンゴルド:歌曲集第1集

「刺激的なものばかり書いていると 時には心休まるものも書いてみたくなるのでしょう」
8559644 ディロン:ヴァイオリン作品集

「全ての国境を越え、太古の時を経て繰り返される音たちの対話」
8559637 ゴンバー:ヴァイオリン協奏曲他

「弦楽器も管楽器も必要なし 打楽器の響きは人に眠る野生を呼び起こす」
8559683 打楽器のためのアメリカ作品集第1集

「新古典派から十二音まで、スコアを丹念に磨きあげて表出された音の像」
8557532 ストラヴィンスキー:協奏的二重奏曲 他

「現代の名演奏家たちが絶大なる信頼を寄せる作曲家 この1枚で彼の創作の原点がわかるかも」
8559638 カリアー:ピアノ作品集

「フォーレ?プーランク? いえいえ、最近人気のフローラン・シュミットの地味な室内楽」
8570489 フローラン・シュミット:ピアノ五重奏曲 他

「切なくも美しい響き満載。ハイフェッツの依頼で生まれた2つの協奏曲」
8111367 ウォルトン、テデスコ:ヴァイオリン協奏曲他/ハイフェッツ

「恐い話のあとは、ほほえましい話で口直し」
8111370 メノッティ:歌劇「霊媒」、歌劇「電話」/バラバン

が当店に本日入ってきたものです。
コピーとしては最初のバックスのものが心に残りますね。これがどういう意味なのかはぜひバックスの生涯を調べてみてくださいね。
内容ではショパンの弟子たちのヴァイオリン作品集というのは特別ユニークですね!
ショパンもヴァイオリンの作品書いてくれたらよかったのに。
それにしてもナクソスレーベルはいろいろと出しますね〜

次に日本のレーベルでオクタヴィアさんの新譜を数点ご紹介。
まずは今店内でかけています!
e0046190_19182535.jpg

新潟県にもゆかりがある実力派ピアニスト、藤原由紀乃さんの新録音。
ラヴェルのピアノ作品集です。
藤原さんと言うとドイツ系のイメージがある方ですが、このラヴェルもなかなか。
ファンタジー性というよりしっかりとしたラヴェルだと思います。
20歳でロン=ティボー国際コンクールの覇者になってからの藤原さんの人生については、アリアCDの松本社長が詳しく著書で御書きになられていますね。なかなかのラヴェルです。

これはヴァイオリンの方お喜びになられる。。。かなw
e0046190_1948133.jpg

ドントの24のエチュードとカプリースです。
弾いているのは木野雅之さん。
ドントってヴァイオリンやってらっしゃる方以外ほとんど知られていないと思います。
でもやってらっしゃる方にとってはこれは喜ばしいのではないでしょうか。
この前のチェロでもこういうのありましたけど、どんどんこういう練習曲たちってCDになってほしいです。
チェロのゴルダーマンどこかつくって〜。

最後はチェロもの。
e0046190_1951352.jpg

ラフマニノフとブリッジのチェロソナタです。
ブリッジのソナタとは、これまた渋い。
チェロはスタンツェライト、ピアノは新潟にも来られた川島基さんです。
根津要さんのチェロを見事に支えた川島さんのピアノ、ここでもきっと素晴らしいことでしょう。

とりあえず3点ほどご紹介。バボラークのモーツアルト&ハイドンの協奏曲なんて言うのも出ましたよ。

今日はソプラノの五十嵐尚子先生がいらっしゃいました!
五十嵐先生と言えば。。まぁ新たなチラシを見ていただきましょう。
e0046190_19561971.jpg

7月31日(日曜日) 18時半開演 ぽるとカーヴドッチ(みなとぴあ内)
「日本歌曲を楽しむ真夏の夕べ」
食事&ドリンク付きで5000円。
出演はソプラノ 五十嵐尚子さん  ピアノ宮下節さん。

そして五十嵐さんのお名前表記の右を、よ〜〜〜〜くご覧になってくださいね。
第22回奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞受賞。
とあります。
さすがは五十嵐先生! やりますね〜。北区の誇りでしょう! 

今日はネクスト21で行われている
「東日本大震災 報道写真展」
を見て来ました。
e0046190_2028298.jpg

既に雑誌等で目にした写真が多かったですが、大きなので見るとまた衝撃をうけます。
大変なことだったんだと改めて思い返しましたね。
ついつい過去のことに思ってしまいがちですが、そうでは全然ないんだということを強く訴えかけてくる写真展です。26日まで行われているようですね。

おぉここにも経麻朗さん&石井朋子さんのコンサートのポスターが!!
e0046190_204366.jpg

古町5にあります、老舗の酒屋さん「大久保酒店」さんです。ありがとうございます!!
チケット絶賛発売中です! よろしくお願いします。

セブイレファイブの新製品。あら、またやっちまったかな〜。。。
e0046190_2055741.jpg

ネーミングは面白い「一口目から豚焼肉マヨ」。
食べてみる。。。うーん、なるほど。豚焼き肉マヨをうす〜〜くして端まで入れてあるんですね。
しかし、、、私の採点は低い。これはいかんでしょう。
まず肝心の豚焼き肉マヨが今イチ美味しく無い。薄くした分ボリューム感がない。
それよりなにより!! こんな端まで具をうすくして入れると
「おにぎりのドラマ」がないではないですか!!!
おにぎりというのは、まず一口食べて。。その時は具なんか到達していないんですよ。
具の味はどうかな〜とかご飯の味を味わいつつ楽しみにする。そしてもう一口。
おっ具に到達。なかなかいいではないか。。そして最後はまたご飯だけとか。。
そういうストーリーがなければおにぎりではないと思います。
そもそもですね、最近のおにぎりは具が多すぎるんです! これは菓子パンもそう。クリームとか多すぎ!
入れれば良いってもんではないでしょう。
セブンもこんなん作ってたらローソンにはいつまでたっても勝てません!! 無駄な時間を費やすんではない!
早くコンビニおにぎり界では至難のわざと言われる「卵焼きおにぎり」を出すべき!
ローソンが一頃出してましたよね。数年前に。あれは名作でした!
ところがそのローソンも何をとち狂ったのか、出し巻卵に小魚みたいなの入れたものに変えたんです。
食えないでしょーが!!私が!!!
上質な卵焼きおにぎりを早くセブンにも開発して欲しいです。
なんかセブンってベクトルがおかしいんですよね。基本をもっと重視して欲しい。
変わったものはベーシックなものには勝てません。
と思わずコンビにおにぎりで熱くなってしまいました。
これもセブンに頑張って欲しいからです。

あんなセブンのシュークリームはクリームがとろとろで美味しい〜なんてテレビの提灯コメントにだまされてはいけないぞセブン! 
あのクリームだと危なっかしくて立って食べれません!
その上に昨年はスペシャルシューとか言ってとろとろクリームシューにチョココーティングなんかしちゃったりして! どこを持てっつんだい!手がチョコでべとべとになるし、クリームとろけて落ちるし最悪!! 盛ればいいっつーもんじゃない!

おっと、、またまた話が変な方向にまでいってしまいました。
やはりエンドユーザーがどうやってどういうタイミングで、どのようにして食べるんだろうということまで考えないとだめだと思います。

なんだかんだ言ってもコンビニが好きな私です。毎日行ってます。
良い商品がもっともっと世に出ると良いですね。

ってなんの話だっけ(笑)

次はりゅーとぴあさんの新しいチラシ関係をご紹介する予定です。
雨振るかな〜
by concerto-2 | 2011-06-22 19:39 | CDの紹介 | Comments(0)