人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最近の入荷より。

今朝、只今ニューカレドニアから戻って来られている成嶋志保さんからメールをいただきました。
成嶋さんありがとうございます!
いよいよコンサートも近くなりました!!
最近の入荷より。_e0046190_1911315.jpg

今週の金曜日。りゅーとぴあスタジオA 19時開演
「成嶋志保ピアノリサイタル フランツ・リストの世界」
チケットもなかなか売れているようですよ。当店でも扱っております! 2500円。
ぜひ聞きに行ってみませんか!

今日はCDの宣伝を
まずヒストリカルで廉価盤を出しているアーチペルレーベルの1月新譜が入って来ました!
今回は5タイトル
モーツアルト:レクイエム/カラヤン(1960)
ベートーヴェン:ハ長調ミサ曲、グリーグ:ピアノ協奏曲(ヴァント、ギーゼキング)
マーラー:大地の歌/ワルター、NYP(1960)
チャイコフスキー:悲愴/チェリビダッケ(1960)
そして今回一押しがこちら
最近の入荷より。_e0046190_19172324.jpg

今では大御所になったポリーニがショパンコンクールで優勝した時、1960年にワルシャワでやったライブです。(ライブとは言うもののスタジオ収録と言う話も有ります)
なんせ当時18歳!!
中のライナーノーツの写真も若い!
最近の入荷より。_e0046190_192078.jpg

この後、10年近く表舞台に出ず研鑽を積むわけですね。貴重な録音です。
それにしても上手い。

ポリーニと言えば、今月出た「音楽の友」にやっと載りましたね、先々月号のツイメ様のロングインタビューの第2回が。
そこでポリーニのこともツイメ様ふれられています。
面白いのはツイメ様ずっと日本の自宅にいたんですが、その間に区役所に「信号の黄色をもっと長くした方が良い」と意見書を出したそうです。
なんとこのインタビューは第3回もあるそうです。一読の価値有りです。
ツイメ様は来年また日本コンサートをドビュッシープロですることが発表になっています。新潟もまた来てくれると良いですね。

同じくヒストリカルなものから、このレーベルも企画、音の良さで人気のアンドロメダレーベル。
新譜です。
最近の入荷より。_e0046190_192511.jpg

巨匠クレンペラーが1960年にウイーンの芸術週間でフィルハーモニアオーケストラを率いてベートーヴェンの交響曲全曲演奏を行った記録です。
やはりクレンペラーはライブが良いですよね。1960年ですがモノラルなのがちょっとですが、それでも音は悪く有りません。クレンペラーファンのみならずお勧めです。

続いて、なんか懐かしい名前になりつつあるのかな〜レヴァイン。
新譜です。
最近の入荷より。_e0046190_1933266.jpg

マーラーの2番「復活」です。イスラエルフィルを振っていてて、注目はメゾにクリスタ・ルードヴィッヒが歌っていることでしょう。1989年の録音です。
当時ルードヴィッヒさんは61歳、でもなかなか素晴らしいそうですよ。名メゾソプラノここにあり!ですね。
レヴァインって出て来た時、あんまり好きでなかったんですよね。
なんとなく。。。風貌が。。w
でもレヴァインのモーツアルト交響曲全集持ってますが、再発を望みたいほどいい演奏だし
パールマンと組んでのモーツアルトのヴァイオリン協奏曲全集なんか今でもベストだと思っています。
マーラーもいいですよ1

これは珍しい!
最近の入荷より。_e0046190_1940562.jpg

バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータをマリンバで演奏したものです!
無伴奏チェロ組曲というのは結構あったりしますが、無伴奏ヴァイオリンのは珍しいですね。
なんといってもマリンバだと音が伸びないので、そこをどうクリアしているか興味ありますね。
でもマリンバって生で聴く、見るとすごい楽器ですよね。
表現力も大きいし。
新潟にはいいマリンバ奏者さんが何人もいらっしゃるのは幸せなことです。

最後に実は私が最近開店時間以外によく聴いている1枚です。
最近の入荷より。_e0046190_19425957.jpg

トロンボーン奏者のキャロル・ジャーヴィスのソロアルバム「SMILE」です。
内容はジャズのスタンダードナンバーです。
だから一応はクラシックのカテゴリーなんだけど、中身はほとんどジャズ。
でも本格的ジャズファンの方にはちょっと曲がメジャーすぎてね〜と思われるそうです。
本格的ジャズファンでない私のような人にはピッタリ。
最後の方にはおなじみチック・コリアの「スペイン」なんかもあるし!

このキャロルさんは元々イギリスで結成された女声だけのトロンボーンカルテット「ボーンズ・アパート」のオリジナルメンバーの方なんです。脱退してソロ活動をされてるようです。
HPはこちら
なっかなかカッコいい人ですね!
最近の入荷より。_e0046190_1951440.jpg

聞くとちょっと元気になる1枚です。

いろんなものが発売されます。いろんなジャンルで面白いものがまだまだたくさんありますよね。

で、いろんなジャンルと言えば
私がこれはすごい!と思ったコンサートが有ります。
それはこちら
最近の入荷より。_e0046190_19534276.jpg

なんと「声明」!!!
3月27日(日曜日) 新津図書館2階 視聴覚ホール 13時半開演
入場は1000円。
こちら関係者の方から教えてもらったんです。
なんかもうチケットも残り少ないんだそうです。これだけ見るとプラッといっても入れそうな感じですが、そうではないらしいです。
もし行きたいという場合はこのチラシにありとこへ連絡、か
私の方に行ってくだされば関係者の方に聞いてみます。
でもこれすごい興味ありますよね。私も聞いてみたいな〜。
こういうのをりゅーとぴあコンサートホールでやったらすっごい響きの音楽になるでしょうね〜。

明日は木曜日なので一人番です。
よかったらお越し下さい。
成嶋志保さんのコンサートも、よろしくお願いします。
by concerto-2 | 2011-01-26 19:59 | CDの紹介 | Comments(0)