人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

新潟混声合唱団 第40回記念定期演奏会

土曜日は音楽文化会館で行われた新潟混声合唱団さん。
略してシンコン(新混)さんの定期に行って来ました。
って別に略さなくても。。。ですね。新潟混声さんと書きます!

行きましたら新潟合唱界のお歴々の方々が客席にずらっといらっしゃいましたね。
40回と言う歴史と伝統を感じます。

プログラムは
混声合唱とピアノのための「花に寄せて」  星野富弘 作詞/新実徳英 作曲

私達の愛唱曲
(YELL,Bilive,翼をください、手紙)
ーーーーーーーーーーーーーー
モーツアルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 演奏は賛助出演 新潟室内合奏団さんによる弦楽アンサンブル
モーツアルト:「ミサ・ソレムニス」
ソリスト:ソプラノ横田聡子さん アルト中森千春さん テノール長川慶さん バス 長谷川徹さん  新潟室内アンサンブル

ピアノ伴奏 梅津幹子さん
指揮は 長澤健さん

最初にプログラムを見て、ちょっとサプライズ。
おっ、後半の新潟室内の弦楽アンサンブルにコンチェルト4号が入ってました。第2ヴァイオリンとして。
4号をステージで見るのは久々。
頑張ってるじゃん!と思いました。

それはいいとして。
前半の合唱ステージは最初の曲集「花に寄せて」は初めて聞きました。新実さんの合唱のメロディっていいんですよね。
そして「私たちの愛唱曲」では最近のNHKコン課題曲なんかもあって、とても耳馴染み。
「翼をください」を、みんなで歌いましょう!
という趣向もありました。ただ私はみんなでうたうなら「Bilive」を歌いたかったな〜。

そして後半は新潟室内さんのアイネクライネでスタート。
4号がいるのは書きましたが、第1ヴァイオリンには新潟市役所文化の星!!白井さんが弾いていました。
昨年今年と「水と土〜」「ラ・フォル・ジュルネ」と大きなイベントで先頭に立って大活躍だった白井さん。
やっと落ち着いてオケ活動も出来るようになったみたいですね。
かっこ良かったですよ!白井さん。
新潟を代表する美人ヴァイオリンさんと言っても良いのでは!(ってこれ見てるかなw)

もう一部では隠れたファンもいらっしゃる白井さんは来月、某所でソロを弾かれます。
曲はフランクのソナタ!!
日時も場所もわかるんですけど、昨日ご本人から「まだ書かないで〜」と言われたので、書きません。。
もうすぐ発表しても良いと思うんですけどね。
ぜひファンの方はお楽しみに!
あと新潟室内アンサンブルさんの演奏では、やはりコントラバスの別森さんが上手いですね〜。みんな上手いのですが、中でも別森さんは別格です。

そして最後の「ミサ・ソレニムス」
弦楽アンサンブル、ピアノ、そして歌のソリストも入って、更には合唱も賛助の方も入っての大スケールな感じでのステージとなりました。
迫力ありましたよ。
この曲は私よく知らなかったのです。あんまり聞きませんよね。
でもさすがはモーツアルトでした。
そしてソリストの中では、今回一番注目していたソプラノの横田さん。
久々に聞きました。以前より歌に余裕が出た、というか丸く暖かい感じが更に良くなったような感じがして、天上からの声みたいで良かったですね。
舞台姿も堂々とされてて。
新潟メモリアルさんがマーラーの全曲演奏を進行中ですが、4番をやる時は横田さん以外いないでしょう。と思っています。
華のあるソプラノさんになられましたね。

アンンコールは「アヴェ・ヴェルム・コルプス」と「夜のうた」

ホールを出たらまず新潟室内の皆さんが室内さんの定期のチラシを配ってらっしゃいました。
そして階段を下りたら、合唱はこれがいいんですよね〜。出口での見送りコーラス!!感動します。
いいもんです。

感動的なコンサートでした。

せっかくなので新潟室内さんが頑張って配ってた定期のチラシを宣伝
新潟混声合唱団 第40回記念定期演奏会_e0046190_106976.jpg

なんかえらく淡い色調ですけど見えますかね?
11月6日(土曜日) りゅーとぴあコンサートホール 18時45分開演
プログラムは
シューベルト:歌劇「アルフォンゾとエストレッラ」序曲
リスト:ピアノ協奏曲第1番
シューマン:交響曲第3番「ライン」
となっています。新潟室内で「ライン」だなんて!! どこまで広がって行くのか!という感じですね。
リストのソリストは小杉真二さん。
指揮は本多優之さんです。
もうすぐチケットも発売。。。かな?
よろしくお願いします。

チラシと言えば目を引くものが出てましたね〜
こちら。
新潟混声合唱団 第40回記念定期演奏会_e0046190_10102798.jpg

枝並千花さんが9月20日に万代のレストランで弾かれるようです。
なんかセレヴィー!な感じなコンサートですねぇ。ボンビーな私には立ち入れませんが、こうしていろんなところで活躍されるのはとてもいいことでしょう。
きっとすぐ満員になるのではないかな。

枝並千花さんのデビュー時には賛辞を贈った盤鬼平林直哉さんのレーベル「グランドスラム」から新譜が出ました!
いよいよ盤鬼の自信作登場です!!
新潟混声合唱団 第40回記念定期演奏会_e0046190_10135440.jpg

トスカニーニのブラームス交響曲第1番/ムソルグスキー(ラヴェル編)展覧会の絵です!!
音が出来たとき「これはすごいぞ!」と盤鬼さんからも何度も連絡が来ていました。
元々盤鬼さんはトスカニーニの既存盤に対して昔から不満だった人なんですよね。わりとそのことは有名でしょう。
そんな平林さん自ら手がけたのは実際すごい音になっています。
もしこれをお聞きになられる時、今までのトスカニーニのブラ1をお持ちの方はちょっと冒頭でも良いですので、それを聞いてからこれを聞かれると良いでしょう。
私はそういう盤鬼さんから御勧めがあったので、そうしました。
そしたら盤鬼さんのを聞いたら、大笑いしちゃいましたね。もう笑うしかないって感じです!!
音圧が違いすぎるんですよ。
すぐ目の前で演奏してる感じです。
たしかにこれはトスカニーニの今までの概念を変えますね。入荷しています!!

先取り情報なんですけど、グランドスラムの次のはこちらです。
新潟混声合唱団 第40回記念定期演奏会_e0046190_10194744.jpg

バーンスタインのショスタコーヴィチ交響曲第5番。
これまたすごい出来になっています。
私はいつもバーンスタインのタコ5といえば東京ライブを1番にしてきましたが、この旧録音も見直しましたね。
たぶんこれの発売は今月末くらいかな。
グランドスラムに関してはずっと先まで何が出るか知っています。
この次のもけっこう売れ線のが出ますよ。

そしてこの2枚は解説が面白い!!
トスカニーニのは平林さんの少年時代の想い出が書かれています。もう〜「あるある」と思う笑ってしまう事が書かれています。子供の時中古LP屋のおやじにふっかけられた時の話なんですけどね。爆笑でした
バーンスタインのは平林さんの友人のスポーツライター玉木正之さんのバーンスタインの想い出。
これまた玉木さんの熱き思いが語られています。バーンスタインファンってこうなんですよね〜。
2つともこの文だけでもすごく面白いですよ。
「俺は絶対に解説に、ふつ〜の事だけ書いて終り。にはしないぞ!」と言ってるだけの事あります。

盤鬼平林直哉さんのこだわりのレーベル「グランドスラム」
お勧めです。ぜひよろしくお願いします。
それにしてもグランドスラムの音は熱い!!
作ってる平林さんも熱い人なんですよ。居酒屋でフェドセーエフのライブを見に行った時の事を
「ここでだ!トランペットがピヒャヤヤヤヤヤー!!!、とするとそこに打楽器がデケデケデケデケー!!」
と大きな声で、身振り手振り付きで大熱演して回りの喝采を浴びてた時の事が思い出されます(笑)

新潟大学さんとかで講演に来てもらえば良いのにな〜と思うんですけどね。
そういう依頼って全然来ないんですって。来たらやってもいいよって言われてますからね。
面白いですよ〜平林さんの話は。
でも「音楽学者なんかバカばっかりだから一切聞く必要なし!!」とかいう人なので、ちょっと教育機関はまずいかな。
そんな平林さんの熱が伝わってきます。グランドスラムぜひ聞いてみて下さい!!

今日はだいしホールのチェロとか音文での声楽とかあります。
そしてよろしかったら当店にもお越し下さいね。
Commented by haru at 2010-09-12 14:50 x
シューマン好きとしては室内のライン聴きたいですね~。
というか・・・
本格的にクラシックにはまったのは大学のときなので、新潟交響楽団とか、新潟室内合奏団とか、よく考えたら全然見に行ったことないんですよね・・・。
なんか佐藤さんのブログとか読んでて、自分も結構行ってるつもりになってたんですけど(笑)

別森さま(もう様付けでw)とか、私の妄想の中では勝手に知り合いなんですけど、この間の中央オケで初めて見ましたし・・・。

新潟音楽界若葉マークだなぁとなんだか実感しました。

それと、4号サンおつかれさまでした~。
Commented by concerto-2 at 2010-09-12 15:36
そっか〜haruちゃんでもあんまり地元オケ聴きに行った事無いんだ〜。でもそういう方って多いと思うよ。
考えを前向きにすると、まだまだ御客様が増えるぞ!ということだよね。
ぜひ新潟交響楽団、新潟室内とか聞きに来れると良いね。
4号は新潟室内に入ったんだから、haruちゃんも入れば?
新潟室内なら別森さま(笑)から直接指導もありだぜい!
つーか、はよ戻ってきなさ〜い!
ありがとね。
by concerto-2 | 2010-09-12 10:32 | 演奏会のこと | Comments(2)