人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

新潟県音楽コンクール。その3(余談)

今回の県コンの発表記事を見て、まず最初に思ったのは
「うわっ、残念だった方が多い。」

ということだったんです。
実力がある方々でもその時の受賞者枠とかでこういうことって起ります。

でも、中でもお一人「なぜ!」と思う方がいらっしゃったんです。
びっくりして、そしてなんかあったのだろうかと心配しました。ちょっと気が動転しました。
そうしてちょっと連絡を取ってみたら、直前で病気になられ出られなかったんだとの事。(もうよくなられています)
ほっとしました。急な病気は仕方ありませんからね。
本選を楽しみに聴きに来られるそうなので、ぜひ客席から見て、そしてまたいつかチャレンジしてみて下さいね。

今回の本選はほんとうに楽しみです。
ピアノはいつも数も多いし激戦ですね。
私はむしろ今回注目したいのは管楽器と声楽です。
管楽器はなんといっても五十嵐冬馬さんが出られた事が大きな話題になっています。
私が存じ上げてる方でも「五十嵐さんが出たんなら聴きに行けばよかった」と残念がる方もいらっしゃいました。もう予選というかコンサート感覚みたいなものですよね。
もし仮に五十嵐さんが大賞を獲得すれば管楽器部門では久々になります。
え〜っといつからかというと。。。
(私の愛読書、県コンプログラムをひもとくと。。。w)
新潟県音楽コンクール。その3(余談)_e0046190_10554461.jpg

平成9年に松井美瑞さんがとられてからですので、12年振りという事でしょうか。
これはフルート界の皆さんも楽しみにされていることでしょう。
たしかに五十嵐さんの演奏は県コンレベルではなく全日本コンクールレベルでしょう。
ジュニアという枠で新潟県関係の人で、五十嵐さんと対等にわたりあえるというのは上越のヴァイオリン大野さんだけでしょう。
このお二人が抜きん出ているのは聴けば分かります。

でも!
絶対にとれるかどうかわからないのもコンクールですからね。
あまりこんなことをあおったりするのもよくないですよね。
特に新潟県音楽コンクールが他のコンクールは複数部門を一緒にして大賞を出すというコンクールなので、なおさら不確定です。
今回の本選は他でも実力派の方々が多数いらっしゃいますからね。

たとえば声楽。
今回の声楽は聞き物ですよ!
まずジュニア部門は予想通り中央高校さんの方が3人独占でした。
予選を聞いていてもこの3人だな!と思いました。
今までも中央高校さんから声楽で上手な方が毎年出てましたけど、私はここ数年では今回が一番だと思っています。
おそらくお一人、もしくはお二人はなんらかの賞を受けると思います。
そして一般の部も上手な方がそろっています。
個人的に注目して欲しいのは伊藤舞さん。当店御常連の声楽(アルト)のドクターKさんが一度、伊藤さんを聞いて「あの人は凄い!」と感動されてました。
私も聞いたのですが、なんというかすごく個性的で不思議な魅力をもってらっしゃいますね。
今回伊藤さんに大賞を!と応援されている方もいらっしゃいます。
ぜひ本選を楽しみにしたいですね。

弦楽部門も今まで県コンにはあまり出られてなかった(と思うのですが)方が残っています。上手いですよ!

ここ3年は声楽が大賞を独占しています。
今年はどうなるのか。楽しみですね。

ちなみに今回で県音楽コンクールは45回となります。
今まで大賞を部門別に見ると、一番多いのはピアノ部門で21回、その次が声楽部門で10回、そして弦楽と管楽が4回、大賞なしが5回となっているのです。

どうしても高いレベルになると県コンには出られなくなるのもわかります。
ただ今回の本選はいいと思いますよ!お勧めです。
宣伝になりますが本選のチケット取り扱っております!
ぜひ私と一緒に午前10時半から午後4時くらいまで、ぶっ続けに聞いて頭ふらふらになりましょう(笑)

先ほどご紹介した一番最近に管楽器部門で大賞をとられた松井美瑞さんはコンサートが近々にあります。
こちらです
新潟県音楽コンクール。その3(余談)_e0046190_11145194.jpg

8月1日に三条東公民館であるようですね。

そして余談ですが、たしか大賞をとられた人の中で中学生で獲得されたのがヴァイオリンの井上静香さん。
井上静香さんと成嶋志保さんのコンサートはもう間近です。
新潟県音楽コンクール。その3(余談)_e0046190_11164761.jpg

7月15日(水) だいしホールです。
チケット扱っております。よろしくお願いします。
たしか中学生での大賞って、もうお一方いらっしゃったと記憶しているんですよね。。違ったかな。。
それにしてもさすがは井上静香さんです!

別に県コンで受賞するしないが演奏者としての道を約束するものではないと思います。
むしろ私は、今県内にはこんなに頑張っている若い人達がいるということを知ってもらえる機会だと思っているのです。
こうした皆さんが将来音大を出られた時に、新潟と言う土地が魅力的な仕事場であるためにも県コンは大事な役割を担っているでしょう。
本音ではコンクール第一主義には疑問を持っています。だって大変なのはコンクールの後だと思いますしね。
ぜひコンクールで技術を磨き、競うと同時に人間として幅を持つ事が演奏を魅力的にするはずです。
真心のある演奏をされる人になってほしいですね。
ぜひ本選は御客様に音に心をのせて届けるような演奏を期待しています。
通過された皆さん頑張って下さい。おめでとうございます。

そして皆さん、ぜひ本選聴きに行きましょう!
Commented at 2010-07-25 22:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by concerto-2 at 2010-07-25 23:10
あぁこれはこれは、ありがとうございます。
また今後ともよろしくお願いします。
by concerto-2 | 2010-06-29 11:29 | Comments(2)