人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

第45回 新潟県音楽コンクール予選。の1

昨日と今日、新潟県音楽コンクール(以下、県コン)の予選がスタートしています。
いよいよ激戦開始です。

昨日の新潟地区予選は音文での管楽器部門と声楽部門が幕開け。
私は管楽器部門のジュニアと一般の3人目まで。声楽のジュニアを聞いてきました。
3人目までというのは聴ける時間がぎりぎりそこまでだったから。
でも聴きたかった人(フルート栗原さん)がそのぎりぎりの3人目だったのでよかった〜。
よかった〜と思って、店の戻ろうとしたら後ろでアナウンスが「4番、、渡部梨乃さん。。。げっ!渡部さんも出てたのか!く〜〜」と後ろ髪を引かれる想いで戻ってきました。きっといい演奏だった事でしょう。
栗原さんもシャミナーデのコンチェルティーノ頑張ってましたよ。

で、順をおってリポートすると
まずは管楽器のジュニア部門。
さすがに県コンに出ようという人は予選であっても、皆さん上手です。
管楽器は緊張すると音の出だしが震えたりするかな〜でも皆さん頑張ってるな〜
とコンクール感覚で見ていたらサプライズが!
アナウンスされた名前が

「五十嵐冬馬さん」

えっ!既に小中でたしか日本一に輝いている五十嵐さん!!
なんでこんな県コンに(あっ、いや新潟日報さんに失礼ですね。すいません)
もうちょっとこのジュニアのカテゴリーでは圧倒的でした。
うーん、一気に大賞ゲットか!
それにしても前から大人っぽかったですが、高校一年生だと思いましたがそれにしても風格充分です。

それにしても審査員さんは大変ですね。すぐコメント用紙みたいなの書かなきゃダメだし、そもそも管楽器部門となるとフルートもあればトランペットやクラリネットやいろいろな楽器がある。それをまとめて審査ですからね。

次は声楽部門のジュニア。高校生までのカテゴリーになります。
これはもう中央高校さんの独壇場といってもいいでしょう。
そもそも高校生までで声楽のレッスンを本格的にやれるって、あまり他のとこではありませんもんね。
それにしても今回の中央さんからエントリーされた方々は上手かった!
いつもの年より声楽は豊作の年なのかもしれません。
特に個人的な好みもあるのですがお二人ほど、これはもうどちらかは賞確実だろうと思う方もいらっしゃいました。

声楽の一般は聴けませんでした。残念。

そして管楽器の一般部門。
私は栗原さんを楽しみにしてきたのですが、この時点で3人しか聴く時間がなかったんですね。
で、栗原さんが3人目でよかった〜というのはさっき書きましたが
この一般部門もすごいですよ。
なんせ
一人目がフルートの石丸涼子さん。もう既にご活躍されてらっしゃる方です。
そして二人目は昨年の優秀賞受賞者、札幌の住吉さん。
そして栗原さんで、その後は渡部梨乃さん。。。も〜この後も後で聞いたらサックスの川村杏枝さんも出たらしい。川村さんお会いしたかった〜。
この前半だけでも豪華な顔ぶれ、なんかレベル高そうです。

そして今日
今日の音文はピアノ部門の小学生&高校生が行われています。
午前中の小学生は聞いてきました。
小学1、2年生の部と小学3、4年生の部。これで午前中一杯。審査員の皆様もたいへんです。
やはり光る方もいらっしゃいますね。
私の故郷からチャレンジしている遠藤さんも昨年にひき続き本選へはまず行けると思います。
他にも何人もへー!と思う方続々です。
予選は課題曲だけでの戦いですが、フリーになると皆さん個性を爆発させますからね。
本選が楽しみなのがこの小学校低学年クラスです。

今、これを書いたらまた行ってきます。
後半の小学生高学年となるとかなり激戦。今回は我がコンチェルトファミリーのリトルエース(と勝手に言ってます。すいません)宮崎さんが出てらっしゃらないが残念ですが、すごいテクニックを持たれてる方多いですからね。
高校となると今回は中央から今年のエースさんが登場です。
稲田さんや棚橋さんも頑張って下さい!

では後半戦、聞いてきます。
by concerto-2 | 2010-06-27 13:51 | Comments(0)