人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

クリスティアン・ツイメルマン ピアノリサイタル

今朝のモーニングゲート、聞いていただけました?
といっても午前9時半ころなんてなかなかFM聞けませんよね。

まぁ、、まぁまぁかな~という感じでしてきました。
どのくらいの方が聞いてるんだろ。

遠藤麻理さんは今日もナチュラルビューティでしたよ。

さて、そのFMでも話題にしたのが日曜日、りゅーとぴあで行われた
「クリスティアン・ツイメルマン ピアノリサイタル」
に行ってきました。

ツイメ様は数年前にも新潟に来てくれて、素晴らしいコンサートをされています。
こんな短期間で2度も来てくれるなんてありがたやありがたやです。

プログラムは
ノクターン第5番
ピアノソナタ第2番
スケルツォ第2番

ピアノソナタ第3番
バラード第4番

アンコールはありませんでした。
でも内容は素晴らしいコンサートでした。

いかにもツイメ様という感じの深い演奏、そして漂うダンディズム。上質なブレンドコーヒーのようなコンサートでした。

前半はちょっと「あらっ?」という感じも受けたんですよ。
これはたぶんちょっとツイメ様お疲れもあったんではないでしょうかね。何せ今回の日本ツアーはすごいスケジュールですよ。一月で15回のコンサート。しかも一箇所集中ではなくて北は札幌から南は倉敷まで。ほとんど連日のコンサート。
これはなかなかたいへんですよ。
今回の新潟公演は12公演目です。疲れもあったでしょう。
でもピアノソナタ2番の葬送行進曲は音色の豊富さ、ダイナミクスなど背筋がぞくぞくするようなすごい演奏でした。

そして後半。
拍手も鳴り止まない中すぐに演奏が始まったソナタの3番。そして個人的に一番期待していたバラード4番。
ザ・男の美学!!ここにあり。みたいな演奏でした。
ソナタの2番もそうでしたが、この後半の2曲もそうですけど、こんな演奏はCDには収まりませんよ。
ここまでこだわるかというまでのテンポ、ペダリング、タッチ。
これはもう歌舞伎や能などにも通じる伝統芸能の域だと思いました。
見事なものです。

ただ、全編ものすごい緊張感があった演奏会だと思いませんでしたか?
終わったら、なんか疲れちゃいましたよ。悪い意味ではないですよ。
もしかしたら万全のコンディションではなかったかもしれません。でも素晴らしい世界につれてってもらった演奏会でした。

夜、やはり聞いてこられた栄長敬子さんと電話でお話したんですが、さすが同業者!!と思ったツイメルマンのポイントをお聞きしました。なるほどね~そこかぁ。と思ったんですよ。
近くで見ないとわからないポイントがあったんですよ。
それは椅子!!
まぁ、ここでは詳しくは書かないでおきましょう。。。ってもったいぶる(笑)

余談ですけど
栄長さんとの電話はツイメ様半分、ゲキチ半分でした。ゲキチの2番ソナタもすごかったんですってね~。対照的な二つの凄演を聞けて幸せだったそうです。

最初にも書きましたが、ツイメ様が新潟に何度も来てくれるとか、日本ツアーをやってくれるとかは、きっと2年位前に東京に住居を購入されたこともあるのでしょうね。
もうずっと日本にいてくれたらいいのに!
ピアノも今回はいつものように持込だったそうです。

いろいろな感想があったコンサートでしたが、いいもの聞かせていただきました。
ツイメ様ありがとうございます。

ファンの若い男性が花を差し出されたら、機嫌よく受け取られ、なんと握手までしてくれてましたね。
あの方は一生の思い出になったでしょうねー。(うらやましい!)

ツアーもあとは東京、横浜、所沢の3つ。
ツイメ様がんばってください!
さて今日の月曜日はモーニングゲートが終わってからシネウインドに行ってきました!
見てきたのはフランス映画の

「ずっとあなたを愛している」

なかなかよかった映画でした。そしてその後はマルチン大作とのランチ。
ここいらへんのことは次に書きますね。
Commented by 蓮池もも at 2010-06-08 10:30 x
いつも、個展のご紹介をくださいまして、
どうもありがとうございます。
これからも描き続けていきます。
また、機会がありましたら、ぜひご覧ください。
蓮池もも
Commented by concerto-2 at 2010-06-08 10:38
これは蓮池さん、ありがとうございます。
昨年は驚くだけだったのですが、今年のは型になってきたな。と感じました。
絵屋さんの作品はなんか蓮池さんの心の中を思わず考えてしまいました。
 まだいろいろと思い考える所がおありなのでは。
きっともうすぐ突き抜けるものがご自身に宿って来られると思います。
今回は赤の作品だと思っています。私は蓮池さんの青も大好きなので、また青がポイントの作品たちも楽しみにしています。
すごくいい才能をお持ちだと思います、ぜひご自身の力を信じ、頑張って下さい。
コメントありがとうございました。
by concerto-2 | 2010-06-07 23:51 | 演奏会のこと | Comments(2)