人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

たまにはCDのご紹介でも。

今日の新潟日報の朝刊、そこの『あーとぴくす』御覧いただけましたでしょうか。
どっかの誰かが「偉そーに!」書いてますんで。。。w
ほんとは最後にもっと柔らかくしようと思ったのですが、まぁ私なんかを知らない人が読んで、どっかの偉い人が勧めてるのかな〜、じゃぁ聞きに行ってみよっかな〜。
と思っていただければ幸いです。
ぜひ、4月3日、もしご都合よろしければ聞きにいらしてください。
よろしくお願いします。

今回はここ数日入ったCDからピックアップしたかったものをいくつかご紹介。
まずはこちら
e0046190_2334838.jpg

週末の東京交響楽団演奏会で演奏されたこともあって一気に人気が高まったのが作曲家ゴリホフ。
そのゴリホフの3つの歌曲が収録されているのが、このCDです。
歌っているのは曲を捧げられたドーン・アップショウ。
とりあえずご注文頂いている分までは今日全部入荷してきました。
なかなか神妙ないい歌曲でしたよね。

そして4月から始まる東京交響楽団さんの新シーズンはなかなかマニアックなのが並んでますよね。
私も今のうちから調べて店に置くようにしておきたいと思っています。
例えばこちら
e0046190_23375947.jpg

パヌフニクの交響曲第3番シンフォニアサクラが収録されているCDです。
あとはスタンフォードの交響曲第3番などはナクソスにありますしね。
5月の日本作曲家ものはまだ手を付けてませんけど、順次そろえて行こうかな〜と思っていますので、皆様よろしくお願いします。

今年はなんといってもショパン、ショパン、ショパンです!
も〜いいや〜と思う方もいらっしゃると思いますが、私はこの1年あえてショパンにど〜〜っぷり漬かってみようかと思っています。
もう各音楽誌なんかでもベストCDはこれだ!みたいな特集が組まれてます。
そんなのを見て、やはりなかなか出ないよな〜と私が思っているピアニストがいるのですが。。
こちら
e0046190_23472948.jpg

リカルド・カストロというピアニストです!
今では大ピアニストのピリスが相方として引き立ててますよね。
そのカストロがアルテノヴァレーベルに録音していたショパン。
これが5枚を1セットとしてまとめられています。
なかなかいいんですよ、このショパン。
ピアノ協奏曲なんか1&2番ともバックはジュルネ新潟にもくるシンフォニア・ヴァルソヴィアというのもなかなかセールスポイント。
ものすごく個性的と言うことではありませんが、若くかっこいい演奏です。
特にバラードの1番なんか巨匠のゆったりした演奏が多い中、切れ味鋭い演奏で光ってるんですよね。
このセットは価格も安いので、隠れたショパンの名盤だと思います。
ちょっとお勧め。

ピアノの曲はなるべく安価で全集に近いものは置きたいと思っています。
今日も2種類の全集が入荷してきました。
e0046190_23534253.jpg

下がサンサーンスのピアノ作品全集です。ありそうでなかなか無いのがサンサーンスのピアノ曲。
まとまったものがあると助かる〜という方もいらっしゃるのでは。
上のはシューマンのピアノ独奏作品全集です。弾いているのは巨匠デムス。
両方価格もお得なのでピアノを習われてる方にはお勧めしたいセットです。

と、毎日いろいろなCDが入ってきます。
クラシックCDの未来はまだまだ明るい!!、、、かなぁ〜
まだまだクラシックは死なない!
という、そんな感じのタイトルの本をお見かけしたことございませんか?

それは名古屋のアリアCDの社長、松本大輔さんの本です。
最初が『クラシックは死なない』、2刊目が『それでもクラシックは死なない』だったかな。
そして遂に待望の第3作目の『やっぱりクラシックは死なない』が発売になりました!!
e0046190_044940.jpg

いつもながらの自信に満ち満ちたダイナミックな紹介は松本さんならでは。
とにかく読んでて面白いんですよね。
ちょっと過激なとこもあったり、実際そのCDを買って聞くと「うぅ〜ん」と思うこともあるけど、それはご愛嬌w
とにかく面白いことは間違いなしの本です。

で、今日松本さんとメールのやり取りをして、直接ご本人から送ってもらうことになりました。
土曜日くらいには届きます!!
そして、前の盤鬼平林さんの新刊の時みたいに、、、アレをアレしてもらってるはずですので。。(はっきり書けないのです。。)
とりあえず10冊来ます。ぜひいかがですか!

コンサート関係の先取り情報を一つ。
昨日、午前中に電話が鳴って、とったら明るい女性のお声が!
おぉー!昨年イギリスから戻られた長岡のピアニスト、村山薫さん!
リリックでやられたお姉さんの村山泉さんとのデュオリサイタルやサンサーンスのピアノ協奏曲は聞きに行ったものです。
その村山薫さん、5月16日(日曜日)の夕方にリリックホールでご友人のピアニストさんと2台ピアノもののコンサートをされるそうです。
当店でもチケット扱いますので、また詳細がわかりましたらお知らせしますね。
ぜひお楽しみに!
その日は午後に新潟でも連弾のリサイタルがあります。こちらはチケット既に扱いしておりますのでよろしくお願いします。

最後にコンサートのチラシを
e0046190_0564173.jpg

昭和音大さんご出身の皆さんが出演される「同伶会コンサート」。
こちらチケットもお預かりしております。

もう一つ
e0046190_0584597.jpg

新潟出身のソプラノ丹藤亜希子さんの朱鷺メッセマリンホールでのコンサートです。
こちらのチケットは扱ってないのですが、私の存じ上げている方の知人の方(笑)が関係されてるそうなので、言っていただければ手配できるかも。

裏情報を一つ。
ジュルネでの1番人気といえばウィスペルウエイのバッハ無伴奏コンサート。
もう売り切れと思われてるかもしれませんが、なんと伊勢丹さんで2日目の2つの公演があと数枚残ってますよ。他では完売らしいので、もしまだ買ってないけど行きたいと言う方は伊勢丹さんにGOですよ!
Commented by なかがわ at 2010-03-26 00:54 x
ゴリホフ、良かったですよぉ〜w。
行き過ぎた現代曲ではなくて、でも新しい音があって。
現代曲はダメッて思っている方でも大丈夫ですw。
Commented by concerto-2 at 2010-03-26 01:09
やっぱり!
私もこのCDは興味津々なんですよ。
いつもありがとうございます。
Commented at 2010-03-26 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by concerto-2 at 2010-03-26 22:52
はは!先生ありがとうございます。
おっしゃる通りです。早速直します!
ありがとうございました。
by concerto-2 | 2010-03-25 23:57 | CDの紹介 | Comments(4)