人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2

日曜日はよりどりみどり。

今日の日曜日はいい〜冬晴れ!青い空が嬉しい。
かなり雪も溶けてきましたね。
私も今日は久々に自転車で動き回れました。

そんな気持ちの良い日曜日。
3つ行ってきました!!みんなよかったですよ。

まずは午前11時スタート
西堀ローサの中のまちなかステージPianoPianoで行われた
「スティールパンわいわいライブinまちなか」
というミニコンサート。
PianoPianoっていつも行くと思うのですが素晴らしいスペース!!
こういうのがもっともっと知られていいし、またたくさんあってほしいです。

11時に間に合うように行ったら、そこには当店ご常連ishizakiさんがいらっしゃいました。
さすがishizakiさん!いらっしゃると思ってましたよ。
スティールパンって御存じです?
もともとトリニダートトバコで生まれた、ドラム缶をたたいて始まった楽器。
これがまたすっばらしいんですよ。
5人のメンバーがたたき出す音楽は新潟の寒さを吹き飛ばすカリビアンなサウンド!
も〜ノリノリ! あの一つのドラム缶の蓋みたいなので20種類くらいの音程を出せるなんてすごい。
よかったです〜。このローサの後、自然化学博物館のプラネタリウムでもコンサートがあったそうです。

そしてその後は。
午後2時からカトリック花園教会でおこなわれた
「ルネサンスソング&ソネット」コンサート。
出演はマルチン大作こと大作綾さん&白澤亨さんのお二人。
大作さんは歌、リコーダー、電気チェンバロ。そして朗読。
白沢さんはバロックギター、リュート、ガンバ、リコーダー。
と多彩なる技を持つ二人ならではの実に雰囲気たっぷりのいい〜コンサートでした。
特にシェイクスピアの詩の朗読を曲間にはさんだのですが、目をつぶって聞いて
朗読があって、その後、静かにまた曲が始まる。
雰囲気としてはかってのFM「夜の停車駅」を思い起こさせてくれるような感じでした。
それにちょうどマルチンにステンドグラスからの日の光がさしこんで
思わず
「おぉなんかマルチンきれいじゃん。。」
と思ってしまいました、不覚にも。。日の光恐るべしw
お客様は20人ちょっとでしたが、アットホームでゆるやかな時間が流れたいいコンサートでした。
ありがとうございました。

このコンサートが3時に終わって
そこからダッシュ!だいしホールへ!
10分ちょっとで到着。
だいしホールではやはり午後2時から
「新潟リングアンサンブル 第10回定期演奏会」
がおこなわれていました。
後半の後半、最後から2曲目のところで到着。
最後から2曲目は弦楽の皆さんによる展覧会の絵抜粋でした。なかなかキエフの大門なんか迫力ありましたね。
そして最後の曲は全員でビゼーのアルルの女。
みんな上手な方々なので小さな編成とは思えないいい演奏でした。
私が大好きなオーボエの山本さんも見れたし。よかったよかった。
アンコールは団長のお嬢様の編曲による「天空の城ラピュタ」。
ほろっとくるようないい演奏&名編曲でした。
お嬢様は私もいつもお世話になっております。東堀の看板娘なんですよ!

新潟はたくさん音楽コンサートやイベントが行われています。
まだまだ告知などが行き届かなく、たくさんあることが知られていないかもしれません。
もっともっと知っていただき、たくさんの方々に地元の演奏者さんのコンサートにも足をお運びいただきたいですね。

実に充実した一日でした。

今日のCDはこちら
日曜日はよりどりみどり。_e0046190_02549.jpg

グラモフォン音源からよりすぐった名演奏でかためた「チャイコフスキー作品集」です。
リヒテルが弾いたチャイコフスキーのピアノ協奏曲、最高の演奏と名高いドラティの1812年。
などなど収録された2枚組、そんで1500円というお徳盤。
でもこれを取り上げたのは理由があるのです。
このCDでしか聞けない演奏があるのです!
それはヴァイオリン協奏曲。ソロはクレーメル、バックはマゼール指揮ベルリンフィル。
私はチャイコのヴァイオリン協奏曲だと、この演奏が1番だと思ってるんですよね〜
すごい切れ味の演奏です。クレーメルもマゼールもそんなに好きでは無いのですが、この演奏はいいです!ロシア的な演奏とは対極にあるクールでソリッド、しかしうちに秘めたホットな感じ。
それなのに。。。この演奏、単品では今、国内盤も輸入盤も廃盤なんですよね。
唯一この2枚組だけに入ってます。輸入のオリジナルシリーズとかで出ないかな〜。
けっこうDGって多いんですよね。ジュリーニ様のグレートも出て無いし、ブラームスの2番3番は全集でしか手に入らないし。単品でもだしてほしいものです。

明日の休日は午前10時からの映画祭「薔薇の名前」観てきます!!
いい天気でありますように。

PS、ANDHYPENさんありがと〜。。Daaさんまた来週HELP〜(泣)
Commented at 2010-02-15 08:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マルチン at 2010-02-15 08:55 x
「ルネサンス恋歌&ソネット」にご来場ありがとうございました。
幸せな気分で演奏できました。
そして、太陽のありがたさが改めてわかる、そんな日でした。
(何だかワタクシがキレイに見えたみたいだし・・・笑)

決して華やかな曲ではなかったのですが、
でも、埋もれていてはもったいない、素敵な曲を、
お届けできたらなぁ~と思っています。
何か良い曲があったら、教えて下さいませ。
あ、そう言えば昨日のお客様から、
「歌って欲しい歌があります」と言われたんだった・・・。
探さなきゃだわ!

今後も、「息づかいの聞こえる」距離感で、演奏&芝居をやっていきます。
皆様、よろしくお願いします。
感謝。
Commented by Nobui at 2010-02-15 11:44 x
聞いてきました新潟リングアンサンブル演奏会。当方新潟(といっても秋葉区ですが)に戻ってきてからこの演奏会は毎回(ということは今回が3回目)聴きに行っています。
今回は中にほんの一部ですが、ちょっと素人っぽさの感じられるところもありましたが、全体的には楽しめた演奏会でした。
今回の皇帝円舞曲といい、28日の「新潟交響楽団第6回室内楽演奏会」で演奏が予定されている「美しく碧きドナウ」といい、ヨハン・シュトラウスⅡの作品ですね。6月の「新潟交響楽団第86回定期演奏会」で演奏が予定されている「ウィンザーの…」の作曲者オットー・ニコライにしてもドイツ生まれながらウィーンフィルの前身の創設者でもあります。ウィーンに縁の深い作品が続きますが、ウィーン気分を楽しみたいと思います。
Commented by concerto-2 at 2010-02-15 22:44
シークレット様ありがとうございます。
メール見ました。了解です!
ありがとうございます。
Commented by concerto-2 at 2010-02-15 22:49
マルチンお疲れ様でしたー!!
いや〜ほんとにあの日の光を浴びて歌ってるのを見た時は
「う、美しい」と思ってしまった。うぅぅ不覚w
でもほんといいコンサートでした。
あといろいろと新潟市内でも足場を広げていけるといいよね。
ぜひたくさんの人に聞いていただけるよう頑張りましょう!
ではまたねー!
Commented by concerto-2 at 2010-02-15 23:03
Nobui先生ありがとうございます。
ウイーン気分ですか。
それではぜひ新潟交響楽団室内楽演奏会をお楽しみに。
おそらく「新潟のボスコフスキー」が最後は登場するかと思いますのでお楽しみに。(どうなかな今年は?)
ありがとうございました。
by concerto-2 | 2010-02-14 23:56 | 演奏会のこと | Comments(6)