人気ブログランキング |

コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

トロンボーン。万代高校吹奏楽部。内田美果さん!

今日、悔しい思いをしたことがありました。
用事があって音文の事務室にいたのです。
そのとき、ちょっと受付のところでもめ事、、、とまではいきませんがなんかあって。
こそっと聞いたんですね。
ある方が音文にこられて、今日(日曜)の2時から画家のレクチャーがあるはずだが、どこか?
ということを聞いてらして音文の方がお答に窮してる。
という状況とのこと。
私はそれを聞いて、そっか今日新潟絵屋さんに画家さんが来られてるのでそれかな?と思い直接そのお客様にお聞きしました。。。。。でも違うよう。。なんか長岡の作家さんらしい。。
あぁそこでピーン!ときてもよかったんです。
結局、音文の方が新聞を出されてこられ判明しました。
答えは万代島美術館で作家さんが自作説明会をされてるんですよ。
あーそうだよー!今のバンビさんの地元作歌展は毎週末に作家さんがきてやってるんだ!知ってたのに!くやしー!それに長岡だったら西村満さんだって気付いてもいいのに!超くやしい。
冷静に考えればわかったことなのに。。。音文さんには力になれなく申し訳なかった。。
えっとそれで私が音文にいった用事は「あれ」です。
6月20日です。。

と謎掛けのような話はさておいて。
ちょっと曇った日曜日、まずはヤマハさんにGO!でした。
午前11時半からヤマハさんのグランドピアノサロンで行われたコンサート
「トロンボーン&ピアノ ミニコンサート」
出演はDuo Y(デュオ イプシロン)さん。
トロンボーンの山口遥平さんとピアノ西方有加さんのデュオです。
曲目は
チャイコフスキー 花のワルツ
バッハ/ラフマニノフ編 ガヴォット
モンティ/チャルダッシュ
サウンドオブミュージックよりメドレー
でした。
会場はほぼ満員。
このお二人は共に東京音大卒で出身が八王子。そして山口さんのお母さん、西方さんのお父さんが共に新潟のかたなんだそうです。
ということで東京以外でコンサートをするはじめてのところとして新潟を選ばれたんだそうです。
すっごく光栄なお話ですね。
そして更に。
このお二人の本格的なコンサートもあるんです!
チラシはこちら!
トロンボーン。万代高校吹奏楽部。内田美果さん!_e0046190_22413595.jpg

裏面はこちら
トロンボーン。万代高校吹奏楽部。内田美果さん!_e0046190_22432277.jpg

7月25日(土曜) 新潟県民会館小ホール 18時開演
チケットは一般2000円 学生1000円
チケット扱いは今のところヤマハさんと県民会館さんののみのようです。
ただ終演後に直接お話ができて、チケットを当店にも送ってもらえそうですので扱える時になりましたら、またお知らせします。
内容は作曲家がトロンボーンのために書いた作品を主体にくまれるそうです。
メインはRコルサコフの協奏曲。楽しみですね。
順序が逆になりましたが、演奏はさすがソロでやる!というだけあって上手でしたよ。
チャルダッシュなんかも音をきっちりきめてらっしゃいました。
あと山口さんは優し気で爽やかなキャラ、ピアノの西方さんはきれいでかっこいいし(笑)
きっと楽しいコンサートになると思います。ぜひお勧めです!

そして日曜日の午後は音楽文化会館で午後3時から行われた
「BANDAI HIGH SCHOOL Second Concert」
に行ってきました。
新潟市立万代高校吹奏楽部さんの第2回定期公演です。
昨年の第1回目も聞きに来ました。
昨年と比べると格段に上手くなってました。
特にパーカッションがしっかりしてましたね。
まだまだ部員さんも他校の有名校さんと比べれば数が少ないかと思いますので、これから増えてくればもっともっと厚みがでるでしょうね。
プログラムは
リード/ミュージック・メイカーズ
保科洋/風紋
ヴァンデルロースト/ダブリンダンス
サンサーンス/サムソンとデリラより

Rボール他/Pick Up The Pieces
アバメドレー/マンマ・ミーア!
カイリー・ミノーグ/I SHOLD BE SO LUCKY
筒見京平/ブルーライトヨコハマ
クイーン・メドレー

アンコールはユーレイズミーアップと最後の一曲はあれタイトルなんだっケかな〜「キャラバン」だと思ったけど。。違うかな。

前にも書きましたが、メンバーの中に当店のお隣のお嬢様がいらっしゃいます。
なんか、見てて「あぁ〜ちょっと前まで小さな中学生だったのに。。。」
3年生ということで前に出てソロもありました。
なんかもううるっときてしまいそうでしたよ。お疲れ様でした〜

全員での一生懸命の演奏!よかったです。お疲れ様でした。

最後に大事なお知らせを。
ピアニスト内田美果さんが来店され、コンサートのお知らせをいただきました。
トロンボーン。万代高校吹奏楽部。内田美果さん!_e0046190_0333230.jpg

内田さんというと本業のピアニスト活動の他に音楽療法士としても活動をされています。
ちょっとこのチラシから抜粋しますと

ボランティア活動をはじめ、現在は老人ケア施設・神経内科医院・リハビリテーションセンターなどの医療機関、自宅にて障害児に対する音楽療法を実践している。また、主治医と共に電子ピアノを患者宅へ運んで演奏するスタイルの「出張演奏」も行っている。9月に上越市にて高田福祉会主催の講習会にて講師をつとめる予定。
とあります。
新潟音楽療法研究会世話人という代表をもつとめられています。
このコンサートもそうした活動の一環ですね。
6月13日(土曜)午後2時開演 弥彦総合文化会館小ホール。
チラシもなかなか可愛い写真がのってますね。
ぜひぜひよろしくお願い致します。

休日の月曜日は県展でもまわろうかなと思っています。
Commented by Daa at 2009-05-25 08:18 x
6月20日ですか。検討しておきます(謎)

さて、事務所の対応の件難しいところですよね。私も土曜日に別な某所でちょっとゴタゴタありましたが、人によって対応が違うこともあるし、う~ん。。
イベントについてはお客様側が詳細を分からないと対応難しいですよね。でもきちんと知ってれば会場間違えないだろうしなぁ。イベント広報の問題もあるのかも。
会場間違いが減るといいですよね。。
Commented by concerto-2 at 2009-05-25 08:52
Daaさん、ありがとうございます。
でも昨日の音文さんは一生懸命やってらっしゃいました。なかなかグッジョブでした。こんなことを言っては申し訳ないのですが、ちょっと音文さん見直しました。
なかなか音文に美術展のことを尋ねるという方は少ない(笑)でしょうから、たいへんだったと思います。
うちも「なんでうちに?」というような問い合わせを受けることがありますが、けっこう私楽しんでます。
それと、え〜〜はい20日で。実は今回もちょっとしたテーマがあって、もう3分の1は決まってるんですけどね。今日はこれから出かけるので明日にでも一斉メールしようかと思ってます。ぜひ!ご希望あらばトリ・アゲインでもいいですよ!
Commented by drei Buchten at 2009-05-25 09:49 x
いつも楽しく拝読させていただいております。
トピズレで申し訳ないのですが、6月6日のアンサンブル・オビリーさんの演奏会のチラシは出ているのでしょうか。プログラムが分からないもので・・・。もし差し支えなければコンチェルト2号さんのこのブログでご紹介いただけませんか。
オビリーには独自のブログもあるんですが、放置状態になっていて情報が得られないのです。
Commented by concerto-2 at 2009-05-25 17:54
drei Buchten様ありがとうございます。
遅くなりすいません。
まずチラシは出ています。そして当店でチケットも扱っております。
プログラムですが近々になりましたら、また御紹介しますが
取急ぎお知らせ致します。

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ第4番
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲「アメリカ」
シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」
となっております。
是非よろしくお願い致します。
Commented by drei Buchten at 2009-05-25 18:23 x
コンチェルト2号さん、さっそくのご教示、ありがとうございました。
Commented by concerto-2 at 2009-05-26 00:24
お役にたてて光栄です!ありがとうございました。
Commented by tanata at 2009-05-26 04:05 x
ごぶさたしてまーす^^
Duo Yさんの「トロンボーン&ピアノ ミニコンサート」
やはり行かれたんですね~
お2人のご両親が新潟の方とか・・・
実は西方さん、私の親戚なのでした^^;
今回は行けなかったけど、7月はたぶん親戚で行くと思います♪
Commented by concerto-2 at 2009-05-26 10:09
tanata様ありがとうございます。
えー!ご親戚だったんですか!それはすごい(笑)
ほんとかっこよかったですよ。
新潟にゆかりがあるから来て下さるというのは、とてもありがたいことだと思います。ぜひ応援したいと思います。
ありがとうございました。
by concerto-2 | 2009-05-25 01:14 | 演奏会のこと | Comments(8)