コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧
まず水曜日の午後はド平日の午後というのに二けたのお客様に集まっていただきました!
川崎祥子さんのインストアライブ「行き当たりばったりなライブ」
またまたすごいライブでした。
次回は夜です。
e0046190_18064119.jpg
5月21日(日曜日)18時半からスタートしています。3コマです!
ぜひいらっしゃいませんか!
お待ちいたしております。

もう一つこちらをPR.
今年のジュルネでも新潟に来てくれましたフルート界の超新星
上野星也さん。
こういうセミナーをされるそうです。
e0046190_18082922.jpg
e0046190_18084467.jpg
4泊5日の合宿ということですね。
フルートの皆様ぜひいかがでしょうか。

さて今日から蔵織の展覧会も新たなものがスタートです。
「銅谷白洋と新潟情緒人形展」
明治から大活躍されてた新潟の画家、銅谷白洋さん。
その銅谷さんが昭和5年、大不況にあえぐ当時の情勢の中
新潟らしい竹人形を作ろうと立ち上がり、佐渡の竹を用いて数々の人形を作り全国に向けて販売しました。海外までも販路を広げたと言います。
ところが戦争がはじまり生産はストップ。終戦後も再開はされませんでした。
わずか10年ちょっとの生産販売。。一流の画家が中心になり作成したものだけあって、そのデザインは普通の竹人形とは違い美術品としても価値高いものとされました。
ところが今では現存されるものがとても少なく、かって新潟市の下町でそういうものを作っていたことすら忘れ去られてしまうこととなります。
ところが!今年に入り某所でまとまって発見されました!
それをそっくり蔵織にて預かり一挙展示いたします。こうしたまとまっての展示は本邦初公開でまさに幻の展示となります。
写真も撮りましたが、実際に見てもらうと全然違うので生で見てほしいのですが、とりあえずはこんな感じの数々。。
e0046190_18160353.jpg
e0046190_18161643.jpg
e0046190_18163057.jpg
e0046190_18164409.jpg
e0046190_18170030.jpg
なんと今日は銅谷白洋さんのやしゃ孫様も見に来られました。
e0046190_18182756.jpg
ありがとうございました。
それだけではありません!
この銅谷白洋さんと同じころのものとか
例えば
e0046190_18190980.jpg
こんなレトロなものも展示しています。
そして蔵の2階では!!
実はこれもすごいのです!

京都で大正末期から昭和初期に活躍された小林かいちさんの木版画作品展です。
これまさに大正ロマン!京都アールデコなどとも呼ばれたそうですね。
e0046190_18212002.jpg
e0046190_18213520.jpg
e0046190_18215094.jpg
e0046190_18220417.jpg
e0046190_18221903.jpg
e0046190_18223416.jpg
e0046190_18225015.jpg
e0046190_18230514.jpg
このようなものを展示いたしております!!
ぜひよかったら見に来てください。

お待ちいたしております!

# by concerto-2 | 2017-05-11 18:24 | 展覧会のこと | Comments(0)
明日もしお時間ありましたら

川崎祥子さんの「いきあたりばったりライブ」いかがでしょうか!
e0046190_17513737.jpg
明日午後1時半から30分枠で2コマやります!
ド平日の午後!でも以外に行けるよ!って人いらっしゃいませんか。
川崎祥子さんによるリクエスト・ピアノライブ。
毎回大好評です。ぜひお時間ありましたらお越しください。

ちなみに明日ですがちょっと蔵織自体のオープン時間を12時とさせてください。
出かけてくるとことがあるものですから。
普段は休館日の水曜日なのでお許しを。

来られましたらぜひ蔵の方での木曜日からの展覧会も準備終っておりますので見てください。
すっごくいいですよ。
e0046190_17560495.jpg
e0046190_17561724.jpg

いくつか新しめのチラシをご紹介。

新潟フルート界の重鎮、榎本正一さん関連で

まずは指導されているオカリナ教室の発表会がありますね。
e0046190_17571603.jpg
e0046190_17572758.jpg
浅利守弘さんと、そしてたくさんの仲間たちの皆さんとの合同コンサートもあります。
e0046190_17585627.jpg
榎本師匠様まだまだ若手には負けじと頑張ってらっしゃいます。立派です!

同じく大活躍されているのがソプラノの五十嵐尚子さん。
これから出演されるものを先日お持ちになられました。ありがとうございました。
まずは6月10日 地元旧豊栄のビュー福島潟での公演
e0046190_18031527.jpg
6月25日 新潟グランドホテルの公演
e0046190_18034506.jpg
そして7月23日 くれない会ヴォーカルコンサート
今回は青島広志などゲストの皆さんも豪華です。
e0046190_18051003.jpg
e0046190_18052474.jpg
五十嵐尚子さんのつややかで伸びやかな歌声素晴らしいですよね。

ソプラノと言えば西谷純代さんも常に超満員です!
6月4日に江南区文化会館にてこちらの公演があります。
e0046190_18074716.jpg
e0046190_18080074.jpg
バリトン野口雅史さん、ピアノ石井玲子さんとの豪華なトリオでの公演です。
楽しいものになりますよ。

クラシックとはちょっとジャンルが違ってきますが

ボサコルデオンさんの公演にチェロ渋谷陽子さんが!!
これはすごそう。。
6月10日です。
e0046190_18111468.jpg

これまたジャンルは違いますが
山崎ハコさんが江南区でライブをするんですね~
還暦記念ライブか~、、、へ~。。。
e0046190_18134344.jpg
e0046190_18135543.jpg

ちょっと私の知り合いの方よりPRしてと頼まれたものを一つ。
テレビなどでもよく出演されてたお坊さん、つるのまるこさんの講演会があるそうです。
興味ある方も多いのではないでしょうか。
e0046190_18163800.jpg
などなど、まだまだたくさんあります。

最初に戻りますが、あしたぜひお時間ありましたら川崎祥子さんのピアノ・リクエストライブぜひよろしくお願いいたします。

いい1日でありますように。


# by concerto-2 | 2017-05-09 18:17 | Comments(0)
今日はとっても嬉しいことがありました。
一つはずっと会ってなかった知人が訪ねて来てくれたこと。
そしてもう一つは。

つい先々週まで蔵織で「少女画~三人展」という新潟にあります日本アニメ&マンガ専門学校(通称JAM)のOBOG3人による作品展をやっていたわけですが。
会期中ずっと思ってたことがありました。
それはもう7~8年近く前に当店に入りびだってくれてたJAM生徒さんがいたのです。
その中の1人からすっごく久々に連絡が来て
こちらのマンガ本を送ってくれました。
e0046190_18062968.jpg
講談社が出している「アリア」というマンガ本です。まぁ少女漫画雑誌ということで、私などはこういう雑誌の存在すら知らなかったわけでありますが、でもたくさんあるそうですね。
そして何といっても講談社!
最新号となるこの号、その一番最後に読み切りとしてこういう作品が載っています。
e0046190_18113359.jpg
「初恋おにごっこ」というタイトルで作者は雨宮理真(あまみや りま)さんとあります。
この作者が当店に入りびだっててくれた、かってのJAM生徒さんなんですね。
ちゃんとしたマンガ雑誌に載るのは3回目だそうですが、2回目から今回まではかなり年数があったそうです。
一度就職をして数年間正社員として働いたのですが、やはり夢捨てがたく、その仕事との掛け持ちは不可能であるとのことでアルバイト生活に戻り、また書き始めたとのこと。
JAMで学んでいた時も才能はあると誰からも評価されていたそうで、割と早く乗るような感じもあり順調に行くのかな~と思ってましたがなかなかたいへんな世界であるわけですね。
もう30歳目前(笑)ということでしたが、いやいやまだまだ夢は追えます!
本当に頑張っていたんだから。。いろんな思い出が頭の中に浮かんできて、読みながら泣いてしまいそうでした。いやちとウルッと来てしまいました。
これはまだ読み切り作品なので、なんとか連載ものをゲットしてほしいと思います。
そうでないと漫画家とはいえない、特に経済面において。こうなれば私も読書アンケートコーナーというか応援メッセージというかそんなのがサイトにあるそうなので、連載してほしいぞ!みたいなことを講談社に送ろうと思っています。
私は30歳が大人&社会人のスタートラインだと思っています。20代なんかものにならなくたっていい、精いっぱいジタバタしてみればいいと思っています。
まだまだ!!これから!
雨宮理真という作家は世に出たばかり。全力で応援したいと思っています。
ぜひよかったら、この「アリア6月号」今書店で販売しているそうなのでよろしくお願いします。
また、ちょっち買えねぇな~というシャイなメンズの皆様には当店に置いておきます。読んでみて下さい。

この雨宮理真さん、新潟にいるときはいつも「うちわコンサート」聴きにくれていたんですよ。
それどころかプログラムに挿絵まで書いてもらっていたのです。
今は新潟県内在住ではないのですが、うちわコンやるときは高速バスで行きます!と言ってくれています。来てもらおうかなw

新潟を離れて10年近くなるのにうちのことを覚えててくれて、こうして近況を連絡くれる人がいるということ。本当に嬉しく思います。
やっている存在意義ってあるんだなって思いました。

ついつい本名を書いてしまいそうになるけどw
雨宮理真さん、いや雨宮先生!ありがとうございました。
頑張ってね!

さてJAMさんと言えば
「少女画~三人展」の作品でも、また似顔絵コーナーでも大人気だったのが
しゃなりかさん! 彼女もまた強烈なる頑張り屋さんですね。
そんなしゃなりかさんの個展がもうすぐです。
e0046190_18303975.jpg
e0046190_18305487.jpg
5月13日から18日まで。開場は古町5にあります「ギャラリー蔵」
はっきり言って、なっかなかおじさんおばさんには入りづらいとこですが
勇気をもって入ってみてください。
きっとしゃなりかさんがあの笑顔で迎えてくれることと思います。
ぜひお立ち寄りください。

マンガやイラストの世界に飛び込む若い皆さんに素敵な未来がありますように。

新しいチラシ関係をいくつかご紹介。

まずこちらはチケット取り扱っております!
新潟オルガン研究会さん。
e0046190_18341573.jpg
よろしくお願いいたします。

こちらももうすぐ取り扱う予定。
伊藤舞さんのリサイタル。プチ写真集みたいでかっこいいチラシですね。
e0046190_18351549.jpg
裏面がすごい。
e0046190_18354089.jpg
ピアノに小黒亜紀さんというのも話題になりそうですね。
伊藤舞さんよろしくお願いします。

尺八のすごい方、燕喜館で公演。
e0046190_18363944.jpg
ニューヨークに活動の拠点を置かれている古賀さん。
日本公演の合間に新潟で公演をされるとのこと。ありがたいです。

ヤマハさんで管楽器フェアがあるそうです。
ミニコンサートもありますよ(要事前予約)
e0046190_18382153.jpg
裏面も
e0046190_18383701.jpg
さすがはヤマハさんです!
いい企画&ミニコンサートですね。

いろいろなものが動き出す5月。
ジュルネが終わったからって新潟音楽界休止状態ではありませんよ。
大きな資本による大きなイベントが無い時に、普通の時にいかにいろいろなものがあるかが重要なんです!
新潟ってそう考えると毎週毎週いろいろな公演があります。
そしてそれはたくさんのプレイヤーさんが頑張っているということですね。地方都市でこんなにたくさんのプレイヤーさんが頑張っている、そしてその場があるっていうのは貴重だと思います。
それだけみんなが頑張っているということです。
ぜひ聴きに行く、足を運ぶということで応援しましょう。

だいしホールで素晴らしい演奏を聴かせてくれた小山実稚恵さんの新録音アルバムがリリースされました。
e0046190_18433298.jpg
なんと、バッハのゴールドベルク変奏曲です。
これは注目ですね。いかがでしょうか。

いい一週間でありますように。

# by concerto-2 | 2017-05-08 18:44 | 書籍・コミックのこと | Comments(0)
まず最初に

明日は当店お休みさせていただきます。
すいませんがよろしくお願いいたします。

今日は雨模様な天気ですが昨日はすっごくいいお天気でした!
絶好の新潟クラシックストリート日和でしたね!!!
皆様ご参加されましたでしょうか。
ことしが第7回目となるクラシックストリートでしたが、過去最高の天候ではなかったでしょうか。
私は蔵織をずっとあけることもできなかったので出たり戻ったりだったのですが
まずこれは行かねば!と思っていた12時からのSHIMOHONCHOU QUARTETさん
e0046190_18440913.jpg
あまりにも超満員で奥村京子さんが写ってませんが。。。とにかくもう入れないよってくらいの満員でした。

そしてちょっと古町6の無料ライブ会場を見て回って。。昨年まではここを私がやってたので気になるのです。
クラリネット五重奏の「やみてっと」さんが登場。
e0046190_18461564.jpg

今回この古町6ステージもずっとたくさんの方が聞いてくれてました。
そしていったん店に戻って。。。また出て
スワンさんでのテューバ町屋さん&ピアノ黒田さんへ
e0046190_18482355.jpg
町屋さんの楽しいトークと共に進行していく楽しさがありましたね。
ピアノの黒田さん、旧姓二宮さんは久しぶりでしたが、ぜひ新潟でも聴く機会が多くなるといいですね。いつもながら華があります。

そして急いでパルムさんでのファゴット小武内さん&ピアノ加藤さんへ。
パルムさんのキャパから考えても当然なのですが、こちらも超満員。。そしてとても写真など撮れる雰囲気でなく。。アットホームでいい公演でした。

次に町の駅りんくでの19世紀ギター植木さん&ブラームスギターのジョセフさんを。。と思ったのですが、これまた超満員。ということで急いでジャズフラッシュさんのソプラノ平野さん&ピアノ斉藤さんへ。
こちらではいろどりさんが撮影されてたので、ちょっと1枚お借りしますね。
e0046190_18541942.jpg
ドイツの田舎の酒場にいるかのような雰囲気の楽しい公演でした。
その後はいったん店に戻って、、、そしてまた出て古町6ステージのアンサンブルベヴィトーレさんへ。
e0046190_18574318.jpg
久々に5人のメンバーさんでの演奏とのこと。Kさんの復帰は私も嬉しいです。
それでまたいったん店に戻って、なんだかんだして。。。。ちょいと遠いのですがヤマハさんへ!

サックス樋口さん&ピアノ山際さんの公演。
こちらはちょっと写真撮れるような場ではなかったので写真はありません。
出かけてきた価値あるいい公演でした。演奏者さんの想いが感じられました。

でまた西堀に戻ってきました。
という1日でした。
感覚としてはなかなか賑わっていたという感じありました。
いろいろな集計が終わって結果がまた事務局さんから届くのですが、どうかいい感じでなっていますように。
こういうみんなで作るお祭りって大事なことだと思います。
課題はまだありますが、ぜひ来年は一人でも多くの人に参加していただけるものにしていきたいと思います。

さて、そういう会場に向かおう途中、上古町で自転車に乗っていたら背後より私の名前を呼ぶ声が。
振り向いたら、なんとそこには!
e0046190_19082140.jpg
Noism2の左が牧野さん、右が鳥羽さん。
この鳥羽さんが声をかけてくれたのです。嬉しい。
鳥羽さんとは彼女がNoism2に入ったころ辺りから知り合いになれて、上古町などでよく会って話をしたりしてるんですよ。今はNoism2を引っ張るポジションになりました。
とっても容姿もかわいい方ですがダンサーとしてもすごくいいダンサーです。
お二人が手に持たれているのはこちら。
e0046190_19110334.jpg
e0046190_19111785.jpg
5月26日から始まるNOism1さんの公演のチラシです。
みんなでPRして回っているんですね。
この公演まだチケットあるそうですよ。
今回は前半にかってNoism2さんでやった演目、これがまたいいんです!
それと後半にはワーグナーのトリスタンとイゾルデからの曲をつかってのもの、これは新作になります。
そういうプログラムです。とにかくNoismさんって言葉では表現できないんですよね。
まずは見てほしい!そう思います。いかがでしょうか。

また鳥羽さんと牧野さんが所属するNoism2さんはこちらがあるんです。
e0046190_19134752.jpg
6月23日からの新潟県政記念館でのNoism2さんの公演。こちらはもうチケットが完売状態。
追加公演が土曜日の夜20時から行われることになりました。ただそちらも残り10枚ちょっとだったかな。そういう感じです。2には1にない魅力もあります。
ぜひ行きたい!という方はお早目にチケットを!

Noism1&2 ぜひよろしくお願いします。鳥羽さん牧野さんありがとうね!

そしてここ蔵織では新たな展覧会の準備がほぼ終わりました。
今回はこちら
e0046190_19163467.jpg
裏面は
e0046190_19165606.jpg
こちらまた次回にでもお知らせしますが、まさに幻の大発見!だったんですよ。
こうしてまとまった銅谷白洋さんデザインの新潟情緒人形が展示されるのは本邦初。
昭和5年からわずか10年ちょっとしか作られなかったのですが、大人気で海外にまで販路を広げ年間12万個も出荷されたという新潟情緒人形。しかし戦後は再開される記憶の片隅からも消えていきました。
しかしコレクターは必死に探したりもしました。。でもない。。ところが!偶然2月末頃に某情報があり、あったのです!しかもたくさん、状態もとっていい感じで!!
まさに奇跡。
一流の画家である銅谷白洋がリーダーとなり制作していった新潟戦前の歴史的なものです。
ぜひ見てみませんか。
さらに!!
蔵の2階では同時代に京都から素晴らしいデザインをされていた方がいました。
小林かいちという方です!
戦後、海外から火がついて日本国内にそのブームが逆輸入となって届いたという作家さんです。
この小林かいちさんのデザインした封筒、はがきなどを展示いたしております。
これがまたすごいのです。
次回あたりには写真も載せて紹介していきますね。若い人にこそ見てほしいものです。
ぜひ展覧会の方もよろしくお願いします。

冒頭にも書きましたが明日はお休みさせていただきます。
よい週末でありますように。

# by concerto-2 | 2017-05-06 19:26 | Comments(4)
昨日のここ蔵織は19世紀ギター植木和輝さん&ブラームスギターのジョセフ・エアレンプレイスさんのライブをやりました。
当日に来られたお客様もいらっしゃり満員!ありがとうございました。
リハーサルでの二人。
e0046190_17191768.jpg
ブラームスギター面白いですね。8弦でエンドピン、チェロのように弾くんですがいい音がします。

お二人とも19世紀ギターでのデュオもありましたよ。
e0046190_17204115.jpg
このジョセフさん、写真で見ていると20代後半くらいかな~とか思ってたんですが、実際にお会いしてみたら若い!まだ21歳でした!!フレッシュなジョセフくんって感じでしたね。
いつもにこにこでお客様にも好印象でした。
私はいつものように扉の外で聴いていましたが、いいライブでしたね。

ブラームスギターでのバッハの無伴奏チェロ組曲は聴き入りました。
また現代曲も演奏されてました。これがまたよかった。

なんとジョセフくんも明日のクラシックストリートの植木さんの枠に飛び入りで共演するそうです!!
ぜひギターファンの方はお楽しみにされてください。

そう!明日はクラシックストリートなのです。
e0046190_17241191.jpg
天候もおそらくいいと思います。絶好の徒歩行楽日和!
まずはこのパンフレットをゲットしてください。
千円で何会場も巡れます。ぜひいかがでしょうか。


こちらのチラシができてきました!

新潟中央高校音楽科さんの卒業生の会が発足しました。
その記念の立ち上げコンサートですね。
さすがに第1回ということもあってオールスターです!
e0046190_17545691.jpg
e0046190_17555195.jpg
6月10日(土曜日)新潟市音楽文化会館さんで14時開演です。
チケットも扱っております。ぜひいかがでしょうか。

で、そのコンサートが14時開演なのでして。。。。。もしならこちらも掛け持ちできますね。
新潟県政記念館さんで夜あります。
e0046190_18065881.jpg
ボサコルデオンさんのチェロ渋谷陽子さんが加わるというライブ。
こちらは6月10日の18時開演です。
ぜひ両方いかがでしょうか。

昨年12月3日にりゅーとぴあコンサートホールで素晴らしい演奏を聴かせてくれたイリーナ・メジューエワさん。
その!そのりゅーとぴあライブがCDになりました!
こちら
e0046190_18085445.jpg
その時の写真ですね。
あの20~30分にもわたるアンコールもすべて収録されています。

メーカーコメントはこちら

メジューエワ日本コンサートデビュー20周年記念リリース第2弾
日本屈指の音響を誇るコンサートホールに
華麗なスタインウェイ・サウンドが響き渡る

メジューエワによる2016年12月の新潟リサイタルのライヴ録音。日本屈指の音響を誇るりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館に1925年製ニューヨーク・スタインウェイの華麗なサウンドが響き渡った贅沢なコンサートです。
 オーケストラでも親しまれている楽曲を集めたプログラムはピアニスティックな色彩感に溢れたもの。得意とする『展覧会の絵』は4度目の録音となりますが、ヴィンテージ楽器を使用した今回のヴァージョンは究極ともいうべきクオリティの高さを示しています。凡そ20分におよぶアンコール(8曲)まで含めた当日の演奏曲全てを収録。聴き応えじゅうぶんの二枚組です。(販売元情報)

【収録情報】
Disc1

● ウェーバー:舞踏への勧誘
● リスト:メフィスト・ワルツ第1番『村の居酒屋での踊り』
● ワーグナー/リスト編:イゾルデの愛の死
● ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
● ラヴェル:道化師の朝の歌

Disc2
● ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』
● プロコフィエフ:束の間の幻想 op.22 より第3番、第14番
● スクリャービン:プレリュード op.74-1
● ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
● シューベルト/リスト編:連祷
● メトネル:おとぎ話 変ロ短調 op.20-1
● ショパン:マズルカ 嬰ハ短調 op.6-2
● ショパン:ワルツ ロ短調 op.69-2

 イリーナ・メジューエワ(ピアノ/1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135)

 録音時期:2016年12月3日
 録音場所:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
 録音方式:ステレオ(デジタル 96kHz-24Bit/ライヴ)

ということです。
ちなみに解説書には私もちょこっと書かさせていただきました。
頭をひねりながら何度もこの音源をいただいて繰り返し聴いていましたが、何度聴いても素晴らしい演奏です!
5月20日発売予定。税込み3700円です。ぜひいかがでしょうか!!
おなたの拍手も入っていますよ!w

このCDってなんとかマスコミさんにも取り上げてほしいものですね。
こんなにすごい演奏が新潟nりゅーとぴあで繰り広げられていて、それが全国流通されるわけですから。
新潟からの発信の一つともいえますよね。

そういう意味でも新潟で爆発的なセールスを記録して、メジュ様にも喜んでほしいと思っています。


イリーナ・メジューエワさんと言えばバリバリのロシアが生んだ演奏者さんです。
そんなロシア音楽ファンの皆様へぜひご紹介したいものが。
この漫画本です。
e0046190_18181525.jpg
「ロシア音楽物語」というこの漫画、実によく書けていますよ。
グリンカからムソルグスキー、リムスキー=コルサコフ、ボロディン、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチが取り上げられています。
なかなか面白いですよ。こうしたマンガもっといろんな作曲家さんをやってほしいです。
例えばフィンジとか。。w
ぜひ書店であったら手に取ってみてください。おっとぜひ買ってくださいw

明日はクラシックストリートぜひご参加ください。

# by concerto-2 | 2017-05-04 18:22 | CDの紹介 | Comments(0)