コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

早いものでもう10月も終わりです。

週末お知らせの前に。

これは週末にも関係することですが、芸展 が明日からスタートします。
県民会館さんでは洋画と彫刻
りゅーとぴあさんでは日本画

11月9日からの後期では県民会館さんのみで工芸と書道が展示されます。
毎年力の入った作品を見ることが出来ますよ。お勧めです。
またこちらに関して、私が大好きな画家の西村満先生より直接ご案内のお手紙を頂きました。
感謝感激です。西村先生ありがとうございました。教美展につきましてもタイミングが参りましたらPRいたします。ありがとうございました。

もう一つ。
今日、ピアノの湊元なつみさんが来てくれました。
先日鍵冨さんのリサイタルで伴奏をされ頑張ってました。
今年は湊元さんにとってもここまで波乱万丈の一年だったと思います。
いろいろなことをこれからの人生に生かしていってほしいと願っています。
ぜひピアノの湊元なつみさんを応援よろしくお願いします。

で、、実は湊元さんにはインストアライブの話も以前からしてて、、、、ほぼ決まりなのですが
実際にきちんと決まりましたらお知らせします。できれば来月中にやれればと思っています。
インストアライブ12月にも一つ某演奏者さんでほぼ決まっています。
あともう1チーム、お願い中なのがありまして、、、、なのでできれば年内にあと3つはやれたらなと思っています。ぜひお楽しみに。

ではこの週末、3連休についてです。

まずは1日の土曜日。

こちらのかわいいチラシが目を引きます。
りゅーとぴあスタジオA 
e0046190_1649532.jpg

13時半開演 入場無料
「サクソフォン・アンサンブル B.Dカルテット コンサート」
女性4人のサックスカルテットでしょうかね?なんか楽しそう。

だいしホール
e0046190_1651563.jpg

14時開演 入場無料
「第1回 女性コーラス はなみずき コンサート」
立ち上げコンサートでしょうか。頑張ってください。

あとは新潟市音楽文化会館さんでは17時半より敬和学園高校さんのコンサートがあるようです。
入場無料。敬和さんと言えば県内の高校合唱では新潟中央さん、長岡さんと並ぶビッグ3の一角です。
いい演奏が聴けると思いますよ。


2日の日曜日。

やはりこちらからご紹介でしょうか。
りゅーとぴあコンサートホール
e0046190_16555035.jpg

14時開演 ユンディ・リ ピアノリサイタル です。
今回はベートーヴェンの3大ピアノソナタがメインですね。

だいしホールでは。
e0046190_16573449.jpg

13時半開演 さいとうけいこ先生門下生の皆さんによるピアノコンサートがあります。

カトリック青山教会では。
e0046190_16591314.jpg

14時開演 山本真希さんのチャリティーコンサートです。

秋葉区文化会館さんでは。
e0046190_1701916.jpg

14時開演 「舞台であそぼう! あきはの民謡とわらべうた」

秋葉区の荻川コミュニティセンターでは。
e0046190_1715349.jpg

新大オケではパーカッションで頑張っていたわたなべゆうさん。
元々はエレクトーン奏者さんなんです。10時半開演。

見附アルカディアさんでは。
e0046190_173328.jpg

15時開演 鈴木美奈子さんによるショパンプログラムのピアノリサイタルです。

長岡リリックのシアターでは。
e0046190_17152542.jpg

14時開演 フェニックス・フルートアンサンブル 1stコンサート
があります。浅利先生門下の皆さんによるコンサートですね。デュレーヴの皆さんの特別出演もあるようです。

あとは
新潟市音楽文化会館さんでは正午から高校生による柳都音楽会があります。入場無料。
新潟県民会館さんでは12時半から小ホールで廣野先生門下の皆さんのピアノ発表会があります。

それと街ネタですが、2日には上古町でカミフル門前市が行われます。Noismの真下さんによるワークショップや青空カフェやライブ演奏などなどいろいろとあるようですよ。

3日の月曜祝日。

チラシを持ってき忘れたのですが
新潟県民会館さんでは15時からヴェルディ「アイーダ」公演があります。

新潟市音楽文化会館さんでは。
e0046190_17252114.jpg

11時半開演 邦楽の三曲演奏会があります。いわゆる筝、三絃、尺八の演奏ですね。

ちなみに音楽文化会館さん、その後18時半からは新潟商業吹奏楽部さんの演奏会があります。

NEXT21の6階、市民プラザさんでは。
e0046190_1728923.jpg

ジョイントコンサートが14時から行われます。
こちらなかなかの皆さんが出演されますね。

江南区文化会館さんでは。
e0046190_17295872.jpg

13時半開演 新潟音楽フェスティバルというものが行われます。
シンフォニック・アンサンブル・リルトさんも出演されます。おぉ河本先生がんばってください!

新発田の旧県知事公舎記念館さんでは。
e0046190_1733135.jpg

14時開演 カフェコンサートというもので、ヴァイオリン&ホルン&メゾソプラノ&ピアノという編成でのコンサートが行われるそうです。ピアノは金川唯さんが出られるそうですね。

これは非公開か公開かわからないのですが
ヤマハ新潟さんでピアノの発表会があるようです。存じ上げている方も何人かいらっしゃるのですが、ちょっとここでは書かないでおきます。

またまた街ネタですが
白山公園内にあります入場無料な文化財、燕喜館さんでは今日から3日まで「花の越飾り」という花のイベントをされてます。
e0046190_17354917.jpg

きっと美しいと思いますよ。いかがでしょうか。

もう一つ。
2日にはNoismの顔、井関佐和子さんのファンクラブ「さわさわ会」の設立前夜祭&井関さんのほんの出版記念パーティーがあります。
e0046190_17373911.jpg

こちらに私、拉致されてしまうことになりまして、、、行ってくるのですが
あ~なんかおしゃれで文化の最先端を行くようなセレブな方々ばかりみたいなので気が重い。。。
でも井関さんのファンクラブができたことは喜ばしいことですね。入会希望者どしどし受付中です。

土曜日の夜10時からはぜひFMPORT「クラシックホワイエ」お聞きください。

今週の内容は。

放送日 2014/11/01

【ベストヒット・ドヴォルザーク】
毎月第1週は親しみやすいテーマと選曲です。有名作曲家のトップ10に入るドヴォルザークの有名曲を聞いてみましょう。番組後半にはソプラノの安藤赴美子さんをお迎えします。

■ドヴォルザーク(ヴィルヘルミ編曲):ユモレスク
チョン・キョンファ(vn)/イタマール・ゴラン(p)

■ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第2楽章
ロリン・マゼール指揮/ウィーン・フィル

■ドヴォルザーク:わが母の教えたまいし歌
安藤赴美子(S)/冨平恭平(p)

■ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番ヘ長調「アメリカ」第1楽章
アルバン・ベルク四重奏団

【おすすめCDコーナー・マイニュー】
ゲストに安藤赴美子さんをお迎えし、CDについてや、OFFの過ごしかたなど、たっぷり伺いました。

「APPRESSO」

2014年10月24日発売
3,240円(税込)
OVCL-00549

安藤赴美子さんのブログ
http://fumikoando.cocolog-nifty.com/

オクタヴィア・レコードのサイト
http://www.octavia.co.jp/

【番組エンディング使用曲】
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲
ザ・フルート・カルテット


そしてなんと、また偶然。
ナクソスジャパンの姉上もまたドヴォルザークねたでした。


全てを愛することは難しい
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第5番 ヘ短調 Op.9

いつかも同じようなことを書いたのですが、ドヴォルザークの作品も、ごく一部のものを除いては、全く知られていないんだな・・・と思います。ま、どの作曲家も生涯たくさんの曲を書いているせいもあり、全ての作品が満遍なく聴かれている人なんてなかなかいないものです。あのベートーヴェンでさえ、「合唱幻想曲」などになるとかなり愛好家が減るのはご存知の通りですし、モーツァルトもケッヘル400番から500番台の室内楽作品などは頻繁に聴かれるものでもなさそうです。

そんな中のドヴォルサークです。http://www.rakuten.ne.jp/gold/naxos/composer/3/CZE.html#N26024
今日は弦楽四重奏曲第5番Op.9です。彼の弦楽四重奏曲といえば、第12番「アメリカ」がダントツの人気で、他は10番以降の4つの作品がしばしば演奏されるのみでしょう。程よい郷愁(土臭さとも言われること多し)とわかりやすいメロディなどが人気を誇ります。あとはあの「糸杉」。これはちょっと違った分類の作品です。
そんな中、この第5番は違った意味で異彩を放つ作品といえるでしょう。この曲は1873年、彼が結婚した年に作曲されました(この少し前、ドヴォルザークはワーグナーの音楽の強い妖気に当てられていましたが、その影響から少しずつ脱却し、独自の個性を見せ始めた頃です)。この作品、全曲として初演されたのは1930年になってからで、総譜もそこでようやく使用可能になりました。しかしこの曲の第2楽章だけは、自身の手でヴァイオリンとピアノ、もしくはヴァイオリンと管弦楽のための「ロマンス」として編曲され、こちらのみは数多くのヴァイオリニストたちに拠って演奏されています。

このロマンスは、しばしばヴァイオリンの小品集に含まれていて耳なじみのよいものでした。てっきり独立した作品だとばかり思っていたのですが、何かの時に「弦楽四重奏曲の中の楽章である」と知って、その元の曲を聴きたいと録音を探してみたところ、これがあまりないんですね。全集には含まれているのですが、この曲を1枚で・・・というとかなり難しいのです。やはりドヴォルザークの初期の作品は人気ないんだな。と思ったのですが、NAXOSなら1枚ものがあります。さすが。2楽章はもちろんステキですが、第1楽章の物憂げな冒頭もぐっと来ます。8.553377

e0046190_17421817.gif


ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲集 6 - 第5番, 第7番(プラハ・ヴラフ弦楽四重奏団)


私からの今日のお勧めは今聴いているのですが、今日入荷の新譜。
エリック・ル・サージュのベートーヴェンのピアノソナタ第30,31,32番。
e0046190_1744469.jpg

まだ30番聴いているところなんですが、なるほどね~
思い込みもありますが、なんかル・サージュが弾いているとシューマンぽいような、そしてフランスっぽいような気になってしまいますね。
でも面白いです。鮮やかな演奏です。

せっかくの3連休、天気がいいといいんですけどね~、ちょっと不安な予報も出てます。
ぜひ外に出て連休をお楽しみください。
それでよかったら当店にもお越しください。
この3連休、私の抜け出しタイムは。。。。2日の3時過ぎから4時過ぎがもしかすると出かけるかもしれません。あとはいます!

いい連休でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-31 17:50 | この週末は。 | Comments(4)
まず最初にこちらをPRせねば!!
e0046190_17435494.jpg

前々からちょろちょろ書いてはいましたが、チラシが出来てきました!
く~会館のサイトのほうではカラーなのですがw

11月22日(土曜日) 西川多目的ホール 19時開演 入場無料。
「初冬に贈る ほっとタイムコンサート」
ピアノ・歌 山際規子さん
フルート 小笠原直子さん
ギター 門馬由哉さん

というトリオ、3人ともばりばりのクラシックもできる(当然!)皆さんですが、その3人で贈る
ほぼ100%ポピュラーものコンサート! 特に山際規子さんの歌がメインです。しかもこの曲目からもわかりますが演歌もあります。シクラメンのかほりもあります。愛の賛歌もあります。まだまだこれ以上にこういうプログラムが続きます。映画音楽もあります。門馬さんと小笠原さんの丁々発止のデュオもあれば、門馬さんの超絶ギターもあります。ぜひいかがでしょうか。

そして。。。えーいもう発表しちゃいます!
西川までちょっと行けないよ~とお嘆きの皆様。
実はこの3人で翌日もやります! 一応私が主催者ですがスタジオスガマタでやります!
ちょっと山際さんの歌が減るかもしれませんが、その分スガマタライブではギター門馬さんをメインにたててやります! この門馬さんすごいですよ!

えー!でもその日は新潟交響楽団さんの定期があるからー行けないよ~ともお嘆きの皆様、ご安心ください。
なんと午前11時からやります!! これなら両方聴けます!!
ということで11時開演と14時開演の2回公演でやります!
料金は 1000円の予定。
まだまだつめて無いところがありますが、いずれチラシも作成します。
西川は山際さんがメイン! スガマタは門馬さんがメイン! そこに咲く一輪の花、小笠原さん。
みたいなコンサートになるのではと思っています。

ぜひ二日間での3公演、よろしくお願いします。

今日も清清しい一日でしたね。

今朝はなんと! 一旦店に来てから用事があって木戸(下木戸)まで自転車で往復するということになりました。ちょっち疲れましたが、それでも朝の爽やかな空気は力くれます!
道すがら。。。

かっこいいぜ東区の煙突!!
e0046190_17565864.jpg

この紀州北越製紙さんの工場地帯はTDLの4倍の広さなんですよ!

発展してるぜ沼垂!!
e0046190_17575682.jpg

まだお店も空いてない時間でしたが、それでも来られてた雑貨ショップの女性オーナーさんが声をかけてくれました。なんか自信にあふれてますね、伸びている場所だという感じがあります。

そんな中に、知り合いの本屋さん「フィッシュオン」さんもあります。
e0046190_1759663.jpg

若きオーナーMくん頑張ってるかな。

そして、へろへろになりながらも「お帰り~」と言ってくれているかのような、りゅーとぴあさん!
e0046190_180810.jpg

あーん、ただいまー!疲れたよぉ~w

ということで、今現在のチケットの取り扱いご紹介です。



11月8日(土曜日) りゅーとぴあ能楽堂 14時開演
「キャトル フルートコンサート vol.3」
チケット 2500円 高校生以下 1500円

11月8日(土曜日) だいしホール 14時半開演
「2014年第49回新潟県音楽コンクール 受賞者コンサート」
チケット 700円

11月9日(日曜日) だいしホール 14時開演
「プロジェクト・リュリ第7回演奏会 ラモーの肖像」
チケット 1000円

11月9日(日曜日) 長岡市立劇場 14時開演
「第51回長岡市民音楽祭」
チケット 1000円

11月9日(日曜日) 西堀通5 長照寺 16時半開演
「寺宵・輝夜」
チケット 2500円 中高生 1500円

11月14日(金曜日) だいしホール 19時開演
「田中幸治 piays シューマン vol.4」
チケット 2500円

11月15日(土曜日) だいしホール 14時開演
「アルスノーヴァ木管五重奏団」
チケット 2500円 学生 1000円

11月16日(日曜日) 新発田市生涯学習センター 14時開演
「鹿島恵子レクチャーコンサート」
チケット 1500円

11月22日(土曜日) りゅーとぴあスタジオA  14時開演
「トリオ・ペンナ演奏会 トリオソナタの愉しみ Ⅲ」
チケット 1500円

11月23日(日曜日) りゅーとぴあコンサートホール 14時開演
「新潟交響楽団 第95回定期演奏会」
チケット 指定 1500円 自由席 1000円

11月28日(金曜日) 新潟市音楽文化会館 19時開演
「にいがた音楽協会 20周年記念コンサート」
チケット 2000円

11月29日(土曜日) だいしホール 14時開演
「新潟青陵大学・短期大学音楽研究室有志によるジョイントコンサート」
チケット 1000円 学生 500円

11月30日(日曜日) カーブドッチ 14時半開演
「清水理恵 & 藤井晶子 プレ・クリスマス コンサート」
チケット 2500円

12月2日(火曜日) 新潟市音楽文化会館 19時開演
「愛弟子 平井丈一朗が恩師パブロ・カザルスに捧げる特別演奏会」
チケット 4500円 学生 2000円

12月4日(木曜日) りゅーとぴあスタジオA 14時開演
「オーケストラ ファン・ヴァセナール公演 バッハを囲む巨匠達」
チケット 3000円 高校生以下 1000円

NEW 12月7日(日曜日) だいしホール 14時開演
「巻古典ギター同好会 ギターコンサート2014」
チケット 800円

12月7日(日曜日) カーブドッチ 15時開演
「玉木彩葉・二宮麻里子 ピアノデュオコンサート」
チケット 2000円

12月14日(日曜日)加茂文化会館大ホール 16時開演
「バレエ くるみ割り人形」
チケット 4000円


12月16日(火曜日) 江南区文化会館 19時開演
「この世は舞台~ステージで聴く古楽器~ Ⅲ.舞台は聖夜」
チケット 500円

12月23日(火曜日祝日) りゅーとぴあスタジオA 14時開演
「松井美端 & 高木明子 デュオリサイタル」
チケット 2000円

2015年

1月12日(月曜日祝日) 江南区文化会館 14時開演
「枝並千花&須藤千晴 デュオコンサート2015」
チケット 2500円

2月22日(日曜日) りゅーとぴあスタジオA 15時開演
「風景旋律vol.3 春を迎えに」
チケット 2000円


新潟シネウインド前売りチケット

「あいときぼうのまち」 上映10月25日(土曜日)~11月7日(金曜日) 1500円
「パンドラの約束」 上映10月25日(土曜日)~11月7日(金曜日) 1500円
イノセントラブvol.1「愛の言葉」 上映 11月8日(土曜日)~11月14日(金曜日) 1500円(特典付)
イノセントラブvol.2「二度目の初恋!?がやってきた」 上映11月22日(土曜日)~11月28日(金曜日) 1500円(特典付)
イノセントラブvol.3「この世の果て」 上映12月6日(土曜日)~12月12日(金曜日) 1500円(特典付)
「FRANK」 上映 12月上映決定 1500円
「100歳の華麗なる冒険」 上映12月20日(土曜日)~1月9日(金曜日)


となっております。
ぜひいかがでしょうか!

東京藝大の院で頑張っているピアノの浅香みのりさんからお知らせをいただきました。
こちらに出演されるそうです。
e0046190_1873951.jpg

11月12日(水曜日) 東京藝大の第6ホール(新しくなったホールとのことです) 18時半開演
「浅香みのり & 生井澤日向子 修士リサイタル」
浅香さんはソロではシューマンの3番ソナタ、デュオでワーグナーの曲をいろんな作曲者が編曲したものを演奏されるそうです。それ面白そうですね。
頑張っていますね。

もちろん浅香さんといえばこちらがあります。
e0046190_18113730.jpg

11月16日に新発田で行われる鹿島恵子先生のレクチャーコンサート。こちらで伴奏とソロを演奏されます。
このレクチャーコンサートってすごい内容と意義だと思うのですね。これこそ県民の新聞さんで取り上げてもらえたらいいのにな~と思っているのですが。。
ちなみにチケット扱っております!!! 特に歌をされている方は有意義なものになると思うのですが。

では最後はナクソスジャパンの姉上のコラムを。


今日は楽しいオペラでも
ラモー:イポリトとアリシ

先日、テレビで放映されたバイロイト音楽祭の「タンホイザー」をご覧になった人はいらっしゃいますでしょうか?
最近のオペラの演出は、どんどん過激になっていますが、このプロダクトもすごいものでした。その前の年の「オランダ人」もなかなか尖がったもので(こちらは最近弊社から映像が発売されました・・・Blu-ray:OABD7147D)、こちらも賛否両論でしたが、2014年は更にすごいというか、もう元の世界も何もあったものではありません。面白さをとるか、それとも演出の妙をとるか迷うところです。
しかし、バロック・オペラの演出はその上を行くものが多く、ある意味「やりたい放題」だったりします。時代を現代に置き換えるなどは日常茶飯事であり、歌手たちも奇抜な格好をさせられ妙な装置で歌うのが当たり前。この新譜である、ラモーの「イポリトとアリシ」(グラインドボーン)はその最たるものでしょう。

演奏は素晴らしいのです。まずオーケストラはエイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団で、指揮はウィリアム・クリスティです。フランス・バロックの名手です。歌手たちも粒揃いです。もっとも重要な役であるフェードルを歌うのはベテラン、サラ・コノリーで、彼女の歌は全体の流れをぴしっと締めています。
ですが・・・演出がまあ奇想天外!舞台はなぜか冷蔵庫。登場人物たちはキッチュな衣装を纏い、天井からはオレンジやらカリフラワーがぶらさがってきます。そして舞台上を華麗に舞うのはブリーフ姿の男性ダンサー。思わず目が釘付け・・・いえいえ、目が点になること間違いありません。
こんな映像を最初に見てしまうと、もう刷り込みのようなもので、今後どんな演出で「イポリトとアリシ」を見たとしても、この場面では頭の中でパンツの男たちが群舞を始めるのだろうな。と、少々げんなりしながらも楽しんだのです。
この驚き、ぜひオススメいたします。

e0046190_1814297.jpg



最後に

ほんとうに愛していた人に裏切られて、、、でも、やはり許さねば。。

そんな気持ちの高まりで。。。

e0046190_18154224.jpg

行ってきました。
例の事件以来なんか足が遠のいていたのですが。。。今朝、許してあげましたw

やはりソーセージエッグマフィンは旨し。。。人類の文化遺産に入れてもいいのではないかと思うくらい。。
思わず2つ食べようかと思いましたが堪えました。。。ちょっとダイエットでもしなくてはw
セブンイレブンのハムカツも買ってきてることだしw
そして今日はチャリで10キロくらい走ったし。
自分にご褒美w  ダイエットは明日から。。。。

明日もいい一日でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-30 18:19 | 取扱チケットの御案内 | Comments(0)
今日はちょっと肌寒いですが、朝から天気は良かったです。
開店前にりゅーとぴあさんに行ってきまして、その前の白山公園は今日もきれいでした。
e0046190_1722340.jpg

e0046190_1724524.jpg

りゅーとぴあさんの最上階から眺めると。
e0046190_1732165.jpg

真ん中にきちんと並んでいるのは幼稚園の皆さん。
私が降りて脇を通ったときはもう
e0046190_1752615.jpg

走り回っていましたw

普通のことが普通にあるということは幸せなことだと思いました。

さて昨夜はこちらに行ってきました。
e0046190_1765535.jpg

新潟音楽界の村会議員を自認する私には珍しくセレブなコンサートw
会場に行ったら係員さんたちもフルートの皆さんたち。
中に入ってもフルートのみなさんたちが大挙して聴きにいらしてましたね。
それはそうでしょう。すごいメンバーですから。
こうしたものを新潟にお招きできる佐々木和子先生のお力はすごいです。
ありがたいことですね。

コンサートの詳細につきましてはishizakiさんがブログ「いちかっこジョバンニのクロソイドダイアリー」でお書きになられています。まったく同じように感銘を受けました。
まぁこれだけの4人が来られてやれば、あれだけのものはできますよね。。。と予想はしてても実際に聴くと
へー!と思います。見事な演奏。拍手ですね。
こういったコンサートを目の当たりにすることによって会場にいらしてた多くのフルート奏者の皆さんも影響を受けて、奮起され今以上にレベルアップもされることと思います。
4人の方々もすごいです。が、新潟のフルート界もどんどん伸びてきていると思います。
ぜひそちらもお楽しみにされてくださいね。

会場でも販売されてましたザ・フルートカルテットさんの一番新しい新譜。
「アラベスク」
e0046190_17125155.jpg

この中で昨夜も演奏されてた三浦真理さんという作曲者さんの「ファンタスティック・モネ」という組曲、これすっごくいいですね。このCDちょっとジャケットが地味なこともあってか、なかなかお求めいただけていないのですがじっくり見るとこれは収録作品的にも優れものの1枚ですね。

フルートではこのCDを私はなるべく置くようにしています。
e0046190_17175180.jpg

「40フルート小品集」
というフルートで演奏される40の小品、全部名曲揃いです。楽譜も出ていて本来は初心者用の教育向けなのかもしれませんが、これは普通にフルートの名曲集として聴いても最高のひとつではないかなと思います。
BGMにもいいですね。
マリーの「金婚式」が入っているのが嬉しいです。
いかがでしょうか。

今夜三条で素晴らしいコンサートがあります。
こちら。
e0046190_17214288.jpg

コントラバスとハープのコンサートです。
しかも演奏者さんはコンバスが中越出身の佐野央子さん。そしてハープは山宮るり子さんの師匠様でもある巨匠山崎祐介さん。これも日本トップクラスの演奏が聴けることでしょう。
そもそもコンバス&ハープでのコンサートだなんて素敵過ぎます!! 新潟市にも来てほしかった~。
ishizakiさんが聴きに行かれる予定だそうですのでレビュー楽しみにしています。

今日からメディアシップさんでは4週連続の音楽イベントがスタートですね。
e0046190_17244748.jpg

毎週水曜日の19時開演。(最終日は18時半から)
今夜はフランスものでアコースティックギタートリオとのこと。
興味ある方はぜひ聴きにいかれてください。

夏にメディアシップさんの最上階でコンサートシリーズをやっていただきました。
たくさんの方にお越しいただき私も嬉しかったです。
また、もし!やることがあったらぜひお越しくださいね!

昨日、新潟市でインタビューマガジン「LIFE-mag.」を一人で作って発行している小林さんが遊びに来てくれました。なかなか一人で本を作って出すって大変ですよ。
そして小林さんは青山で今週末行われる山本真希さんのチャリティーコンサートに行きたいんですよ。
とのこと。おー!興味をもってくれて嬉しい!
写真撮らせてください!ということなので
恥ずかしながら。、。

e0046190_17292278.jpg


それにしても「LIFE-mag.」って一人で作ってるとは思えない本ですよ。
チープさは全く無く、実にきれいに作られています。
最新号はシネウインドさんの大特集のもの。あのウインド斉藤さんがドンコルレオーネみたいにして写ってるのが表紙になっているのです。当店でも販売しております。
実は月刊ウインドの12月号にはその「LIFE-mag.」ウインド特集号を読んで。というコラムを私が書きました。
ま、よかったら読んでみてください。ってまだ出るのは先ですが。(しかも400文字だから短い)

今月発刊された11月号には当店の広告も入れていただきました。
今回はyanagiさんに新たに作ってもらいました。
e0046190_17343891.jpg

新大オケさんのときもこれにしようかな。

昨日のフルートカルテットさんのアンコールはドヴォルザークのスラヴ舞曲の72-2でした。
あの有名なメランコリックな名曲ですね。
昨日の私はFMPORTの燃えるクラシックマニア,美貌のTディレクターと一緒に聴いてたのですが
終演後に聞いた話で
「実は今週のクラシックホワイエは ドボルザークの特集で エンディングにはこのフルートカルテットさんのCDから、このスラヴ舞曲72-2を使ったんだよ!」とのこと。
全くの偶然だそうです。
Tさんの鋭い勘が引き寄せたのでしょう。

そしてなんと偶然がもう一つ!

ナクソスジャパンの姉さまのコラム。
今日載せるのがやはりドヴォルザーク!! これも偶然。
やはり人気ありますね。

ではこちらです。




今日は、仕事絡みでこの曲聴いてました
ドボルザーク:ルサルカより「月に寄せる歌」

「新世界より」や「ユモレスク」で知られるドヴォルザーク(1841-1904)。彼の作品はなぜか日本人の心に強く訴えかけるものがあるようです。彼のメロディは素朴で哀愁に満ちていて、包み込まれるような優しさを感じさせるからかもしれません。

そんなドヴォルザーク、あまり知られていませんが、実は11曲のオペラを書いています(アメリカで生活したときにも歌劇を書く構想がありましたが、それは実現せず、結局はそのいくつかの素材を用いて第9番の交響曲を創作したという興味深いエピソードもあります)。
しかし、これらのオペラのほとんどは現在上演されることはなく、唯一、晩年の作品である「ルサルカ」(1900年作曲)だけが時折舞台に掛けられるのみです。ルサルカとはスラヴ神話の水の精のことで、美しい容姿で描かれることもあれば、地域が変わると恐ろしい妖怪のような姿で描かれるという不定形の存在です。若くして死んだ花嫁や水の事故で死んだ女性、洗礼を受けずに死んだ嬰児などが姿を変えたもので、彼女が歌う歌は若い男を魅了し、その男は結局水に引き込まれてしまうという言い伝えがあります。

ドヴォルザークの「ルサルカ」はこの伝承の存在と、アンデルセンの「人魚姫」の中間のような存在。人間の王子に恋をして、地上で生活をするために人間に変えてもらうのですが、それとひきかえに声を失うという粗筋は確かに人魚姫そのもの。王子は早々に他の女性に心変わりしてしまい、取り残されたルサルカは王子の命と引き換えに元の姿に戻るか、それともそのままでいるかの選択を迫られます。

このオペラで最も有名なのが、第1幕でルサルカが歌う「月に寄せる歌」でしょう。空に浮かぶ月に自らの思いを伝え、愛しい人を探し求めるルサルカの心を丁寧に写し出すという、ハープの美しい前奏に導かれた情熱的なアリアは、ドヴォルザークが書いた旋律のなかでも、最も洗練された溢れるような美しさを備えています。
もし私が月だったら、彼女の願いを聞いてあげたのですが、残念なことに月は雲に隠れてしまいます。

愛しい人を追い求めることは、決して手が届くことのない月を追い求めることにも似ているのでしょうか・・・。

物語の最後で、王子は自らの死を望んで受け入れ、ルサルカは彼を抱いて水底に沈んでいきます。この時彼女は悲しんでいたのでしょうか?それとも王子を自らのものにできたことで喜んでいたのでしょうか?
あまりにも美しいメロディのため、ヴァイオリンなどの楽器で奏されることもあるこの曲。今の季節にぴったりです。

e0046190_17442664.gif

アントニン・ドヴォルザーク : 歌劇「ルサルカ」 Op. 114 - 第1幕 月に寄せる歌 -


ということです。
このナクソスのCDはオムニバスです、ルサルカの全曲はノイマンとかのがありますよね。
以前売れないかなこれ。と思って入れてたらお買い求めいただけたことがあって驚いたことがありました。


とかく田舎に見られがちな新潟市東区ですが、なんと!

なんと!リンガーハットができたんですね~
e0046190_1747289.jpg

西区にはまだ無いではないかな~(笑)

なんかパンやさんも次々出来ているし、東区、発展の兆しを感じますー!
ビバ東区!

明日もいい一日でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-29 17:48 | 演奏会のこと | Comments(2)
りゅーとぴあさんの前の白山公園もすっかり秋色です。
e0046190_187914.jpg


こんな3回シリーズの公演があるそうです。
いずれも会場はりゅーとぴあスタジオA 19時開演。

1月20日(火曜日)
ヴァイオリン加藤礼子さん。
e0046190_1881285.jpg
 
ピアノは田村緑さん

1月23日(金曜日)
フルート中林恭子さん。
e0046190_1893995.jpg

ピアノは石井朋子さん。

1月28日(水曜日)
薫風之音さん。
e0046190_18103365.jpg


いずれもりゅーとぴあさんのアウトリーチ事業の第1期の皆さんですね。
任期(という言い方も変かもですが)が終わるのを記念して連続シリーズコンサートとなったようです。
チケットはりゅーとぴあさんかセブンイレブンさんでお買い求めになります。
当店では扱いをしていませんのでご承知おきを。

それで3公演のセット券は3000円。
それぞれの各回でとなると1回が1500円との事です。

アウトリーチ事業ということでたくさんの場所で演奏されてこられたであろう皆さんの記念のコンサート。
加藤礼子さんのチラシにあるコピーなんかいいですね!

また、この事業も新しい演奏者さんのオーディションもあるようですよ。
詳細はりゅーとぴあさんに。


こちらのチケット扱いスタートです。

巻古典さん。
e0046190_18163710.jpg

12月7日(日曜日) だいしホール 14時開演 チケット 800円
「巻古典ギター同好会 第10回記念定期演奏会」

腕自慢な方がたくさんいらっしゃる巻古典さん。いつも充実の定期公演をされています。
市橋靖子さんも友情出演ということです。巻古典のエース武石さんとのデュオではないでしょうか。
チケット販売しております。よろしくお願いします。

明日からメディアシップさんでこちらがスタートです。
e0046190_1819289.jpg

4週連続、水曜日の夜19時スタート。世界の音楽シリーズです入場無料。
いかがでしょうか。

月刊ウインド最新号出ました。
e0046190_18203911.jpg


毎年11月号はウインドさんの週年記念号。
ということで、、、いろいろあって。。。
当店も広告なんか出しています。
しかもyanagiさんによるNEWデザイン。

あーなぜか写真がアップされない!
そしてもう佐々木先生&フルートカルテットのコンサートに行かねば!


なんか調子悪いみたいなので、最後のナクソスの姉上のも文面だけアップします。


月曜日・・・今週もがんばろう
メンデルスゾーン:エリヤ

先日FM放送を聴いていたら、何となく聴いたことのある合唱曲が聞こえて来ました。しかし曲名が思い出せない・・・(良くありますよね)。今の時代はネットで検索すれば、すぐに曲名を調べることはできますが、こういう時はなんとか自分で思い出したい。と頭をひねってみました。ハイドンやヘンデルにも似たところがあるのだけど、和声はもっとロマン派より。合唱の見事なフーガに絡むヴァイオリンのメロディ。そしてベースを担うオルガン・パートの秀逸なこと。
何しろ特徴的なメロディ。これはもしかしてメンデルスゾーン(1809-1847)のエリヤ?と自分で答えを出してから答え合わせ。
残念。メンデルスゾーンは合ってましたが、曲は「詩篇第42番」の最後の部分でした。なんだか悔しい。
これはこれで良い曲なのですが、せっかくなので「エリヤ」を引っ張り出してきて聞くことにしたのでした。

「エリヤ」はメンデルスゾーンの晩年である1846年にイギリス、バーミンガムで初演された大作オラトリオで、彼の宗教観が反映された作品としても知られています。
メンデルスゾーンは、日本では必ずしもその存在が価値あるものとして認められていないような側面もありますが、実のところ彼がいなければ、現代バッハの作品がここまで大切なものとして演奏されていたかはわかりません。というのも、19世紀の始め、バッハは時代遅れの作曲家として埋もれてしまっていたところを、メンデルスゾーンこそがその価値を認め、様々な力を尽くし、その作品の蘇演を行ったからこそ、人々は再びバッハの偉大さに目を向けるようになったからです。
そんなメンデルスゾーン、もちろんバッハの作品を愛し、また深く研究し自作を書くときにもお手本にしていました。
この「エリヤ」、音楽的にはドイツの伝統をしっかり踏まえたものですが、内容は前述の通り、ユダヤ性と正面から向かい合い、なかなか難しい事柄を丁寧に描いていきます。それは時として、とても人間臭い感情に基づくものも内包しているため(たとえば冒頭の合唱・・・あからさまな神への懇願)祈るための音楽には成り得ないのかもしれません。

宗教観を巡る深い諍いというのは、なかなか日本に住んでいると実感できないものですが、誰しも自らが信じているものは「揺ぎ無いものであって欲しい」と祈っていることは確かなのでしょう。

バッハの作品もメンデルスゾーンの作品も、心から理解することは不可能かもしれません。でも、何とか理解したいと願うのも音楽を聴く楽しみの一つなのではないでしょうか・・・。たまにはまじめに語ってみました。

e0046190_1757837.gif

メンデルスゾーン:オラトリオ「エリヤ」(ツィーザク/マーンケ/ゲンツ/ルーカス/ライプツィヒMDR響/合唱団/メルクル)


とりあえず音楽文化会館に行ってきまーす!!
by concerto-2 | 2014-10-28 18:26 | 演奏会のこと | Comments(2)
土日のすんごい快晴から一転、今日は雨です。
そう思うとすごいナイスなタイミングでしたね。

そんな昨日の古町5番町のイベント。
ストリートライブということで普段は演奏時の写真など撮影しない私も撮ったのですが
やはり昨日来られていた柳さんといぽぽぽぱんぱさんから写真をいただきました。
せっかくなのでご紹介しますね。

まずは14時からのメルツさんに来られていたyanagiさんからの写真。
さすがはプロです~。

e0046190_1650389.jpg

e0046190_16503562.jpg

e0046190_16512287.jpg


そして、いぽぽぽぱんぱさんの撮影されたメルツさん、和み時間さん。
自然な表情がいいです、

e0046190_16571492.jpg

e0046190_16574956.jpg

e0046190_1658147.jpg

e0046190_16583882.jpg

e0046190_16585634.jpg

e0046190_16591795.jpg

e0046190_16594599.jpg


e0046190_170782.jpg

e0046190_1703049.jpg

e0046190_1704855.jpg

e0046190_1713298.jpg

e0046190_172413.jpg

e0046190_174576.jpg


いずれも会場の雰囲気が伝わってきそうな、音が聞こえてきそうな感じですね。
yanagiさん
いぽぽぽぱんぱさん
ありがとうございました。
また、りゅーとさんも和み時間さんをお聞きになられて「りゅーとライフ」ではとっても素敵な感想をお書きいただきました。ありがとうございます。

いいイベントでした。

前回も書きましたが

小笠原直子さんと久保田景子さんのデュオ「メルツ」さんは、11月9日に西堀4のインテリアショップ「アパートメント」さんでインストアライブをされます。時間は14時開演です。なので東京交響楽団さんの昼のロビコンの後になりますでしょうか。料金は見てご判断のカンパ制となる予定です。ぜひよかった!と思ったら二人に全部行きますので、カンパをお願いいたします。
チラシ関係は今アパートメントさんが作成中ですので出来上がってきましたら紹介します!

アパートメントさんってどこ?と聞かれたりもしますが
えーっと、西堀の4で角に笹川だんご屋さんがありますが、その2件となりになりますでしょうか。
外観はこんなかんじですよ。
e0046190_17121175.jpg

4階建てのビル、全部アパートメントさんです。
入り口は
e0046190_1713237.jpg

入り口にはよくワンちゃんがいます。
素晴らしいお店です。ぜひこの機会にアパートメントさんの店内もゆっくりご覧ください。

明日は休むかも。。。と昨日書きましたが

休みません。

そういえばこちらがありました。
チケット扱っております!
e0046190_17154512.jpg

豪華なフルートのコンサートです!!
いかがでしょうか。

あと明後日の水曜日からメディアシップさんでこちらが始まります。
e0046190_17163589.jpg

世界の音楽を巡るコンsなーとシリーズです。初回はフランスということでアコースティックギタートリオさんの登場です。メディアシップ1階のみなと広場で19時開演 入場無料です。

今日のCDはこちら
e0046190_1718256.jpg

ヴィブラフォンなんかいかがでしょうか。
マリンバ、パーカッション奏者の野尻小矢佳さんの最近リリースされた1枚です。
「クロスオーヴァー・ヴィブラフォン」
というタイトルが表すとおり、ドビュッシーの月の光で始まり、賛美歌、ロンドンデリーの歌、ピアソラ、フライミートゥーザムーンなどなど秋の夜聞くのにマッチした内容になっております。
また最後の曲では野尻さんの語りというかつぶやきというか、そういうものも入った幻想的な作品もあったり。
ヴィブラフォンという楽器を楽しめる1枚です。
根をつめて聴く!というものではないですが、ちょっと変わった時間を楽しみたいという方にはいいですよ。

では明日は休んでおりませんので。
いつか火曜日に休みたいんですよね。

土曜日の洋楽の夕べについても、ishizakiさん、Kondo先生、いぽぽぽぱんぱさんの皆さんがとてもよくお書きいただき私はいけませんでしたが嬉しく読まさせていただきました.

また新しい1週間が始まります。いい1週間でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-27 17:28 | 街ネタ | Comments(2)
昨日に続いて今日も古町5番町でイベント「CINQUE FESTA」が行われました!
e0046190_195898.jpg

そして今日もすっばらしい晴天です。暑い位でした!

今日も行かねば!と思い。ちょっと店を閉めて午後2時からのステージに行ってきました。
既に始まっていました・
フルート小笠原直子さん、クラリネット久保田景子さんのデュオ「メルツ」さん!
e0046190_196558.jpg

あでやかなドレスにやわらかい音色で華やかなステージでした。
お客様もうっとり。にっこり。

フルート小笠原直子さん。
e0046190_1975164.jpg


クラリネット久保田景子さん。
e0046190_1981527.jpg


デュオ「メルツ」さんとして1年、いろんなところで頑張っています。
e0046190_1991122.jpg

まだ音大を出て新潟に戻って2年か3年ですが、素晴らしい活躍ぶりです。

そんなメルツさんですが、もう一つあります!これも私がタッチしているものですが
以前ちょろっと書いたことがありますが、街中でのインストアライブをやりますよ~
ということ。

西堀通り4番町にあります、おしゃれなインテリアショップ「アパートメント」さん。
こちらでインストアライブをやっていただけることになりました!
「アパートメント」さんとは当店が出来た頃からのお付き合い。素晴らしいインテリア雑貨、イス、テーブルなどがあります。そこでのコンサート。
記念すべき第1回は、このデュオ「メルツ」のお二人にお願いすることとなりました。
日時は11月9日(日曜日)14時開演 そしてカンパ制になるかと思います。ぜひ「いい演奏だ」「二人なかなかいいね!」と思われた方はぜひおひねりをw よろしくお願いします。
そしてアパートメントさんという素晴らしいお店をぜひご覧ください。
あんなお店なかなかありませんよ!
ほんとうにお勧めのお店です。
デュオ「メルツ」さんよろしくお願いします。

そしてメルツさんが終わって、一旦店に戻り・・・・そんでまた出かけました! 店に来られてた方いらっしゃいましたらすいません!

今度は16時スタートの「和み時間」さん。
e0046190_19162958.jpg

今回商店街の方々が一番楽しみにしていたという「和み時間」さん。
もー店主の皆さんも何人も出て聴かれてましたね~。

和み時間さんと言えば実力派のトリオ。

琴の奥村京子さん。
e0046190_19175958.jpg


ソプラノに西谷純代さん。
e0046190_19182239.jpg


フルートの金子由香利さん。
e0046190_19184348.jpg


いずれも大活躍されている3人です。
その3人が終結しての和みのうた&メロディ。これは素晴らしいですね。
やはりステージさばきなどを見ても余裕あります。おとなのステージでしょう。
e0046190_19192170.jpg

たくさんのお客様が熱心に聴いてくださっていました。
客席を見て感動してましたよ。私は。。

そして最後は新潟では最も広く親しまれているといってもいいチーム。
ボサコルデオンさん。
e0046190_1921343.jpg

天才田中トシユキさん&さとうえみさんの作り出す世界は素晴らしいですよ。たまたま10年近く前からお知り合いになれてて、なんどかライブを聞かせていただき、毎回すごいな~と思っているお二人です。
イベントのトリにふさわしいチームでしたね。

無事、しかも盛況にやれたのではないでしょうか、「CINQUE FESTA」。
たくさんのお客様が来られていました。そして皆さん笑顔でいらっしゃいました。
天気も良かったし
最高のイベントになりましたね。
こういうのは本当に大変なのは裏で動かれている皆さんです。

今回の一番たいへんだった方を紹介します。
こちら。
e0046190_19244236.jpg

メルツさん終演後に撮影した写真ですが、左の素敵な女性、この方が今回のプロデューサーである花岡ゆかりさんです。
私は以前から名前だけは頭にありました。どっかで見たな。。と。
花岡ゆかり さんで検索してみてください。ものすごくいろいろなものを手がけられている方です。
私は今回、花岡さん、あと商店街宣伝リーダーでもある能勢山さん、このお二人と知り合いになれたことがとても嬉しいです。
やってみるとわかるのですが自主イベントって、もう目が回るような感じですよね。
でも今回、たくさんの人の喜ばれた顔を見ることが花岡さんも能勢山さんも、また多くの関係者の方々も見ることが出来たと思います。感じることが出来たと思います。
出店されてたイタリアンレストラン「ルスティカ」のSオーナーが言ってました。
ちなみにルスティカさんは古町5のお店ではありません。それでも「主催者の気持ちに共感したんだよ」と言われてました。
食、雑貨、そして音楽といろいろな人の力が集結した、このイベントにちょっとでも関われてよかったです。
ありがとうございました。
それと演奏してくれた皆さん、ありがとうございました。

また次に繋げていきましょう!
みんなでやれば、素敵な場を広げていけます。

店に戻って、あ~よかったな~
と思って、かけるのはこちら。
e0046190_19315783.jpg

私が今勝託している演奏者で一番好きな奏者、ヴァイオリンにエンリコ・ガッティ。
その新譜でコレルリのソナタ集です。
ちなみにさっきのルスティカのSオーナーもガッティマニアです。けっこう多いんですよねガッティ好きさん。
なんと言っても音。。。そしてゆるやかなテンポ。名に弾いてもガッティ節と呼ばれる節回し。
曲なんてなんでもいいんです。ガッティが弾いてれば。。。の世界ですよね。
リラックスしたいときにいいと思います。。。スーっと糸を引くようなヴァイオリンの音色を聞くと「あぁガッティ。。とろける。。。」となります。
新潟に来ないかな。。。
お勧めです。

さて明日からも頑張っていきましょう!!!

そしてちょっと今悩んでいるのですが、あさっての火曜日はお休みするかもしれません。
4月からフリーでの休みってとってない私なのですが、ちょっと行っておきたいところがあってどうしようか悩んでいます。
明日決めます!

では明日もいい日でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-26 19:36 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日は最高のお天気! 暑いくらいでした!
もう外に出なくっちゃ!な感じでしたよね。

そんな中、いよいよ古町5番町アーケード内で行われる
食と音楽と雑貨。大人のためのごきげんマーケット
「CINQUE FESTA」
がスタートしました!!

e0046190_19193088.jpg


やはり私としては私が推薦した皆さんのステージが気にかかります。
今日はたくさんお客様もいらっしゃったのですが、合間を見つけてトリオ・アンシュミネさんのステージを店を閉めて見に行って来ました。

相棒はこちら。
こんな高価なものお客様からもらっちゃいました!
e0046190_19214876.jpg

首から下げてカメラおじさんとなり古町5へGO!

おぉ!たくさんのお客様が来てくださっている! これはありがたいことです。
しかも皆さん笑顔でご覧になられている。

さすがはトリオ・アンシュミネさん!
e0046190_19231229.jpg

e0046190_19232773.jpg


なんといっても、今の新潟を代表する、というかこれから10年くらいは先頭を走って若い人たちを引っ張っていく存在ですからね。その資格十分の3人です。

オーボエの渡辺茜さん。
e0046190_19264086.jpg


クラリネットの林佳保里さん。
e0046190_19271070.jpg


ファゴットの金子恭子さん。
e0046190_19273895.jpg


お疲れ様でした!いいステージでした!
e0046190_19281040.jpg


この後に行われた新潟サクソフォーン・カルテットさんも盛り上がったそうです!
よかったよかった。

明日の日曜日もぜひたくさんの人に聴きにいらしてほしいです!
私のお勧めは14時からのフルート小笠原直子さん&クラリネット久保田景子さんのデュオメルツさん。16時からの琴の奥村京子さんとヴォーカルの西谷純代さんとフルートの金子由香利さんの「和み時間」
この2つぜひよろしくお願いします!そしてラストは天才田中トシユキさんとさとうえみさんのボサコルデオンで幕を閉じます!
ぜひいらしてください!

もしいらっしゃったら食の方ではセブンイレブン側の端に出店しているイタリアレストラン「ルスティカ」さんをよろしくお願いします。
e0046190_19324999.jpg

食材やオリーブオイルなどを販売されています。当店のお客様であり、また新潟イタリア協会の理事でもあるオーナーS様。音楽にも造詣深い方なんですよ。

明日一日、いい天気で古町5番町盛り上がっていきましょう!
ぜひお越しください。

今日はその他にも
音楽文化会館での「洋楽の夕べ」、よかったそうです。
ishizakiさんが行かれて、お話を伺いました。ぜひ「いちかっこ ジョバンニのクロソイドダイアリー」を見てくださいね。あ、そしていぽぽぽぱんぱさんもKondo先生も行かれているので
「いぽぽぽぱんぱのブログ」「にいがた音楽雑記帳」もご覧ください。
あ~皆さんマイミーの感想を書かれるのかな~楽しみなようで、ちょっと怖いようなw よろしくお願いします。
そのマイミーからも電話ありました。よく頑張ったと伝えました。よしよし。。

そして新潟中央高校でのロシアンメソッドコンサート&公開リハーサルで代表でレッスンを受けた、当店近所のピアノしおりんも夕方来てくれました。
e0046190_19363447.jpg

愛犬モコちゃんと一緒にw
緊張しましたぁ~。とのこと。でも頑張った!よしよし~

そしてさっきは今日、新津でのハロウイン祭りで出店してた当店ビル最上階の「いろどり」さんの代表、山田さんも来てくれました。
e0046190_19382974.jpg

ボディジュエリー体験コーナーを出店されたのですが、ものすごい盛況だったとのこと。
疲れたぁ~とのことw お疲れ様でした。明日はゆっくり休んでね。

どこもかしこも賑わった最高の土曜日だったようですね。
明日も最高の日曜日にしましょう!

今日入荷のCDから、マーキュリーさんの新譜。
ちょっと渋いけど。
e0046190_19401165.jpg

フレスコバルディのリチェルカーレ というパイプオルガンもの
シャイデマンのオルガン作品集
バロック時代のクラリネット 作品集

うーん、渋い。いかがでしょうか。

ではナクソスジャパンの姉上のコラムを。
昨日アップされたものです。なんかこれまた渋いらしいですよw


今日はちょっと渋く行きましょう
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集

うららかな秋の日。昼間外出したところ暑い暑い。昨日は寒いとか言っていたのに一転、上着を片手に汗を拭いつつ東急線に揺られたのでした。そんな午後は少しだけ怠惰。
これからOTTAVAさんのコンピアルバム「午後のギター」の発送業務のお手伝いをしなくてはいけないのですが、その前にとりあえずスイーツでもつまみながらショスタコーヴィチを楽しむことにしましょう。

ご存知の通り、ショスタコーヴィチの作品は一癖も二癖もあり、特に交響曲に関しては、彼の真意がどこにあったのかを正確に掴み取るのは困難です。確かに当時は、色々な「表向きの事情」もあり、なかなか本音を出すことが難しかった時代で、交響曲には時には当時の政府を賛美してみたり、その影では強烈な批判をかまして自分の立場を危うくしてみたりと、常になんとなく「危ない橋」を渡っていた感のあるショスタコーヴィチです。ただ彼の年譜を眺めてみると、なかなか良い人生だったではないか・・・とも思えてしまうのですが。

そんなショスタコーヴィチの作品の中で15曲ある「弦楽四重奏曲」は彼の本意が反映されている作品といえるでしょう。幸いにも当時、彼の弦楽四重奏曲はあまり好まれず聴衆も少なかったとか。それゆえ、このジャンルで彼がどんな作品を書こうとも批判されることはなく、彼がひそかに愛したといわれる「ユダヤ音楽」からの影響を封じ込めてみたり、自分自身の名前を作品に織り込んでみたりと、1938年の第1番から1974年の第15番まで彼の創作期間のほとんどをカヴァーするこれらの作品は、とてもユニーク、かつ深遠なものとなっているのです。

そんなショスタコーヴィチの全ての弦楽四重奏曲に、彼と同時代の作曲家たち、ミヤスコフスキ、プロコフィエフ、ヴァインベルク、シュニトケの各々の弦楽四重奏曲をプラスして、「ソ連の経験」と題された合計8枚組のBOXが発売されます。演奏しているのは、エリオット・カーターとメンデルスゾーンの名演で知られるパシフィカ弦楽四重奏団。以前は分売であったものを、各2枚×4セットを1箱にして、お求め安い価格でお届けいたします。
(オープン価格ですが、恐らくどこでも4000円前後で入手可能です)
この機会にぜひ、この素晴らしい世界を味わってみませんか?ショスタに対する見方が変わるかもしれません。安いし。BOX1003

e0046190_194284.jpg



明日もいい一日でありますように!!!

PS.
マイミーに花束を贈ってくれたKさま。とっても喜んでいましたよ。ありがとうございます!!
とのこと。インストアライブをやるときはぜひ来て下さいね。

いい一日でした。
by concerto-2 | 2014-10-25 19:43 | 街ネタ | Comments(0)
あー!店で書いたものにもれがありまさした!土曜日の午後には新潟中央高校でロシアンメソッドのコンサート&公開レッスンがあります! 公開レッスンには当店近所のしおりんが出ます!ぜひご声援お願いします!


もう週末です。最近天気も不安定でしたが、今日から暖かくなりましたね。
このまま暖かい土日になりますように。

でも今回はその前に。
今日はこの方がきてくれました。
NAMARAの金子ボボさん。
e0046190_17131835.jpg

今や新潟トップクラスの芸人として大活躍の金子ボボさん。
そしてボボさんと言えば、その卓越したセンスによる絵も素晴らしいんですよ!
そんなボボさんの個展が開かれます。
こちら。
e0046190_17145369.jpg

裏も
e0046190_17151373.jpg

12月18日から12月30日まで西堀にあるギャラリー蔵織さんで行われます。
入場無料。

ボボさんの描かれる絵は人の心に元気と明るさを与えてくれますよ。
それとぜひお子さんたちにも見てほしいです。
これからもちょくちょくPRします。よろしくお願いします。

しかし私は10年位前から知り合いなのですが、その頃って書いたのをほしいよ~と言えばもらえたんですよね。今は猛いろんな契約があるからだめ。く~あの頃たくさんもらっておけばよかった。

ではこの週末に。

まずは25日の土曜日。
こちらを1番にお勧めです。
e0046190_17181752.jpg

新潟市音楽文化会館さんで15時開演開演 チケットあります!
みんな素晴らしいですが。。。。。ぜひ中でも伊藤舞さんを応援してあげてください!

そしてこの土日は何度もお知らせしていますが古町5番町での食と雑貨と音楽のイベントがあります。
e0046190_17385657.jpg

特にコンサートの方よろしくお願いします。
みんないい方々が出られますが
ぜひ土曜日の16時からのトリオアンシュミネさん、17時からのサックスカルテットさん
日曜日は14時からのデュオメルツさん、16時からの和み時間さん
よろしくお願いします!


26日の日曜日は

こちらを一押しします。
e0046190_17411165.jpg

だいしホールでの小山瑠美子さんの帰国リサイタルです。
チケットあります!! ぜひいかがでしょうか。

音楽文化会館さんではこちらがあります。
e0046190_17421375.jpg

13時半開演です。入場無料。
「第48回新潟市合唱祭」です。

県民開館小ホールではマジックとダンスがコラボしたものがあるようです。
e0046190_17435386.jpg

15時開演、18時開演。

ヤマハさんでは講師コンサートがあります。
e0046190_17462446.jpg


江南区文化会館さんではシルクロードコンサート。
e0046190_17484636.jpg

13時半開演。

北区文化会館さんではN響メンバーさんによるブラスコンサート。
e0046190_17495668.jpg

15時開演。

柏崎ではチェンバロ八百板さん。
e0046190_17502796.jpg


湯沢町公民館さんではユーフォルビアさん。
e0046190_17511216.jpg


あと、土曜日は新津でハロウイン祭があります。
当店のビル最上階のボディジュエリー「いろどり」さんも出店されるますよ。美しき山田さんに施術してもらいたいという方はぜひ行かれてみてください。

そして新潟ふるさと村ではこういうイベントが行われます。
e0046190_17524818.jpg

裏も
e0046190_1753619.jpg

新おいしいものフェスタ20014
というイベントで、こちらに当店向かいのお菓子屋さん「田文」さんも商品をだされるそうです。
よかったら食べてみてくださいね。いもジェンヌ関連のようです。

いろいろある週末、どうやら天気もよさそうだしぜひ足をお運びください。

土曜日の夜10時からはよかったらFMPORT「クラシックホワイエ」お聞きください。
今週の内容は

放送日 2014/10/25

【シューマン・シンフォニーシリーズ第1回】
今回から隔週で4回連続でシューマンの4つの交響曲を4人の指揮者、4つのオーケストラで聴いてみましょう!

■シューマン:交響曲第3番変ホ長調「ライン」
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル

■ブラームス: 4つのバラード 作品10 より 第1番
■ブラームス: 4つのバラード 作品10 より 第2番
アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ(p)

[音楽トピックス]
パッパーノのSACD再発売&来日情報

アントニオ・パッパーノ&ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団
[来日記念再発売]


「ドヴォルザーク:交響曲第9番、チェロ協奏曲」(2CD)(WPCS-12841/42)


「レスピーギ:ローマ三部作」(2CD)(WPCS-12843/44)


「チャイコフスキー:序曲集」(1CD)(WPCS-12845)
※すべてSACDハイブリッド
※各¥3,000-(本体)+税<1枚組>
※各¥4,500-(本体)+税<2枚組>

[来日情報]
ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団 2014年 11月 来日ツアー
サー・アントニオ・パッパーノ(指揮)
ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団

<ソリスト>
チェロ:マリオ・ブルネロ(11/5, 7, 10)※ドヴォルザーク:チェロ協奏曲演奏予定
ヴァイオリン:諏訪内晶子(11/9, 11, 12)
[日程]
2014年11月5日(水) 京都/京都コンサートホール [開演:19:00]
2014年11月7日(金) 東京/サントリーホール [開演:19:00]
2014年11月9日(日) 宮崎/メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
アイザックスターンホール [開演:14:00]
2014年11月10日(月) 愛知/愛知県芸術劇場コンサートホール [開演:18:45]
2014年11月11日(火) 東京/サントリーホール [開演:19:00]
2014年11月12日(水) 東京/東京芸術劇場 [開演:19:00]

ワーナー・ミュージックによるサイト
http://wmg.jp/artist/antoniopappano/


FMPORTの燃えるクラシックマニア、美貌のTディレクター頑張っています!


今日入荷からお勧め新譜を1枚。
シューリヒト&ベルリンフィルのライブ。
e0046190_17564682.jpg

モーツァルトのプラハとブルックナーの7番です。
シューリヒトのブル7はいいですからね。

そしてナクソスジャパンの姉上よりのお勧めを。
昨日アップされたものです。


木曜日…今日は色々とうまく行かなかった日
グリーグ:ペール・ギュント

毎日、テレビの占いを見てから出勤しています。別にこの結果に重きを置いているわけではありません(そんなものは信じないのさ・・・ふふふ)。でも、結果がいい方が気分がいいのですが、今日は最悪。12星座のうちの最下位の運勢でした。うちは、私も連れ合いも同じ星座であるため、今日は2人して最悪の日決定。
ラッキーアイテムは「芋のてんぷら」でしたが、それを食べる気力もなし。

仕事に来ても、色々とうまくいかないことがあり全く自分の仕事が進まなかったのです。そういう日もあるさ。

で、仕事中、ある文章を読んでいたら、ちょっとした間違いを発見。
グリーグの「ペール・ギュントはノルウェーの伝説的英雄の名前ですが…」
いやいや、どちらかというとペール・ギュントは悪いやつです。そう、あのリヒャルト・シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲル」やバーンスタインの「キャンディード」のように、数多くの悪行を重ねながら生きていきます。その生き方は決して尊敬されるものではありませんが、ある意味「楽しそうだな」とも思えなくもない、ただただ破天荒なものです。この劇のためにグリーグが書いた「朝」は、爽やかな曲の代表として使われますが、実は祖国を離れ(追われ)たペール・ギュントは、放浪の旅の末にモロッコで大成功を収め大金持になりますが、ここで詐欺に遇い、ある朝砂漠で目覚めると無一文になっていたという場面で奏される音楽なのです。
きっとその時のペール・ギュントの星占いは最悪だったに違いありません。

とりあえず、気をとりなおし、そんなペール・ギュントの物語に付けられた音楽をお楽しみください。通常聴く事のできる組曲とは全く違った、ざわざわする世界が凝縮されています。歌あり、語りあり…これは素晴らしい音楽です。

e0046190_180190.gif


グリーグ:管弦楽作品集 5 - ペール・ギュント(劇音楽全曲版)(マルメ響/エンゲセト)


いろいろありますが、個人的に一番心配なのはやはり天候。
古町5番町のアーケード内でのコンサートです。晴れそうなのですが問題は風なんですよね。
どうか風も穏やかでありますように。
そしてたくさんのお客様が足を止めてみてくださりますように。
喜んでいただけますように。
それは商店街の皆さんにも。
今朝の古町5番町アーケード。
e0046190_1821419.jpg

早朝だったので人があまりいらっしゃいません。ドカベンの像がいくつもあるところと言えば場所はわかっていただけますでしょうか。

いいイベントになりますように。
いい土曜日になりますように。
by concerto-2 | 2014-10-24 18:03 | この週末は。 | Comments(2)

10周年おめでとう!

当店の同期で2ヶ月後輩になるセブンイレブン古町5番町店、私が勝手につけてる通称セブイレファイブさんが昨日オープン10周年を迎えました。
e0046190_19141743.jpg

おめでとう!
昨日ちょっとおめでとうを言いに行って来ました。
オーナーT君夫婦はほんとに一生懸命頑張ってやっています。
コンビニを経営する苦労話もいろいろと聴きましたが、あと5年はがんばらないと!(コンビニ経営者さんならわかる)

セブンねたを一つ。
こちらが新商品のナポリタンです。
e0046190_19162381.jpg

全てをイチから見直して作ったナポリタン! とのこと。

私はセブンのナポリタンにはトラウマになりそうな思い出があります。
それは昨年あたりまで会った「昔ながらのナポリタン」という商品。
販売が始まったのは数年前です。
ナポリも好きな私は当然買う。
そして昼食べる。。。。一口パクッ!! ん?んんんんん? これは何かある!
隠しているのだろうけど何か絶対にある!!
そう思った私は、口に入れた一口をちょっと。、、あ、お食事中の方すいません。
一旦トレイに出して。
商品の裏のシールをチェックしました。。。。。やっぱしー!!
ムキュー!!!
そこにはちっさな文字で。


ツナ


と書いてありました! そのナポリを食糧難で苦しまれている方々がたくさんいらっしゃる中、たいへん申し訳ないけど、そのままポリ袋に入れて。。。。

なんでナポリにツナが入っているのだ! 隠し味程度にちょこっと入っているだけだけれど、そういうのがだめな人にはちょっとであろうと!隠し味であろうと!ずぇったいにわかる!
もう~一日具合が悪かった私でした。。。

それ以来セブンのナポリは敬遠してきた私でしたが、今回のは裏をひっくり返してチェックして、ツナが入ってないことを確認した上で買ってきました。
まぁなかなかこれは美味しかったです。お勧めとしてもいいですね。
時々変なことをやるセブンですが、これからはおでんの季節。。。コンビニおでんではセブンのおでんは無敵です。
寒くなったらおでん。。。いいですね。。。。ふぅ

と、いったい私は何を訴えたかったかというとw

ナポリにツナなんて入れるんじゃない!

ということでした。
あ、セブイレファイブさん10周年おめでとう! 共にこれからも頑張っていきましょう。

明日はこちらのコンサートがありますね。
e0046190_19273792.jpg


今日はいろいろと入ってきました。
e0046190_1928342.jpg

e0046190_19282078.jpg


ピックアップをいくつか

まずはこちら。
e0046190_19285891.jpg

これ3ついいですよ~
上段は13人のリコーダー奏者によるリコーダーアンサンブル「エン・エル・ムンド」によるハイドンからピアソラ、ジョピン、滝廉太郎までリコーダーで巡る世界の旅。という1枚です。
そして下段左はシックスティーンによるモンテヴェルディの聖母マリアの夕べの祈りです!これもよさそうですね。
そして右は私が一番大好きな生きてる演奏者といってもいいエンリコ・ガッティ。
ガッティの一番新しい新婦でコレルリのアッシジのソナタ。世界初録音です。あのガッティ独特のヴァイオリンの音色が聴こえてきそうです。

こちらも
e0046190_19342127.jpg

いずれもナクソスジャパンさんからのもの。
上段はナクソスさんの新譜でギターのロシア作品集、そして細川俊夫さんの管弦楽作品集第2集。演奏は準メルクルさん。
そして下は藤原真理さんの新録音、バッハの無伴奏チェロ組曲全曲。そしてこれは再発売ですがライナー・キュッヒルさんのバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲。
特に藤原真理さんのバッハは満を持しての再録音でしたからいいものになっているのではないでしょうか。

いろいろときております。いかがでしょうか。

で、ナクソスといえば、毎度毎度のナクソスジャパンの姉上様からのコラムを。
昨日アップされたものです。



水曜日・・・水といえば
シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」

東京は雨降ってます、寒いです・・・秋の気配どころか冬近し。そんな天気です。しかし、気分は何となく燃えてます。何しろ行事目白押しの秋から冬。そして今日は新譜発売日。
これが燃えずにいられましょうか。

ところで、今朝のこと、社内メールを書いていた時に、「期限までにお届けいたします」と書いたつもりが「なぜか「お届けいたし鱒」になってしまいました。何やってんだ私。で、シューベルトの「鱒」です。

この有名な作品、もともとは歌曲です。クリスティアン・シューバルトというドイツの詩人の詩をもとに、いかにもシューベルトらしい快活なメロディが付けられています。名歌曲を次から次へと生み出したシューベルトにしては珍しく、この曲には「第5稿」までが存在し、あの印象的な前奏は第5稿になるまで出現しなかったというのも、興味深いところです。
ある日詩人が、明るく澄んだ川で泳ぐ鱒を見ていると、そこに釣り人がやってきます。詩人は「こんなに澄んだ流れならば、鱒は釣り人の竿にひっかかることはないだろう」と予測しますが、狡猾な釣り人は川をかき回し、水を濁らせてまんまと鱒を釣り上げるのです。詩人はそのやり方に腹を立てたというものですが、
この歌詞にはまだ続きがあり、「娘さん、あなたも油断していると、この鱒のように危険な男の手に落ちますよ」と若い娘に対して警告を発しているのです。

シューベルトはこの節を削除し、あくまでも美しい流れを泳ぐ鱒と、釣り人、詩人の3人を主人公にして愛らしい歌曲を作り、その後、このメロディを第4楽章に用いた変奏曲を伴う「ピアノ五重奏曲 鱒」を書き上げたのです。1819年、22歳のシューベルトによる弾けるように美しいメロディに満たされたこの作品、通常のピアノ五重奏(弦楽四重奏とピアノ)ではなく、ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスが用いられた変則的な編成を用いており、これは当時人気を誇っていた「フンメルの作品を演奏する楽団」が演奏するために書かれたとされています。

この鱒、歌の印象ではかなり小さくて繊細な感じがします。ヤマメとかイワナのイメージです。
しかし、実際は「ブラウントラウト」という種類がモデルであるとされていて、これがまた、かなりの大物です。大きいものでは20㎏以上になるとか・・・。なんだかショック。

今日ご紹介するのは、この「鱒」を演奏するために集まった若者たち(当時)のドキュメンタリー映像です。
バレンボイム、パールマン、ズーカーマン、デュ・プレ。そしてコントラバスはなんとメータです。彼らが定協議しながら素晴らしい演奏を創り上げていく様子が楽しめます。シューベルトの伝記映画も収録されています。秋の夜にオススメです。日本語字幕付き A13CND

e0046190_19424344.jpg


今日の私はなんか「うた」づいているのです。
さっきも素晴らしい某ソプラノさんの歌を生で聴きました。
今夜まもう一つまた違ったジャンルの「うた」を聴いてきます。

明日もいい一日でありますように。
by concerto-2 | 2014-10-23 19:44 | CDの紹介 | Comments(0)
今日はこちらの方が来てくれました。

ソプラノの宮澤優子さん。
e0046190_17214796.jpg

今は名古屋在住で名古屋や東京などで頑張っている宮澤さん、今日ちょっとした里帰りということで新潟に来られたそうです。
やっぱ新潟は米が美味い! と宮澤さん。丸くなっちゃうw とのこと。
いっぱい食べてまた向こうでも活躍してくださいね。
なんせご実家は私が住んでいるところのすぐ近く。木戸地区のスーパースターですからね。
今年夏に行ったリサイタルも大成功でした。
これからも活躍楽しみにしています。

昨日でしたでしょうか、県民の新聞さんにこちらの記事が載りましたね。
(Daaさんお借りします)
e0046190_17273722.jpg

長岡の音楽祭についての記事ですね。メインはベートーヴェンの第九「合唱」
チラシはこちらですね。
e0046190_17292786.jpg

11月9日に長岡市立劇場です。チケット扱っております!

その同じ日にはおくつか演奏会などもあるのですが、こちらもチケット扱っております。
寺宵。
e0046190_1748030.jpg

11月9日(日曜日) 長照寺 16時半開演。
曲目は
ドヴォルザークのユモレスク
同じくドヴォルザークのアメリカより第1楽章
そしてメインは広瀬寿美さんがトップを吹かれるブラームスのクラリネット五重奏曲です!
チケットは2500円 中高生は1500円 小学生以下はなんと無料です。チケット扱っております。いかがでしょうか。

ナクソスジャパンの姉上様からのお勧めコーナー。
昨日アップされたものですが、今回はニールセン!



今日はこちらを紹介いたしましょう。
10月29日 新譜発売予定!

カール・ニルセン(1865-1931):交響曲 第4番&第1番

1-4.交響曲 第4番「不滅(滅ぼし得ざるもの)」Op.29(1914-1916)
5-8.交響曲 第1番 Op.7(1889-1894)

ニューヨーク・フィルハーモニック
アラン・ギルバート(指揮)

録音 2014年3月12-15日
ニューヨーク,リンカーン・センター,エイヴリー・フィッシャー・ホール

1894年3月に初演されたニルセンの交響曲第1番は、若さのパワーと情熱に満ち溢れた輝かしい作品です。当時師と仰いだヨハン・スヴェンセンの影響も感じられ、荒削りながらも先進的な雰囲気を宿したこの曲は、当時の新聞でも高く評価されました。交響曲第4番はニルセンの代表作の一つで、4つの部分に分かれてはいるものの、実は1つの楽章で書かれています。第一次世界大戦の真っただ中に書かれたこの音楽は、シリアスとロマンティックの間を揺れ動きながら、最後は輝かしく終わるというものです。アラン・ギルバートの演奏は、ニルセンの音楽からもやもや感を丁寧に取り除き、清冽な響きとダイレクトな感情を伝えるという極めてスマートなもの。もちろん素晴らしい音質も曲の理解を深めてくれること間違いありません。
SACDハイブリッド盤による高音質も見逃せません。

「ニルセンいいよね。なんだか不思議な音がして・・・」
昔、そういってた女子がいました。確かにグリーグやシベリウスとは違う響きがします。なんかこう懐かしいような胸苦しいような。
また、ニルセンは時代にあわせ、その作風を変化させた人でした。
第4番は彼の作品の中でも最も知られた曲ですが、なかなか噛み応えのある、一筋縄ではいかない風情を持っています。

e0046190_1754277.gif

こちらは新譜でもうすぐ発売です。ご予約承っております。

さっきまで当店はスタジオコンチェルトとなっておりました。
かわいいお二人が一生懸命に練習されてましたよ。
e0046190_18182754.jpg

某高校の文化祭が今週末にあって、そこで歌われるんだそうです。レリゴーをw
いつもよく来てくれるピアノさんが歌のお友達と来てくれました。
1時間くらい練習していかれましたが、やる毎にうまくなっていきます。
なんか若い人が一生懸命頑張っている姿には感動します。。。。あ、涙腺が。。w
文化祭頑張ってね!

なんかさわやかな気持ちになれた一日でした。

明日もきっといいことありますよ。
by concerto-2 | 2014-10-22 18:22 | いらっしゃいませ! | Comments(0)