コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

昨日の祝日は天気にも恵まれて
当店インストアライブでした。
昨日はこちら。
e0046190_17202564.jpg

チェンバロ笠原恒則さんとヴァイオリン野口万佑花さんのデュオ。
1時からと3時という久々の2回公演でした。チェンバロは午前10時の段階で運び込みをしました。
そしてリハーサル。
e0046190_1721352.jpg

この写真ではチェンバロの先に野口さんが演奏していますが、いろいろとポジションを変えてやってみて、最終的には笠原さんの横に立ってやるようになりました。

え~~~実は演奏時の写真は撮影していませんので、ご想像くださいね。
どうも演奏しているときに撮影するってどうかな~って思って。。。

プログラムは

シュメルツァーのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ第1番
ビーバーのロザリオのソナタからパッサカリア「守護天使」 (ヴァイオリン無伴奏)
ケルルのパッサカリア (チェンバロソロ)
ビーバーのロザリオのソナタからソナタ第1番「受胎告知」

アンコールは。。。。おーまいが!また覚えていない。
イギリスのなんとかとかい人のグラウンド。

という本プログラムはドイツバロックの渋いところからでした。
それにしてもビーバーのロザリオのソナタの最初と最後を生で聴くというのは感激します。
それこそ全国的にみても、そうは聴けませんよ。

野口さんのビーバー「パッサカリア」はもう取り組んでから1年くらいたっています。
この曲を弾く人なんかそうはいないので、ぜひこれからも精進して
弾き続けられ、野口さんの代名詞となればいいなと思っています。いい演奏でした。

そして笠原さんの大きな存在感。なんというか変な話かもですけど、そこに笠原さんがいるだけで安心感が生まれます。これはどこがどうのってことは私もよく説明できないのです。
ピアノの品田さんも同じような力をお持ちなんですよね。なんか品田さんが伴奏で出てくるだけでステージが落ち着く、ソロの人が落ち着く。そんな感じを笠原さんや品田さんが後ろに回ったときの心強さがあると見てて思います。
一度品田さんに、そんなことを言ったことがあるんです。
でもご本人は
「いやー緊張でがちがちですよ」
みたいに言われてて「あれ?そうなの」とか思ったものですが。でもそこにいるだけで、なんば場が落ち着く。
周りがそう思えるというだけでもプラスの持ち味だと思います。
そして笠原さんは演奏会場の場の作り方、進行の持って行きかたなどが上手いですね。
プロとしての場数が活きていると思います。
それに笠原さんが一人で話している場面でも、お客様と対話をしているような雰囲気を感じさせてくれます。

野口さんにとって、本当に心強い存在だったと思いますよ。

とてもいいコンサートでした。

いぽぽぽぱんぱさんがお越しになられ、ブログに書いていただけました。
こちらをクリックでご覧くださいね→「いぽぽぽぱんぱのブログ
ありがとうございました。

個人的なことになるのですが。
ビーバーの冒頭のソナタ1番を聴くと、思い出す人がいて、ちょっとこみ上げてくるものがありました。
その方とは上古町でお箸の専門店を営まれていた方。
まだお店をやられている頃、お互いよく行き来してて
あるとき、ロザリオのソナタをお勧めしたんですよね。冒頭のソナタを聴いてもらって
即決でお買い求めいただきました。
後で聞いたら、冒頭のソナタ1番を聴いてじ~んときた。とのこと。。
その方は数年前にお店を閉められたのですが時折道でお会いしてたりしたのですが、、、、その後病気でお亡くなりになられたことを最近知りました。
あぁ。。。生で聴いてほしかった。。。今日この演奏をこの場で。

天に向かって話しかけました。

ビーバーのロザリオのソナタ、、、名曲ですね。

ちなみに大名盤といわれるラウテンバッハーがヴァイオリンを弾いたCD,ひとつだけ在庫あります。

笠原さんはこれからも公演予定がたくさんあります!
こちらでしょ。
e0046190_1753341.jpg


こちらも。
e0046190_17532149.jpg


クラリネットとチェンバロ!
e0046190_17534727.jpg


ここにも参加されてます。
e0046190_17541019.jpg


二つ目のは無料ですが、残りの3つはすべてチケット取り扱いしております!

ぜひいかがでしょうか!

新潟はチェンバロ奏者さんがたくさんいらっしゃるので、聴ける機会がとても多い。
これはすごく恵まれていることなんですよね。
ぜひ生のチェンバロの音色お聴きになられてみてください。

昨日は笠原さん、野口さんありがとうございました。
お集まりいただいたお客様もありがとうございました。

いらっしゃった中にリコーダーのCanti皆川さんがいらっしゃいました。
なのでこちらもPRを。
e0046190_1757437.jpg

e0046190_17575980.jpg

5月25日にヒーリングホールでリコーダーの素敵なコンサートが行われます。
ぜひいかがでしょうか。

そして皆川さんも笠原さんと組んで、ビーバーのロザリオのソナタをやられます。
3番のソナタだったと思いました。

それはこちらで!
e0046190_17591336.jpg

クラシックストリートです! 5月3日は町中をあげての大イベント。
参加演奏チームが70以上という過去最高の数。
一斉に街中でコンサートが行われます。
ここでの皆川さんと笠原さんが組んでの演奏があります。
どこで何時からかなどはぜひパンフレットをご覧ください。
クラシックストリートのチケット当店でも発売中です!!!

あと市民大学講座関係でこういうものもあります。
e0046190_182298.jpg


その中で、特別コンサートとしてこういうものもあります。
e0046190_182347.jpg

どしどしお申し込みください! とのことでした。

まだまだいろいろとあるのですが、それはまた明日に。

次々と情報が入ってきております。

新潟音楽界賑わっていますよ。ジュルネが終わってもまだまだまだ!!

明日もいい天気でありますように。
by concerto-2 | 2014-04-30 18:03 | 演奏会のこと | Comments(6)

明日の祝日は。

明日は火曜日ですが祝日です!

ということで何があるかというと。。。

りゅーとぴあさんで
まず春フェスタのイベントのひとつとしてジュルネ交流ステージの場所でフルート中林恭子さんとピアノ石井朋子さんによるミニコンサートが行われます。時間は11時から12時まで。当然無料です。

そして1時からはコンサートホールの方でこちらがあります。
e0046190_1773871.jpg

ジョイントコンサートインブラス2014
があります。こちらのチケットは今日小笠原直子さんが回収していきました。
そしてその小笠原直子さんは開演前にロビーコンサートを行うそうですよ。時間はちょっと不明。

りゅーとぴあさんではもうひとつ。
スタジオAでは午後1時から湊元先生の教室発表会があります。
湊元先生といえばお嬢様は湊元なつみさん。
たしか最後はゲストとして湊元なつみさんの演奏があるかと思います。

それと。。。。。
当店ではインストアライブを行います。
こちら。
e0046190_17111846.jpg

午後1時からと3時からの2回公演です。
ヴァイオリン野口万佑花さんとチェンバロ笠原恒則さんとのデュオ。
えー店内にフルサイズのチェンバロをセットいたします。
ということで
いつもよりゆったり感はありません! お覚悟ください(笑)それになんか今回は
聴きに行くね~というお声が多いです。
予約制をしているわけではないので席の確保は保証できませんが、なんとかいらした方には聴いていただけるようにしたいと思います。
入場無料ですが継続のためにも、もしよかったらCDをお買い求めていただけるとありがたいです。

あと昨日交流ステージをやったばかりの紫竹友梨さん、明日はもう愛知の方でコンサートです!
e0046190_17303566.jpg

昨夜深夜バスで帰られたようですが、たいへんです。でも今が頑張り時。
こういうスケジュールでもやれるのが紫竹さんです。がんばってください!

今日からのウインドウ。
e0046190_17153013.jpg

メインのところには新潟室内さんを持ってきました。
e0046190_1716964.jpg

ぜひ浅香みのりさん渾身のグリーグのピアノ協奏曲をお聴きください!

待望の1枚だったんです!
今日ずっとリピートして聞いています。
クラシックのCDとはいえないかもしれないのですが。。。。
e0046190_1723620.jpg

なんとも癒されるピアノの調べ。
ジャズと言ってもいい。。。でも作曲者なんかみるとクラシックのようだけど。。
ジャンル関係ないですね。
これお店のBGMなんかにも素敵だと思います。

レーベルからのコメントを載せますね。

『ルート66~アメリカ音楽ピアノ作品集』 ディリュカ

ナタリー・デセイが歌う「恋とはなんでしょう」も収録!
シャニ・ディリュカが選曲したアメリカ・ピアノ作品集

モナコ出身のピアニスト、シャニ・ディリュカ。アメリカのビート・ジェネレーションを代表する作家ジャック・ケルアックの著書「路上(オン・ザ・ロード)」にインスパイアされて彼女自身が選曲したアメリカ・ピアノ音楽集。アルバムのタイトルにもなっている「ルート66」は、ケルアックの「路上」にも登場するシカゴとサンタモニカを結んでいた国道66号線。今は廃線になっていますが、20世紀中頃のポップ・カルチャーの中で度々題材とされ愛され、今なおその名が残っています。
 アルバムは、ミニマル音楽のジョン・アダムズ『中国の門』にはじまり、キース・ジャレットの名曲『マイ・ワイルド・アイリッシュ・ローズ』、ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスの愛らしい作品『ワルツ・フォー・デビイ』、バーンスタインの奥さんフェリシア・モンテアレグレに捧げられたピアノ曲、ガーシュウィンの傑作『ポーギーとベス』からキース・ジャレット編曲の『愛するポーギー』など多彩な内容で、若い男女の青春と苦悩を描いた「路上」と同じく、喜びや切なさ、孤独感、渇望、さまざまな感情が入り混じったピアノ作品が収録されています。
 さらにアルバムの最後にはコール・ポーターがミュージカル「ウェイク・アップ・アンド・ドリーム」のために作曲した『恋とはなんでしょう』をフランスの歌姫ナタリー・デセイが歌っています。穏やかな美しいデセイの歌声で響く極上の一曲となっています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ジョン・アダムズ:中国の門
・キース・ジャレット:マイ・ワイルド・アイリッシュ・ローズ
・グレインジャー:子守唄
・バーバー:パ・ドゥ・ドゥ
・エイミー・ビーチ:ヤング・バーチズ
・ビル・エヴァンス:ワルツ・フォー・デビイ
・フィリップ・グラス:エチュード第9番
・バーンスタイン:フェリシア・モンテアレグレのために
・ジョン・ケージ:イン・ア・ランドスケープ
・ガーシュウィン/キース・ジャレット編:愛するポーギー
・バーンスタイン:間奏曲
・ヒャン-キ・ジュー:シャンデルアーズ
・ヒナステラ:優雅な乙女の踊り
・バーンスタイン:アーロン・コープランドのために
・コープランド:ピアノ・ブルース第1番『レオ・スミットのために』
・ビル・エヴァンス:ピース・ピース
・ガーシュウィン/グレインジャー編:愛が訪れた時
・コール・ポーター/ラファエル・メルラン編:恋とはなんでしょう(歌:ナタリー・デセイ)

 シャニ・ディリュカ(ピアノ)

 録音時期:2013年11月

この中に入っているジョン・ケージのイン・ア・ランドスケープは先日「春輪コンサート」で石井朋子さんが弾いていた曲です。
実に雰囲気のいい1枚です。

先日のガッティとともにお気に入りです。

さてまた新しい週が始まりました!
たなくじ!!
e0046190_1729295.jpg

おぉなんかすっごくいいじゃないですか!

今日もいろいろな方が来てくれました。
小笠原直子さんはいつものこととしてw
ファゴットの小林道子さんが帰省されてて、遊びに来てくれました。
昨日ジュルネ本番を満員の中踊られたダンサーの中野綾子さんと加藤千明さんもきてくれました。
みんな頑張っています。

みんなでがんばりましょう!

今週もいい一週間でありますように。
by concerto-2 | 2014-04-28 17:33 | 演奏会のこと | Comments(5)
明日は祭日ということもあり、いろいろとあるのですが、その前に!
25日の金曜日夜に新潟市の老舗ジャズライブハウスであるジャズフラッシュさんで行った
フルート小笠原直子さんとギター門馬由哉さんのライブについて書きます。
e0046190_14452029.jpg

なんでちょっと書くのが遅くなったかというと、週末にジュルネがあってそっち関係でバタバタしてたのもあるのですが、フラッシュさんから写真データをいただく関係でちょっと遅くなりまして。
いやぁ、フラッシュさんすごいと思いました。

休憩時間に門馬さん、小笠原さんとやっぱ写真撮ってほしいということで、こうなれば私がスマホで~
と思ったんですが、なんとフラッシュさんのほうでさりげなく最初から何枚も撮影されてました。
全然気づきませんでした。
そして最後の打ち上げまで、いや、今回は深夜12時過ぎにラーメン食べに行ってるところまで撮影されて全部で250枚ほどを撮っていただき、それを特別サイト?にアップしていただき、URLの連絡をもらって私がダウンロードする。。。ということまでしていただきました。
さすがです。もう至れり尽くせりでした。伊達に40年近くライブハウスされてないな~と感激しました。

でその膨大なる写真の中からいくつかピックアップしましたのでアップしますね。
ライブ最初は門馬さんのギターソロからでした。
e0046190_1446063.jpg

また門馬さんは場数をたくさん踏んでるだけあってトークが上手いんですよ。
もちろんプレイもすごい。
e0046190_14465163.jpg


ソロ2曲の後に小笠原さん登場!
e0046190_14472434.jpg


なんか目が泳いでないかい(笑)
e0046190_14483714.jpg

吹いているとき、なんかかっこいいんですよね。
e0046190_1449376.jpg


白熱のデュオ!
e0046190_14501796.jpg

e0046190_14504662.jpg

e0046190_14512280.jpg

e0046190_14514752.jpg

大盛況のうちに終わりました。

いや~ほんとにいいライブでした。
個人的に門馬さんのソロでカムトゥゲザーのギターソロでR&Bヴァージョンみたいなのを弾かれたんですが最高でしたね。
それに小笠原さんと門馬さんとは大学の先輩後輩ということで息もバッチシでした!
音楽に関しては辛口なフラッシュの佐藤マスターも褒められてましたね。

やってよかった!と思えるライブでした。
も~バタバタして、とっても疲れましたが快い疲れでした。
お越しいただいた皆様ありがとうございました!

フラッシュさんの協力を得て行うこのライブシリーズ、ぜひまた企画してみたいと思っています。

では今日はもうひとつ明日についての記事を書きます。
by concerto-2 | 2014-04-28 14:57 | 演奏会のこと | Comments(0)
終わりました~ジュルネ新潟。
最初から最後まで好転に恵まれていいジュルネになりましたね。

今日は朝一の新潟室内さんにいってからは

早く店を閉めて夕方から発進!

まずはやはりこれは聴かねば。
音楽文化会館さんでの新潟市ジュニアオーケストラさん。
最後のモルダウなんか感激しましたよ。立派です!!

そして越後もち豚串でちょっとだけ栄養補給して次は
りゅうーとぴあコンサートホールでのブラームスのピアノ協奏曲第1番。
群馬交響楽団さんのごりごりとしたサウンドを楽しみました。
ジュジアーノ氏のピアノはなんかショパンみたいなリリカルなピアノでしたね。
そのあたりがちょっと意見分かれるところでしょう。

ホールではピアノの和泉拓さんにお会いしました。
今仕事の方が忙しくてなかなかピアノまで手がまわらないとのことです。
それもまたいいことではないかと思います。
やはりまずは本業第一です。お声をかけていただき嬉しかったです。頑張ってくださいね!

そして最後は
能楽堂のブラームスの弦楽六重奏1番も聞きたくて悩んだのですが
あるお方のマリナ・シシュはぜひ聴いておいた方がいいよ!の一言で音楽文化会館に決めました。
マリナ・シシュさんはジュルネ初参加のヴァイオリニスト。
こんな人
e0046190_21522845.jpg

とても美しい方。しかも!実物の方が写真より何倍も美しくてチャーミング。
とっても魅力的なヴァイオリニスト。

ところが!
私に勧めてくれた方はただのミーハーな方ではない人なんですね。
それは演奏を聴いてわかりました!
ピアノトリオのコンサートでドヴォルザークのドゥムキーとブラームスのトリオ1番というプログラムでした。
チェロはアンリ・ドゥマルケットさん、ピアノはエマニュエル・シュトロッセさん。
そしてマリナ・シシュさん。

も====すっさまじい演奏でした!!!
実はここ1週間くらいで3つも夜の夜会があって、少々頭ぼけてた私なんです。
はっきり言ってブラームスのピアノ協奏曲1番はきつかった。。。

しかし!このピアノトリオの演奏はぶっとびました!
もう何かにとりつかれたかのような3人の演奏、鬼気迫るものを感じるくらい。
もう美人だとかふっとんでましたね。

実に濃い~1時間でした。
いやぁ全く予想してなかった超名演でした。
こっちにきてよかった~。

そしてマリナさんがこんな熱い演奏者だとわかっていればブラームスのヴァイオリンソナタ3番やってたのに~聴きたかったです。
ぜひまた新潟に来てほしいですね。
とにかく眠さが全くふっとんだスーパーなコンサートでした!
最後の最後にこんな演奏に出会うとは幸せでした。

そして会場では紫竹友梨さんに声をかけていただきました。
今夜愛知に帰ってあさってはトパゾスカルテットでまた本番が待っています。
新潟へは来月、また帰ってこられて新潟チェロアンサンブルさんのゲストで演奏されますね。
たいへんなスケジュールではありますが、プロであれば頑張らないと。
紫竹さんをぜひ応援よろしくお願いします。

そして今日は紫竹さんをピアノで支えた小林浩子さんからはメールをいただいて、写真もいただきました。
e0046190_2231173.jpg

いいステージだったそうです。
ぜひ二人でのコンサートもいつかは実現させたいですね。

小林浩子さんは5月には新潟中央高校に教育実習で半月くらいかな?戻ってこられます。
楽しみにしています。
小林先生きっと母校で頑張りますよw

とても賑わったジュルネ新潟、無事終了です。

県政記念館でもプロジェクションマッピングで照らされている中、撤収作業が行われていました。
e0046190_2262820.jpg

こうして白山公園一帯をつかってのイベント、恒例になってきましたね。
これからもずっと続きますように。

明日からも頑張りましょう。

出演者の皆様、関係者の皆様お疲れ様でした。
by concerto-2 | 2014-04-27 22:07 | 演奏会のこと | Comments(0)
見たいプログラムが目白押しのジュルネ交流ステージ。
昨日の浅香みのりさんと小黒亜紀さんのはこの前の記事で書きました。

今日の交流ステージでは14時5分からチェロの紫竹友梨さんとピアノ小林浩子さんのデュオがあって
うわ~聴きにいけずに残念。。。と嘆いていたら

神降臨!!
いぽぽぽぱんぱ様から写真を送っていただきました!!
ありがとうございます!!

e0046190_162856.jpg

演奏曲はドヴォルザークの我が母の教え給いし歌 でしたね。あとポッパーとかされたそうですね。
e0046190_16241182.jpg

紫竹さんのトークは定評あるところです。
e0046190_1653694.jpg

浩子さんの衣装がかわいいですね。
e0046190_1661582.jpg

この二人で新潟コンサートをやりたいですね。
聴かれたお客様にお聴きしたらお客様も満員だったそうでよかったです。

いぽぽぽぱんぱ様ありがとうございました!!

さっきは本公演を終えたばかりの井上静香さんとピアノの有吉亮治さんが来てくれました。
e0046190_1612117.jpg

今回は中野綾子さんと加藤千明さんのダンスとのコラボコンサートでした。
きっといいコンサートだったことでしょう。

さて私は18時50分からの群馬交響楽団さんからチケットを買っているのですが
その前のジュニアオケさんを行くかどうか思案中です。
うー。。。今のところ行く気持ちが優勢。
やはり新潟市ジュニアオケさんは新潟市の誇りですからね。

最後までいい天気の新潟ジュルネ、まだ終了まで5時間近くあります!!
楽しみましょう。
by concerto-2 | 2014-04-27 16:19 | 演奏会のこと | Comments(2)
お天気が最高なのですよ! 今年のジュルネは。
これだと屋外の食べ物やさんのところが繁盛しますね。
今までなぜかあんまり天候に恵まれてこなくて、寒かったり雨風が強かったりしたことがありました。
でも今年はほんとに最高の天気です。
自然の恵みを味方にいただいた今年のジュルネは今日も朝から賑わっていました!

私がいつも見させていただている
にいがた音楽雑記帳」「いちかっこジョバンニのクロソイドダイアリー」「りゅーとライフ」「いぽぽぽぱんぱのブログ」の皆さまもとってもよくお書きになられていて詳細なことがよくわかります。ぜひご覧くださいね。

私はちょっと今日中が動けない状況なもので、朝一と夜の公演だけ見にいっています。

昨日は朝一の音楽文化会館へ。
e0046190_1233086.jpg

とにかく天気がいい!

朝一の公演はヴィオラ羽柴累さんが登場! 羽柴さんは意外にもジュルネ初登場なんですね。
新潟から海外に出て大活躍しているお一人です。
フルート&ヴィオラ&ピアノのトリオでのコンサート、とってもよかったです。
あの累さんのなんともいえないクールな感じがかっこいいんですよね。
ちょっとステージ上での累さんしか知らないと、怖い人だと思っちゃうかもしれませんねw
そんなことはありません。とってもチャーミングで魅力的な方です。

私のその後は夜の新潟交響楽団さん。
ブラームスの3番とハンガリー舞曲の5番と1番。
熱い演奏でした。新潟交響楽団さんの魅力がたくさんの方々に伝わったことと思います。
それとブラームスの3番ってなかなか演奏されないんですよね。それもうれしかったです。

そしてその後は悩んだのですが、能楽堂のプラジャークSQさん。
ドヴォルザークのアメリカと弦楽五重奏曲のop97。
ここで特筆すべきは!
五重奏で加わったヴィオラのベンジャミン・ベックさん、まぁ親しみをこめてベック君w 今年で24歳。
このベック君、プロフ写真ではこんな感じなんですが
e0046190_1213868.jpg

この写真でみるだけと、まぁまぁイケメンじゃね? みたいな感じなんですが
これが実物がすごかった!
も~少女マンガから飛び出たというくらいのものすごいイケメン! わらっちゃうくらいに整った顔立ち。
はっきり言ってイケメンなるものに全く興味がない私も、へー!と思うほど。
なんか彼が出てきた後は会場の雰囲気が違ってましたよね。
もう拍手の熱さが全然違う。終わった後も何人かの知り合いと話したんですが、みんな最初の一言が「いや~イケメンだったね」と共通。
女尊男卑がポリシーの私がそう言うくらいだから女性の皆様はさらに「いいもの見たな~」と思われたことでしょう。こういうのもイベントならではの楽しみかと思います。、

そして今朝も朝一の公演に行ってきました。
コンサートホールでの新潟室内合奏団さんのコンサート。
そしてこれは0歳からオッケーのコンサート! はっきり言っていままで敬遠してたのですが、室内さんが出ることもあってはじめて聴いてみました。
いや~面白い。静かな中にお子さんの声とかがすると、気もなったりするものですが
あんな360度全部から声や泣き声がしてると、逆に気になりません! むしろなんか港でウミネコにかこまれているような、もしくは牧場で乳牛にかこまれているような、そんな心地よさすら感じました。
室内の皆さんの雰囲気もにこやかでよかったですしね。
楽器紹介で打楽器パートのとき、シンバルがジャーんと鳴ったら、会場中から一斉に泣き声がしたときは笑ってしまいました。
それに帰ってきたマエストロ、高橋裕之さんのトークも秀逸。もちろん演奏もいいです!
新潟交響楽団さんから松沼さんがいなくなったことはさびしいことでしたが
高橋さんが室内に戻ってきたことは本当にうれしいです。しかも初めてのりゅーとぴあコンサートホールでの指揮でしたね。
いい~指揮者さんなんですよ。5月17日の新潟室内合奏団の春定期では
新潟室内さんにマエストロ高橋さん、そしてピアノソリスト浅香みのりさんという超スペシャルなトリオです!
前にも書きましたが確実に新潟音楽界の歴史の1ページになるコンサートだと思います。
お聴きのがしございませんように。
そして前半のグリーグのピアノ協奏曲を聴き終ってお帰りになりませんように(笑)
ドボルザークの6番シンフォニーはめったに聴けませんが隠れた名曲です。
浅香みのりさんも今朝のコンサートは聴きに来られてて、今頃は某所でみんなで昼酒、、、あ、よいこのみなさんや未成年の方もブログお読みいただいてるかもなので、、、昼お飲み物付き食事会をされているはずです(笑)
チームワークもばっちりですね!

さてその浅香みのりさん!
私が新潟出身のピアノさんで今現在関東で活躍されている中でナンバー1だと思っている方です。
県内のピアノさんに精通している方なら浅香さんのことは皆知っていますが、一般の方々にはまだ知名度がなかったかもしれません。
でも今年一気にたくさんの人に知られていくと思いますよ。うれしいことです。
それに人柄もとってもいい方なんです。
昨日の交流ステージに出演されました!
浅香さんのお母様が撮影されたのを、昨夜みのりさんからメールでいただきました。
e0046190_12555840.jpg

e0046190_12561254.jpg

そして、いぽぽぽぱんぱさんが撮影されたのをいただきました。ありがとうございます。
e0046190_1256546.jpg

今頃は楽しい昼酒、、、いやいや昼食事を楽しまれていると思います。
ぜひグリーグのピアノ協奏曲聴きにいらしてください。きっとびっくりしますよ。

そして昨日の交流ステージで浅香みのりさんの後に登場したのが
新潟に在住しているピアノさんではナンバー1だと思っている小黒亜紀さん!
なんて豪華なリレーだったんでしょうか。
e0046190_130565.jpg

この写真もいぽぽぽぱんぱさんより頂きました。ありがとうございます。
あ~聴きにいけなくて残念。。。
小黒さんのハンガリー2番なんてきっとすごかったと思います。
新潟の演奏者の中でも小黒亜紀さんって特別な存在だと思います。
昨日もおるお客様が小黒さんがピアノコンチェルトやったことがないって知って驚いてました。
不思議なことと言ってもいいくらいなんですよね。
演奏者さんたちからもこんなに一目置かれて、そして好かれている奏者さんもいません。
もちろん聴衆の皆さんからも絶大なる人気があります。
そしてまたなんともいえない人柄。会った人は全部ファンになると思います。

その小黒さんからも昨夜メールをもらって「浅香さんすごかったですよ。話もできて嬉しかったです」
とのことでした。県コンでも2005年が小黒さん、2006年が浅香さんと共に大賞を獲得したお二人。
そうしたお二人がいることってとても嬉しいことです。
あ~聴きに行きたかった。。。

そんな交流ステージでは、もうすぐチェロ紫竹友梨さんとピアノ小林浩子さんのデュオがあります。
14時5分からです。これも行けない私(涙)
ぜひお聴きになられた方は感想を~
あと写真撮られたらください~(笑)

今日は若杉百合恵さんも交流ステージ出られたんですよね。昨日は刈谷優さんも出られています。
「新潟音楽界の武士」佐藤博志さんの交流ステージにはタッチの差で間に合いませんでした。
交流ステージが素晴らしいってことはとっても喜ばしいことだと思いますよ。

夜の公演が終わって外に出るとプロジェクションマッピングが行われています。
県民会館を使ってのもの
e0046190_1315216.jpg

e0046190_13151743.jpg

e0046190_13153528.jpg

県政記念館さんもおこなわれています。
e0046190_1316260.jpg

今日一日まだあります。
門前音楽市というものも行われています。東京音大さんの校友会コンサートももうすぐスタート
街中あげての音楽三昧、ぜひ楽しみましょう!
by concerto-2 | 2014-04-27 13:17 | 演奏会のこと | Comments(2)

ジュルネ新潟開幕!

昨日の小笠原直子さんと門馬由哉さんのジャズフラッシュライブは大盛況でした!よかった。。

それでその模様はわけあって明日にでも書ければなと思っています。

そしていよいよジュルネ新潟スタートしました。

オープニングを飾ったのはフルートの高橋由美さんと仲野享子さん!
e0046190_1830369.jpg


今日と明日たくさんの公演が行われます。
私も今日は朝一に行われた羽柴累さんが出られるフルート&ヴィオラ&ピアノの演奏会に行ってきました。
羽柴さんのヴィオラは相変わらずすごい迫力でした。

そしてこれから夜の部に行ってきます。
金沢が来ようが、群馬が来ようが、聴きに行くのです。
新潟交響楽団さんを!!

明日は朝一の新潟室内合奏団さんを聴きに行きます。

なのでまた明日も11時少し過ぎくらいの開店となります。
すいません!

また詳しい感想は後で。

いってきます!
by concerto-2 | 2014-04-26 18:34 | 演奏会のこと | Comments(0)
今日もいいお天気です!!
いよいよ今夜からジュルネ本格スタート。
e0046190_162723.jpg

今朝開店前にりゅーとぴあさんにいったらちょうどこの方にお会いしました。
羽柴累さん!
e0046190_1624230.jpg

共演される方と一緒でしたので挨拶だけちょっとしました。
累さんが本公演演奏者というのはすっごくうれしいです。それだけの演奏者ですから!
羽柴累さんの出演は明日の午前10時から音楽文化会館、15時半から旧斉藤家別邸です。

そして
はーい、明日かえるよー!
と井上静香さんからはメールを頂きました。
今回はダンサーの中野綾子さんと加藤千明さんとの共演もありますよね!
先日NSTで放送されたそうです。
そのときのショットが。
e0046190_1654036.jpg

左はリポーターさん、そして井上静香さん、加藤千明さん、中野綾子さんです。
この公演は27日日曜日の12時半から音楽文化会館です。ぜひご注目を。

さて私はなかなか日中の公演にはいけなくなりました。
なので朝一と夜の公演でいけるものに行きたいと思っています。
明日は羽柴累さんの音楽文化会館に行ってきます。
なので明日は11時頃の開店になります。すいませんよろしくお願いします。
夜は新潟交響楽団さんの公演、その後のにも空いてたらの感じで行けたらなと思います。
ですので閉店は6時半くらいでしょうか。すいませんよろしくお願いします。

交流ステージで明日の注目は
あ、個人的にですが
10時10分からの刈谷優さん、12時15分からの浅香みのりさん、12時40分からの小黒亜紀さん、18時5分の佐藤博志さん、18時半からの新潟市ジュニアなんかよさそうですよね~。
もちろんほかの皆さんも素晴らしいはずです。
ぜひお楽しみに。

さて!昨日のこと。
昨日は当店でインストアライブを行いました。
井上静香さん以来のナイトライブ。
こちら!
e0046190_16163994.jpg

フルートの小笠原直子さんとギターの門馬由哉さん。
お二人は昭和音大の先輩後輩です。

いやぁ~なかなか素晴らしいライブでした!!!

プログラムは
トミー・エマニエル:サルトウォーター
ピアソラ:タンゴの歴史より酒場1900&カフェ1930
門馬さんのオリジナルで小さな想い
プジョール:ブエノスアイレスの空のアリア

アンコールはジャズのスタンダードからミスティ

という内容でした。

公演の詳細につきましてはishizakiさんがとってもよくお書きいただいています
ぜひ「いちかっこ ジョバンニのクロソイドダイアリー」を見てくださいね。
e0046190_163377.jpg

いや~ほんとにいい公演でした。
お客様はちょっと少なかったですけれど、アットホームな雰囲気の中での名演に感動しましたよ。
まず門馬さんのギターの音色のよさ、響きの豊かさですね。
今日のライブではアンプを繋ぐ予定ですが、昨日は繋がずにギターだけの音色でした。
それでもすごく深みのある豊かな音色でびっくり。さすがです。
e0046190_16333647.jpg

そして小笠原直子さんも頑張ってました。プジョールはどうしてもやりたかった曲ということ。
なかなかかっこよかったですよ。
それに本番のときの小笠原直子さんってのはかっこいいんですよね。普段は。。。あ、普段はいいとして(笑)
パワーあります!
e0046190_16391584.jpg


こんな二人のライブはさらに曲数も多くしたパワーアップ版で今夜もあります!
e0046190_16404781.jpg

ジャズフラッシュさんでのライブは19時半開演。
ぜひいかがですか!!!

と、言いたいところですが、さっき小笠原直子さんと打ち合わせしたら
なんと!もうほぼ定員になってました。
定員というのはフラッシュの佐藤マスターの「30は入るよ」のお言葉を信じてなんですけどね。
あのお店。。。30はいるのかな。。ちょっと心配なんですが、でも盛況な会になりそうでよかったです。
あとはまた素晴らしいパフォーマンスをみせてくれて素晴らしいコンサートにしてお客様に喜んでもらう!
私もスタッフとして頑張りたいと思います。

昨日のインストアライブには、いつもデザインをお願いしている柳さんが御越しになられてて
小笠原直子さんをパチリと。
e0046190_1644378.jpg

さっ本人にきこれを見せたら「あごが~~~!」と言ってましたw

今お二人は上古町辺りを散歩に行ってます。
どうか今夜もいいコンサートになりますように。

今夜のジュルネの交流ステージでは小笠原さんの先輩にもあたるフルートの仲野享子さんが出られます。
もしよかったら見に行ってみてください。
そしてオープニングセレモニー、本公演でアンサンブル金沢ですね。

今日25日は月刊シネウインドの入れ替え日。
最新号到着。
e0046190_16483791.jpg


お客様よりいただきました。
ピュアドゥ!のカレーパンとバナナパン。
e0046190_171171.jpg

幻のクリームパンは品切れだったそうです。やはり!
とっても丁寧なパンなんですよね。ありがとうございました。

では小笠原直子さんと門馬さんも戻ってきて、ジャズフラッシュに向かいました。
私ももう少ししたらちょっと片付けて、それからりゅーとぴあさんに少し行って
そしてジャズフラッシュさんに入りたいと思っています。

今夜も最高な一日になりますように。
by concerto-2 | 2014-04-25 17:03 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日はいい天気になりました!

昨夜ちょっと私の師匠ともいえるシネウインド斉藤さんの飲み会におよばれしてきました。
二次会は新潟駅前の戦後間もない頃のような雰囲気のところ。
まず一人ではじめてという状況ではいかないかも。
でもその中にいらしたのは某大企業の幹部さん、老舗有名会社さんの二代目さん、若手社長さん、はたまた元国会議員さんまで。
場がとてもほっくりした感じでした。
そんな現在最前線で活躍している人も、斉藤さんの前ではみんな肩書きがなくなり
かってシネウインドに入り浸っていた大学生だったり、新人社会人だったりに戻っているようでした。
シネウインドさんは今年が29年目、となると今の40代でも当時10代ですからね。
それにその感覚よくわかります。
未だに小林浩子さんや紫竹友梨さんやそういうかってから知っている皆さんを見ると、今でも高校生だった頃のイメージをよく思い出してしまいます。
昨夜も、かっての学生だった皆さんと語らう斉藤さんを見てて、こういうのって嬉しいだろうな~
と自らにも照らし合わせて思いました。
ただシネウインド斉藤さんは自らも進化し続けていっています。
私も皆さんすごいな~と思って圧倒されるだけでなく、少しづつでも進化していかねばと思いました。
ちなみにお店の名前は「ソクラテス」。
新潟駅前の東急イン裏のあたりは昔は怖い雰囲気の一帯でしたが、今はいい感じのディープな地帯になっていますね。活気あります。

古町のひなびた感じも落ち着けて好きですが。

さて今夜は当店のインストアナイトライブをやります!
e0046190_14485325.jpg

夜7時から。今回は入場料が1000円です。
フルート小笠原直子さんとギター門馬由哉さんのデュオです。

明日はジャズフラッシュさんでライブです。
e0046190_1450241.jpg

こちらも夜7半時から。ワンドリンク込みで2000円です。
曲数はこちらの方が多いですよ。予約受けたまり中ですが、当日予約なしでも大丈夫かも。
あとこの日はジュルネ初回ですよね。
コンサートホールの公演帰りでちょっと飲んで帰りたいとかありましたらジャズフラッシュさんにお越しいただければライブは終わっててもお二人はそのままフラッシュさんで打ち上げしてますから、ぜひいらっしゃいませんか。私も当然残っております。
すいません!このフラッシュさんのライブを私もしかしたら19時開演と話してしまった方がいらっしゃるかもしれません。
19時半開演です!!

明日のジュルネは
交流ステージからスタート。
午後6時10分よりフルートの高橋由美さん&仲野享子さんのデュエットで幕を開けます。
6時半からはオープニングステージ。参加の誰かの演奏が聴けるはずです。
そして7時半からはコンサートホールでオーケストラアンサンブル金沢。
事前の発表では指揮者が井上道義さんでした。しかし井上みっちーは病のため指揮者が3つ変わっています。
明日の指揮者は三ツ橋敬子さん!残りの二つは金聖響さんという豪華な代役ですね。お楽しみに。

ジュルネ関係で公開レッスンのお知らせをひとつ。
今回ジュルネ参加のフルート、ラファエル・レオーネさんが公開レッスンを行われます。
e0046190_1525920.jpg

4月27日(日曜日) 会場はスタジオスガマタ 50分のレッスン、お一人10000円
通訳は羽柴累さんが行われるとの事です。
聴講したいという方はお一人2000円です。
午前9時から午後9時スタートまで行われています。
まだレッスン枠が数日前まで少しあったのですが、今現在どうかわかりませんが、もしご希望の方がいらっしゃいましたら私の方で確認してみますので。
よろしくお願いします。

当店インストアライブ、その次はこちら。
e0046190_1562935.jpg

29日です。よろしくお願いします。

さて昨日の午後は、ピアノの湊元なつみさんが来てくれました。
e0046190_1574319.jpg

ピアノも弾いてくれて、特にスタインウエイを気に入っていただけたようです。
e0046190_15151722.jpg

この後、私も一緒に古町界隈の知り合いのお店をまわって、チラシやポスターのお願いをしてきました。
まぁ本音ではヒロクランツのケーキを一緒に食べに行きたかっただけかもしれないのですが(笑)
高校から桐朋に行かれていた湊元さん、昨日はたくさん話ができて、今後の展望についても聞く事ができました。
まだ東京にお住まいですが、近々に新潟に戻ってこられるそうです。
やりたい方向性もお聞きしましたが、ちょっとユニークなんですよね。でもとっても柔軟性があっていいと感じました。
高校生のときから新潟を離れていたので、どうしても知る人ぞ知るみたいな存在であった湊元さん。
藤井晶子さん、石井朋子さんに師事された実力派でもあります。
そして会ってみるとわかりますが、いや、写真でみてもわかりますが
とても朗らかでチャーミングな方です。ぜひ温かく迎えてあげましょう。

ということで、こちらをよろしくお願いします!
e0046190_1523213.jpg

当店でもチケット扱っております。
ぜひいかがでしょうか!

このコンサートのためにブログも書かれていますよ。
「枝並清香&湊元なつみコンサートブログ♪」

そしてヴァイオリンの枝並さんのブログも紹介しますね。
「violinブログ」
こちらもぜひご覧ください。

そうそう、枝並さんについて、一番よく聴かれるのが
枝並千花さんの妹さん?
と聞かれます。
やはり枝並さんとくると千花さんはビッグネームですからね。
このお二人は姉妹ではなくて、従姉妹さんです。
私は清香さんの演奏は聴いたことがありますが、実際にお会いしたことはありません。
でもお兄さんとはよく会っていました。新大オケ必殺のチェリストでしたからね。
ジュニアオケでも大活躍されてたのでご存知の方も多いことでしょう。
最近新潟に戻ってこられたので、また会うことがあるかなと楽しみにしています。

せっかく新潟出身の若い二人のデビューコンサートです。
先日の3人のピアニストのときもそうでしたが、こうしうものを自主公演として本人たちがいろいろやりながら実行して行くのってたいへんです。
ぜひその苦労が報われるような、たくさんのお客様で会場をいっぱいにしたいと思っています。
ぜひご支援よろしくお願いします。

新潟出身の皆さん、各地で頑張っていますよ!

近いところからいくと明日、ファゴットの小竹内茜さんがメンバーの室内楽演奏会があります。
e0046190_1535364.jpg


29日にはチェロ紫竹友梨さんのトパゾスカルテット。
e0046190_15355679.jpg


5月10日にもあります。
e0046190_15361532.jpg


同じ5月10日に京都ではヴァイオリン飯田輝海さんが参加の室内楽コンサート。
e0046190_15381647.jpg

これ面白いコンサートですね。飯田さんは新潟中央高校音楽科出身で京都を中心に頑張っています。
高校生のころはよく来てくれてた方です。ちなみにチラシでは左段の上から2番目が飯田さんです。

そしてもう新潟出身という言葉は似合わないくらいにビッグな奏者になった井上静香さん。
もう姉御! とお呼びしたいくらいですが(笑)
5月24と25日にストラヴィンスキーの「兵士の物語」をやります。
ダンスパフォーマンス付きですよ!
e0046190_15405265.jpg

ちなみにこのチラシデザインはいつもお世話になっている柳さんです。ありがとうございます!

井上静香さんはジュルネ新潟でもダンス付きの公演がありますね。
そこでは我らがダンサー、中野綾子さんと加藤千秋さんが参加されます。そちらもぜひご期待ください。

みんな各地で頑張っていて嬉しいです!

チケットの新規取り扱いのお知らせ。
毎年夏の風物詩にもなっているかもしれませんね。
稲庭さんのコンサート。
e0046190_15434239.jpg

8月3日(日曜日)だいしホール 14時開演
「稲庭達 ヴァイオリン名曲紀行vol.8」
チケット 前売り3000円

かって大阪フィルで朝比奈隆さんのコンサートマスターとして知られた稲庭さん。
とってもアットホームないいコンサートですよ。
いかがでしょうか。

ヴァイオリンといえば!
私が今活躍しているすべての演奏者の中で一番大好きな演奏者。
それがエンリコ・ガッティです!
ガッティの昨年末あたりに出た新譜をやっといれました。
e0046190_1547371.jpg

「17世紀イタリアのヴァイオリンソナタ集」
も~ガッティのアルバムに作曲者が誰だとか、様式はどうだとか関係ありません。
最初のヴァイオリンの出だしから「あ~~~~~ガッティ~~」ととろけます。
最新のレコード芸術に珍しく先日来日したときのインタヴューが載ってましたね。
「私がヴァイオリンを弾くときには、呼吸するように、管楽器奏者のように音を作ります。速いテンポでたくさんの音符を弾くことに関心はありません」とのこと。しびれます!
まさにガッティの演奏はそのとおり。
歌うように。そしてゆっくりと。
私はガッティの演奏を「風呂場で歌うおじーちゃんの歌声」と評しますが
まさに風呂場の中で聴くようなヴァイオリンですよ。
あの絶妙の節回し。やはりイタリア音楽の真髄が心底身についているんだろうなと思います。
コレッリをやろうがタルティーニをやろうがヴィヴァルディをやろうが、ガッティがやるとみんな同じになります。
イタリアの貴族的サウンドですね。
もうぜひこの滑らかにうたいまくるガッティサウンド。もう今回も笑っちゃうほどいつも通りです。
お店のBGMにも最適だと思いますよ。
ぜひいかがでしょうか。

おっと、今今夜のお二人の小笠原さんと門馬さんがちょっと来られました。
一度また練習に戻って、夜6時頃から来られるそうです。

よかったらぜひ二人の演奏を聴きにいらしてください。

いい一日でありますように。





by concerto-2 | 2014-04-24 16:00 | 演奏会のこと | Comments(1)

いろいろなことを。

今日はちょっと曇り空。
週があけてから天候はちょっといまひとつ。
でも今、新潟はちょっと晴れている夕方ですが、東京は大雨だそうですね。
桜の季節も。。。っていつまで桜~とか言ってる時期ではありませんね。

店のウインドウのポスターもちょっと貼り変えました。
e0046190_17354092.jpg

朝は曇ってたのでちょっと暗いです。
e0046190_17361427.jpg

順次貼って行きますので。

ジュルネの時には古町にて門前音楽市というイベントも行われます。
恒例ですが年々賑わってきていますよ。
パンフレットができています。
表紙が
e0046190_17391647.jpg

裏表紙が
e0046190_17394211.jpg

中にはスケジュールが載っています。
ちょっと見づらいと思いますが26日。
e0046190_17403251.jpg

27日の日曜日は。
e0046190_1740556.jpg

新大オケさんの弦楽アンサンブルさんも両日ありますね。
街中にも単独のチラシも貼ってあります。
e0046190_1742856.jpg

新大オケ弦楽アンサンブルさんは26日&27日も古町5番町で13時からと15時から演奏になっています。
よかったらぜひお聴きください。
この門前音楽市はクラシックということでなくどちらかというとジャズ関係のライブが多いですね。
スティールパンのライブなんか楽しそうだなと思いますよ。
ジャズの皆さんもなかなかの皆さんなんだそうです。
そんな中、よかったら県政記念館で15時50分からの「三国岳彦と愉快な仲間たち」も時間があったら聴いていただけたらと思います。

ジュルネに関してはいろいろと思うところもある方々も覆いと思いますが、とりあえずこういう周辺イベントの核となる大イベントなので、当然ながらジュルネ本体も盛り上がってほしいですね。
本公演もいいですが、交流ステージもいいですよ!

またジュルネの翌週にはクラシックストリートもあります。
チケット扱っておりますのでよろしくお願いします。

こちらのコンサートのチケットも届きました!
e0046190_1749271.jpg

毎年恒例、TOKI弦楽四重奏団さんです。
今回はシンプルに本来の弦楽四重奏団としてのコンサートになりますね。
7月25日が新潟市音楽文化会館
7月26日が胎内市産業文化会館
7月27日が南魚沼市民会館大ホール
となっております。

当店では新潟公演のチケット扱っておりますので、よろしくお願いいたします。
一般 3000円 学生 1500円 となっております。

今週の木曜日は当店のインストアライブをします。
いつもとは違い有料でのナイトライブです。井上静香さん以来2回目ですね。
こちら。
e0046190_18164239.jpg

夜7時からで1000円です。
フルート小笠原直子さん&ギター門馬由哉さんです。

翌日の25日金曜日はジャズフラッシュさんで二人のライブをします。
e0046190_17551463.jpg

今日もご予約のお電話を頂きました。ありがとうございます。
ぜひいかがでしょうか。まだ入れます。

インストアライブは29日にこちらを行いますのでよろしくお願いします。
e0046190_17563951.jpg

29日にヴァイオリンの野口万佑花さんとチェンバロの笠原恒則さんのライブです。
こちらもよろしくお願いします。

この野口さんの写真いいですよね~。
ほんとうに春! という感じです。

この写真を撮ってくださったのは画家でもあり写真家でもある山口達己さん。
フルートの市橋靖子さんや琴の奥村京子さん、ソプラノのすみよさんなどの素敵なプロフィール写真も山口さんが撮られたものです。
とっても素晴らしいですね。もし私も撮影してほしい!という方がいらしたら私にお申し付けくだされば山口さんに依頼をお願いできますので。

その山口達己さんの写真展が行われます。
しかも。
会場は知る人ぞ知る。。。秋葉区の楽風舎さん!
e0046190_1855411.jpg

またこのGWも営業をされるそうです。
そして山口さんの写真展も行われる。
ダブルでお楽しみにならそうですね。

楽風舎さんのマスターIさんは、かって伝説のクラシック喫茶「時屋」のマスターさんです。
現在ある時屋さんは全く違うものですからね。
マスターの時屋さんは、まさに伝説のお店です。4年しか営業をしていなかったのに今でも多くの人の語り草になって、その頃のお客様の輪も今でもつながっています。
私の目標にしたお店でした。
その伝説のお店が楽風舎さんとしてひっそりと季節営業をされている。
これも伝説ときっとなることでしょう。
素晴らしいことです。

ほかにもお知らせしないといけないことなどあるのですが、すいません!また明日。
昨日はちょっと私も心に穴があいてました。幸せな気持ちの穴でしたが。
今日から1週間始まるつもりで頑張ります!
週の初めは!
e0046190_181139100.jpg

たなたなたっなくっじー!でしょう。
私は0655が大好きで毎日見ています。
つい気を許すと
「わがっはいはいぬ♪」とか「重箱の隅つつくのすっけ!」とか思わず口から出てますw
そっか、今週は日の光あびるぞー!

頑張って行きましょう!
by concerto-2 | 2014-04-22 18:14 | 演奏会のこと | Comments(9)