コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日は寒い一日でしたが何人かお越しいただきありがとうございました。
特に久々にお会いした某ヴァイオリンさんは嬉しかったです。
今どうされているのか考えていたので。
頑張っていらっしゃる事が分かってよかった。

さて! 前の記事でお伝えしましたが当店は元旦はお休みさせていただき、年明けは2日から。
そしてその2日には急遽インストアライブ。。。いや、ほんとうはインストア公開練習会。もしくはお楽しみ会?(笑)
をします!
実家に帰るぞー!というデザイナー柳さん、い、いや柳様にはたいへんご無理お願いしました。

柳さん:おーいもう実家帰るぞ〜。何時からスタートなん?
私:うーんとね、うーんとね。。。たぶん2時!!!
柳さん:だぶんね(笑)
私;あ、あとね!一人増えた!
柳さん:はぁ?(もうすぐ実家に行くっつってだろー!。←勝手に私が想像する柳さんの心の叫びw)

なんてやり取りを帰省直前の柳さんにあーだこーだお願いして
作っていただきました!
e0046190_1752849.jpg

1月2日インストアライブ。というか公開練習というかお楽しみ会(笑)
チェロ紫竹友梨さんとピアノ小林浩子さん
ここになんとたまたま帰省中で実家にいるピアノ加藤桜子さんまでちょっと参加する事になりました!!
豪華です! でも誰も事前練習も打ち合わせも無し!
たしか今日も名古屋で仕事かもしれない紫竹さんなんか、こんなインストアライブ〜なんてことになってることも分からないかもしれません。(紫竹さんごめんよ!)

ということで、スーパープレイは無いかもしれませんが、それより私としては紫竹さん、加藤さん、小林さんという新潟からそれぞれ違う場所に行かれて本当に頑張っている皆さんを知って欲しいんですね。
それにプロとかになるとどうしても完全な演奏を求められることになって、変な例えですがかっこわるいところをみせても大丈夫な場所みたいなものにうちはなってもいいなと思っています。
どうぞ聴きに来られるお客様もめでたく優しい温かな気持ちで聴くというより楽しんでいただければ良いなと思っています。

でも、2日って聴きにこられる人いるかな?
今の所「来る!」って行ってくれてるのは、、、いぽぽぽぱんぱさんとharuちゃんくらいかなw
でもせっかく紫竹さんが愛知、加藤さんが東京、浩子さんは神奈川というところにいるのが
こうして集まるのも貴重です。いいお楽しみ会にできたらと思っています。
haruちゃんがんばろうな!(と勝手に会場係に任命w)

ちなみに3人とも新潟中央高校音楽科さんの先輩後輩です。
こうしてOGの皆さんが年代を超えて繋がっていかれるのもいいことですね。

さて今年は私もコンサートにいくつか行きました。
ちょっと動けなくなった事もあって行けなかったものもたくさんありました。
行った中で、心に残ったものを5つ思い出してみます。
その順番とかには大きな意味はありませんし、この5つが究極ベスト5ということでもありませんから。

最初はこちら。
e0046190_17225219.jpg

春に行なわれた小黒亜紀さんのリサイタル。
こんな重量級のプログラムを迷う事無く構成に組み込むそのパワーはすごいです。
でも小黒さんに取っては弾ける事が問題ではなく、そこに内容を入れていく事。その苦悩と努力みたいなものを小黒さんから感じました。
たくさんの人が小黒亜紀さんのことを賞賛されてます。私も新潟での最高峰の一人は小黒亜紀さんだと思います。誰にも似ていない独特な世界を持たれている方ですね。来年も楽しみにしています。

続いては、地元のアマオケなんか聴いてられないよ〜という人達に聴いて欲しかった!
e0046190_17301714.jpg

秋に行なわれた新潟交響楽団さんのマーラ−9番。
地元意識が私は強すぎるというのもありますが、たしかにそれは認識しています。
でもこの演奏は新潟音楽史に残る大名演だったと思います。
私は東京交響楽団さんがやった時より感動しました。
松沼さんという鬼才が新潟交響楽団に来られ、全然違うと言ってはいいすぎかもしれませんが
新潟交響楽団さんはものすごく面白くなりました。
その頂点を極めた演奏だったと思います。

最も泣いてしまったコンサート。
e0046190_17331980.jpg

海の日に行なわれた伊藤舞さんのコンサート。
もう公演が始まった時からしばし涙が止まりませんでした。
この日の為に、というかこの日がくるまで2年近く
伊藤舞さんにはいろいろなことがあって、それを私も知ってました。
まさに紆余曲折。そしてこの日が訪れました。ちょっと状況が違っていれば無かったかもしれないコンサートでした。普段のマイミーは気がちっさくて、すぐ不安になったり繊細なところがあったりします。。
でもステージでは堂々として本当に立派で。それになんか不思議なくらいマイミーの歌声は人の心に届くんですよ。

まさに別格!のピアノでした。
e0046190_17453925.jpg

6月に行なわれた新潟交響楽団さんの定期。
ここでイリーナ・メジューエワさんがソリストさんで登場され、チャイコフスキーの1番を弾かれました。
これがすごかった! とにかく県民会館さんのピアノをあれだけ鳴らしたというのがまずすごいです。
格闘するみたいな感じすら受けました。パワー感が半端無い。
でもイリーナの演奏ってパワーあるだけではないんですよね。しっかりとした何かが詰まっていると思います。
とにかくすごい演奏でした。

順位はつけないとしましたが、今年1番の演奏はこれでした。
奇蹟の一夜!!
e0046190_1753639.jpg

私が今年聴いた全ての演奏の中で、最高のワンダフルな演奏はこの夜、新発田で生まれました!
高橋さんの素敵なモーツアルトもよかったですが。
浅香みのりさんの「皇帝」!!!!
信じられないくらいの素晴らしい演奏でした。
何年に一度出会えるかどうかわからないくらいの演奏。
生の演奏が時としてもたらす奇蹟の名演奏だったと思います。
浅香さんにも後日話たのですが、もし同じ顔ぶれで違う日に再度やったとしてもあんな演奏にはならないと思う。と。
あの日あの場所であの気持ちで全員が一丸となって生まれた再現不可能なくらいの40分でしたね。
もちろん浅香さんの力だけではありませんが、浅香さんのピアノを聴いて新潟室内の皆さんが普段以上に燃えていたと思いますし、また指揮者が高橋さんだったことも大きい!
この3者の力が最大限に爆発した皇帝が今年のベスト1でした。
本当に聴きに行ってよかったです。

打ち明けると浅香みのりさんは高校生で県コンクールでも大賞をとるほどの実力者でしたが
私はどうも当時の浅香さんは苦手でした。あの頃の浅香さんって、とにかくなんというか。。。個性的でしたからね(笑)分かる人には分かると思うのですが、どうしても気になっちゃったんですよね。
ただその頃から骨太なピアノは他の追随を許さない迫力はありました。
だからある意味ソロよりコンチェルトの方が合っているといえるかもしれません。
もう新潟室内さんはすっかり浅香さんファンになられたようです。来年のグリーグも楽しみにしましょう。

それにしても
浅香みのりさんがソリストやると発表になった時、新潟室内の何人かの方から
どんなピアニストなの? と尋ねられました。そっかぁと思いましたね。
コンクールとか見てたりしてた人には浅香さんはもうすごい存在の人でした。
でもなかなか一般には知られていなかったのかもしれません。特にオケの方々にはピアノさんはわからないかもしれません。
そう考えると、地元の方でソリストをやったというと石井朋子さんが2回ありますが、、、、あと最近はあんまりないと思います。あとは新潟室内さんの団内ソリストや地元出身ということでの井上静香さん、枝並千花さん、羽柴累さん、成嶋志保さんなどなど。。。
長岡であれば村山薫さんがやってらっしゃいますが、地元在住のソリストだとだめなんでしょうかね。
私はなんといっても小黒亜紀さんがソリストやるのを見たいですね。
栄長敬子さんもやってないですし。
地元在住でない方なら、すごい人がいます。ヴァイオリンの大野有佳里さん!
紫竹友梨さんも実力充分です。

そしていつかは宮崎真ひろさんのソリストも見てみたいです。
真ひろさんは小学生の時にオルガンバックでラヴェルのピアノ協奏曲弾いた凄いの見ましたがオケの前で弾く姿も見たいです。
浅香さんがあれだけの演奏をして、オーケストラの皆さんに支持されたという事は、これから先にも繋がる事だと思います。
まだまだこれから先楽しみな事たくさんですね。
きっと来年は今年以上にいい一年になりますよ!

シネウインドの齋藤さんと話してて、ずっとウインド続けてきて何が一番辛かったかと言われると
金の事なんかより
友人が亡くなっていく事が一番辛いな
と言われてました。

私も10年やってきた中で、何人かの方がこの世を卒業されていかれました。
一昨年は新潟メサイアの父である星野さん。そして訃報に耳を疑い、聞いた後は大ショックですぐにその日は店を閉めた藤井さん。そういうことがない1年であれば良いなと思っていましたが
数ヶ月前に天上の人となられたのが月刊ウインドで28年にわたりオペラと映画にまつわるコラムを書き続けた中沢敬子さん。
藤井さんも中沢さんもまだ60代半ば。軍備に使う資金があれば世界一致団結してガン撲滅の研究をしてほしいです。
は余談ですが。

中沢さんを偲ぶ会が開かれ、私も参加しました。
会場に入った時流れている音楽を聴いて、しばし身体が固まりました。
これがかかっていました。
e0046190_18542919.jpg

お好きな1枚だったそうです。
そういえば、私が思う中沢さんのイメージって、この音楽のようでした。
今年最後のCD紹介としてグールドのブラームスをあげたいと思います。

来年はみんな元気であればいいですね。

あと数時間でFMPORTさんの年越し番組がスタートします!
きっと美貌のTディレクター今頃目が血走ってます(笑)
e0046190_18583664.jpg

ぜひお聴き下さい。そしてよかったらメッセージを送ってあげて下さい。
hello@fmport.com までです。

私は社会人になってからずっとカレンダー通りになったことが一度もありません。
なので年末年始とかの季節感はゼロです。
なんかそういうのって気恥ずかしいw

ですが

店を閉める!と言ったのは2年前。
そこからいろいろあって続けて2年経ちました。
閉店詐欺か!なんて言われたこともありましたが
なんとかやって来れたのは皆様方のおかげです。
ありがとうございました。

先はなかなか予断を許す状況ではありません
あ、今日7千万臨時収入があれば別ですがw
ゆるゆるっと頑張っていけたらなと思っています。

ありがとうございました。

よいお年を。
(↑ うっ、こういうのが恥ずかしいのですw)

ではあさってまで。。。
by concerto-2 | 2013-12-31 19:05 | 演奏会のこと | Comments(2)

速報でお知らせ。

大晦日です!雨です!寒いです!

今日はこれだけは速攻でお知らせしたい!ということがあるので書きます!
1年のまとめみたいなのは夕方にでも。

年明けすぐにインストアライブやります!!!
もー昨夜真夜中に決まったのでWebチラシもなにもありません。(柳さんすぐにダメ元でいいので情報送りますから。)
なんと1月2日に来てくれるのはこのお二人!
名古屋拠点のミューズ。チェロ紫竹友梨さん。
e0046190_11435917.jpg

あまりに急だったのでこの写真はおととしの冬に来てくれた写真です。でもいつ見ても紫竹さんは変わりません。
そして紫竹さんだけではなく
神奈川の妖精。ピアノの小林浩子さん。
e0046190_11445614.jpg

すっごい時期外れの写真ですがw

このお二人は中央高校の先輩後輩ですが年代もかぶらない事もあって会うのははじめて!
当然名前は聞いて知っていたのですが、お互いが1ドアって見たいと思ってたので
じゃぁ、年末年始帰省した時に店で会えば良いよ。
とそれぞれにお話ししてたんですね。
なんと私自身それが実現するとは思ってませんでした。
しかもお二人が来て一緒に出来るのは2日のみという多忙さです。

ということで、インストアライブというよりインストア公開練習みたいな感じになると思います。
まだ何時からするかも決まってません。たぶん午後だと思うのですが〜
決まったらお知らせします。
当然何やるかなんて事も決まってません! ゆるゆる〜とした感じで思っていただければいいと思います。

ぜひお二人にあってみたい。練習段階であっても音楽を聞いてみたいという方はぜひあさっての2日お越し下さい!
今後この二人が共演するという事もあまりないかもしれませんから貴重ですよ。
かわいいお二人ですがポテンシャルでいえばタイガー&ドラゴンです!
全力の演奏は難しいかもしれませんが、その片鱗は充分感じられると思います!

もう一つは1月25日にあるこちらのコンサート。
e0046190_11515799.jpg

りゅーとぴあスタジオAでのファゴット小林道子さんのリサイタル。
いろいろあってプレイガイドなどが今までありませんでしたが。
お願いしてチケットを送っていただきました!!
なので当店で今日から販売しております!! ぜひいかがでしょうか。
小林さんと言えば新潟中央高校音楽科が出来た時の管楽器の講師でもあった方で、ドイツに長くいらしてプロオケで活躍されてたすごい方です。
数年前に帰国されて東京の方で活躍されていらっしゃいます。
ご実家がある新潟では初めてのリサイタルではないでしょうか。ぜひいかがでしょう。

今日は大晦日なのにどさっと入荷がありました。
e0046190_1155673.jpg

中でも一押ししたいものがあります!!
こちら。
e0046190_11555712.jpg

新譜です。「花は咲く」を5種類の演奏でまとめたCD。1枚1500円。
アレンジ&演奏がすごいんです!
1.オーケストラ  演奏:NHK交響楽団  編曲 吉松隆
2.吹奏楽 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ 編曲 加羽沢美濃
3.フルート 演奏:上野星矢
4.サクソフォン 演奏:田中靖人 
そして最後が!!
5.ギター 演奏:朴葵姫  編曲 佐藤弘和

ってすごいと思いませんか!!!! これはその道の人ならその1演奏で1500円の価値あると思います。
ぜひいかがでしょうか。

また入荷した中にはカザルスのホワイトハウスコンサートもあります。
もう永遠の名盤であるし、いつも店内に置くようにしている1枚です。
e0046190_123135.jpg

この中の1曲といえば、当然「鳥の歌」。
映画「楽隊のうさぎ」の中でも先生が弾いてましたね。印象的なシーンでした。
e0046190_1243684.jpg

今日と明日はシネウインドさんもお休みです。
ぜひ2日から始まりましたら「楽隊のうさぎ」ぜひ見に行かれてみて下さいね。

さてあと数時間でFMPORTさんの年越し番組が始まります。
e0046190_1264932.jpg

私も番組にメッセージ送るつもりです。
ぜひよかったらお聴き下さい。

今日も良い一日になりますように。
朝一から某ピアニストさんが来てくれました。
当店は今日も営業いたしております。
by concerto-2 | 2013-12-31 12:06 | 演奏会のこと | Comments(0)
雨になってます。12月30日夕方の新潟市中央区東堀。
今朝の県民の新聞さんに載ってましたねー!
年末恒例、FMPORTさんの年越し番組
「GOODBYE 2013 HELLO2014 クラシックの世界へようこそ Op.8」
e0046190_16163561.jpg

Op8というのは8回目なんですね。そっかぁ〜私が出たのは3回目と4回目だったかな。
なんか遠い昔の事だった気がします。番組作るのってたいへんなんだなって思ったものです。
11時からスタートして元旦1時までの生放送。
今回はナビが松村道子さんです! 飯尾さんとの掛け合いも新鮮なものになるのではないでしょうか。
ちなみに松村さんはクラリネットをされて方との事です。
もひとつちなみに毎週土曜日のクラシックホワイエやこの年越し番組を作っているFMPORT美貌のTディレクターはフルートをされてました。ん?となると金子由香利さんの先輩になるのか。
燃えるTディレクターもきっと今頃はへろへろになっていることでしょう。
今日メールで「なんかPRすることある?」と尋ねたら
ぜひ番組にメール下さい!! とのことでした。
いろいろなプレゼントもあると思います。ぜひ番組にメール、もしくはファックスを送ってあげて下さい。
全部目を通してくれますよ。
今回の目玉はなんといっても12月初めに行なわれた長岡ふれあいコンサートの模様が収録され、オンエアされること。当然全部ではありませんし編集による抜粋になりますが、どんな感じになっているか楽しみですね。
ぜひ番組にメッセージを送ってみて下さい。
アドレスは hello@fmport.com です!

さて昨日の土曜日は今年1年のコンサート納めにいってきました。
新潟駅南にある愛泉伝導所さんでおこなわれたソプラノ&電子ピアノ山際規子さんとチェンバロ笠原恒則さんによるコンサートでした。
マンション1室のような所が会場で御客様は20数名でしょうか。ほぼ満員。
ishizakiさんやいぽぽぽぱんぱさんやlicsloopさんもいらしてました。
だから曲名や細かいことは
ishizakiさんの「いつかっこ クロソイドダイアリー」
いぽぽぽぱんぱさんのブログ
などをお読み下さいね。(あぁまた手抜きをw)

スタートはいきなり電子ピアノでのリストやラヴェルというすごい曲からスタートしたコンサート。
山際さんがんばってましたね。電子ピアノではちょっと厳しいですよね。
ただ歌とかになると笠原さんの素敵な伴奏もあって落ち着いた雰囲気になりました。

会場のお越しの方が伝導所の御客様という事もあって少し宗教的な話もありましたが
信者ではない私たちのような人もいたのでほどほどのバランスで進められたいいプログラムでした。
休憩をとって後半には山際さんのお話にも熱が入り、それぞれの歌に対する思いが語られました。
全体的に冬の日の暖かなコンサートという感じでしたね。
いぽぽぽぱんぱさんも書いていらっしゃいましたが、山際さんの温かな気持ちみたいなものを感じ取れるコンサートだったと思います。それに共演者が笠原さんと言うことも温かさ倍増でしたね。
寒い冬に飲むココアみたいなコンサートでした。

夜にはお二人が当店に来てくれました。
e0046190_16351011.jpg

お二人ともいい顔されてますよね。
まさに、こんな感じのコンサートだったのです。

このコンサートで今年は終了。いくつも心に残るコンサートがありました。
明日はその中からいくつかのものを書きたいと思っています。

また、夜には「さっきまでシネウインドで 楽隊のうさぎ を見に行って来ました!」と、りゅーとさんがご来店されました。
ありがたや〜!
けっこう御客様も入ってたとの事。年末だし悪天候だし2日目はどうなんだろう。と心配してました。
まぁ1月24日までやってますので、ぜひお時間ある方は「楽隊のうさぎ」を見て下さい。
e0046190_16384510.jpg

りゅーとさんの感想はブログ「りゅーとライフ」にお書きになられていますよ。ぜひお読み下さい。

またシネウインドさんでは1月25日からスクリーンビューティーズの第2弾としてカトリーヌ・ドヌーブを3作品上映します。
e0046190_16414071.jpg

e0046190_16411221.jpg

ぜひことらもよろしくお願いします。

名著「本屋は死なない」の著者である石橋さんからお手紙をいただきました。
ありがたやありがたや。
こちらが名著。
e0046190_1642149.jpg

ちょっとあるものを頂いたのですが、それはまた後日。

最近人に進められて読んでたのがこちら。
e0046190_1643343.jpg

京都左京区にある恵文社の堀部さんという店長さんが書かれた京都左京区という地域にスポットを当てて書かれた本です。これがなかなか面白い。
京都行きたくなりますよ。

本と言えば今年文化勲章だったかな、漫画家の大友克洋さんが受勲されましたが、大友さんと言えば「AKIRA」となるのかもしれませんが、正直あんま好きでないんですよね。
しかし!これは日本漫画史上に残る大名作!!
「童夢」
e0046190_16454654.jpg

私最近人と話してて、あまりにもこの作品を知らない人が多いのに愕然としたんですよ。
私の中では連載長篇漫画で日本最高は「マスターキートン」
そして単発ものではこの「童夢」が圧倒的に最高です。
これ初めて読んだ時の興奮は今でも覚えています。すごい!って。映画のよう。いや映画を超えているかも!
実はこの写真の「童夢」はその時の本です。これっていつ買ったんだっけか?と思ったら
1983年。もう30年前に買った本なんですね。もうちょっと変色してますけど今でもこれを読んでいます。
当時すごい漫画家がいるものだと思いました。
AKIRAでちょっとこれは〜と辟易された方、ぜひ「童夢」をお勧めします。

今日のCDはこちら
e0046190_16514568.jpg

新譜でもありません。ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーンフィルの第九です。
これちょっと面白い思い出がありまして。
店を出した2年目頃でしたか、あるご来店された御客様から「第九のいいのをお勧めして欲しいんですが」と言われました。
うーん。その時点ではその御客様がクラシックに通じていらっしゃるかどうかわかりません。
なので通じていない事を前提にまず考えて
モノラルは避けよう。だからいわゆるバイロイトの第九でないものにしよう。と考えました。
たまたまそこにあったのがイッセルシュテットの第九。
で、私「これって、あんまり雑誌とかでも取り上げられないんですがすっごくいいんですよ。私は大好きです」
と話したら、なんと!
その御客様「この人なかなか地味だけどいいよね。ではそれ買います」
なかなか詳しい方だったのです。しかもイッセルシュテットの良さをわかってらした。嬉しい。
話は更に続いてて、ちょうどその時店内にいらしてあるご常連のオジさまが
「佐藤さんイッセルシュテット好きなんだ!じつは俺も好きでさ〜これなんかいいよね」
なんだ!店内にいた人全員イッセルシュテット好きだったんだ(笑)
ということがあったんです。微笑ましい瞬間でした。
私はウィーンフィルでのベートーヴェン交響曲全集ではベームやバーンスタインよりもイッセルシュテットの全集が好きなんですよね。というか全てのベートーヴェン交響曲全集の中でも最も好きかもしれません。
これ一発必殺の大名演!というのは、うーん6番や8番は有名ではありますが、ランキングで1位取るかと言われるとそうでもない。でもいいんですよね〜スケールちっさいし、爆演でもないし、でもなんかいい!
そんなチャーミングなベートーヴェンです。それに9曲穴がありません。どれも「なんか」いい(笑)
ぜひ聴いてみて下さい! とは言いづらいんですが、いつか時間と機会があったら聴いてみて欲しいなぁと思うベートーヴェンです。

昨日新潟駅南の会場には雪の中自転車で爆走しました!
よっしゃいくぜー!の前に身体を温めるべく、近所のアオシマン(青島)で補給!!
e0046190_1725874.jpg

ぽかぽかになります!

haruちゃんのお母さんも昨日は窓掃除をされてましたw
いよいよ明日は大晦日。
当店は元旦だけ休まさせていただきます。明日はやっています。
1年最後の日。良き一日でありますように。
by concerto-2 | 2013-12-30 17:04 | 演奏会のこと | Comments(4)
今日は午後からシネウインドさんにいってきて
楽隊のうさぎ の初回上映を見てきました。
なかなかたくさんの方が詰めかけて下さいました。なんか嬉しい。

実はその後2回目の上映も見てきたんです。
関係者試写会も私は見たので今の所3回見た事になりますね。
でも3回目で「なるほどね!」と気づかされる部分もありましたよ。
鈴木監督の映画は1シーンがわりと長く、その中にいろいろと込めているのでよく密度が高いと言われます。
実は気楽に考えると、ちょっと退屈な感じを受ける可能性もあります。
そういうことでいえば小津安二郎監督に通じるものがあるんですよね。
現代のハリウッド的なスピード感があるような映画からしたら、もどかしい部分もあると思います。
でもこの映画で言えば中学生の男の子ってだいたいもどかしいですよね。
滑舌悪かったり返事よくなかったり。
リアルな中学生がえがかれています。
そういったものをわかって見るとなかなか見応えのある面白い映画です。

3回目にして初めて聴き取れた重要な台詞があります。
主人公が言うわけでもないので、あれ今何言ったの?なんか重要な台詞だったような?
とほんとのラストの方にあるんですよ。
それだけ先に言っちゃいますね。知っておいた方が良いかもしれないので。
「憎むべきは いきいきとしたものを殺すなにか」
という台詞。
これ1回見ただけで聴き取れたらすごいです。
ぜひ見た時に「あぁこれか!」と思っていただければ嬉しいです。

さて今日より始まりました映画「楽隊のうさぎ」は1月24日まで上映されています。
これ書いて良いかわかりませんが。。。。ウインドさんいいよね?悪かったら削除します。
ウインドさん独自のやり方なのですが。
1日に同一の作品を間に別の作品を挟む事無く上映している場合、続けてみても1回の料金でいいです。

ってわかりますでしょうか。ちょっと分かりにくいですよね。

同じ作品が続けてあった場合、たとえば今回見たいに一日3回上映で楽隊のうさぎが3つ連続して上映される場合のみ。
1度目に見た人は2度目、3度目と続けてみれば料金は1回で良いそうです。
私も今日初めて知りました。
だから支払ったのは会員価格千円のみで2回見ました。
これ利用した方良いですよ。一度場内からでなくては行けないんですけどね。
ぜひそういうご希望ある方は受付にいるレディにお話し下さい。
ぜひ2回見て欲しいなぁ。

受付の後ろには鈴木卓爾監督が先日来県された時に書かれた手書きの「うさぎ」がありました。
e0046190_19305948.jpg

上手い! まさにこのうさぎが出てきます。
原作を読んでいらっしゃる方にはなるほどね〜と思われる事でしょう。
ぜひ楽隊のうさぎよろしくお願いします。

さて明日は今年のコンサートの最後としてこちらがあります。
e0046190_1932071.jpg

山際規子さんと笠原恒則さんとのデュオです。
この場所ってどこやねん? と山際さんに言ったら、わざわざ合わせにいかれた際にビルの写真を撮ってきてくれました。
e0046190_19324412.jpg

e0046190_19325847.jpg


これでわかりますかね。まぁ新潟駅からもすぐのとこだそうですから大丈夫でしょう。
のりぴーサンキュー!

今日のCDはシネウインドで観た映画「愛アムール」にも俳優として出演していたピアニスト、アレクサンドル・タタローの新譜です。
e0046190_19354726.jpg

内容はアンコール集みたいなもので小品をまとめていれています。
だから誰でも難しく無く聞ける1枚ですね。
ただちょっと選曲が捻ってあるのがタローらしいというか、フランスの洒落っ気みたいなものを感じさせてくれますね。

当店は元旦しか休みませんのでよろしくお願いします。
今日は意外とまぁまぁな天気でした。明日もこうである事を祈っています。
あたたかくして頑張りましょう!
by concerto-2 | 2013-12-28 19:38 | 演奏会のこと | Comments(0)
なんか年内で最後の週末なんですってね。
早いものです。

で、この週末はぁぁぁ! といってももうなかなかありませんが。
こちらがあるので昨日のひき続きPR
e0046190_16565381.jpg

29日の日曜日に南笹口2、といいますから新潟駅から歩いてもすぐですね。
マックの近くかな。私と同じ位の世代の人であれば創夢館だったとこの近くと言えばご同輩ならお分かりになられるかと。新潟トラベルさんの隣だったかな。
14時開演で入場無料です。山際規子さんのピアノ&歌と笠原さんのチェンバロによるコンサートです。
いかがでしょうか。

あとは、、、28日にはスタジオAで庄司愛さん門下の発表会がありますね。
そんな感じでしょうか。
しかし!!!
コンサートではありませんが、明日の28日の土曜日はこちらがスタートするのです。
e0046190_1732824.jpg

映画「楽隊のうさぎ」が新潟シネウインドにてスタートです!
明日の初回は14時半スタート。
そして当店では映画がスタートしててもお得な前売り券販売してます! まだありますよ!
そして月刊ウインドも置いています。
e0046190_17104987.jpg

当然表紙は楽隊のうさぎ。
そして中のこの映画のPR記事も今回私が1ページ書かせていただきました。
その私の記事の他にも
e0046190_17115022.jpg

左ページには柳本さんと栄長さんが上映会場で行なわれたインシネマライブの模様も写真付きであります。
右ページには新大三浦先生がウインドで講義をされた記事も載っています。ハネケの「白いリボン」私も見ました。後半俄然スリリングになってくる作品です。
この月刊ウインド最新号は200円。いかがでしょうか!
そして映画「楽隊のうさぎ」よろしくお願いします。
ドラマチックな作品ではありません。淡々とした中にすごくフレッシュな魅力を伝えている作品です。
1月24日まで上映されています。ぜひよろしくお願いします。

フレッシュと言えば!
昨夜はこの皆さんと打ち合わせ、、、、&忘年会をしてました。
小林浩子さん、加藤桜子さん、金川唯さん。いずれも新潟出身で関東に行ってるピアノさんたち。
勝手に名付けて「花の県コントリオ」(笑)
これは3人とも新潟県音楽コンクールでは華々しい活躍をした3人だからそう言ってるんですけどね。
それぞれが単独で店に来てくれてた皆さんですが、初めて3人で来てくれたのはもう3年も前。
その時がこれ。
金川さんと加藤さんはそれぞれの大学院を来年春に出られ社会人として頑張る事になっています。
小林さんはあと1年。
一生懸命みんな努力されていますよ。
そんな3人が
コンサートをします!!
それもあって帰省してた3人と昨夜会ったんですよ。

4月19日の土曜日。りゅーとぴあスタジオA 19時開演(予定) 料金もとります。金額はまだ未定。

このコンサートは前面バックアップをします! だからこの4月19日までは何があっても店を閉めません!
って翌日になったら閉めるなんてことではありませんからねw
ぜひぜひ!まだポスター&チラシなんかも出来てませんが、このコンサートは意地でも満員にします!
でも私が気張らなくても、この3人には応援してくれる人達が沢山いらっしゃいます。
ほんとうに日頃の努力の成果と人徳のなすところだなと思っています。あ〜よかった。。。
って何も始まってませんので、これからです。
ぜひよろしくお願いします!!

ちなみにこの4月19日は、これまた大プッシュせねばならないコンサートがだいしホールでありますけど。
それは午後公演なので重なりません!
ぜひそっちも見て、こっちも見て下さい! 漠然とした話ですいません。

昨夜は帰省した3人が唯一集まれる日でした。金川さんはまたすぐ東京に戻らないと行けないため。
昨夜も仕事の電話が入ったりしてましたね。3人とも向こうで大活躍です。
なかなか新潟に戻って来れないのは残念ですが、その土地で頑張っているのは耳に入ってきます。
嬉しいですね。
特にこの3人には格別の思いがあります。
3人で明るく今の状況やコンサートの事や大学の事、はたまた恋の話などw
なんか聞いているだけですごく元気貰いましたね。励みになりました。
も〜かわいい孫たちを前にしてる気分でしょうか。

ぜひ4月19日のスタジオAよろしくお願いします!

もっと若い御客様。中央高校音楽科2年生で当店すぐご近所のしおりんさんからロシアお土産を頂きました。
数日前までロシアンメソッドコースの1&2年生で希望された皆さんがロシアに行かれてモスクワ音楽院など見て来られたんですね。そのお土産をいただきました。
e0046190_17563197.jpg

とってもかわいい女子高生さんからのお土産。ありがたき幸せにてございまする。。
そういえば小林浩子さんは来年実習で中央高校音楽科に来られるとか。
しおりんさん見るとびっくりするかも。あらかじめ話しておかねば。。w

こうして世代って受け継がれていきますね。みんな頑張っています。

今日の入荷はこんな感じ。
e0046190_17585525.jpg

ご注文品が主体です。
そろそろメーカーさんも休みに入るようですね。
年末モード到来。

天候の悪さが予想される週末ですが、どうか外れていい天気でありますように。
by concerto-2 | 2013-12-27 18:00 | 演奏会のこと | Comments(4)
今日はいい天気です!!
年末年始こうだといいですね〜。。。予報は最悪ですが。。
今日は夜に嬉しいイベントがあるので楽しみにしているのです。

さて本来であれば明日宣伝するところですが、さっき本人が持って来られたので今日もPR。
29日の日曜日にある山際規子さんと笠原恒則さんのコンサートの宣伝です。
こちら。
e0046190_1485961.jpg

場所は南笹口2にあるまるよしビルの3階。愛泉伝導所さんというところ。
30人くらい入れるそうです。時間は14時から。入場無料。
それで今日来られた山際さんに確認しました。
これはたいへん失礼な聞き方になるとも思うのですが
「宗教色が強いイベントになるのでしょうか?」と。
やはりちょっと、このチラシを見ると感じる人はけっこういると思うのです。
私も以前あったのですが行ってみると牧師さんの話が長くあって、全員で讃美歌を歌いましょう的なものもあったりすると、ちょっと普通の人はうーんと思わないとも限りません。

そういうことは無いので純粋に音楽を楽しみにきて下さい。
という山際さんのお言葉ですので、安心して(といういい方も失礼なのですが)聴きに来て下さい。とのこと。
私も行って来ようかなと思っています。

次のPRはオープンしたての新潟市秋葉区文化会館さん。
先日、クリスマスコンサートも行なわれましたが大盛況だったそうですね。
なんといってもここは館長ご自身がウィーン国立音大出身でバーデンのオケでも首席をされてたプロフルート奏者さんであることが一つの売りです。
クリスマスコンサートでも加藤礼子さんのヴァイオリン、中村哲子さんのピアノ、そして小林館長のフルートでのトリオコンサートで早々にチケットも完売!
よかったですね。

それでこのクリスマスコンサートはワンコインvol.1という位置づけでもありました。
さすればVol.2は!!!

こちらです!
e0046190_14232244.jpg

2月23日(日曜日) 14時開演 500円。
品田真彦さんと新潟では久々ではないでしょうか、品田さんと中央高校同期、栄光の第1期であるヴァイオリンの山下はる香さん!旧姓だと後藤はる香さんですね。
山下さんは今は大阪を拠点に活躍されています。新潟にいらしたころもリサイタルなどよくやってらして、聴きに行ったものです。後藤はる香さんを聴きに行って、ピアノの石田桂子さんに繋がり、それが土屋朱帆さんまで繋がったので、山下さんには感謝でしたね。これは楽しみなデュオです。

その秋葉区文化会館さんは他にも
こんな5歳児向けコンサートが2月11日に。
e0046190_14384490.jpg

いい企画ですね。

こんな大物まで! 3月9日。
e0046190_14394626.jpg

ヴァイオリン古澤巌さんですね。ほー!

秋葉区文化会館さんは運営組織が全国組織であることが意図つの特色。
なので招く奏者さんなどやイベントなどもちょっと他とは違ったものになっていくのではないでしょうか。
ただ、そうはいっても大事なのは地元の御客様や演奏者さんに愛されないホールはダメだと思います。
大物招けば良いという事ではありませんよね。
地元との二人三脚みたいなものが必要になっていくことでしょう。
現場を引っ張っていかれるのが以前青海きららホールにいらした方だそうで、私もお会いしましたが、今はとにかくバタバタしてるそうです。でも落ち着けばしっかりした目配りの行き届いた運営になっていくことでしょう。期待してます。
品田さんの時、行ってこようかな〜と考えています。

CDのご紹介。
やっぱこういうこともしないと。。
最近の入荷ものはこんな感じで。
e0046190_14461836.jpg


ピックアップものとしては、まずピアノ関係。
e0046190_14471620.jpg

左上はイリーナ・メジューエワさんのライブです。ニューヨークスタインウエイでの演奏。いつもながらいいですよ!
右上は入ったばかりですがランランの新譜でラフマニノフのかってリリースされたものをまとめた2枚組です。
ピアノ協奏曲2&3番、パガニーニ狂詩曲、ピアノトリオ、ピアソナタ2番などが収録されてる2枚組で1枚価格のお特ものです。
下左はロシアピアニズム最後の巨匠と言われるリュビモフの新譜です。1802年製のエラールピアノを使ってのベートーヴェンの「月光」「ワルトシュタイン」「テンペスト」です。リュビモフっていいんですよね〜。
下右はファッツィオーリピアノの弾き手、ヒューイットのフォーレです。響きいいでしょうね〜。

オケものでは。
e0046190_145652.jpg

上段がついに国内仕様発売となった幻のレーベルPALEXA!
特に左のカラヤン&ベルリンフィル壮絶なライブと言われた1978年のベートーヴェン7番と春の祭典はマニアの間では有名でした。私も持ってます。カラヤンのライブってCDよりはるかに熱いんですよね!これは名盤です。
そしてヨッフム&ベルリンフィルのブルックナー9番ライブ。1977年ですのでヨッフム最高潮の頃です。
下の2枚は最近リリースされ話題になっている2枚。東京交響楽団を牽引することになった指揮者ジョナサン・ノット!! そのマーラーの6番と8番です。新潟でもマーラーやってほしいですね。

まだ紹介していなかったグランドスラム。
e0046190_1520437.jpg

この3枚は既にリリ−スされていますが、紹介してはいなかったと思います。
カラヤン&ウイーンフィルの惑星、フルトヴェングラー1942年のグレイト、幻の指揮者スウォボダのブルックナー6番。これは世界初CD化です。いずれも素晴らしい演奏です。

ナクソスではこちらが面白そう。
e0046190_1525334.jpg

9.11事件を題材にしたフェイルーズの交響曲第4番「消えたタワーの影の中で」も興味ありますが、フィリップ・グラスの2つのティンパニと管弦楽の為の協奏的幻想曲というのが興味津々です。2つのティンパニのコンチェルトかぁ〜見てみたいですね。生で。

ティンパニーと言えば!!!
いよいよあさってから新潟上映スタートです!映画「楽隊のうさぎ」
e0046190_15335781.jpg

私も初日初回に行きます! そして昨日もシネウインド井上支配人と話してたら
御客様からの反応の手応えがあります!とのこと。
前もって言いますが、燃えるような、そして大爆笑するような映画ではありません。
そう思われるとたぶん「あら?」と思うかもしれません。
淡々とした映画ですので。

明日からもいい天気でありますように。
by concerto-2 | 2013-12-26 16:03 | CDの紹介 | Comments(0)
今日は寒い。当然ではありますが冬は寒い。。。
早く春が来ないかな。。。って冬はこれから本番です。まだ新潟市内雪が無いだけ恵まれています。

さて昨日の連休最終日は朱鷺メッセの31回展望フロアでおこなわれたクリスマスライブに行って来ました。
e0046190_17314748.jpg

毎年恒例のこのコンサート、今年は12時からスタート、5時までのコンサートでした。
いつもの芸達者、一人ジングルベルでおなじみスマイリー白澤さんこと白澤亨さんがご都合あっていらっしゃらない。残念! それでもチェンバロ笠原恒則さん、飯田万里子さん、歌とリコーダーまるちん大作こと大作綾さんの3人は元気いっぱいでしたよ!

プログラムはAとBの2種類あって詳細なる曲目は、いぽぽぽぱんぱさんのブログやishuzakiさんの いちかっこジョバンニのクロソイドダイアリーを見ていただけるとわかりますので(おぉ私はめんどくさがりなのですw)
大雑把に言うとAプロはみんなのうた系統中心で、まるちん大作のパフォーマーとしてのパワー全開プログラムですね。さすがは劇団の主演女優だと思わせてくれましたよ。
Bプロはちょっと大人っぽい笠原さんと飯田さんの世界って感じでした。特に、特にー! 私が笠原さんにリクエストしてた「あの曲」! もし私がピアノを弾けるのなら一番先に弾きたい曲!
シャカタクのナイトバーズ!!
チェンバロデュオ版に笠原さんが編曲してくれて演奏もしてくれました。感激!!
シャカタク聴くと思い出しますよ、あの魅惑のバブル時代を↑↑(笑)笠原さんありがとうございます。

そんなノリノリのステージではありましたが、今回は更に燃えなくては!って状態だったんです。
それは同じフロアのはじっこで行なわれていた別のイベント。
ほとんどトークイベントだったのですが、2時からの回では途中でそっちの会場で万代太鼓!!
3時の回では中学校合唱部さんの合唱!!
それがこっちの会場にもばんばん聴こえる状態でした。万代太鼓の時は運良くこっちの曲が終わったタイミングで始まったので、終わるのを待って再スタートしましたから影響ありませんでしたが
3時の回ではまるちん大作のヴォーカルものに合唱がかかってしまいました。
負けへんじゃけんのー!と(広島出身)まるちん大作根性のヴォーカルは見事打ち勝ってましたね。
どんなステージ状況であってもやりぬいて、そして御客様にも喜んでもらえるというのも見事でした。
なんか音楽の大道芸人根性みたいなものを感じましたよ。

このメンバー3人、笠原さん、大作さん、飯田さんの年明けからの予定ですが
1月18日(土曜日) 江南区文化会館 14時〜 「みんなのうたで巡る四季 3冬」 笠原さん&大作さん
2月23日(日曜日) カトリック花園教会 14時〜「新潟オルガン研究会例会」飯田さん ほか
3月8日&9日 りゅーとぴあ 「コルチャック先生と子供たち」 大作さん ほか
3月9日(日曜日) ヒーリングホール 「とある楽器の二重奏曲second(仮)」笠原さん&飯田さん
3月16日(日曜日)新大図書館ライブラリーホール 「いまこのうたをこのひとと」笠原さん ほか
3月25日(火曜日) 江南区文化会館14時〜「みんなのうたで巡る四季 4春」笠原さん&大作さん
というものがあるそうです。
この中からこれをピックアップ。
3月8日と9日に行なわれる演劇です。
e0046190_175743100.jpg

裏も
e0046190_17575393.jpg

3月8日&9日に、りゅーとぴあ劇場で行なわれる劇団ひまわりさんの新潟エクステンションスタジオ第1回公演で
ナチス支配下に生きた子どもたちの記録「コルチャック先生と子どもたち」
こちらに大作綾さんが出ます! しかもKURITAカンパニーの栗田さんと主演です。
なおかつ歌唱指導も大作さんがやります。
劇団ひまわりさんの関連公演という事で大きな舞台になりそうですね。
ぜひ大作綾さんの女優としての姿も見て下さい。

今日は東京では新大オケさんの公演がありますね!
こちらでは柳本幸子さんのクリスマスコンサートがありました。盛況だったそうです。
明日は昭和音大ゆりホールで上越のフルート仲野さんが出られるコンサートがあります。
ぜひお近くの方は聴きに行かれてみて下さい。

フルートといえば!
こちらのチケット取扱スタートしました!
e0046190_1845394.jpg

裏も
e0046190_1852552.jpg

3月9日(日曜日) りゅーとぴあ能楽堂 14時開演 チケット 2500円
「冬の午後のコンサート vol.3 〜フルートとハープ、そして クーラウ〜」
です。出演はフルートの明間奈々江さん、市橋靖子さん、平松文子さん、本間千鶴子さん
賛助出演はハープの高江洲愛さん
友情出演はフルートの小笠原直子さん、尾崎博也さん、小関優子さん、竹内祥子さん、松井美瑞さん、水島あやさん、渡辺梨乃さん。
という皆さんです。これはいいコンサートになりますよ。
そしてこのチラシデザイン!! いいと思いませんか!
このデザインはいつも私がお世話になっていてインストアライブの時のものなど全部お願いしている反画工房の柳さんによるものです。なんか上質な感じしますよね。
ぜひ柳さんにお仕事お願いしたいという方私までご連絡戴ければご紹介します!

明日は晴れると良いですね。
いい一日でありますように。
by concerto-2 | 2013-12-24 18:12 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日は雨になっちゃいましたね。
音楽文化会館ではジュニアオケさんのクリスマスコンサートがあったんです!
しまった、お知らせするのをもらしてました。
朱鷺メッセでは恒例の笠原さん、大作さん、飯田さんによるクリスマスコンサートが行われ大盛況でした。
その関係の事は明日にして。

今回の記事のテーマは「人ひとりの熱意、応援したい」であります。
まずはこちら!
e0046190_173251.jpg

おぉ!なんかドン・コルレオーネみたいな感じですがw
シネウインドの齋藤代表です。私も師とあがめるお一人ですが
この齋藤さん表紙のこのマガジンはLIFE-mag.というインタビューマガジンです。
一年に2回発行。840円。
読んでいただくと分かりますが、840円以上確実にある内容ですよ。
すごい内容です。
で応援したいのはシネウインドももちろん応援してますが、これを作った人。

このLIFE-mag.を作っているのは、たった一人で全部やっています。
まさに「出版社ひとり」
小林弘樹さん!
e0046190_1741088.jpg

まだ30代半ばのイケメンさんです。
みんなからも小林君小林君と声をかけられる人気者。

で、その小林さんは大学を出て新潟に戻り最初新潟日報さんのNICに入り
そして独立して数年前から、このLIFE-mag.を発刊しているんです。
空前の出版不況と言われる中、単独で大きなバックボーンも無く敢然と立ち向かう。
すごいなと思います。
私も10年前に、新潟でクラシックの輸入CD中心の個人ショップをする!としたわけですが
その時は「すごい」とか「おめでとう」と言ってくれた御客様やレーベルの人でも、数年後に話した時に
「いやぁ新潟ではすぐだめになると思ってた」とか「無謀だと思った」と思ってたことを言ってくれました。
うちも毎年毎月、いや毎日毎分いろいろと苦しい中、いろんな人に頭下げっぱなしで助けてもらってますけど、なんとか10年まで来れました。

面白いのはそういう立場にいると、同じような人と知り合いになるんですよね。
今までも書道家の泉田佑子さんとか北書店の佐藤店長とか独立独歩で頑張っているひとたち。
ある意味演奏者さんやダンスを本業とされている方などもみんなそうですよね。
みんな大富豪にはならないと思うけど頑張っていることを応援したいと思っています。

このLIFE-mag.の小林さんの話を聞いて、うぉー!この人も頑張っているな!って自らを鼓舞したくなる気がしました。

ということで!! 今回のLIFE-mag.は当店でも販売します!!
1冊840円。
ぜひいかがですか。今回はシネウインド特集。ウインドのことってまだまだ知られていない事が多いです。
それに何故シネウインドってこんなにも熱い支援者が多いか不思議ではありませんか?
そんな秘密も少しはわかる気になる1冊だと思いました。
齋藤さんを好きな人も好きでない人も(笑)ぜひ読んでみて下さい。
井上支配人の特集もあります。
残念ながら田村副支配人とキューティ村山さんの記事&写真はないですが。。(小林さん2人ものっけてよ!w)
当店で販売いたしておりますのでよろしくお願いします。

そういう燃える思いを私にぶつけて来られた方をもう一人。
たった一人で新潟と長岡で落語の独演会をひらくべく奔走し、実現にこぎ着けた方がいらっしゃいます。
加茂の八百枝さんという方。
私の知り合いから紹介され、お会いして話を聞いて、その熱意に心動かされました。
それがこちらです。
2月9日が長岡。
e0046190_1727504.jpg

2月8日は新潟
e0046190_17281180.jpg

このチケットも長岡も新潟も当店扱っております!!!
もう来ています。

八百枝さんからは、この春吾さんの魅力をたっぷりと御聞きしました。
なんせ師匠は立川談春!!! 今は落語界で最もチケットが取れないと言う大物です。
その談春さんの二番弟子で現在二つ目。
将来の大スター確実な逸材だそうです。
今聞いておくと後で自慢出来ます! だと思いますよ。 いかがでしょうか。
私も聴きに行くつもりです。
チケット絶賛取扱中です!

実はこの八百枝さんを紹介してくれた方は五十嵐hacoさんという方で(もちろんニックネームですが)
古町界隈ではご存知の方も多い知る人ぞ知る方。
そのhacoさんから大プッシュで心動かされたのが実はこちらだったんです。
「楽隊のうさぎ」
e0046190_17514398.jpg

最初は単純にシネウインド応援しなくては! 楽隊のうさぎ?おぉ中沢けいさんのあの「楽隊のうさぎ」か!
これはプッシュ!
くらいに思っていたのです。ですがhacoさんにお会いして、監督の鈴木卓爾さんへの熱い思いをたっぷり聞かされ更にプッシュしなくてはと! それもあって鈴木監督にもお会い出来るまでになったわけです。
鈴木監督と私がお会いした、その後に向かったのがメディアシップ。
そして今朝の記事がこちら。
e0046190_17561396.jpg

いよいよ28日からシネウインドさんで上映スタートです! 初日初回には私も駆けつける予定です。
ちなみにこの「楽隊のうさぎ」は当店でも前売り券扱っています。それだと1400円。
ウインド会員さんは1000円。会員でない方は大人1800円、学生1500円、小中学生1000円、60歳以上のシニア1000円 学生さんは学生証を提示くださいね。
ちなみに会員さんでシニア&学生さんは800円。会員さんの中学生以下のお子さんは500円です。
ぜひ「楽隊のうさぎ」ご覧下さい!

と、LIFE-mag.の小林さん、落語の八百枝さん、鈴木監督のhacoさんとそれぞれの熱き思いを伝える人にお会いでき、共感しました。
私も含めてみんな大きなバックがあるわけではありません。
でもそういう人の思いにこそ真実があるのではないかなと思います。
ぜひLIFE-mag.、立川春吾、楽隊のうさぎ をよろしくお願いします。

昨日の入荷はこんな感じで。
e0046190_18314883.jpg

ちあきなおみ! いいですよ〜。私一度ちあきなおみさんと「矢切の渡し」デュエットしたことがありますw
もちろんご本人と。
目の前で見るちあきさんのお顔はけっこう迫力でした。
当店はクラシックばかりでなく、なんでもとりますので。
演歌はしょっちゅうご近所からご注文頂いてて、私が配達に行っております。

ちょっとこれがあることをアピール。
e0046190_18334445.jpg

ベルリオーズのテデウムとデュリュフレのレクイエムです。
ま、なぜピックアップということに深くコメントはしませんがw デュリュフレなんか名曲ですよね。
いかがでしょうか。

今週もいい1週間でありますように。

最後に、飲み会シーズンでもあります。ほんとうにほんとうに交通事故には気を付けましょう。
おととい知り合いのご親族の方でとっても悲しいことがありました。昨日新聞にも載ったようです。
だから加害者にならないように、被害者にならないように。
私の友人は何年か前に飲み会からタクシーで帰宅し、タクシーから降りて道を渡ろうとした時にタクシーの陰に隠れて見えなかった車にはねられました。自宅前で。
もちろん正常時であれば確認もしたはず。飲んで帰った為判断力が鈍ったのだと思います。
命に別状はありませんでしたが、歩行に影響が出ることになってしまったのです。
ほんとうに気を付けましょう。
いい日が続きますように。
by concerto-2 | 2013-12-23 18:40 | いらっしゃいませ! | Comments(6)
昨日からスタートしたNoism1さんの公演「PLAY 2 PLAY ~干渉する次元」
を見に行って来ました。
e0046190_16295067.jpg

いやぁやっぱNoism1はすごい。
今回の作品は再演だという事ですが、私は初演は見ていませんでした。
どちらかというとNoismの作品ではリリカルな作品です。
めまぐるしく場面が展開するというスリリングなものでは、どちらかというとないです。
その分、ダンサーの美しさが際立つ作品ですね。

特にトップの井関さんは今回最高にきれいでしたね。
いつも井関さんのマッチョなパワーみたいなものに驚きと感動を感じていましたが
今回は妖艶であったりチャーミングであったり、また私自身1列目にいたことで間近に表情が見れたこともあり、井関さんの女性としての魅力を強く感じました。

もちろん全員の力もすごいです。
Noismさんって最初の頃はいろんな個性的な人がいて、なんかでこぼこの魅力みたいなものがあった気がするんですよ。全員が同じ色でなくバラバラな色。
そういう人達が巣立っていって、今の主力の皆さんが参加されはじめた頃って、なんかみんなが金森さんのような、井関さんのような同色系な感じに思えました。これでいくと最後に残ったでこぼこである愛一郎さんと藤井泉さんが抜けたらどうなるんだろう。って勝手に心配したり。
そしてその二人がいなくなり、今つまらないかといえば
全くそんな事はありません。
たしかにでこぼこではなく、みんなスタイリッシュです。でも一人一人の個性はきちんとあって
そしてチームとしての一体度は更に上を行っているかもしれません。
以前とはまた違ったNoismがいると思います。
第2期のNoism黄金期といえるのかも。

今回のPLAY 2 PLAYという作品は
舞台装置はガラスの三角柱のみ。これがすごい効果を表すわけです。
音楽もメロディアスな大人の音楽。
どちらかというとNoismの作品の中でも異色のタイプの作品といえるのではないでしょうか。
これから見るんだ。という方は大いに楽しみにされて下さい!

御客様も今までよりはたくさん来ていただいていたと思いますが、まだまだ満員ではありません。
今でも、見た事が無いという方はたくさんいらっしゃるはず。
ですから、これからもっと御客様も増えるはずです。
この素晴らしさを知った方はぜひ次回に、一人でもお知り合いの方に来ていただければ広い劇場でも満員札止めにすることはできます。
ぜひ実現させましょう!

Noism1さんの次回は6月6、7、8日。
なんと!!
演目は!!!!

「カルメン」

これは楽しみですね。しかもNoism1&2の合同公演です。2の皆さんも頑張ることでしょう!

Noism2にはこちらがあります。
e0046190_1725587.jpg

心配です。。。心配だ。。。
新潟公演はともかく。。聖籠公演って大丈夫なんだろうか。人が入るんだろうか? そもそも聖籠の人ってNoism知ってるんだろうか。。
最悪の場合はうちの実家の親族&親戚を動員せねばならないだろうか。なんて。。w

燕公演もあるし、みんなたくさんの人に見にきて欲しいですね。
Noismさん1も2も頑張ってます!

頑張っているといえば。
昨日は名古屋の方でブルームカルテット&アンサンブルⅢ NAGOYAというコンサートが行われました!!
e0046190_17434426.jpg

各方面で話題になったこのコンサート、大成功だったようです。
この中に入っているのがチェリスト紫竹友梨さん。
e0046190_17451898.jpg

大活躍です。嬉しいですよ。

と、思ったら、もう一つびっくりしたのですが
紫竹さんと新潟中央高校音楽科同級生だったオーボエの須貝絵里さんがこちらのアンサンブルに入ってたんですね!びっくり。
e0046190_17464523.jpg

2月8日に京都で行われる公演のチラシです。長岡京室内アンサンブルといえば国内屈指名アンサンブルです! そういうところで演奏するまでになったんだなぁ〜と。
1年位前に京都から新潟に来てたときに店に来てくれたのですが、あまりに垢抜けた素敵な女性に変身してたのですぐには須貝さんだと気づきませんでした。
ほんと頑張っています。
こんな今や全国的に活躍する紫竹さんや須貝さんが、かってあんなちっさいとこでの「うちわコンサート」に出てくれてただなんて、ほんとにみんなの成長が嬉しいです。
10年間店を続けてきた事に対しての褒美みたいなものかなと思っています。

今日の入荷はこんな感じで。
e0046190_1756247.jpg

中でもピックアップしたいものは
e0046190_1758062.jpg

左上は男声アンサンブル、そしてピアノの河原さんと全員がぽっちゃりのユニット、イル・デーヴさんのアルバム。なっかなかいいですよ。やっぱ声楽は体格ですかねw
右上は荘村清志さんの新譜です。荘村さんは4月の東京音大校友会コンサートで、またゲストに来られるそうです。
左下はオカリナアンサンブル。オカリナ七重奏団での美しきナポレターナ&カンツォーネ名曲集です。
右下はバッハのブランデンブルク協奏曲の新しいものでダンディン・コンソートのものです。評判がいいようですよ。

ナクソス関連の新しいものもいくつか。
e0046190_1815676.jpg

左上はメルカダンテ管弦楽作品集、メルカダンテといえばフルートでは有名ですが、このアルバムではクラリネットがメインのようです。右上は好評シリーズのペトレンコのショスタコーヴィチシリーズ。今回は4番交響曲。
左下はジュリアン&ジアシン・ロイド・ウエバーによるチェロ2本による作品集。全曲が編曲になりますが選曲が素晴らしいんですよ。しかも参加メンバーにはハープのカトリン・フィンチをはじめとして有名どころが参加しています。ジュリアン・ロイド・ウエバーならではの1枚です。でも久々に名前聴きましたね。
右下はおなじみ展覧会の絵。でも編曲はここで指揮をしているピーター・ブレイナーの編曲です。展覧会の絵は編曲ものコレクターの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ナクソスはいろいろと変わったものがあって面白いですね。

今日はいい天気でした。明日もいい天気でありますように。
by concerto-2 | 2013-12-21 18:09 | 舞台・演劇などのこと | Comments(9)
3つ目のアップは3連休最終日。
月曜日祝日の23日。

まず一番に推したいのはこちら。
朱鷺メッセの展望室で行なわれる恒例のクリスマスコンサート。
e0046190_1822265.jpg

e0046190_183737.jpg

今年は3人です。まるちん大作にチェンバロ笠原さん、飯田さんのツインチェンバロ。
12時から5時までの4時間公演です。ぜひ聴きにいらして下さい!

砂丘館さんでは薔薇のコンサート。
[#IMAGE|e0046190_1842794.jpg|201312/20/90/|mid|649|401
14時半開演。

いろんな方が出るスペシャルコンサート
e0046190_1864464.jpg

13時からです。これには川崎祥子さんのチームが13時からとありますが、30分遅れて川崎さんの出番は13時半からだそうです。

秋葉区文化会館さんではワンコインクリスマスコンサート。
e0046190_1881933.jpg

加藤礼子さん頑張ってますね! フルートの小林さんというのは館長さんです。

秋葉区にある県立植物園では22日と23日にコンサートが行われます。
e0046190_1810277.jpg

22日はバリチューバアンサンブルで18時から
23日はクラリネットオーケストラで17時半から。Daaさんたちのアンサンブルです!お楽しみに。

北区文化会館さんではうたの祭典。
e0046190_1812637.jpg

14時開演。北区フィルさんも出演されるらしいですよ。

カーブドッチではクリスマスコンサート。
e0046190_18131294.jpg

チェンバロ八百板正己さんとフルート松井美瑞さんです。

新潟駅南をいった所にある、うすい牧場さんでもクリスマスコンサート。
e0046190_18151138.jpg

19時から開演。23日と24日行なわれます。

といったようですね。
いろいろとあります。
演奏者さんたちも一生懸命ですよ。ぜひご支援、応援よろしくお願いします。

よかったらぜひ当店にもお越し下さい。

今日もいろいろなかたが来られました。
秋葉区ホールの担当者様、お一人で有名なる落語家さんを招聘すると頑張っている方、若いのにいつも明るく自ら道を切り開いて頑張っている演奏者さんなどなど、、みんなに幸せが来ると良いですね。

いい週末にしましょう。
by concerto-2 | 2013-12-20 18:19 | この週末は。 | Comments(2)