コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日はりゅーとぴあコンサートホールで行なわれたジュニア音楽教室スプリングコンサートに行って来ました。
すごい満員!
立ち見の御客様も多かったです。今回集客努力がいろいろとあったようで、それが実ったんですね。
りゅーとぴあさん頑張ってます。よかったですね。

で、そのことは次に書きます。

お昼ちょっと前に時間を作って、今日が最終日(のつもりだった。。)の東北電力グリーンプラザさんにご挨拶にいかねば!と行って来ました。

と、ところが!
開館は昨日まででした。とのことで。
えー!

せめて外から写真でも撮って帰ろうかと思ったら、視界の先に見知ったお顔がこちらを向いて微笑んでいらっしゃる。
そこには!
グリーンプラザのスタッフさんが全員いらっしゃいました。
今日は最終の片付けでみんな集合されてて、ちょうどお昼に出られるところだったとのこと。
お会い出来てよかったです。
ご挨拶が出来ました。よかった。
記念に。
e0046190_1737750.jpg

ほんとうに素晴らしいスタッフの皆さんでした。
ありがとうございました。

いいところでした東北電力グリーンプラザさん!
4人の皆さんのこれからに幸あらんことを祈っております。
ありがとうございました!
by concerto-2 | 2013-03-31 17:38 | 街ネタ | Comments(0)
いよいよ3月も末日となりました。
今日は雨。。
でも3月も最終ですから、これからどんどん春めいてくることでしょう。

昨日の土曜日は東北電力グリーンプラザさん最後のコンサートだったのですが、行けませんでした。
時間があったら今日ご挨拶にいって来ようかと思っています。

そして昨日はこちらに行って来ました。
e0046190_10241189.jpg

新潟市音楽文化会館でおこなわれた
「ラナンキュラス・ヴォーカル・コンサート vol.10」
ソプラノの北住順子先生の門下の皆様によるコンサートです。
門下の皆様と言っても一番若い方でも大学生。もうプロでやってる方などもたくさん参加されています。
もう門下発表会といえるものではなくて立派なソプラノコンサートです。
今回は10回という記念公演、いつものだいしホールではなく、音楽文化会館が会場でした。
それでも御客様たくさん来られてましたね〜。すごいです。

私の知り合いの方も、初めて聴きにきました。という方がいらして
「みんな上手なので驚きました」とおっしゃられていました。
たしかにそうでしょうね。
私も皆さん上手いな〜といつも思っています。

中でも、個人的に親しい事もあって、マイミー、、いやここはきちんと
伊藤舞さんには注目していました。いろいろと昨年一年頑張っていたんです。
ホールで聴くのはそれこそ夏以来でしたが、頑張った成果が出てたと思います。
曲もヘンデルの「涙の流れるままに」と「つらい運命に涙はあふれ」とじっくりと歌い込むタイプの名曲。
名曲であるから難しい、やりづらい面もあるかとも思いますが、正面から取り組んだ真っすぐな歌声。
彼女の歌声は中低音がとても説得力があるんですよね。
それでじっくりと歌い上げてくるのは聴いてて感動的でした。会場もし〜〜んと聴き入ってて、終わった後の拍手もひときわ大きかったように思います。
北住先生の教えの上に自分自身の個性をたてているところなんだろうな〜と思います。
これからきっと花が咲いてくる。もう県北の方では咲いてるようですけどね。
7月15日には胎内のホールでリサイタルがあります。
ピアノに品田真彦さんと言う強い味方も得て、きっと素晴らしい公演になる事でしょう。
私も応援したいと思っています。
少しだけチラシの原稿みたいなのを見せてもらったんですが、なかなかいいデザインになっています。
ぜひお楽しみに。そしてよろしくお願いします。

と、伊藤舞さんを長々ピックアップしてしまいましたが、ほんと皆さん上手いんですよ。
そもそも皆さん教えてるような方々ばかりですからね。
2年ぶりくらいに出演された石井優さんには、もうファンの方も多いと聞きます。
相変わらず美しい舞台姿、そして今回歌われたベルクのルルの歌はそう聴く機会も無いので聴けてよかったです。
門下の皆さんでのトリを歌われた柳澤萌さんもいい声で明朗に歌われてよかったです。
森先生はチャーミングだったし。
と挙げていけば全員が素晴らしかった事を書く事になります。
そしてコンサートの雰囲気が明るいものであるのは、やはり最後に歌われた北住順子先生の御持ちになられる雰囲気が全体に染み渡っていたんだと思います。
北住先生はモーツァルトの2曲、「後宮からの逃走」より 乙女心を捉えるには とアリアのいいえあなたにはできません の2曲。
モーツァルトは北住先生の持ち味にぴったりだと思います。
華やかで明るく、素晴らしいステージでした。

ピアノを担当された3人の皆さんは小黒亜紀さん、二宮麻里子さん、吉田有希子さん
それぞれが新潟で大活躍をされている若い3人です。
ピアノも良かったですね。
単に伴奏というのでなく、共演しているんだなという感じを受けました。

いつもより大きな会場で、運営関係もたいへんだったと思います。
とても成功したコンサートだと思いました。
楽しかったです。ありがとうございました。

さて今日の日曜日は!!
どうぞよかったらこちらにお越し下さい!
e0046190_1038225.jpg

ジュニア音楽教室スプリングコンサートです!
りゅーとぴあコンサートホールで14時開演です。
ぜひ聴きに行きましょう!
もちろんよかったら当店にもお越し下さいね。

りゅーとぴあさんの音文側のところにはもうこのようなステージが設置されてました。
e0046190_1040391.jpg

なに!もう交流ステージの準備!早!
と思ったりしましたが
「春フェスタ」というこの場所を使っていろいろやろう!ということで設置されたんですね。
チラシも出ています。
e0046190_104249.jpg

4月5日から6月28日までジャズライブが11回、芸妓さんのが1回、落語が1回、邦楽が2回、大道芸が3回という内容です。全部入場無料。だいたい夜6時半からというのが多いですね。
あららクラシックものって無いので〜とか、どうしてこういうものができたのかとかはわかりませんが
りゅーとぴあさんが空きスペースを使って、なんかやろうと動いたのは喜ばしい事だと思います。
ぜひ春という事だけでなく、通常的にロビーコンサートをやってもらいたいと思います。
私はずっと以前からそう思ってますいs、またそう思っている人もたくさんいらっしゃるんですよね。
前例がないからしないんだとある方から言われた事もあるのですが(ほんと?)
やったもん勝ちですよね。まずやらないと。
だから今回の春フェスがジャズメインなのも、ここまでの道筋を作って来られたジャズ関係者の皆様に脱帽です。素晴らしいと思いますね。
特に東北電力グリーンプラザさんが無くなるわけでもありますし。。。

と思ったら今朝の県民の新聞さんに載ってましたね〜昨日のらすとコンサート。
e0046190_10503946.jpg

なんとあのグリーンプラザさんに550人!!! はー!そんなに入るんだったんだあのスペース!
驚きました。
でも万代島美術館のロビーで大竹奏さんフィドルコンサートに300人近く集まった事を考えると、それだけの人が集まってくる事がちゃんとあるんだな〜と思いましたね。
それにグリーンプラザさんはスタッフの皆さんがほんと一生懸命でよくやってらっしゃいましたよ。
それはあそこで演奏されたことのある演奏者さんもご存知なはずです。
550人集まるだけのことをしてこられたという事です。
残念ですね。。。いつの日か復活させてほしいです。
あのスペースがぽっかり空くのはもったいないな〜。ピアノどうするんだろう。。
一つ街の灯が消えました。

県民の新聞さんといえば昨日の朝刊に国際情報大学の越智せん。。おっと、越智さんのコラムでいいこと御書きになられてましたよね〜。
e0046190_10555489.jpg

そうそう〜ってうなずきながら読んでました。
イベントはそれ単独が起こすものだけでなく、それを広がりを持たせていくべきなんでしょうね。
だからジュルネって、ただジュルネが新潟であります。だけだったのが今では街を挙げて音楽イベントをいろいろと企画して喜ばれていますね。良い意味での便乗。
ジュルネへの人があまり伸びなくとも、周辺にくる人が増えて町中に経済効果が現れてくれば成功なんだと思います。
さすがは越智さんです!

今日のジュニア音楽教室さんでジュニアオーケストラさんが出演されますが、今年は夏にジュニアオケの全国フェスティバルがまたりゅーとぴあで行なわれます。この10年で新潟が会場になるのは3回目だと思うんですよ。これはりゅーとぴあをとりまく環境が日本一なんですって。練習会場の確保とか。
それで選ばれて全国各地からジュニアオーケストラさんが来られます。
私は前の2回も聴いていますが、素晴らしいですよ。
せっかく遠いところからたくさんのジュニアプレイヤーさんが来られるのであれば、ホールでやるだけではなく、なんかやれればな〜とも思うんですよね。
面倒なのかもしれませんが。
でもそういう感じで一つ一つ見つめ直すと、まだまだこれからコンサートや演奏の場に足を運んで下さる方を増やせる余地は充分あると思っています。
まだまだこれから。

ぜひ今日はジュニア音楽教室さん楽しみにして聴いてきます!
個人的にはジュニアオケで今回コンサートミストレスデビューをされる山際ひかりさんを応援したいと思っています!
雨もそんな強くないですから、皆様ぜひりゅーとぴあコンサートホールへいきましょう!
by concerto-2 | 2013-03-31 11:06 | 演奏会のこと | Comments(2)
なんと3月も終わりますよ〜早い! 
週が明けたら4月。今頃進学や転勤などで忙しい方も多い事でしょう。
なんかばたばたする時期ですね。
そんな4月。この前書きましたが当店のインストアライブも3つ決まってます〜と書いたら
いつもたいへん!たいへん!お世話になっているデザイナーY社長様が来られてちょっとお話をしたんですよ。
そしたら、こんなの「ま〜遊びでつくってみたよ」と送って来られました。
ぬぉーすごい!
e0046190_17343790.jpg

びっくり! 
また詳細が決まったら、つくってもらえるみたいなので、その時にはぜひ金子さんの時のピアノ、室井まりかさんの写真もいれねば! 
それにしても、こうしてみると実にうちのインストアって立派じゃん! 
どーすんのこんなにハードル上げちゃって!
と昨日セレブなナインチェ様からも言われましたが、たしかに。
それで。
ということではありませんが。
なんと4月の第1週も決まっちゃいました!

いつものインストアシリーズとは一味違って
タイトルは
「出張! 西川サロンコンサート in コンチェルト」
鑑定団みたいですがw
いつも西川で行なわれているサロンコンサートを当店で1度お願いしたいな〜とちーまま様にお願いしたら
即OK!
ということで、ちーまま様&バグパイプ神田おじさんのゴールデンコンビでインストアライブです。
詳細、時間に付きましては、また御知らせします。
いつもとはちょっと変わった趣向がある予定です。超絶技巧は炸裂しないかもしれませんが(笑)
ほのぼのサロン風味たっぷりの味わいライブになると思います。ぜひよろしくお願いします。
バグパイプはちょっと当店ではやれないと思いますので、そっちをご期待の御客様にはすいません。
あれはすんごい音量なんで。。

5月の予定も今決めはじめています。ぜひお楽しみに。

では今週末の事を。
まず明日土曜日の30日。
一押しはこちら!
e0046190_17424918.jpg

新潟市音楽文化会館で14時から行なわれる
「ラナンキュラス・ヴォーカルコンサートvol.10」
10回の記念講演という事で出演の皆さんもいつも以上に力が入っています。
レベル高いですよ! ピアノの3人のメンバーもいいメンバーです。
ぜひいかがですか。

二番目におしたいのはこちら。
e0046190_17451567.jpg

惜しまれつつも今月いっぱいで幕を閉じる事になった東北電力グリーンプラザさん。
最後のコンサートです!! ジャズライブ。14時半からです。入場無料。
残念です。いい場所だったのに。。
でも。。。スタッフの中のエースの森平さんは4月からメディアシップのホール担当になられるそうです。
よかった。。やはり私は組織より人だと思っています。このグリーンプラザの小林さんと森平さんにはお世話になりました! スタッフとしての最後の公演頑張って下さい!

県民会館さんでは越後さん。
e0046190_17491229.jpg

シティブラス越後さんの公演は14時開演。県民会館大ホールです。

新発田では米良さん。
e0046190_1750248.jpg

新発田市文化会館さんで18時開演です。

村上では貴重なるピアノ。
e0046190_17505271.jpg

村上歴史文化会館さんで18時半です。

そして日曜日31日は
なんといっても!!!!! こちらにいきましょう!
e0046190_17532160.jpg

りゅーとぴあコンサートホールで14時から行なわれる
ジュニア音楽教室スプリングコンサートです!
ジュニア邦楽、ジュニア合唱、ジュニアオーケストラの合同コンサート。
ぜひいらして下さい!入場無料です。要整理券です、当店にもあります。
ぜひぜひ!

あとは。。県民会館さんでは
e0046190_1871482.jpg

スタインウエイ弾こう〜が行なわれていますね。ちょっと私も知り合いのを聴きに行くかもしれません。

あと土曜日にはFMPORT「クラシックホワイエ」をお聴き下さい。
今週は

放送日 2013/03/30

【ピアノで聴くオーケストラ「田園」 】
曲は一曲に限定し、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」をリストがピアノ用に編曲したバージョンを、3人の異なるピアニストの演奏で聴いてみましょう。


◆お届けした楽曲は、番組オンエア中はFMPORTのホームページの「NOW ON AIR MUSIC LIST」に表示されます。また、番組終了後はHP上部の「オンエア曲検索」で調べることができます。

とのことです。
へー「田園」かぁ。。となると、グールド、カツァリス、シチェルバコフかな?
違うかもw
ぜひお聴き下さい。あっ!Tさんといえば頼まれものをまだしてない! まずい!

CDのご紹介を一つ。
ナクソス日本の作曲家シリーズ久々の新譜です! ヤマカズさんです!
e0046190_18105221.jpg

「山田一雄 管弦楽作品集」
日本におけるグスタフ・マーラー 指揮者として、作曲家として生きた男の唄を聴け!
相変わらずナクソスジャパンの燃える某お姉様のキャッチコピーはいかしてるぜい!
いかがでしょうか。

明日はラナンキュラスに行って来ます。
久々に聴くけど、マイミー応援しにいくぞー! 楽しみにしてるぞ!
by concerto-2 | 2013-03-29 18:15 | この週末は。 | Comments(6)
今日は一応私は休み扱いにして(といっても今店にいますが)
お昼からは某所で行なわれる記念発表会にいってきます。

ということでちょっといろんな仕事を片付けて焦っておりますが
今朝の県民の新聞さんからいくつか。

まず江南区文化会館さんで火曜日にこんな素敵な催し物があったんですね。
e0046190_10384773.jpg

絵本の朗読会演奏付き。
読むのはまるちん大作こと大作綾さん、演奏は松井美瑞さんとのこと。
こういうことが出来るから内部にまるちんのような人材がいると強いですよね!
松井さんのようなビッグな方まで引っ張って来れる。さすがです。

こんな記事もありました。
e0046190_1042965.jpg

新潟市財団さんのアウトリーチ事業のオーディション。
こちらがあったんですね。
なかなかこういうのっていろいろといろいろな話が出そうな事ですが
単純に、このことが上手くいって喜ぶお客様がたくさんふえるといいですね。

小澤征爾さん。
e0046190_10452627.jpg

京都で行なわれた小澤征爾音楽塾で小澤さんがエグモンド序曲を振られたとの事。
今回のこの塾には今月頭にスタジオスガマタコンサートをしてくれたファゴットの小武内さんが参加していると思いました。このエグモントには入っていたのかな〜、もし入ってたとしたら素晴らしい事だと思います。

というような記事がありましたね。
県民の新聞様もメディアシップが出来る事によって文化的なというものをまたPRしてくれる機会も増えるかもしれませんね。楽しみにしましょう。。。。4月17&18のハガキ抽選にあたりますように。。。w

りゅーとぴあマガジンの最新号が出ました。当店にも数部持って来ました。
読んで。。。ふむふむ、まぁ知っている事が多いかな。。と思ったら一つへー!と思う事が。
e0046190_10531788.jpg

ウィーンフィルの顔ともいうべきライナー・キュッヒルさんがリサイタルをされるんですね!
10月9日(水曜日)19時開演。
これは話題になる事でしょう。
東京交響楽団の公演で来られたときも素晴らしい演奏でしたよね。
おおいに期待しましょう。

ジュルネの交流ステージが決まったらしいですね。
発表はいつかな? 本公演と同じくらい、い、いやむしろ。。なくらいに楽しみにしています。

では今日は午後どっぷりと浸ってまいります。
by concerto-2 | 2013-03-28 10:56 | 街ネタ | Comments(2)
かなり定着して来たかな。と思っていますが
当店のインストアライブ。
第1回がピアノの坂井加納さん
第2回がちょっと特別ではありましたがイリーナ・メジューエワさん
第3回がピアノ品田真彦さん
第4回がオーボエ渡辺茜さん&ピアノ品田真彦さん
第5回がヴァイオリン伊野晴香さん&ピアノ石川潤さん
第6回がピアノ石井朋子さん
第7回が小黒亜紀さん

と続いて来ました。

そして4月なんですが、3つほど予定が決まりましたので発表いたします。

4月13日(土曜日) 
山田流箏曲の武藤松圃さん。新潟出身で新潟大学から東京藝大にいかれた本格的な方です。私も何度か御聴きしましたが、すごくきれいで繊細な音色だなと驚いたものです。
曲目などはまだ未定ですが、山田流と言うと箏の世界でも保守本流なレパートリーが主。
でも新しい事にもチャレンジしてみようかなとも話されてましたから、お楽しみに。

4月14日(日曜日)
昨日少し書きました。私が今年もっとも皆さんに知っていただきたいお二人がデュオをされます!
フルートの金子由香利さんとピアノの室井まりかさんです。
金子さんは昨年秋にフランスから戻って来られた方です。フルート、ピッコロ、理論などを首席で卒業され、パリでコンサートや指導をされてた方。と書くとなんか、すげぇ〜、近づきがたし〜と思われるかもしれませんが、実際に金子さんにお会いしてみると分かります。とってもいい雰囲気を持った大人な方です。
そして室井まりかさん! 昨年新潟に戻られ、いきなり県コンの大賞を獲得され、本人もあれよあれよという間に過ぎた1年のようでしたね。これから腰を落ち着けていろいろ地元新潟で活動をされる。。。。と思いますw
とってもユニークな個性を持ってるんですよ。私は大好きな奏者さんのお一人です。
ま〜インストアライブでは手にあせ握りながら室井さんのトークを心配、い、いや楽しみにしたいと思ってます。

4月20日(土曜日)
やっとこの方に出ていただく事が出来ました!
コントラバスの別森麗さん! まさに待望です。もう新潟を代表するプロコントラバス奏者さんですね。
ただ私にはかって某外資系CDショップにつとめられていた同業者さんというイメージがまだあります。
先日もあった時に「麗さんさ〜もうあなたにバトンタッチしちゃおうかな〜コンチェルトをw」なんて冗談で言ったりしました。だから私には「え!あなたコンバス奏者だったの!」というのが驚きでしたね。
もう地元オケとコンチェルトのソリストをしたり、室内楽演奏をしたりと大活躍です。
ジュニアオケや中央高校でも指導をされて、指導者としても立派です。
この狭いインストアでコントラバスがどう鳴るか、とっても楽しみです。
(haruちゃん聴きにきなはれ!)
そしてピアノは当店のプレイエルを最も知るピアニスト。品田真彦さん三たび登場です! これは心強いですね。
品田さんのピアノにもぜひご注目です。
超間近でコントラバス聴く!見る!ってなかなかないと思いますよ。ぜひお楽しみに。

の3公演です。
いずれも時間は2時3時の予定です(変更もあるかもしれません)
曲目はまだ未定。
細かい事が決まって来たら、また御知らせします。

当店のインストアライブも楽しんでいただけるようにしたいでうs。
そして、仮にお越しいただいたとしても、ぜひその日になにか他にもある倍胃はそちらもよろしくお願いします。
例えば4月13日にはりゅーとぴあさんでサックスカルテットのワンコインコンサートがありますから、ぜひそちらを聴かれてからでも間に合います。
20日の日は当店のインストアを聴かれた後で音楽文化会館でおこなわれる榎本正一さんのリサイタルにもいけますよ。
また20日にはフルムーンさんでこういうものもあります。
■ギャラリーコンサート開催のお知らせ
 弦楽三重奏vol.3
 出演者:佐々木友子(ヴィオラ、ヴァイオリン)×庄司 愛(ヴァイオリン)×
     渋谷陽子(チェロ)
 
日時:2013年4月20日(土)午後7時~8時(開場午後6時30分)
会場:Kaede Gallery+full moon(杉原伸子新作展)中央区東堀通4-453
演奏曲目:未定
料金:\ 1,800(チケットレス 当日会場にてお支払い下さい)
定員:25名 *要予約
電話/ファックス:025-229-6792
メール:shing@kaede-g.com
にて予約を承ります。

ということですね。ぜひこちらも行けますのでよろしくお願いします。

実はインストアライブをやるのに演奏者さんにお声をかけるのですが、その候補日はなるべく他の演奏会と重ならない日を選ぶようにしています。でも重なる場合もあるのですが、なるべく!重ならないようにと考えています。私自身行きたいコンサートの日にインストアやるから行けないってことになりたくないですからね。
あくまでも当店のは紹介の意味でのミニライブ。サロン的な意味合いです。
フルのコンサートはもう最優先です。
そのためにも、例えば5月18日にはフルート金子さんの帰国初コンサートがあります。そのためにもぜひ知っていただきたいという意味で4月14日に行なう。そういう紹介の場にもしたいと考えています。
小さなところから大きなところまで広がるようにしたいですね。

そのためにもぜひ店がずっと続けられるようにしたいと思っています。
よろしくお願い致します。
by concerto-2 | 2013-03-27 18:26 | 演奏会のこと | Comments(4)
今日はいろいろな人が来てくれて、いろいろな話ができた1日でした。

の、前に
昨日の月曜日は午後に店を閉めて県民会館小ホールへ。
e0046190_17274257.jpg

ヨージクの会ピアノ勉強会Vol.10
に行って来ました。ヨージクの会とは石井朋子さんの門下の皆さんのことです。
ちなみにヨージクとは?
e0046190_1728563.jpg

この絵本「きりのなかのはりねずみ」の主人公のはりねずみくんのことだそうですよ。
当店にあるこの絵本は私が石井さんからいただいたものなんですが、ロシアでは超有名なんだそうで
メジューエワさんも来られた時、みつけられて、とっても喜ばれてました。

そんな石井さんの門下の皆さん、上手い方が多いんですよ。
それと皆さん弾いている姿勢がいいのが印象的。先生の教えのポイントなのかもしれませんね。
私も存じ上げている生徒さんが何人も出演されてました。
やはり知ってると聴く方にも力が入りますよ。
一生懸命に演奏している姿には感動します。

この石井さんの勉強会、個人的に毎年凄く楽しみにしている人がいるんです。
それは賛助出演として参加されているOGの民谷有花さん!
中央高校音楽科の第10期の中でも抜きん出ていた民谷さんは、当時は音楽以外の芸能の世界の事で知る人ぞ知る有名な方でしたよね。(私は後で知ったんですよね)
そういうことはもう過去の話ではありますが
とにかく個性的と言うかユニーク、そして凄みがあるんですよ。
上手い人が多い石井さん門下の中でも、いつも最後に演奏するだけのことはある人です。
今回はバッハ/リストのプレリュードとフーガを弾かれて
まぁ、ん?というところもあったかもしれませんが、全体としていい演奏だったと思います。
新潟出身の若手ピアノさんの中でも実力派の一人ですね。

また、民谷さんをご存知の方はわかると思いますが
なんというかとっても個性的でw
昨日も開演前に県民会館のロビーで偶然会ったんですが、もうどっから見ても民谷さん!という感じで
ちょっとクラシック畑の人には見えないかもしれませんね。ロックの人?もしくはモデルさん(ま、モデルさんだったし)
でもそれがまたいいんですよね〜。私も大好きな一人です。
いつかもっと完成度を高めた民谷さんのすごみのある演奏を楽しみにしたいと思っています。
昨日はちょっと話せて嬉しかったです。

また民谷さんの一つまえに演奏されたのが佐藤郁夫さん。
も〜佐藤さんも高校生の頃から存じ上げていまして、立派になったなぁ〜と思って聴いていました。
今年の新潟でおこなわれるくにたちコンサートでは出演されますね。
e0046190_17483190.jpg

トップにスクリャービンの4番ソナタを弾く事になっています。
楽しみにしたいです。

それと同じ新潟出身の3人で埼玉のお寺でもコンサートをやられるようですね。
e0046190_1750298.jpg

ここで共演する高橋希絵さんと民谷さん、佐藤さん、そしてやはり石井さん門下の長井さんの4人は中央校高校音楽科の頃いつも仲良くて、店にも来てくれたことがつい昨日のようです。もうみんな大学も卒業したんですね〜。早いものです。

その民谷さんたちが中央高校音楽科の第10期生さん。
今日は11期生のエースでもあった小林浩子さんが帰省してて、来てくれました。
久々に長々と話が出来ました。小林浩子さんは着実にステップをアップさせているなと感じました。
この着実というのがいかにも彼女らしいんです。

そしてまだ浩子さんと話をしている時に、9期生のエースだった室井まりかさんがフルートの金子ゆかりさんと来てくれました。誰とでも人と打ち解ける小林浩子さんですが、二つ上の室井先輩はなんか恐れ多い存在で在学中時代お話しするなんてとんでもないです。。だったそうです。
そうそう、高校生の頃の二個上ってとんでもなく大人に見えましたもんねw
いいなぁ〜初々しいな〜w

金子さんと室井さんは本日某所で某オーディションだったんですよね。
その結果はどうなのかまだわかりませんが、それはともあれフランスから戻って来て、新潟でどうやっていいか迷われてた金子さんに室井さんのような優れたピアノさんが組まれるようになったのは嬉しい事です。
お二人とも華がありますからね。。

実は。
明日当たりちょっと発表出来るかもしれませんが、4月のインストアライブも3つ決まりそうです!
金子さんと室井さんも。。。あるかもしれませんよ〜。
金子さんはもう百戦錬磨なので安心ですが、室井まりかさんの魅力が御客様に伝わるかが心配でもあり、また室井さんの人としての良さをぜひ知っていただける場になるかなと実はすごく楽しみにしてます。
あともう一組もすごく楽しみな方たちだし。

今日は時間となりましたのでw
この続きは明日という事にします。

PS.すごく個人的な事ですが、紫音さんとっても良かったですよ。これからも頑張ってね。
by concerto-2 | 2013-03-26 18:10 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日日曜日は
小黒亜紀さんにインストアライブをお願いしました!
e0046190_23114356.jpg

2時も3時も満員でした。よかった~

プログラムは
スカルラッティのソナタL23
ショパンの24の前奏曲から第1,4,7,8,15番
ベートーヴェンの熱情ソナタから第2,3楽章
アンコールはショパンの子犬のワルツ。

いや~プレイエル君も頑張りましたね
心配してた熱情もちゃんと小黒さんの指についていってましたね~。
よかったよかった。

いつもながら小黒さんのダイナミックな演奏は素晴らしいです。
知ってはいても、またつい先日聴いてはいても
また感激しちゃいましたね。

そして演奏以外のときの、あのほんわかした感じがまたいいんですよね。
小さなところのコンサートって、その人となりが感じられるところもいいとこだと思います。
小黒さんのキュートな魅力、来られたお客様全員が感じていただけたと思います。

今日は抜粋でしたが、これが全曲4月28日には演奏されます!
必殺のシャコンヌもすごいですよ! プレリュードの24番にも感激しますよ!
アンコールがこれまた。。。ってそれはふれてはいけませんね。
小黒亜紀さんのリサイタル、ぜひよろしくお願いします!チケットも扱っております!

このインストアライブシリーズも坂井加納さん、品田真彦さん、イリーナ・メジューエワさん、渡辺茜さん、伊野晴香さん&石川潤さん、石井朋子さんときて小黒亜紀さんまでやっていただきました。
新潟にはまだまだ素晴らしい、でもあまり実演で聴く機会が少ないすごい方々がいらっしゃいます。
ぜひそういう方にも出演いただいて知ってほしいと思っています。
たとえば小黒亜紀さんを新潟20代ではトップを走るピアニストと何度も書いていますが
同じくらい素晴らしい人もいらっしゃいます。若杉百合恵さんという方。
小黒さんとはタイプは少し違いますが絶対の自信をもってお勧めできる方です。
若杉さんにもお声をかけています。他にも今何人かの方にお伺いをしています。
4月からのこのシリーズも決まっていきましたらお知らせをしますので、名前を知っている知っていないに関わらずぜひ聴きにいらしてください。
実は私自身が一番楽しみにしているんですけどね。

そして当店で聴いた方をぜひ応援してあげてください。
お一人お一人の応援ってきっと演奏者ご本人にも届きますから!

今日はFMPORTのTディレクターも来てくれました。アンディさんもいつも来てくださってます。
こうした外に向けて発信するお仕事をされているかたも頑張っていらっしゃいます。
心強いですよね。
当店でやってるインストアライブなど小さなものですけど、草の根のあたりからどんどん芽を出して花をさかせていければなと思っています。
演奏する人にとっても聴いてくれる方がいてこそです。
いい聴き手でありたいですね。いい聴き手がたくさん増えることも素晴らしいことだと思います。

小黒亜紀さん、とっても素敵な演奏とトーク。ありがとうございました!
お越しいただいたお客様もありがとうございました。

4月以降に関しては、またいくつか決まりましたらお知らせします。
お楽しみに。

日が変わったので今日になりますが
今日の月曜日はすいません、午後からちょっと店を閉めてこちらにいってきます。
e0046190_064765.jpg

石井朋子さんの門下発表会です。
ここでの皆さんの演奏というのが、またすごいんですよ。
楽しみにしてます。
ということで午後、うーん4時くらいまででしょうか。ちょっといなくなりますので。

それと今日はお昼に小林浩子さんに会えました。
浩子さんはスタジオAで恩師の先生の発表会でトリで弾くのに戻ってきてるんですね。
また会う約束もしています。
小林浩子さんは私が冗談でコンチェルト関東支部長なんて言ったりしますが、もう絶対の信頼をおいている人です。いつか皆さんにも演奏でご紹介したいですね。

いろいろと楽しみな人たっくさんです!
ぜひ皆さんお楽しみに。
by concerto-2 | 2013-03-25 00:16 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日は午後からりゅーとぴあコンサートホールに行って来ました!
こちら!
e0046190_19104312.jpg

りゅーとぴあさんがやってらっしゃるオルガン講座の今年度修了演奏会でした。
さすが1年間頑張って来られた皆さんだけあって、力演、熱演!でした。
ジュニアの皆さんも、まだ小柄な皆さんがあのでっかいパイプオルガンを鳴らしているのはすごいなと思いましたよ。
このオルガン講座はとってもいい企画ですね。

今回とってもラッキーなことがありました。それは聴く場所。
いつもだいたい私は3階の横から聴いているのですが、かって聴いた場所で一番よかったな〜と思った場所は3階の思いっきりオルガンに近いところ。もうはじっこのとこ!
一度山本真希さんのブラームスをやった時に、普通は入れないと言うゲートがされているのですが、その日はされてなくて、もう根っこの方まで行って聴いたことがあったんですよ。
すごい臨場感! 正面で聴いたりすると遠いな〜と思う事が多々あったんですが、もうパイプがすぐ近くだと低音なんか直接響きます。
そして演奏者さんが頑張って弾いているのが真横からだとよく見えるんです。
今回もゲートがありませんでした! 迷わず根っこまでいきました。
途中から琴の奥村京子さんも近くに来てくれて
「この場所いいー!」と喜んでくれました。
それがラッキーでした! 

そして今回、奥村京子さんもいらしたし、Daaさん御夫妻も、メンヒさんも
みんながトリを務めた山際規子さんの応援に駆けつけてくれました。ありがたいですね。
山際さんのバッハ、とっても立派でいい演奏だったと思いますよ。
ご本人と終演後楽屋でお会いしましたが、完全ではなかったようなことを言われてました。
そんな完璧な演奏はなかなかないですよ。
それだけ理想が高かったという事だと思いますが、応援団の皆さんはみんな満足してました。
それにこうして、何人も応援にきてくれるってこと事態が、演奏は人なり。の現れではないでしょうか。
山際さんも喜んでくれてたと思います。
また他の演奏された方々にも、それぞれ応援団がきてくれたことと思います。
なんか、いいなって思いますよね。
のりぴーお疲れさま。
こういう企画、運営をされているりゅーとぴあさんに感謝と指導の山本真希さんに感謝ですね。

さて明日は
だいしホールでえちごコラリアーズさんがありますね!
e0046190_19222273.jpg

当店でもチケット扱ってましたので、ぜひたくさんの御客様にお越しいただきたいですね。

そして当店では小黒亜紀さんのインストアライブをします!!
リサイタルのチラシですいませんが
e0046190_19231994.jpg

この時のプログラムから演奏されます。
予定プログラムは
スカルラッティのソナタL23
ショパンの24の前奏曲から第1、4、7、15『雨だれ』
ベートーヴェンの熱情ソナタから第2、3楽章

となっています。小黒さんのスピードにプレイル君がついていけるかが心配ですが
大丈夫でしょう!
新潟の20代ピアニストのトップを走る小黒亜紀さんのインストアライブをお楽しみに。
午後2時からと3時から2回公演です。

どなたかこちら行かれる方いらっしゃいますか?
e0046190_19272182.jpg

3月30日に村上でおこなわれる、なんかすごい由緒あるピアノでおこなわれるコンサートです。
もし、行きたいという方いらっしゃればお一人にチケット差し上げられるのですが。
行ける!という方がいらっしゃればご連絡下さい。

読んだー!
e0046190_19284634.jpg

ビブリア古書堂の事件帖の第4巻です!
なんかテレビでやってるのがこの4巻のなんですよね。おいおいその前には読まなくっちゃいけないだろう!
と焦って購入、で昨夜というか今日の午前に読みました。なるへろ〜。。。。乱歩が無性に読みたくなりましたね。
江戸川乱歩ってもうテレビとかマンガでおなじみみたいになってますが、原作を読むとけっこう雰囲気違うんですよね。原作の方がいいですよ。天地茂も悪くないですがw (DVDちょっと持ってますがw)

ちょっとコーヒーブレイク。
e0046190_193127100.jpg

テルツォさんのマロッキーノ・ビエモンテです。
え〜これは最初にグラスにヘーゼルナッツチョコを置いて、そこにヘーゼルナッツリキュールなどをいれたコーヒーです。ちょいとアルコールが強い大人の飲み物。
ちょっと大人の気分で。。。

では明日は小黒亜紀さんのインストアライブ、よろしかったらお越し下さい。
入場無料です。できればなんか御買い求め頂けると嬉しいです。
小黒亜紀さんのトークというのも貴重かも。新妻の小黒亜紀さんにこんなこと書くと失礼かもしれませんが
かわいいんですよね〜。
どうか皆様温かい目でトークはお聴き下さいねw
by concerto-2 | 2013-03-23 19:36 | 演奏会のこと | Comments(4)
よい天気が続きますね。
東京では桜が咲いたそうで、新潟も4月になるとそろそろかなって。
いい季節になりましたね。

ではこの週末になにがあるかです。

まず23日の土曜日。
よかったらぜひこちらにお越し下さい!
e0046190_1731793.jpg

りゅーとぴあコンサートホールで14時開演 入場無料
オルガン講座を受けられた方の修了演奏会です。
1年間の修行の成果をぜひ聴きにいらして下さい。あとまだりゅーとぴあのパイプオルガンを聴かれた事が無いというお知り合いの方いらっしゃいましたら、ぜひお誘いしてみてください。
あのパイプオルガンは新潟市の宝です。
個人的にはトリを弾く山際規子さんに声援をおくるつもりで聴きに行きます! なかなか練習する時間がとれない中一生懸命頑張っています。おそらくは他の皆さんもそうだと思います。
感動の演奏をお楽しみに。

こちらもあります。大発表会!
チラシはありませんが、だいしホールで午前11時から午後4時まで!
「チルコロムジカ vol.3」
これはピアノ内田美果さんとソプラノ柳本幸子さんの門下の皆さんによる合同発表会です。
前半は内田さん門下の皆さん、後半は柳本さん門下の皆さんだそうです。
先生の演奏も当然あるそうですよ。お二人の人柄からわかりますが、大規模であってもアットホームなものになっているでしょうね。入場無料です。

後は音楽文化会館で17時から新潟南高校の吹奏楽部さんの演奏会がありますね。こちらも入場無料。

そして日曜の24日。
また当店でインストアライブを行います!
この方です。小黒亜紀さん!
e0046190_17385651.jpg

このチラシは4月28日のリサイタルのものですが、この中から演奏してもらいます。
午後2時と3時の2回公演です。
入場無料。。ですが、できればCDをなんか御求め頂けると嬉しいなと思っております。

だいしホールでは男声合唱えちごコラリアーズさんのコンサートがあります!
e0046190_17414297.jpg

だいしホールで14時開演です。チケットも扱っております。
いかがでしょうか。

ヤマハさんのスペースYではオカリナ大沢さん。
e0046190_17424641.jpg

大沢さんのオカリナすっごいですよ。

りゅーとぴあスタジオAでは13時からピアノの古川先生の門下発表会があります。ゲストはOGでもある小林浩子さんです。浩子さん頑張ってね!

音楽文化会館では16時半から新潟高校の吹奏楽部さんの演奏会があるようです。入場無料。

あとは。。音楽ではありませんが、先日おじゃまして来ました江南区文化会館さんでは、こんな素敵なイベントがあります。
e0046190_17444657.jpg

絵本好きの人なら、いやそうでなくてもお名前は聴いたことがあったり、また絵は見た事があったりすると思います。黒井健さんの講演会があります。うわぁ聴きたい〜。
黒井さんの絵本いいんですよね〜。

週末はこのような感じかと思います。
長岡や柏崎や上越でもなんかありますかね〜、情報があったらぜひ教えて下さい。

週明けですが25日の月曜日には石井朋子さんの門下の皆さんの発表会があります。
e0046190_17493997.jpg


水曜日ですが、27日の7の日という事で
西川さろんコンサートがおこなわれます。
e0046190_17504776.jpg


これからどんどん増えて来ますね!
楽しみにしましょう!

こちらもよろしくお願いします。
土曜日の夜11時からはぜひFMPORT「クラシックホワイエ」をお聴き下さい!
今回はTディレクターの大好きなマーラー!! 嬉々としてして編集しているお姿が目に浮かぶようですw

放送日 2013/03/23

【ドゥダメルのマーラー】
今もっとも世界で注目される若い世代のスター指揮者がロサンゼルス・フィルハーモニックとのコンビでマーラー:交響曲第9番を新録音しました。

【新譜情報コーナー・マイニュー】
「ジャン=マリー・ルクレールの肖像」
アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア
コジマ録音 ALCD-1134


★☆メッセージ募集のお知らせ☆★☆
4/6放送のクラシックホワイエでは「ひとめぼれクラシック」と題してお送りします。
そこで、あなたが初めて好きになったクラシックを教えてください。
どんな状況で聞いた・誰に教えてもらった・何歳で聞いた・どんなところに惚れたなどエピソードを添えてお送りください。

あて先はメールアドレス cl@fmport.com または番組HPのメッセージ送信フォームから、FAXのかたは025-240-7900までお送りください。締め切りは3/30です。みなさまからのメッセージお待ちしています。

ぜひこの「ひとめぼれ〜」もまだ投稿御待ちしているそうですよ!
いっちょ私も出してみようかなw

いい週末になりますように。
by concerto-2 | 2013-03-22 17:52 | この週末は。 | Comments(0)

とりあえず新入荷より。

週末の事を書く前に
最近入って来たCDからいくつかご紹介。

まずは来ました!!
イリーナ・メジューエワさんの京都ライブボックス!
e0046190_1439569.jpg

発売元の若林工房さんからのコメントは

京都のイリーナ・メジューエワ
ライヴ録音集2007−2012(5CD)

ひたむきな研鑽の精華、京都での6年間の軌跡を集めた5枚組

日本を拠点に活躍するロシアの実力派ピアニスト、イリーナ・メジューエワが2007年から2012年にかけて京都で行なった演奏会のライヴ録音集。シューベルトとベートーヴェンを中心にシューマン、ブラームスなど独墺系レパートリーを集めた4枚と、2012年のコンサートで取り上げたドビュッシー&ムソルグスキーの1枚を合わせた5枚組。大半の曲はすでに録音の存在するレパートリーですが、ライヴ特有の熱気と昂揚感は、スタジオ・セッション録音とは異なった魅力を備えています。聴衆ひとりひとりとの音楽的対話が聞こえてくるような趣は、まさにライヴ録音の醍醐味。繊細さと強靭さを兼ね備えたピアニズムをお楽しみください。(若林工房)

ということです。メジュ様のライブなかなか熱くていいですよ!

次にこちらも新潟には何度も来られている世界の巨匠、久々の新譜です。
ホプキンソン・スミスさん。
e0046190_14413668.jpg

テオルボでのバッハです。
こちらもメーカーさんのコメントを。

巨匠ホプキンソン・スミスの新録音

リュート界の大御所、ホプキンソン・スミスの新録音。彼自身が編曲したバッハの無伴奏チェロ組曲が収録されています。言うまでもなくチェロによる原曲は名作ですが、ホプキンソン・スミスの演奏は柔らかい響きでリュートの素朴な味わいが魅力となって、さらにバッハの深い音楽性も感じられる素晴らしい演奏を聴かせてくれます。バロック・リュートは楽器によって響きに特徴があり、彼が使用している楽器はドイツ・テオルボで1986年ジョエル・ヴァン・レネップが用いられています。チェロの重厚な響きを意識してしまいますが、バッハの音楽性を的確に捉えたホプキンソン・スミスのセンスの良い編曲と心地よい演奏が秀逸です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
J.S.バッハ:
・組曲第1番ト長調 BWV.1007
・組曲第2番ニ短調 BWV.1008
・組曲第3番ハ長調 BWV.1009

 ホプキンソン・スミス(テオルボ/1986年ジョエル・ヴァン・レネップ製作)

もうジャケット見た感じからして良さそうです。
ちなみに前作の旧譜でバッハの組曲4.5.6番のものも一緒に入れました。

こちらも大巨匠、ブーレースの新譜です。
e0046190_14435120.jpg

代理店さんからのコメントは。

マーラー:嘆きの歌、ベルク:ルル組曲
ブーレーズ&ウィーン・フィル

ブーレーズ40年振りの再録音となる『嘆きの歌』はウィーン・フィルとのコンサートのライヴ録音で、カップリングはベルクの『ルル』からの組曲。レシュマン、ボータといった歌手陣を起用した演奏です。
 『嘆きの歌』はマーラー最初期の作品でウィーン音楽院在学中の17歳から着手され、作詞もマーラーが手掛けています。(ユニバーサルIMS)

さらにプッシュしたいのは、このブーレーズの新譜にも参加しています。
最近話題の美貌のソプラノ、アンナ・プロハスカ! そちらの新譜も出ました。
e0046190_14452910.jpg

代理店さんからのコメントは

魅惑の森(魔法にかけられた森)
アンナ・プロハスカ/バロック・アリア集

超絶のコロラトゥーラと絶妙な性格描写!
様々な時代のオペラに出演し、絶賛されているプロハスカの最新アルバムはバロック・オペラ・アリア集。鮮やかなコロラトゥーラの技術と美声はもちろんのこと、愛や嫉妬、復讐などの恐ろしいほどの劇的感情表現は絶品。バロックの鮮烈な性格描写の全てを聴き手に届けてくれます。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・ヴィヴァルディ:歌劇『貞節なニンファ』より『Alma oppressa』
・ヘンデル:歌劇『アルゴスのオーヴェ』より『Combattuta de due venti』
・パーセル:歌劇『妖精の女王』より『O Let Me Forever Weep』
・パーセル:歌劇『妖精の女王』より『See, even Night herself is here』
・パーセル:歌劇『妖精の女王』よりホーンパイプ ニ短調
・パーセル:歌劇『妖精の女王』よりホーンパイプ ト短調
・パーセル:聖セシリアの祝日のためのオード Z.334より『Mark How Readily Each Pliant String』
・ヘンデル:カンタータ『アポロとダフネ』より『Felicissima quest'alma』
・ヘンデル:カンタータ『アポロとダフネ』より『Come in ciel benigna stella』
・パーセル:歌劇『アセンスのターモン』より『Curtain Tune on a Ground』
・ヘンデル:歌劇『リナルド』より『Furie Terribili』
・ヘンデル:歌劇『アルチーナ』より『Tornami a vagheggiar』
・カヴァッリ:歌劇『アポロとダフネの愛』より『O Piu d'ogni Ricchezza』
・モンテヴェルディ:ニンファの嘆き
・トーマス・モーリー:スイート・ニンフ

 アンナ・プロハスカ(ソプラノ)
 アルカンジェロ(ピリオド楽器アンサンブル)
 ジョナサン・コーエン(指揮)

すでにファンの多いアンナ・プロハスカさん、これからもっと注目されてくる事でしょう。

ジャズにきたのか〜ナイジェル・ケネディ。
久々に新譜です。
e0046190_1447312.jpg

ヴァイオリン界の異端児とも一頃いわれたナイジェル・ケネディ。
久々の新譜はジャズ&バッハ。
代理店さんからのコメントは。

ナイジェル・ケネディ/リサイタル

ソニークラシカルへの移籍第1弾『フォー・エレメンツ』で強烈な「ナイジェル・ワールド」を提示したケネディが放つニューアルバムは、何とクラシックの父バッハ、ジャズの巨匠ファッツ・ウォーラー[1904-1943]という時代も音楽のスタイルも異なる作曲家二人をメインとしてフィーチャー、破天荒な1枚です!
 それぞれ活躍した時代は200年以上離れていますが、バッハとウォーラーは二人とも幼いころから教会でオルガンを始め、時代を代表する作曲家として活躍したという共通点もあります。多くの名作を残し、それぞれ音楽の新しいジャンルを開拓。バッハはバロック音楽を、ウォーラーはジャズ界の先駆者として数々の名曲を残しました。ファッツ・ウォーラーの名曲を中心に、ケネディ自身が惚れ込んだ実力派ジャズ・バンド・メンバーと共にお送りします。
 音楽界の先駆者二人の作品をナイジェル・ケネディの独特のプリズムを通して提示する刺激的なアルバムです。(SONY)

私もまだ聴いてませんが、どんななんでしょうかね。

こちらもクロスオーヴァーになっています。
東京交響楽団新潟定期でもバッハのコンチェルトで来られた事のあるピアニスト。
シモーヌ・ディナースタインさんの新譜は、なんとカントリー歌手とのデュオ。
e0046190_15195457.jpg

メーカーコメントは。

ディナースタイン&ティフト・メリット/Night

オール・バッハ作品集、そしてバッハとシューベルトを収めたアルバムに続くシモーヌ・ディナースタインのソニークラシカル第3弾は、何とナチュラル・カントリー・シンガー・ソングライターのティフト・メリットとのコラボ・アルバム!
 二人の共通の想いを探索しあい、新しい音楽の風景を築きあげるための、クラシック、フォーク、ロック、カントリーの世界を結びつける斬新なコラボレーションが実現しました。パティ・グリフィンによる2人のためのデュオ、ティフト・メリット自身の曲、シューベルトやパーセル、バッハのクラシック作品、さらには現代作曲家のダニエル・フェルセンフェルドによるレナード・コーエンの『スザンヌ』による変奏曲など、想像力豊かな芸術性から成形された独特の音楽が奏でられていきます。(SONY)

へーって感じですよね。すいません、これも聴いてません。
でもディナースタインさんって、私も近くで御見かけした事があるのですが、とっても暖かそうで、いいお母さんという方でした。だからカントリーも違和感無いかもしれませんね。
ヒラリー・ハーンもシンガーと組んでライブとかしてましたが、そういうのもあって本業(と言って良いかわかりませんが)もちゃんとできてればかえっていいことかもしれませんね。

あと最近では一番動いているカール・ベーム&ウィーンフィルの1975NHKライブもまた5種全部来ております。

週末よろしければ当店にもぜひお越し下さい。

24日には小黒亜紀さんのインストアライブを2時からと3時からおこないます。
そちらもぜひ聴きにいらしてください。

では次は週末の事を書きます。
by concerto-2 | 2013-03-22 15:10 | CDの紹介 | Comments(0)