コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年大晦日。

いよいよ今年も最終日になりました。
お世話になった皆様ありがとうございました。
なんとか2012年も最終日までたどり着く事が出来ました。ありがとうございました。

今朝の県民の新聞さんにはこんな記事が!
e0046190_1650453.jpg

今晩にFMPORTさんである年越しクラシック番組の告知です。
「GOODBYE2012 HELLO2013 クラシックの世界へようこそ」
今回はテーマも決めずに、MCの飯尾さんをスタジオにお迎えして、ゆったりとした番組にするとのことです。
ぜひこたつでミカンでも食べながら、もしくは布団の中でとか、ゆったりした気持ちで聴きましょう。
夜11時から元旦1時まで万代のPORTさんのスタジオから生放送です。
飯尾さんと遠藤麻理さん、そしてディレクターは美貌のTディレクター! とADさんw
その4人で頑張ってお届けしていますよ! ぜひよかったらお聴き下さい。
e0046190_16551336.jpg

そしてどしどし番組にメールを送って下さいね。ほんとにみんな目を通してくれてますからね。
私も送りました!(オンエアで読まれるような内容ではありませんが)
ぜひクラシックと関係ないことでもいい(かな?w) きっとTさんは待っていますよ!

りゅーとぴあさんではその頃にはジルヴェスターコンサートが行われます。
e0046190_16572571.jpg

りゅーとぴあの皆さんも今夜は全員出勤で頑張っていらっしゃいます! お疲れさまです。

さて。。。前回に次の時には一年のコンサートやCDのよかったものを書きますとしたので
そういうことをと。。。。思い出すとたっくさんあって、ランクなど付けられません。
そして私はどうしても地元に偏りすぎています。パユやツィメルマンも凄いです!でもそりゃ〜すごいの当然でしょ。と思っちゃうんですよね。だからあんまり鼻息が荒くなるほど興奮する事はそんなにはないんですよね。

そんな私の心の中で演奏を聴きながら興奮がずんずんきた!というものをあえて書き出しますと。
2012演奏興奮度ベスト5。

第5位は6月にスタジオスガマタでやりましたピアノの大瀧拓哉さんのリサイタル。これは聴かれた方は衝撃だったでしょうね。長岡出身とはいってもほとんど県内で演奏する機会はあまりないし、ましてや新潟市内ではまとまった演奏をするのは初めてでしたから。大瀧さんは今はベルリンで頑張っています。

第4位は山岡さん最後の舞台。新潟メモリアルオケさん。特にベートーヴェンの7番。
春の祭典もよかったですが、ベートーヴェンはもうあのタイプの演奏が新潟に響く事はないのではないでしょうか。感動的な演奏でした。

第3位はつい数日前に聴いてきました、羽柴累さんと石井朋子さんでのバルトークのヴィオラ協奏曲。
1年に一度ウィーンから戻ってこられる羽柴累さん。桐朋の学生さんのころから大好きな奏者です。
聴けるときは必ず聴いているので、いいときもあれば、う〜んというときもありました。
しかし今年のバルトークは凄まじかったです。元々きれいな音楽をする演奏者ではありません、だから曲を選ぶ場合もあったりするのですが、バルトークはぴったり! そして石井さんのピアノがまた炸裂していました。
寒色系でありながら熱い気配をふくんだ名演でした。平林直哉さんも「いや〜いいもの聴いた!」と大満足の演奏でしたね。

第2位は意外度といえば今年最高でした! 新大オケさんのプロコフィエフの交響曲第5番。
びっくりしましたね! この曲をあそこまでいい演奏にもっていけるとは!
ジュニアオケさんの一昨年のチャイコの5番もそうでしたが、一期一会の演奏で伝説に残る名演だったと思います。

で、今年聴いててぞっとするほどの気持ちに一番なった演奏は。。。
第1位は県コン本選でのゲスト演奏だった小黒亜紀さん。
バッハ/ブゾーニのシャコンヌとショパンの英雄ポロネーズ。
たった2曲で25分以内くらいの演奏でしたが、今まで聴いた小黒亜紀さんの演奏の中でも最高の体験をしましたね。
そもそもこのゲスト演奏、ピアノ奏者さんにはきっついんですよね。なんせ直前まで行われている本選会の最後はピアノ一般部門。それこそチャレンジャーの1曲に全力をかけてくる必死の演奏が終わってからすぐにゲスト演奏。今回も本選開催後は結果として大賞を獲得した山口愛佐子さんの見事なまでのカプースチンでしたから、聴いてた私も「うわ〜この後かぁ〜」と情けをかけたくなったほどでした。
しかし
大賞をとられた山口さんと室井まりかさんには申し訳ないですが、、、現時点では次元が違う感じがしました。
小黒さんがシャコンヌをスタートさせた時には、もうそれまでの長時間続けられていた本選会の事なんか脳裏から消えました。ほんとに素晴らしい演奏でした。シャコンヌなんかバッハ好きの方には敬遠されるかもしれません、ちょっとラフマニノフ的なシャコンヌでした。でもブゾーニが目指したのはこういう演奏なのではないかなと思いましたし、英雄ポロネーズなんか小黒さん独特のサラブレッドに乗っているかのようなリズムの取り方がきまっていてかっこ良かったです!
実は大賞をとられたお二人も、小黒さんの演奏を聴くために超速攻でドレスから着替えて客席にすべりこんで聴いてたそうです。
やはり新潟音楽界の小黒亜紀さんは若手を代表するお一人です。
ほんとうにこの時の演奏は素晴らしかった! 

が私個人のとっても興奮したベスト5。

違った意味で、最も心にいろいろなものを感じながら深く聴いた演奏会がありました。
それは2月に行われた合唱団NEWSさんのコンサートでした。
一昨年2月に、このNEWSさんの公演に作詞者の山田ゆきえさんに仙台からお越しいただく事が出来ました。私もお会いして、おぉこの方が「またね」の作詞者の方なのかと感激したものです。
とても団員の方も喜んでくれ、また山田ゆきえさんご自身もとてもお喜び頂き、すごく記憶に残るコンサートでした。
そして翌3月11日。。大震災がおきてしまいました。すぐに仙台の山田さんにメールをしたのですが連絡がとれず、ずっと心配していたんです。そうしたら数か月が経って山田さんから連絡があって「大丈夫ですよ、心配しないで下さいね」と。
あぁよかった、大丈夫だったんだ〜と胸を撫で下ろしたのです。。
しかしその数ヶ月後に、実は全然大丈夫ではなかったということを知りました。とんでもない事態になってて山田さんは療養の生活になっていらっしゃったんだと知り、ビックリしたし、とってもショックを受けました。
そんな状態でありながら「大丈夫ですよ」とご連絡してくださったんだと思うと、その優しさに心打たれました。そしてとても申し訳ないと思う気持ちでいっぱいになりました。
その数ヶ月後には山田さんがお元気な時にメール頂いたら直接お電話頂いたりしました。
だから今年の2月のNEWSさんの時にも演奏を聴きながら、いろんなことを思い出していたんです。
「またね」は涙なくしては聴けませんでしたね。あの時終演後に素早く出たのは新大音楽科さんの卒演があるからではなく、あまりにぐしゃぐしゃの顔をしてたので走り抜けたかったからでした。
来年も2月にNEWSさんの公演があります。来年は無理でしょうけど、また「またねプロジェクト」盛り上げて(私はまだプロジェクトがゴールしたと思っていません)
またNEWSさんの公演にお元気な山田ゆきえさんをお迎えできればと思っています。
今年数ある演奏会に行きましたが、このNEWSさんの公演は特別な公演でした。

CDについてですが、そんなに新譜を聴きまくったわけではないでの、狭い選択肢になってしまうのですが
個人的に今年のベストはこれです!
e0046190_17573670.jpg

イリーナ・メジューエワさんのベートーヴェンのピアノソナタ全集。
これは単売でもリリースされてて、それらもすごい演奏です。
しかし!このセットにボーナスとして入っている非売品のりゅーとぴあライブがすごいんです!
特に30.31.32番のは実際に公演を聴いた時も拍手するのも躊躇するくらいの神々しいまでの演奏でした。
その音と感動は全部CDには入りきらないのですが、それでもこのボーナスCDの収められた、特にワルトシュタインと30番と32番は空前絶後の演奏だと思っているのは私だけですかね。
このボーナスCDを年度ナンバー1とするとちょっと「そりゃないぞ」と言われるかな(笑)

別の意味で、もっとも心穏やかになれる第1位のCDがありました。
こちら
e0046190_1844067.jpg

『ロベール神父のオーボエ』です。
これ何度聴いてもいいですよね。選曲がいいんですよ。さすが神父様の選ぶ選曲!
新しい曲も入っていますし。
通常に発売されたCDではこれが年度ナンバ−1にしたいと思います。
池田昭子さんのもよかったですよね。

でもこんなランキングものって、明日になれば順位違ってるかもしれないし、忘れているのもあるかもしれないから絶対的なものではありませんから。
来年は若手の皆さんでリサイタルに挑戦しようという方が何人か声を上げています。
そして大御所と呼ばれている方々も活動を活発にされるみたいです。
芽がいくつもいくつも顔を出してきてます。きっと今年以上にいい一年になると思いますよ。

昨日の夜はいつもお世話になっている、隠れ家ショットバー「スティング」さんに年末のご挨拶をしてきました。
e0046190_18114224.jpg

高橋さんいつもお世話になっています。時々騒がしくしてすいませんw

そしてこれもお世話になっている立ち飲みイタリアンバル「テルツォ」さんにもご挨拶。
e0046190_1813985.jpg

井黒さんが「グラッチェ」と書いてくれました。ありがとね!

ちなみに二つのお店とも新年は元旦からやってるそうです。頑張っています。

さてそろそろ帰ります。

最後に
大晦日と言うと数年前に大晦日に旅立ったHOMAの菅原さんのことを毎年思い出します。
そして今年はメサイア協会の星野さんも最後のメサイアを見届け、旅立たれました。
いつも私のことをなんだかんだといいながら面倒見てくれた長岡の藤井さん、いや、いつも言ってたように言えば「変なじじいの藤井さん」w。まだ旅立つ歳じゃないのに、駆け足で逝ってしまいました。まだ早いのに。。

私はこの2012最終日、無事店を開ける事ができました。続けられました。
このことを雲の上にいる3人の皆さんに雲の上から見て欲しいです。ちっさくしか見えないかもしれませんが。
「まだ店やってますよ。頑張っていますよ」と店の灯りを見てもらえたかな。

そして
すべての人にありがとうございました。

明日だけ休まさせてもらいます。

よいお年を。
by concerto-2 | 2012-12-31 18:28 | テレビ・ラジオのこと | Comments(4)

今年も後一日。。。

私はあんまり年末とか思わない方です。
それでもやはりあと一日となるといろいろなことを思わずにはいられません。
不思議と事故の多いこの時期、何事も無く無事新しい年を迎えられますように。

今日もいろいろな方が来て下さり、ありがとうございました。
琴の奥村京子さんとアンディさんが偶然一緒になり、お話しされたらアンディさんがずっと会いたかったという方が京子さんの友人で、アンディさん積年の想いが叶えられそう。というサプライズもあったり。
当店があることで何かしらハッピーなことが起ったりするのはとても嬉しい事です。

新潟オルガン協会のオルガン奏者市川さんが来られて、実は市川さんは高校が新発田西高(すいませんローカルな話で)であったこともあり、新発田談義に花が咲きました。
ほぼ同世代という事で学生時代に行ってたお店の話とか
「ねぇねぇあそこ行った?」「行った行った!」で盛り上がり
「今もあるの?」「あーないです」で盛り下がりw
その繰り返し。
ついつい、そういう話になると楽しくなっちゃいますよね。

ふと私の大好きなシラーの言葉を思い出しました。よく使われたりする有名な言葉で

「時」の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢の ように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている。

この過去は永久に静かに立っている。 というのは本当にそうだよな〜と思います。
ためらいつつ近づく未来をよりよいものにするために
矢のように早く飛び去る現在を頑張っていきましょう。

新発田と言えば昨日の県民の新聞さんにこんな記事がありましたね。
e0046190_17265966.jpg

新発田駅前に移転した県立病院の前にあった跡地が更地になった、そして公園が造られるらしいです。
こうなると遠くからもお城が見えるという事だそうです。
ちなみに私はここで、この場所にあった県立新発田病院でおぎゃーと世の中に出てきました。
うちの祖父もここで最後を迎えました。
思い出の多い場所です。
今、駅前に移った県立病院はでっかくて新しくて、私の地元の知人が「新発田の名所はどこですか?と聞かれたら県立病院ですって紹介するよ」なんて冗談を言うくらい名所?になっているようですね。
先週新発田に行った時に、私の宝くじ初体験お店だったお店で幸運の女神宝くじ買って来ました。
私の高校の時の英語の先生の実家でもあるこの民芸品店。なじみのあるお店です。
きっと年明けには2億円きちゃうかな!とほくそ笑んでいます。

ちなみに、この新発田の記事の下を見ると
村上の吉川さんが小説を出版されたって記事がありますよね。
ご存知ですか?村上の老舗鮭店「きっかわ」の若女将の吉川美貴さんのことを。
小説や本も何冊も出されている方ですが、それより町おこしのプロデューサーとしては全国に名を馳せるすんごい方です。
私も一度お会いしてお話を聴いたことがありますが、いや〜すごいな!普通の人ではないな!こういう人っているもんだな〜っと思いましたね。
神戸から村上に嫁いで来て、寂れていく村上の町を立て直すべく旦那さんを後押しされて、いろいろとアイディアを出して実行された方です。今、村上の町中ってとっても魅力的なんですよ。
その核となられている方です。人一人の力ってすごいなって思います。

明日はいよいよ大晦日!
ジルヴェスターコンサートもあります!
e0046190_17465178.jpg


FMPORTさんの年越し2時間番組もあります!
e0046190_1747975.jpg

ぜひ番組に応援メールをお寄せ下さいね!
アドレスは hello@fmport.com です。飯尾さんに聞きたい事とか、遠藤麻理さんに伝えたいこととか、制作の美貌のTディレクターを励ましてやろうとか! なんでもいいと思います。
読まれるかどうかはさておき、遠藤さんやTさんは全部に目を通していますから送ったものは見てくれていますよ。ぜひ気軽にメールやファックスしてくださいね。

明日はありがちではありますが、一年で特によかったと思われるコンサートの事とかCDのことでも書こうかな〜と思っています。
暖かくしていきましょう。
e0046190_17521075.jpg

特に帰省されて戻ってこられた方は風邪などひかれませんように。

当店は元旦以外やっています。
4日までは私一人でおりますので、よかったらお立ち寄り下さい。
天気いいといいですね。。
by concerto-2 | 2012-12-30 17:54 | 演奏会のこと | Comments(2)
今日は天気が良かった!
ずぅぅぅぅっとこんな日が続けばいいのに。

そういうこともあってか帰省してこられた方が何人か来られました。
まずは朝一、しかも開店前、実は直前まで朝食サンドイッチを食べていたころに
陽気な声で入ってきた輩が。
コンチェルト4号がよってくれました、前日会社の忘年会旅行?で月岡温泉朝帰りとの事。
早速プレイエル君でピアノ演奏を。最初の曲はラジオ体操の曲でしたw
いろいろ弾いてくれて面白かったです。
4号お土産サンキューね!
e0046190_18361414.jpg

これ面白いですね〜「がお〜」ってどんな意味なんだろう? 開けるのが楽しみです。

午後には、まず当店の関東支部長である昭和音大小林浩子さんがきてくれました。
e0046190_18385275.jpg

さすがです!もう向こうでは毎週のように伴奏の仕事をやっているだけのことはあります。
いろいろ弾いてくれましたが、やはりショパンがプレイエル君にはばっちしですね。
ノクターンの20番やソナタ3番やコンチェルトの1番第1楽章などとってもいい感じでした。
共通の友人も偶然来てくれて楽しかったです。
ひろこさんありがとうね。
見るたびに大人の女性になっていきます。ほんのこの前まで中央高校の制服着てたのに。。と感慨もひとしおです。

と、そこに今度は国立院生の加藤桜子さんがきてくれました。
加藤さんにもちょっと弾いてもらって。
やっぱこういう皆さんに弾いてもらうとピアノの音色みたいなものが分かっていいですね。
皆さん立派です。

で、えーっと早めにPRした方が良いかと思うのでお知らせをします。
私がスタジオスガマタを借りて行うコンサートシリーズ。
ピアノの大瀧さん、ギター佐々木さん&フルート仲野さん、大竹さんのフィドル、笠原さん&飯田さんのチェンバロデュオコンサートに続く第5弾!
3月3日(日曜日)の午後2時(予定)
ファゴット小武内茜さんとピアノ加藤桜子さんのデュオコンサートをします!
入場料は1000円を予定しています。チケットレスで当店まで申し込みでご予約を承ります。
まだチラシは全然できていません。選曲の最終的なものもまだ未定なんですが
とりあえずやるということだけ先にお知らせしますね。
この日は東京交響楽団さんデーなのですが、充分間に合います! 新潟出身で現在フリー奏者として東京を中心として活躍されている小武内さんのファゴット、どうぞ聴きにいらして下さい。

このシリーズ、実は第6弾も決まっていますが、それはまたの機会にお知らせします。
スタジオスガマタはご承知の通り小さなところです、正式なコンサート会場とは言えないかもしれません。
でも若い皆さんがステップの一つとして世に出るための舞台としては充分だと思います。
ぜひご支援のほどよろしくお願いします。

若いといえば
昨夜はこんな素敵な人たちと食事会してました。
e0046190_1856170.jpg

左が宮崎真ひろさん、右が片山菜奈子さん。
宮崎さんが中2、片山さんが中1。新潟県下の中学生では屈指のピアノ奏者さんですよね。
ご存知の方も多いと思います。
年齢は一つしか違わないのですが、宮崎さんは片山さんにとっては、も〜〜〜大スター!
ずっと憧れていたそうです。
でもあまりに憧れていて、近くに行っても話せない。。
ということで、ここはいっちょ私が〜ということで両家のお母様と、あとご両家になじみがある村山和子先生と6人で、マイフェイヴァリットレストランの一つであるティオペペさんに集結しました。
いやぁ〜こんなかわいい中学生さんと一緒にいると、世俗にまみれて汚れ切ったおじさんの心も清く洗い流される気がしましたよ。
そして意気投合したお二人は今度勉強をかねてデュオを練習してみる事になったようです。
これはすごいデュオになることでしょう。
どこかでお披露目するとかの予定はありませんが、ぜひ聴いてみたいですよね。
こうして出会う機会があって、そこで次へのまた新しい未来が開けるチャンスが巡ってくるって素晴らしい事だと思います。ぜひいいものを創りだして下さい。

それにしてもこのお二人は身長もお互い高いし、かわいいというより大人っぽいきれい系。
見た目はまず中学生には見えないと思いますよ。そして二人とも華があります。
頑張って下さいね。

ティオペペの料理も気に入っていただけたようです。
e0046190_19185941.jpg

これは昨夜の時のではありませんが、ティオペペさんの前菜です。
時折李の素材を使われているのですが、これだけでもなかなかすごいんです。
超おすすめのお店です。
ただ1月はおめでたい諸事情があってお休みの日が多いそうですので、確認をされて下さい。
そしていつも満席です。ぜひご予約を。

今日のCDはハイドンを。
e0046190_19222529.jpg

アポロアンサンブルさんのハイドンの交響曲「朝」「昼」「夕」です。
そしてこのアポロアンサンブルさんの編成ですが弦楽器が「2−2−1−1−1」と7人!!
そこに管楽器が6人という超小型編成!
しかし名だたる名手ぞろいのアンサンブルだそうで、これでも素晴らしい演奏になっているそうです。
13人のオーケストラ! ぜひ聴いてみませんか。

前回書きましたFMPORTさんの年越しクラシック番組。
こちらです。
e0046190_1926524.jpg

美貌のTディレクターも前は「今回はテーマもないし、気楽にやるんだ〜」と言ってましたが、さすがに直前となってそんな状態ではないようですね。産みの苦しみみたいなものでしょう。
うんうん唸っている姿が目に浮かびます。
ぜひ応援メールとかもう受け付けていますから、送ってくださいね。
ほんとうに全部に目を通していますよ。ぜひぜひ応援のほどよろしくお願いします。

暖かくしていきましょう。
e0046190_19282369.jpg

小林浩子さんが買って来てくれた古町糀製造所さんのホット糀ドリンクです。暖まりますよ〜。
ひろこさんの人柄についてはご存知の方多いと思いますが、ほんとうに気配りの人です。
それだけに心配しているときもあります。大丈夫かな。押しつぶされそうになっているんじゃないかな。って。
御客様の声援がとても励みになると思います。まだ学生ではありますが、毎週のように本番があるようです。
ぜひ神奈川や東京のなんらかのステージで「ピアノ 小林浩子」と名前を見かけましたら声援をお願いしますね。
やはり今日来てくれた加藤桜子さんもそうですが二人には人を「ほっ」とさせてくれるものがあります。
ぜひこれからも人の心を暖かくしてくれるピアノを楽しみにしています。

コンチェルト4号も頑張っています。弱音を言わない4号ですが、仕事がきっついことは聞かなくてもわかります。
みんな頑張っている。そして伸びています。
私の伸びしろはとてもそんな皆さんほど、もうありませんが、それでもちょっとづつでも伸びていかねばな。
そう若い人に励まされたような気になった昨夜と今日でした。
まだまだ!老けるには早すぎる! 頑張らないとね。

明日もいい天気でありますように。
by concerto-2 | 2012-12-29 19:43 | いらっしゃいませ! | Comments(4)
今日が仕事納めの会社も多いとか、、なんと銀行も今日まで?
わたくし社会に出てから一度もカレンダー通りに休んだ事が無いので、一斉に休みに入るという体験がわかりません。でも一度は日曜祝祭日休みってしてみたいなぁ。
ということで年末年始は元旦以外ずっと一人でおりますので、よかったらお立ち寄り下さい。

昨日の県民の新聞の夕刊さんに「うーん!」という記事が。
e0046190_14282843.jpg

上古町にあるレトロな喫茶店「砂場」さんが存続の危機との記事。
新たにやる方を募集しているとの事!
この「砂場」さんって、ただの喫茶店ではありません! 新潟のクラシック界に置いては伝説のお店がこの場所の初代だったんです。そのお店があったからこそ当店ができたと言っても決して過言ではないのです。
そのお店とは1978年にオープンした「時屋」さん。オーナーは現在秋葉区で楽風舎さんを営まれている飯口さんという方。もう知る人ぞ知る有名な方でいらっしゃいます。
新潟市のクラシック喫茶といえば「時屋」さん!という伝説のお店でした。私も行ってました。
しかし私が行きはじめたのは1982年。その年に「時屋」さんは惜しまれつつも閉店されました。
でも4年と言う営業期間でありながら、現在でも当時のご常連様と食事会などがあったりしています。まさに当店の目標となるお店でした。実際店の名前もコンチェルトにする前には「時屋」というお名前を継ごうと思ってたんですよ。
でもその名称は諸事情で使えなかったと言うことがあったのでコンチェルトとなった次第。
その「時屋」さんが2台目のオーナーさんの時に「砂場」と名前を変え、3代目になっても「砂場」の名称とともに中の様子もほとんど変わらずに受け継がれてきてました。
それがピンチとか! 私に財力があれば名乗りを上げるところですが当然あるわけもなく。
しかし聞く所によると、手を上げていらっしゃる方もいるとか。
ぜひ記事にもありますが、愛情ある方に継いで欲しいものです。

喫茶店を文化の一つとして語る人もいらっしゃいます。
たしかに。
しかし、実際にやっている人にすれば、文化活動やってるなんて思いません。
商売です。今の時代喫茶店を個人でやるというのは並大抵ではありません。
それはうちのような音楽を扱うお店や、画廊などもそうです。文化とか芸術よりも前に商品です。
よくこういうお店が無くなる事に際して「文化の火が消えた〜」というような記事があったりしますが、やってるほうにしたら忸怩たる想いがあります。
そういう意味で私は簡単にアートとかアーティストと言う風潮には反対ですよね。
アーティストってなんですか? シンガーでしょ。ピアニストでしょ。画家ですよね。作家ですよね。それは仕事であるのに芸術と言う言葉に置き換えている。
ものすごくアートやアーティストという言葉がゆるく使われていると感じてしまってます。
ちょっと横道にそれました。
まぁ、今回の記事は、閉店する〜ではなくて、閉店しそうだ〜(だから助けよう)という記事なので、幾分かはいいかなと思います。
実際に建物としてある店舗を現在ではリアル店舗とかリアル商店と呼んだりするそうです。
サイト上のショップと区別するため。
リアル店舗ってどんどん無くなってきてますよね。
飲食店は別として物販におけるリアル店舗の存在意義ってあるんだろうか。。
私達の同世代やそれ以上の世代の人には必要とされていても、若い世代の人には必要とされ続けていくのだろうか。
なんか、砂場さんがなくなるかもしれない。。ではなく、伝説の「時屋」さんがなくなるような気がして。そこからいろいろなことを思った次第です。

な〜んて、つまんない話はさておき。
さて今週の週末は! なんにもありませんw 大晦日のジルヴェスターをお楽しみに!ということです。
FMPORTの土曜夜11時からのクラシックホワイエはありますよ!
今週の内容はこちら。

放送日 2012/12/29

【2012年を振り返る】
今年飯尾さんが生演奏を聴く機会があったアーティストから2012年の音楽シーンを振ります。

【曲目】
◆ショスタコーヴィチ:祝典序曲
  トゥガン・ソヒエフ指揮
  トゥールーズ・キャピトル管弦楽団

◆マーラー:交響曲第4番から第2楽章
  マイケル・ティルソン・トーマス指揮
  サンフランシスコ交響楽団
  ラウラ・クレイコム

◆モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番変ホ長調より 第1楽章
  クリスティアン・ベザイデンホウト(fp)
  フライブルク・バロック・オーケストラ

◆ミヨー:組曲「ルネ王の暖炉」
  レ・ヴァン・フランセ
   エマニュエル・パユ(フルート)
   フランソワ・ルルー(オーボエ)
   ポール・メイエ(クラリネット)
   ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(ホルン)
   ジルベール・オダン(バソン)


【新譜情報コーナー・マイニュー】
新譜やおススメCDを紹介するコーナーです。

Glossaレーベルよりリリースされた
フランス・ブリュッヘン指揮18世オーケストラの
「ベートーヴェン:交響曲全集」

◆ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」より 第3楽章(抜粋)

ということだそうです。
また、FMPORTさんでは大晦日の11時から2時間生放送でクラシック番組があります。今回は飯尾さんが新潟に来てくれて話されるとの事。生で飯尾さんに質問とかできるそうですよ。
なんか製作者であるFMPORT美貌のTディレクターが自費で購入した(笑)プレゼント品も用意しているとの噂もあります。
ぜひ年越しの時に、よかったらFMPORTお聴き下さい。Tディレクターさん頑張っています!

チケット取扱新規スタートのお知らせ。
こちらのチケット扱っています!
e0046190_164588.jpg

3月1日(金曜日) だいしホール 19時開演
「ホームタウンコンサートat新潟」
チケット 3500円
出演はヴァイオリン 白澤美佳さん、ピアノ 早川枝里子さん 
ゲスト出演が五十嵐尚子さん
になります。これは楽しそうなコンサートになるかもしれませんね。
白澤さんのチャルダッシュはすごいですよ! バンド活動もしている白澤さんだからこそできるロック魂あふれるチャルダッシュです!
ブラームスの3番といえば私が一番好きなヴァイオリンソナタ。これは楽しみです!

ちなみに白澤美佳さんは翌日にはこちらにも出られます。
e0046190_16505182.jpg

めざましクラシックコンサート。ここでの12人のヴァイオリニストのメンバーでもあります。

いくつかチラシをご紹介。
オーボエ協会さんのコンサート!
e0046190_16531855.jpg

1月26日(土曜日) 新潟市音楽文化会館 14時開演 入場無料
「新潟オーボエ協会 第25回発表会」
オーボエさんだけでなく、ファゴット、ホルン、トランペット、パーカッションの皆さんも出演されるようです。
なかなか豪華な面々かと。やった!山本みちるさんがお出になられる!行かなくては! でも京都から来られるのたいへんだ〜。感謝の心で拝聴しなくてはw

クラリネットの皆さんもあります!
e0046190_16562481.jpg

3月17日(日曜日) だいしホール 13時半開演 入場無料 
「第17回クラリネットアンサンブルコンサート」
様々なタイプのクラリネットも出ます。ぜひお楽しみに。

お、きれいなハガキが届きました。
e0046190_16591596.jpg

11月18日に東区プラザホールでマリンバ京谷ひとみさんとデュオリサイタルをされたメゾソプラノの窪瑶子さんからハガキをいただきました。窪さんありがとうございます。
とってもいいコンサートだったと聴いています。行けなかったんですよね、残念!次回は必ず聴きに行こうと思っています。

マイスターミュージックの今月の新譜を2枚ご紹介。
岩手出身のチェリスト渡部宏さんのソロアルバム。
e0046190_1732284.jpg

選曲が面白いんです。前半はヴィラ=ロボス「黒鳥の歌」に始まりチェロの名曲が並びます。そして後半は宮沢賢治のイトーハーヴ組曲や東北の民謡をチェロ編曲にしたものが収録されています。
東北頑張れ!がテーマのCDのようですね。マイスターレーベルの録音のよさもあってBGMにもいい1枚です。

もう1枚は6つのフォリア。
e0046190_1771980.jpg

チェンバリスト中野振一郎さんとコレギウム・ムジクム・テレマンによるイタリアの作曲家によるラ・フォリアをまとめた1枚です。
フォリアの旋律っていいですよね〜思わず自分でもやってみたくなる。そんな魅力的な旋律です。
古い時代に流行して、それが後の時代でもリストやラフマニノフなどが作品に取り入れたりしています。
サヴァールにもこういうCDありましたが、中野さんのもすっきりしていいですよ。

暖かくしていきましょう。
e0046190_1712428.jpg

風邪ひかないように気を付けましょう。ノロもはやっているようです。
特に関東から帰省されてる皆さん大丈夫ですか。

いい年末でありますように。。。
by concerto-2 | 2012-12-28 17:13 | 演奏会のこと | Comments(6)
今日は独り日ではありましたが。。。
うーん。。。いいや、行っちゃえ! と午後店を1時間ほど閉めて音楽文化会館に走りました。
こちらに。
e0046190_1854929.jpg

ソプラノ柳本幸子さんのミニコンサートと柳本さんが指導されているNIigata歌声ひろば「野ばら」さんのコンサート。
本来なら全部聴くべきなのですが、ちょっとそう店を長時間閉めるのもちょっとなので、第1部の柳本さんとチェロ渋谷陽子さん、ピアノ栄長敬子さんのトリオステージを聴いて来ました。
30分ちょっとだと思いますが雰囲気たっぷりの良い演奏でしたね。この3人であれば当然です。
私もこれが今年最後の演奏会。最後にふさわしい心にしみる演奏会でした。
(セレブな受付嬢様もよかったっすね〜。お誕生日おめでとうございます。)

昨日自宅に配布されてきたフリーペーパー「新潟情報」を見てびっくり! そしてにっこり。
箏の藤崎浩子さんが表紙にどーんとです!
e0046190_18133560.jpg

中にも藤崎さんのインタビュー記事があります。
e0046190_18142622.jpg

相変わらずお美しいですね〜。

藤崎さんと尺八鯨岡さんのユニットが薫風之音。セカンドアルバム好評発売中です。
e0046190_18163192.jpg

このジャケット写真の風景もきれいですよね〜。村上で撮影したらしいですよ。

ではここ数日に入荷したものからいくつかピックアップします。

今年のレコードアカデミー賞の大賞を獲得したCDです。
e0046190_18181374.jpg

イザベル・ファウストがソロ、バックがアバド&モーツアルトOによるベルク&ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲です。特にこれベルクが名演だというのがポイント大きいですよね。

久々に入荷。個人的に今年のパワープレイで3本の指に入ります。
e0046190_1820514.jpg

ロベール神父のオーボエ。
本当の神父さんであるロベール神父、演奏活動も力をいれてらっしゃるとのこと。
敬虔なる雰囲気の名曲が様々なジャンルから選曲されているこのCD。なんともいえず心穏やかになります。

これも久々、私がこの8年間で一番大好きなCD!
e0046190_18235861.jpg

ボールト指揮のジェラルド・フィンジ作品集。も〜フィンジ最高です。
今でもBSNラジオさんでの震災一周年特別番組でフィンジの「エクローグ」がバックで使われてたのを聴いた時の感動は忘れられません。あれ以上に番組にマッチした曲は無かったと思ってます。
それにしても中身がこんなに素晴らしいCDなので、、、ジャケット悪過ぎ。。。

私が今活躍している演奏者の中で最も大好きな演奏者!
ガッティ降臨。
e0046190_18271387.jpg

イタリアヴァイオリン界の至宝、エンリコ・ガッティのかっての名盤「グイド・レーニの時代の音楽」が復活です。
も〜ガッティ節全開です! すーっと抜けるような独特の音色。も〜ガッティの世界です。とろける〜。
曲は、おはこのフレスコバルディ、パレストリーナなどイタリアもの。ガッティのイタリアものは特別です。

これは新譜。リコーダーの名手シュテーガー。
e0046190_18315293.jpg

「1725年ナポリのフォリア」
これは良さそうですね。Cantiさんいかが?(そういえばあと一つのオーダー品入ってきましたー!)

常に凄みのある迫力の演奏。ソコロフのバッハ。
e0046190_1842539.jpg

1982年に行われたソコロフ若き日の伝説の名演、ゴールドベルク変奏曲。
待望の復活です。2枚組。

考え抜かれた演奏。フェルツマンのバッハ。
e0046190_18434041.jpg

ちと渋いですが、一つ一つのCDはどれも素晴らしい出来のフェルツマン。
イギリス組曲の全曲です。2CD。

ここ数日入ってきたものからいくつかご紹介しました。いかがでしょうか。

暖かくしていきましょう。
時にはコーヒーブレイク。
e0046190_18482966.jpg

シャモニーさんのカフェオーレです。
あったまります〜ぅ。

そろそろ都会から戻ってこられる方が多くなってくると思います。
けっこー寒いですよ! 体調崩されませんように。

それにしても今聴いてますが。。。ガッティ。。。あぁガッティ。。。ガッティはどの作曲家やってもガッティなんですよね。
素晴らしい。新潟に来ないかな〜。

明日は天候が良くなりますように。。。。
by concerto-2 | 2012-12-27 18:54 | CDの紹介 | Comments(4)
今日は寒い!! 路面はつるつるでした。
ちょっと事情があって、今朝は5時台に起きて、6時台には家を出て、7時そこそこには古町にいます。
今朝の朝食は私が新潟市内で圧倒的に美味しいと思っているラーメン屋さん。
ネット上ではどこだとは書きません。当然写真も載せません。取材拒否の店ですし、たまに写真を撮ってサイト上に載せている人がいたりすると、ファンから憎まれる。ここだけは載せてはいけない。
そんなお店の芸術品とも言えるラーメンを食べて。。。今頃はなんかぼ〜〜っとする時間です。。
でも作業を早めにやって、一応今日は休み日なので午後には帰ります。
年末年始どうする? と聞かれるのですが、、、うーん、今のところ元旦だけ休もうかな〜と思っています。

昨年の今頃は気分最悪でした、そうとうすさんだ気持ちでいました。いろいろな方から励まされました。
それからすれば今年の年末はかなり落ち着いています。
昨年の今日何してたかな〜と思い出したら、盤鬼、平林さんと、あと共通の友人と3人で温泉行ってましたね(笑)懐かしいです。
来年の今頃はどうしているかな〜と考えたりもして。

さて今年も公式の演奏会としては、年越しのジルヴェスターを除けば、明日のこちらが最後ではないでしょうか?
e0046190_10451039.jpg

12月27日 音楽文化会館にて午後14時より
「柳本幸子 &Niigata歌声ひろば 野ばら 〜クリスマス・年末特別企画コンサート2012」
こちらは入場無料です。 無料で柳本さんや渋谷陽子さんや栄長敬子さんたちの演奏会が聞けるというのも嬉しいですね。もちろん後半に登場の「野ばら」さんの歌声もお楽しみ下さい。
柳本さんにとっても実り多い一年ではなかったかな。
渋谷さん大忙しですね。いつも素晴らしいチェロを聞かせていただきました。
栄長さん、、、ほんと頑張っています。体調に気を付けてね。

ぜひお時間ありましたら音楽文化会館さんに足をお運び下さい。

りゅーとぴあさんではバックステージツアーがおこなわれています。
申し込み制だったのでもう満員ではないかな。

明日、こちらもあります。
7の日コンサートです。
e0046190_1051756.jpg

西川まちなかサロンコンサート。明日はメンヒさんと神田さんですね。
時間は午後1時から。入場無料です。
ぜひよろしくお願いします。

いろいろと一年が締めくくられていきますね。まだちょっと早いですけど、いろいろ、ほんとにいろいろあった一年でした。
ただ目先にくるものと格闘して、あがいてただけだったかもしれません。
でも一年前の自分より、ちょっと大人になれてる気がします。
50になろうとする人間が言う事ではないのでは? って思うでしょ?若い皆様。
これが〜私と同じ位の年代になるとわかります! 
大人って何だろうかな〜って思っちゃいますよ。あと数年すると観念して枯れていくんでしょうかね。
そういえばラーメンもシンプルなのもを好むようになってきたし。。

数日前に旧関本無線さん、今はフォーミュージックさんですね、に遊びに行って来ました。
ここのソフト担当上田さんは超美人ですよ! 勝手に新潟ソフト販売界のマドンナと呼んでいます。
たかーーいソフトしか置いていらっしゃいませんが、その手のものをお買いになりたい場合はぜひ上田さんをご指名下さいね。
e0046190_10583861.jpg

10代の頃は、きっと大人になったら、こんな何千万円もするようなシステムを、オーディオ用につくったリスニングルームでブランデーとか片手にソファで聴いてる。。。。かなぁ〜と思ってたものでしたが。。。
ま、現実はなかなか厳しいという事ですね。

若いと言えば。
先日、ピアノの片山菜奈子さんと話してて驚きました。片山さんはまだかわいい〜中学1年生。
中1にしては大人っぽく見えると思うけど、まだ13歳。
何に驚いたかと言うと、その年齢にしては読書家なんですよね。私も中学の頃猛烈に本を読みましたけど、中2の頃からでした。素晴らしい! きっとピアノにもいい影響があると思いますよ。
その片山さんが好きな中に、私も大好きな小説がありました。
それが三上延さんの著作で「ビブリア古書堂の事件手帖」。
私もこれはメゾソプラノの中森千春さんから強力にプッシュされて読みはじめた作品です。
ちょっとカバーとかが、おじさんには手に取りづらいかもしれませんが読んでみるとなかなかおもしろい。特に本好きの人間には「ふむふむ、わかるわかる!」という作品です。
これを中学1年で読んで、はまるとはちょっと驚きましたし、立派だと思いました。
そのビブリア〜ですが、コミックも第1巻が出ました。
e0046190_1165390.jpg

うーん、ちょっとこれは。。。おじさんには更にちょっとかな〜と思いましたし、独特の味みたいなものが薄いかな〜と。でもコミックが出る事によって小説に興味を持っていただければいいかもしれませんね。
と思ったらドラマにもなるんですね。剛力かぁ〜〜ちょっとイメージ違うんだけどなぁ〜。。見たいような見たくないようなです。
ちなみに片山さんのお母様が今はまっている小説も私がはまった小説だったので、ダブルで驚きました。

寒い季節、読書にはいい時期かもしれませんね。
私は今年一人の作家に焦点をあてて、ず〜〜〜っと読んでました。それこそ中学生の時から読んでた作品も今の年齢になって受け取り方が違うので、とても勉強になりましたね。
またそんな話はいつの日か。

暖かくしていきましょう。
e0046190_11115482.jpg

好きなんです、クレームブリュレ。
これは新潟駅近くのNapaさんのですが、私のベストは東区にあった「ノワール」さんのものでした。残念ながらもうお店やめられましたけど。そこのスィーツは絶品中の絶品でした。

さてではそろそろ店を出て、用事足して、帰ります。年内最後の休日、どうしようかな。。
明日からまた頑張ります。
by concerto-2 | 2012-12-26 11:15 | 演奏会のこと | Comments(0)
えっと。。。何から書けばいいんだっけ。。としばしボーっとしています。
盤鬼、平林直哉さんと過ごす週末、無事完了いたしました。
今回もとてもお喜び頂いたようです。

ま〜毎日深夜までのスケジュール!(ま、スケジュールっちゅーか、、飲み会っちゅうーかw)
多少、いやかなりの疲労感もありますが、いろいろあったコンサートはいずれもすばらしいものばかりでした!

この週末はいろいろと書く事が多かったのですが、とりあえず横道の話題はまた後日にして、本筋のことを今回は書きますね。

土曜日はお昼頃新潟に到着された平林さんと、りゅーとぴあでおこなわれた新潟交響楽団さんの第九演奏会に行って来ました。
e0046190_15214361.jpg

平林さんは新潟交響楽団さんを初めて聴かれたので感想をお聞きしたら
コンサートミストレスの松村さんをとてもいいね。
オケもとてもきちんとしたいいオケです。
合唱、特に男声の皆さんがとても統制がとれていますね。
とのことでした。私もそのとおりだと思います。

それにしても、うるっときてしまいましたよ、、、、アンコールに。
私は第九ってそんなに「うぉー!」と気持ちが盛り上がる事がないんですね。1楽章は大好きですが。
でも4楽章を聴いていると年末気分が高まる事は事実。でも新潟音楽界の年末はちょっと寂しくなったな〜
と思いながら聴いていました。。
そこにアンコール。

弦楽器のイントロを聴いて、、、もうあきまへん。。ヘンデル「メサイア」のハレルヤでした。
もう〜昨年末で終わってしまった新潟メサイア協会さんの演奏を思い出しました。
メサイアが無い事がこんなに寂しい事だとは。。
もう海保さんのトランペットを聴く事も無いのか。。。
そして、、、創設期から新潟メサイア協会を引っ張ってこられた星野名誉会長様とお会いする事も、もう無いのか。。と。
昨年のメサイア公演で客席にいらっしゃる星野さんにご挨拶をしたのが最後でした。
そのことが思い起こされましたね。
このアンコールは新潟交響楽団さんの粋なクリスマスプレゼントでした。
きっとハレルヤを聴き、同じように涙された方も多かった事と思います。
そして、星野さんも空の上から「潟響さんありがとうね」と微笑まれていた事と思います。

昨日の24日祝日は前夜午前様だったにも関わらず午前中から動き回った私達。
まずは朱鷺メッセへ!
e0046190_1542760.jpg

楽路歴程さん恒例のクリスマスライブ!
昨年はジュンク堂ということで地下に潜りましたが、今年は再び天上の世界へ戻ってこられましたね!
今回は更に使う楽器の種類も増えて、めまぐるしいまでの多種多様なサウンドが展開されました。
12時の最初の回を聴きましたが、御客様もけっこういらしてました。
リーダー笠原さんの「我ら辻音楽師」というイズムが強く感じられました。素晴らしい事です。
フロントで演奏を引っ張ったまるちん大作の必殺のミニスカート(まるちんの自称ですがw)も華を添え
とても楽しい演奏でしたね。聴きに行かれた皆さんはいかがでしたでしょうか。

その後はヤマハさんへ!
ベルガルモ降臨!
e0046190_15483763.jpg

会場となったスペースYさんは補助椅子も出る超満員。
トリオ・ベルガルモは新潟音楽界の宝だと思いますよ。2004年に結成以来ずっと頑張ってきている事が見事に花開いています。
嬉しいことです。
今回はなんといってもメインのチャイコフスキーのピアノ三重奏曲。
50分近くにも及ぶ大曲。かってスタジオスガマタの定期で演奏した時も聴いていまして、素晴らしい演奏でした。
しかし今回はその時を上回る演奏だったと思います。熱演でしたね。
ベルガルモと当店は同じ2004年組なんです。渋谷さんがトークでベルガルモも8年が経ち、10年目には何をしようかと考えているんですよ。と言われてました。
そっかぁ10年ね〜と私もちょっと感慨深いものがありましたね。
あといろいろな方が書かれてる感想を読まさせていただきましたが、私を含めオジさまたちの心に温かいものをベルガルモはくれているんだなと笑ってしまいました。
石井さんのピアノが今回は評判よかったみたいですね。クールなように見えますが、けっこー熱いんですよ。
実は今日もちょっと石井さんと会う機会があったりしました。そのうち店内のプレイエルで石井朋子サロンコンサートをしてもらう予定です。

さてそのベルガルモで熱くなった皆様には、ほんとうは聴いて欲しかった演奏がその後にあったんです!!
これを!このことを今回は書きたかったんです!

も〜しびれまくりました! 今年屈指の演奏を最後に聴きました。

夜7時からりゅーとぴあスタジオAでおこなわれたヴァイオリンの羽柴先生の門下の皆さんによる発表会。
「もみの木コンサート」
これは絶対に聴きに行きたいと思っていたコンサートでした!
それは私が最も大好きな弦楽器奏者である羽柴累さんの2年ぶりの出演があったんです。
現在オーストリアのクラーゲンフルト管弦楽団で首席ヴィオラ奏者をつとめる羽柴累さん!!
2004年にまだ桐朋の学生だったか卒業したばっかりだったかの頃に聴いて、衝撃を受けました!
すごい! その後に県コンでは惜しくも県知事賞。ちなみにその時の大賞は小黒亜紀さん。ハイレベルな大会でした。
その後はほとんど追っかけ状態。そしてウイーンに行かれてからも帰国される度になんか演奏されるときはほとんど全部聴きに行ってました。なんと、うちわコンサートにも出てもらった事もありました。私にとっては夢のようでした。
その羽柴累さんが2月に自ら所属するそのクラーゲンフルトの定期演奏会でソリストとして登場するバルトークのヴィオラ協奏曲を全曲演奏されたんです。
しかもピアノは午後にチャイコのピアノトリオを演奏したばかりの石井朋子さん!
夢の顔合わせでした。
羽柴累さんにしても楽器は違えど石井さんは尊敬する先輩でしたから、念願の共演でもあったと思います。
それに私が思うに、石井さんって決してハートウォーミングなタイプの演奏者ではありません。むしろ鋭いとか暗いとか寒いとか、そんなタイプの演奏が一番はまると思います。
そして羽柴累さんといえば私がかって「演奏するだけで会場の温度を5度下げるプレイヤー」と言った事があるのですが、こう言っては失礼かもしれないのですが、暗く、寒く、鋭い、まさに累さんと石井さんって最強のコンビだと思うのです。
それがついに実現したのが昨晩。も〜楽しみで楽しみで、もし平林さんが「は?発表会?いかないよ〜」と言うんだったら、どっかに行っててもらおうかと思ってたくらいでした。(失礼な話ですが)

いや〜想像を上回るすっごい演奏でした。累さんのヴィオラも、そして石井さんのピアノも!
ベルガルモ応援団の私ですが、昨日はこのバルトークも決して負けてはいませんでした!
累さんのすごさは充分知っている私でしたが、今まで聴いた中でも間違いなく最高の演奏!
石井さんもかって「羽柴さんは聴く度に上手くなっていますね」と言ってたことがありました。
ウィーンに住んでからは更に飛躍の度合いが高まりましたね。
さすがはヨーロッパのプロオケで満場一致にて首席に選ばれるだけの事はあります。
平林さんも大興奮されてベルリンフィルの◯◯さんよりすごいよ!とおっしゃられてました。
井上静香さんのようなパワフルさはないかもしれません、枝並千花さんのような華麗さははっきり言ってないかも。
しかし何とも言えない悪魔的な感じといいましょうか、すごみのある暗さといいましょうか
独自の世界を持っている奏者さんです。累さんには「愛の挨拶」とかは絶対に弾いて欲しくないですね。
石井さんのピアノもすごかったです。すごく音数がたくさんあるのを見事に演奏されてました。
とても1時間近くあるチャイコを演奏してきて数時間とは思えませんでした。

羽柴累さん! 新潟出身でこういう凄い演奏者さんがいらっしゃることをぜひご承知おきを。

そんな怖いとか寒いとか暗いとか。。。そんな形容詞をつかって紹介しましたが
演奏からはなれたら、シャイで明るくチャーミングな女性です。
e0046190_17335287.jpg

新潟室内の皆さんは特によくご存知なことでしょう。

演奏スタイルが私の好みにぴったりなんですよね。いや〜2年前に聞いたバッハの無伴奏(チェロ)の5番が、いまひとつかな〜その前年の2番は凄かったんだけどなぁ〜。と思ってて、今回はどうなのかな〜と思っていただけに(ちょっと不安な気持ちもあって)
昨晩の演奏は素晴らしかったです! とっても嬉しかったです。

いやぁ〜ほんとうに嬉しかったです。よかった! 大好きな羽柴累さんを2年ぶりに聴いて、それが素晴らしい演奏だったことが嬉しくてたまりません。
そしてぜひまた新潟でなにか累さんがやる時にはピアノは石井さんでやってほしいと願っています!

実はこの羽柴累さんの記事を書きたくて仕方なかったんですよね。
今年屈指の名演奏でした!

ヴァイオリン関係の新譜をご紹介。
e0046190_17394146.jpg

リサ・バティアシヴィリの新譜です。
ブラームスのヴァイオリン協奏曲。バックはティーレマン&ドレスデン、余白はクララシューマンのヴァイオリンとピアノのための3つのロマンス。ピアノはアリス・紗良・オットーという強力な1枚です。
聴いてみたくなりますよね!

累さんと石井さんの白熱のバルトークを聴いた後は、カップルで賑わう東中通りの名店ティオペペさんであつく語り合うおっちゃんたちでありました。。(おっちゃんだけではありませんが)
e0046190_17435277.jpg

ティオペペさんの前菜盛り合わせ。ちなみに私ヴァージョンなんです。。肉ばっかり、、気を使ってもらってます。。

充実の週末でした!!
by concerto-2 | 2012-12-25 17:48 | 演奏会のこと | Comments(4)
明日の! クリスマスイブの月曜日祝日。
なにがあるかというと〜

まずなんといっても第一はこちらです!!!
e0046190_1040322.jpg

ヤマハさんのスペースYで午後2時から、トリオベルガルモの公演があります!
もう皆様チケットはお買い求めになられましたでしょうか!

そして同じように強力プッシュは朱鷺メッセの展望フロアで行われるこちら!
e0046190_10413450.jpg

楽路歴程さんのライブです! 入場無料! 12時スタートから4時スタートまで5回公演!
e0046190_10421677.jpg

いずれも達者な4人の演奏者、まるちん大作の歌やリコーダー、時にメインに、時にバックにと重厚な笠原さんと飯田さんのツインチェンバロ、そして今年も足がうなるぜー!白澤さん(見にきていただければわかります)
ぜひよろしくお願いします。

ネクストの市民プラザでは水と土の〜の最終日イベント、オーケストラ新潟があります。
e0046190_10463695.jpg


音楽文化会館さんではジュニアオケさんのクリスマスコンサートがあります!13時半開演で入場無料。
スタジオAでは夜7時から羽柴先生一門の皆さんの発表会があります! ゲストはウィーンからこのために戻ってこられてるヴィオラの羽柴累さん!バルトークのヴィオラコンチェルトを全曲演奏されます。イアのは石井朋子さん。

えーっと後は。。。なんかあったらすいません!
今日は第九があります。
e0046190_1050720.jpg

私にとっては激動の二日間スタートです。

昨日の西川のコンサートの写真を一枚載せましたが、また奥村京子さんとDaaさんから送っていただきましたので、載せますね。
ステージはこんな感じ。
e0046190_10524366.jpg

4人での写真
e0046190_10554141.jpg

皆さんいい表情されています。いい公演だったようです!

メジューエワさんのゴールドベルク昨日やっと潤沢にフリー分も入ってきました!
e0046190_1059245.jpg

りゅーとぴあライブ! いっぱい来ました! と思ったら昨日けっこうお求め頂いてましたね! まだありますので!

最近のお気に入り。
e0046190_10593919.jpg

いろいろなマスコミでとりあげられている燕の磨きやシンジケートさんのビアマグカップ。
これすごいです! 

今日明日いろいろありますが、ぜひ会場に足を運んで下さい!
よかったら当店にもお越し下さい。
by concerto-2 | 2012-12-23 11:01 | 演奏会のこと | Comments(2)

クリスマス連休初日。

この3連休いろいろと立て込んでまして。。。
あんまり詳しい記事が書けません~明日からはいよいよ御大登場、盤鬼平林直哉様来県!
なのでじっくり書くのは連休後に書きます。
まず昨日の夜はNoism1さんの公演に行ってきました!
いやー良かったですね! こういうのをまだNoismを見たことのない方に見ていただければファンも新規で増えると思いました。
わかりやすい内容でしたからね。素晴らしかったです! 新潟発信の素晴らしさを新潟の人がまず知らなくては。

今日の土曜日はお昼から白新線にのって新発田へ。
新発田生涯学習センターでおこなわれていた、金川智子先生のピアノ教室発表会に行ってきました。
さすがは皆さん高いレベルですね。
エース格の金川唯さん、阿部秀佳さんも頑張っていらっしゃいましたよ。
金川先生の亀田教室の発表会は24日にも江南区ホールで午後おこなわれるそうです。
そこでのゲストは名古屋で活躍されているチェリスト紫竹友梨さん!
金川唯さんとの組んでの演奏との事。それもよさそう!できれば聴きに行きたいのですが、ちょっと今回はいけないのが残念。紫竹さんにはぜひいつか新潟でリサイタルをしてほしいものですね。

ここ新発田市生涯学習センターさんのホールでは明日の23日にはこちらがありますね。
e0046190_22501660.jpg

このコンサートは新潟市でも連休明けにありますが、一足早く明日新発田であります。
新発田は柳本さんのかっての地元ですからね。
きっと盛り上がることでしょう!

そして新発田から新潟に戻り、カトリック花園教会にいき
中野綾子さん&加藤千明さんのダンスパフォーマンスへ。
今回はチェロ根津要さんとチェンバロ笠原恒則さん。
なかなか豪華な顔ぶれでの公演。
雰囲気ある、なかなかの公演でした。
素晴らしい!


え~~~っとあとは。。。
明日の23日、西堀ローサのよろっとローサでは新潟市消防音楽隊ファイヤーライブ!
があるそうです。入場無料!17時より。

24日の音文のジュニアオケさんのクリスマスコンサートもありますね。13時半スタート!これも入場無料だったかな。もう前に載せたかどうかもわかんないw

え~っと。。あと今日は西川多目的ホールでコンサートがありました!!
盛況だったようでよかったです!
この皆さん!
e0046190_2335247.jpg

左からDaaさん、奥村京子さん、高橋光江さん、山際規子さん。
ツインクラリネット&琴&歌、キーボードという編成。
お客様に喜んでもらったそうです。嬉しいです。

では明日から激動になりそうです。
とりあえず明日は第九行きます!
by concerto-2 | 2012-12-22 23:11 | 演奏会のこと | Comments(0)
日曜日、この日から盤鬼、平林直哉大先生がいらっしゃいます!
たぶん〜第九の前後は当店にいらっしゃると思いますよ。
で、一緒にこちらを聴きに行きます。
りゅーとぴあコンサートホールでは新潟交響楽団さんでの第九。
e0046190_1726581.jpg

14時開演です。

古町7にあるNSGさんのビル1階の新潟SHOW!CASE!!さんでは東京学芸大出身のトリオの演奏があります。
e0046190_1730475.jpg

14時スタート。

この日と翌日24日に駅南にあるステーキハウスうすい牧場さんではクリスマスコンサート。
e0046190_17274872.jpg

余談ですが、以前ここの向かいにある、ぽんぽこさん(食堂)によく通ってました。懐かしい。

カーブドッチさんではチェンバロ八百板正己さんのクリスマスコンサート。
e0046190_1731103.jpg

19時15分開演。ディナーコンサートですね。

チラシはありませんがりゅーとぴあスタジオAでは内海先生門下ピアノコンサートが18時から。
音楽文化会館では及川先生門下ピアノ音楽会が14時からあります。

またもれがありましたらすいません。明日追加で書けますので、なにかありましたら教えて下さい。

月曜日!のものは時間が無くなったので次ぎに書きます。

日が戻りますが、土曜日の夜はFMPORTクラシックホワイエをぜひお聴き下さい。
今週の内容はこちら。

放送日 2012/12/22

【ベートーヴェン「歓喜の歌」】
12月といえばクラシック音楽界は「第九」シーズンなので、クラシックホワイエでは初演のプログラムにちなんでお届けします。

【曲目】
◆ベートーヴェン:「献堂式」序曲
  リッカルド・ムーティ指揮
  フィラデルフィア管弦楽団

◆ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調より 第3楽章
                           第4楽章
  ロリン・マゼール指揮
  クリーヴランド管弦楽団および合唱団
  ルチア・ポップ(S)
  エレナ・オブラスツォワ(M)
  ジョン・ヴィッカース(T)
  マルッティ・タルヴェラ(B)


【お知らせ】
12月31日23時~25時クラシック特番を放送します。
飯尾さんも出演決定!(生放送だよ!)

いまさら聞けないクラシックの疑問でも、
クラシックに関係なくても2012年を振り返り2013年の希望を語ってくれるメッセージを募集しています。
hello@fmport.com

ぜひ番組に感想など送って下さいね! よろしくお願いします。

天気が良くても寒いです。
暖かくしていきましょう。
e0046190_1738155.jpg

テルツォさんでほっと一休み。これは。。。スワンですね。

さて!ではそろそろNoismさんに向かいます!
今回のも楽しみです!
by concerto-2 | 2012-12-21 17:40 | 演奏会のこと | Comments(0)