コンチェルト2号感動の毎日 concerto2.exblog.jp

新潟市西堀前通1のギャラリー蔵織さんの中に移転しました。


by concerto-2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

あぁもう11月も終わるー!
今日4つ目のアップです。ぜひ2本目の笠原さんと大作さんのyoutubeアップの記事は見ていただき、youtubeも見て欲しいのでよろしくお願いします。見て下さいね!

それで今日最後は、この週末は!
ちゃかちゃかー!といきます!
まず明日の1日土曜日。
なんつってもメインはこちらでしょう。
e0046190_17154495.jpg

りゅーとぴあコンサートホールで午後5時からです!
午後7時からと思っている方も先日いらっしゃったのですが、午後5時からです。お間違えの無いように。
私もチケットあるのですが、咳が出るんです。。困ったな。。と思ってます。
(あ!これ古いチラシでした。曲目が変更になっていますので。)

ちょっと早い時間にはこちらもあります。青陵短大の先生方によるコンサート。
e0046190_17175335.jpg

新潟音楽文化会館さんで14時開演です。

夜のだいしホールにはこちらがあります。
e0046190_17191562.jpg

だいしホールで夜6時開演。素晴らしい皆さんによるドイツ音楽の夕べです。
チケット扱っております!

新津美術館さんで豪華なコンサート。
e0046190_17211147.jpg

新津美術館さんで19時開演です。要申し込みという事になっていますね。当日行ったらどうなのかな。
せっかくたくさんの演奏者さんが集うのでたくさんの御客様に見て欲しいですね。

土曜日はそういう感じでしょうか。。

翌日の2日日曜日は。

新潟ウインドさんがありますね。
e0046190_17232330.jpg

りゅーとぴあコンサートホールで13時半開演です。
なかなかウインドさんの定期っていいんですよね。指揮者の松井慶太氏ってなかなかいいと思ってます。
行こうかな〜。当日は1200円となります。

山本真希さん!
e0046190_17245265.jpg

新潟のぞみルーテル教会礼拝堂で午後2時開演 参加費500円
山本真希さんのチャリティーオルガンコンサートです。 いかがでしょうか。

だいしホールではギター。
e0046190_17261196.jpg

「サリュー」結成10周年記念コンサートということです。ギタリストの中村先生が指導されている皆さんですね。
入場無料との事です。

品田真彦さん頑張る!
e0046190_17273571.jpg

豪農の館として有名な北方博物館の敷地内にありますレストランのウィステリアで12時開演
フルート石丸涼子さんとクラリネット広瀬寿美さんとピアノ品田真彦さんのトリオによるランチコンサートですね。料理代含めて4000円ならお得かもしれませんね。

三条では舘野泉さん。
e0046190_17302394.jpg

三条市中央公民館大ホール 14時開演
きっとたくさんのお客様がつめかけることでしょう!

燕では第九!
e0046190_17314088.jpg

燕市文化会館大ホールで14時開演! 演奏は新潟交響楽団さんです。いよいよそんな季節ですね〜。

寺泊ではウインドアンサンブル!
e0046190_1733121.jpg

寺泊文化センターはまなす多目的ホールで14時開演 入場無料。
あの河本先生が指揮されるので、いいコンサートになる事でしょう!

といったところでしょうか。。。いつものことながら、漏れがあったらすいません。

そして毎週土曜日の夜11はFMPORT「クラシックホワイエ」お聴き下さい。
先週は当店ご常連様がメール読まれてましたね。あれって嬉しいもんなんですよね〜
ぜひ皆様もどしどし番組サイト、もしくはこのブログにコメント下さい! 製作者のFMPORT美貌のTディレクターが喜びますので。
では今週の内容は。

放送日 2012/12/01

【くるみ割り人形でクリスマス】
月の第一週は普段よりも親しみやすいテーマでお届けします。
チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」を、あらすじに添ってハイライトでお届けします。

【楽曲】
サイモン・ラトル指揮
ベルリン・フィル
チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」より
◆序曲
◆「クリスマス・ツリー」
◆「行進曲」
◆「くるみ割り人形とネズミの王様の戦い」
◆「冬の松林で」
◆「ディヴェルティスマン」
   チョコレート(スペインの踊り)
   コーヒー(アラビアの踊り)
   お茶(中国の踊り)
   トレパーク(ロシアの踊り)
   あし笛の踊り
   ジゴーニュおばさんと道化師の踊り
◆「花のワルツ」
◆「こんぺいとうの踊り」
◆「コーダ」
◆「終幕のワルツとアポテオーズ」

[新譜情報コーナー・myNEW]
ジョイス・ディドナートの「バロック・オペラの女王たち」
Virgin/EMI TOCE-90247
◆オルランディーニ:歌劇「ベレニーチェ」より「私が血を流すことで、無慈悲な男よ」
ジョイス・ディドナート(Ms)
アラン・カーティス指揮
イル・コンプレッソ・バロッコ

ということです。くるみ割り人形ですか〜やはりクリスマスの恒例イベントですよね。
こちらでも加茂に12月16日、バレエ公演があります。音楽が生オケ! 一応私も今行こうかな〜と思っているところです。

天気が良いといいですが、せっかくいろいろとあります。
ぜひ足をお運び下さい。

笠原さんと大作さんのyoutube見て下さいねー!(この前の前の記事にURL載せてますのでコピペでお願いします)
いい週末でありますように。
by concerto-2 | 2012-11-30 17:40 | 演奏会のこと | Comments(0)
今日3つめのアップはCDについて!

まずは当店名誉店長の盤鬼!平林直哉さんのかくれたレーベルの方の「セレナーデ」レーベルに久々ですが新譜が出ました!
平林さんと言えばメジャーレーベルの「グランドスラム」が有名ですが、このセレナーデはCDRで受注生産。
扱っているショップも日本全国で6つとか7つとか。しかも実際の店舗で販売されているのは当店と大坂かどっかにもう1店舗あったかなっというくらい貴重なのであります!(プチ自慢!)
そしてリリースされてくるものは、全国発売するにはちょっとマニアック、しかし盤として遺す意義がある!
そう平林さんが感じたものが作られていくのです。

さて今回発表されたのは2作品!
まずはこちら!
e0046190_16254285.jpg

カラヤン&ベルリンフィルの「新世界より」です! これなんかグランドスラムでもいいのに! しかもこの演奏って私の新世界の最初に買った演奏でした。 

平林さんからのコメントです。
新譜 SEDR−5035

アントニン・ドヴォルザーク
Antonin Dvorak (1841-1904)

交響曲 第9番 ホ短調、作品95「新世界より」

Symphony No.9 in E minor, Op. 95 "From The New World"
1 ㈵Adagio-Allegro molto
2 ㈼Largo
3 ㈽Scherzo. Molto vivace
4 ㈿Allegro con fuoco

ベドルジーハ・スメタナ
Bedrich Smetana (1824-1884)

5 交響詩「モルダウ」
  The Moldau (Vltava)

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
Berlin Philharmonic Orchestra・ HERBERT VON KARAJAN

Recorded: 1-4 28-29 November 1957, 6- 7 January 1958, 18-20 May 1958, Grunewald Church, Berlin
5 18-20 May 1958 Grunewald Church, Berlin
Source: Angel (U.S.A.) ZS-35615 (4 Track Reel to Reel Tape, 7.5 IPS)

制作:平林 直哉

Reissue Producer: Naoya Hirabayashi

*おことわり:古いテープから復刻していますので、わずかな音揺れやノイズが混入しています。

 このディスクは4トラック、19センチのオープンリール・テープより復刻したものである。もともとこの録音は初期のステレオのためか、それほど広がりはないし、多少テープ・ヒスも耳に付くが、既存のディスクよりは余裕のある音がしていると思う。
 カラヤンは同じベルリン・フィルと1940年にこのディスクの2曲を収録(ドイツ・ポリドール、CD復刻あり)しており、ともに2度目の録音となる。この演奏はカラヤンがベルリン・フィルの常任指揮者に就任(1955年4月)して約2年半から3年近く経過した頃のものである。カラヤンはその就任直後に首席奏者を大幅に入れ替え、新時代に備えようとしたが、カラヤン自身が「自分の音を引き出せるようになるのに10年かかった」と語っていたように、この頃のベルリン・フィルにはまだまだフルトヴェングラーの影響が色濃く残っていた。たとえば、第1楽章の序奏部のしっとりと温か音色はフルトヴェングラー的である。また、音が次第にふくれ上がるところになると、火柱が立つように燃え上がるのも、これまた前任者そのものである。スメタナの「モルダウ」の途中、夜の風景が描写される箇所の繊細な響きも、まさにフルトヴェングラーであろう。カラヤンは1960年代になるとあの華麗、豊満な響きを獲得し、世界のクラシック界の中心的人物になるのだが、このディスクはその過渡期の記録として、あるいはベルリン・フィルの響きがどのように変わっていったかも知る素材のひとつとして珍重されるべきだろう。なお、この2曲ともにオリジナルのプロデューサーはウォルター・レッグである。(平林 直哉)

これ昨日かけてたら「すごい迫力の演奏ですね!」とこの演奏のCDを持っている(後でわかったのですが)御客様から感想を頂きました。実は私もそう。この演奏持っているのですが、この1枚はすごい迫力のサウンドになっています。いかがでしょうか。受注生産で2380円です。

もう1枚は渋い!
こちら。
e0046190_1629309.jpg

クリップス&ウィーンフィルのハイドンです。
渋い!と書きましたが、この演奏で慣れ親しんでたという世代の方も多いと思います。

平林さんのコメントです。

新譜 SEDR−5036

ヨゼフ・ハイドン

Joseph Haydn (1732-1809)

交響曲 第94番 ト長調「驚愕」
Symphony No. 94 in G major, "Surprise"
1㈵Adagio cantabile-Vivace assai
2㈼Andante
3㈽Mminuet. Allegro molto
4㈿Allegro molto


交響曲 第99番 変ホ長調
Symphony No.99 in E-flat major
5㈵Adagio-Vivace assai
6㈼Adgio
7㈽Minuet. Allegretto
8㈿Vivace

ヨゼフ・クリップス指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
Vienna Philharmonic Orcehstra・ JOSEPH KRIPS

Recorded: 9-14 September 1957, Grosser Saal, Musikverein, Vienna
Source: London (U.S.A.) LCL-80018 (4 Track Reel to Reel Tape, 7.5 IPS)

制作:平林 直哉
Reissue Producer: Naoya Hirabayashi

*おことわり:古いテープから復刻していますので、わずかな音揺れやノイズが混入しています。


ヨゼフ・クリップス(1902、ウィーン-1974、ジュネーヴ)はウィーン音楽アカデミーで学び、最初はウィーン・フォルクスオーパーのヴァイオリン奏者として活躍した。その後、ワインガルトナーの推薦で指揮を始めるようになるが、第二次大戦中は祖父母がユダヤ人だったという理由で、ナチスから食品工場の労働を強制された。戦後の混乱期にはいち早く楽壇に復帰、復興の一翼をになった。その頃のクリップスをウィーン・フィルの第2ヴァイオリン奏者オットー・シュトラッサーは「復興に対するクリップスの情熱と献身は高く評価されるものだった」と語っている。その後、フルトヴェングラー、カラヤン、クラウス、ベームらの指揮者が復帰するとクリップスの影は若干薄くなったが、それでもウィーンでは根強い人気があった。 ロンドン交響楽団(1950年〜)、サンフランシスコ交響楽団(1963年〜)のそれぞれ音楽監督に就任した際も、オーケストラがウィーン風の典雅な響きを身につけたことは高く評価された。クリップスは生前「あたかもモーツァルトが手がけたように指揮をしている」と語っていたが、古典派はもちろんのこと、後期ロマン派のような作品でさえも軽く、優雅に振ろうとしていた。従って、作品によってはあまりにも保守的にすぎる印象を与えたことも事実であった。 しかし、このディスクに収録されたハイドンはクリップスの芸風にぴったりである。しかも、ウィーン・フィルのまろやかな音色が見事に捉えられており、クリップスの代表的名演と言えるだろう。復刻に使用したのは4トラック、19センチのオープンリール・テープである。古いテープゆえに多少音が濁り気味の場合もあるが、全体的にはLPとはひと味違った余裕のある響きで楽しめる。なお、英デッカの初出LPもこの2曲の組み合わせで発売されていた(LXT-5418=モノーラル、1958年6月発売/SXL-2089=ステレオ、1959年11月発売)。(平林 直哉)

これもいい〜ウイーンフィルのサウンドで蘇っていますよ。
受注生産 2380円

の2枚です。私はカラヤンのドヴォルザーク懐かしかったですね〜。
セレナーデは今までのにも面白いものがたくさんあるんですよ。
コンビチュニーとマクミランのチャイコフスキーの5番とかオイストラフがコンマスをやったゴロワノフのシェラザードとか良かったですね〜。
フルヴェンやワルターのものも実はたくさんあります。

平林さんのメジャーレーベル「グランドスラム」の現在最新盤であるこちらもいいですよー!
e0046190_16352775.jpg

ホルライザー指揮バンベルク交響楽団のブルックナーの4番。
これ最初リリースすると聞いた時「売れるのかな〜?」と思ったのですが、これが実にいい演奏!!
びっくりします。
店でかけていると、これ誰?とよく聞かれますからね。
ブルックナーの4番ってなかなか個人的にいいと思うのが少なくて、好きなのはアバド&ウィーンかムーティ&ベルリン。(ムーティーのはいいですよ!)
でもこれもマイフェイヴァリットに入る演奏です! これは売れてもおかしくありません! てかぜひ売れて欲しい1枚です! お勧めです!

ということで盤鬼様のはこの3枚をご紹介。
また平林さんは来月の23と24に来県されます。23日の夜に平林さんと一緒に飲みたいぞ!って方いらっしゃいます? もしいらっしゃったらご連絡下さいね。

続きましては最近の新しめのものからご紹介。
鈴木大介さんの新譜です。
e0046190_16405797.jpg

フランセ&ドビュッシー作品集とのことです。
どうも鈴木大介さんの写真を見ると尺八の鯨岡さんに見えてしまう〜w

森麻季さんの新譜登場
e0046190_1642312.jpg

「日本の歌〜花は咲く〜」
花は咲くって曲はNHKでよくかかっている震災復興ソングですよね。
それとスタンドアローンも入っていますし、さくら横ちょうとか初恋とか落葉松とか日本の曲がたくさん。
これはなかなか良さそうな一枚だと思います。

ほっとしたい時にシックスティーン。
e0046190_16452419.jpg

ほんとうは厳粛なる宗教曲なのに、ただでさえ優しいパレストリーナの曲をマイルドなシックスティーンの歌声で。。。第1集もとてもよかったシックスティーンのパレストリーナ、第2集が出ました。
本当はおごそかで厳粛に聴くべきなんでしょうけど。。。ついついうとうと〜っと。。
シックスティーンがやるパレストリーナやビクトリアは最高ですね。

というとこらへんをご紹介しました!!!
いかがでしょうか。

さて次はこの週末にあるものを書きます!
by concerto-2 | 2012-11-30 16:48 | CDの紹介 | Comments(0)
昼から雨脚が強くなってきましたね。かもめステージの市橋さんたちは大丈夫だったでしょうか。。

雨。。。ということで今日は昨日とうってかわって来られる人も無く(とほほ。。)時間もありそうなので、一気に記事は4本挙げるつもりでいます! 朝一で今日のライブの事を書きましたので、2つ目はいろいろなことがらを。

まずはぜひぜひ!youtube見て下さい!!!
先日インストアライブ
三条で行われた公演を録画されてて、それがついにyoutubeにアップされました!
そのまま貼りたいところなのですが、店のマックが古くできないのでURLをご紹介しますね。
すいませんがコピペで見てみて下さい。

先日のライブからはスモークオンザウォーターとバーンがアップされました!

DEEP PURPLE / SMOKE ON THE WATER
http://www.youtube.com/watch?v=kgrxnkjOmDQ
DEEP PURPLE / BURN
http://www.youtube.com/watch?v=JB1cLr2rOdk

ぜひ見てくださいね。やはり生で聴いた感じが生々しさや重量感がありますが(当然ですよね)
この映像でも充分伝わってくる物があると思います。

また笠原さんの物では他にもいくつかあげてらっしゃいます。

タンゴ(7/22:飯田さんとの2台)
http://www.youtube.com/watch?v=IuVHBiBgGqs
ヘヴィメタル(7/22:飯田さんとの2台)
http://www.youtube.com/watch?v=gc4vjN0R8Ng
バロックリュート(5/5:クラシックストリート)
http://www.youtube.com/watch?v=UaflstiHbd8

笠原さんの素晴らしいところはロックであれ、いつぞやのアニメものであれ、一切余技と思われて無く、真剣に取り組んでいるところがすごいです。今回のパープルでも資料としてロック関係の楽譜やら本屋らをどさっと見せてもらった事がありました。もちろん本業であるバロックものを手を抜く訳では無く、むしろ現代の音楽と過去の音楽を両方やる事によって更に深みに達していっているところがあると思います。
まさに「辻音楽師」!! 新しいジャンルのものをやる時には、おそらく苦悩と葛藤もあると思いますが、丁寧に解きほぐしていって核心に近づいていってると感じます。
こういう貴重なプレイヤーが新潟に存在しているという事は素晴らしい事です。
そして更に喜ばしい事は今の笠原さんは孤立していません。これは人徳のなせる技です。
私も応援団の一人と思っています。更なる飛躍を楽しみにしています。
その笠原さん関係では12月22日にコンテポラリーダンスとのコラボ企画がありますね。
e0046190_14323953.jpg

12月22日(土曜日) カトリック花園教会 15時開演と19時開演 2000円 当日2500円
ダンサー中野綾子さん&加藤千明さんに笠原さんとチェロ根津要さんの4人で繰り広げられるパフォーマンス。ぜひいかがでしょうか。

もう一つ、クリスマスイヴにはこちら。
e0046190_14362089.jpg

裏面も。
e0046190_143778.jpg

12月24日(月曜祝日) 朱鷺メッセ31階展望室 12/13/14/15/16時開演の5回公演です!!
笠原さんと飯田万里子さんのツインチェンバロ、大作さんの歌とリコーダー、白澤さんのガンバとリコーダーと鈴(笑)
いつもながらの見事な、そして楽しいコンサートが繰り広げられる事でしょう。入場無料投げ銭大歓迎!
ぜひお越し下さい!!
私もこの日はベルガルモに行ってから朱鷺メッセに向かうつもりです。

話戻りますが、ぜひ笠原さんと大作さんのパープル、がんがん見て下さい! これを全国的、いや全世界的にまで広がっていけー!と思っています。マスコミの方達の目にもとまりますように!
これぞ新潟発!です。

次にお知らせしたいのは新潟交響楽団さん!
すでにHPなどでは発表されていますが、来年6月23日に新潟県民会館で行われる定期公演のソリストはイリーナ・メジューエワさん!! 曲が未定となっていましたが決まりましたね。
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番になりました。
うーん!と思わず唸ってしまったのですが。。。ラフマニノフの3番で〜を期待してたものですから。
しかし!決まったからにはぜひ楽しみにしましょう! そのためにも盛り上げていきたいですね!
メジューエワさんも新潟発!のひとつになっていただけるようにしたいと思っています。
そうなると絶好の12月15日の新譜なんです。りゅーとぴあライブ!
e0046190_14451315.jpg

あの素敵な一夜がCDとなって発売されます。りゅーとぴあもこれで全国に更にアピールできることでしょう。
この素敵なジャケットも新潟古町8の「羊画廊」の堀葉月先生によるもの。
ちなみに堀先生の個展は来年2月に予定されています。毎年素晴らしい作品が展示されますよ。お楽しみに。
羊画廊さんの12月8日のコンサートの事はもう書きましたよね。チェロ渋谷陽子さんとコンバス別森麗さんによるコンサートがあります。そちらもよろしくお願いします。お申し込みは羊画廊さんまで。

新潟交響楽団さんも新潟市の第九も12月23日にありますが、燕でもありますね。
e0046190_1524252.jpg

12月2日(日曜日) 燕市文化会館大ホール 14時開演
「歓喜の第九演奏会」
新潟交響楽団さん頑張ってます! ぜひ来年6月のメジュ様のコンチェルト、皆さん聴きにいらして下さいね!
ぜひ素晴らしいデザインのチラシが出来る事を期待しています!

もう一つ! 一年に6回行われる西川多目的ホールのコンサート。今年最終はこちらです!
e0046190_15174712.jpg

うへぇ!これまたパンチの効いたデザインですね!
12月22日(土曜日) 14時開演 入場無料
「音楽のふるさと あなたに贈る クリスマスコンサート」
箏(琴)の奥村京子さん、ピアノ&ヴォーカルの山際規子さん、クラリネットの高橋光江さん。
そこに賛助出演と言うことでクラリネット高橋正紀さん。
と強力な4人の皆さんです。
ぜひお楽しみに!

クラリネットの高橋さんたちは12月24日に、ここでクラリネット五重奏団「アンサンブル・ベヴィトーレ」でコンサートがありますよ。無料だと思いました。。たしかw
e0046190_152233100.jpg

県立植物園です。

ということでいろいろお知らせしました!
次はCDについてアップします!
by concerto-2 | 2012-11-30 15:23 | 演奏会のこと | Comments(4)
いやいや〜載せたと思ってたのに載せてませんでした。
今日の金曜日はこちらがあります!
e0046190_91117.jpg

午後2時から西堀地下のローサさんの一番イタリア軒側にある、よろっとローサさんで琴の奥村健一さんのライブがあります! 今回のゲストは新潟室内合奏団の首席フルート、福田聡子さん。
入場無料です。ぜひいかがでしょうか。

そしてこちらもあります!
e0046190_9131687.jpg

水と土の芸術祭のメイン会場である万代島旧水揚場で12時10分から13時まで。
フルート市橋靖子さん、パーカス本間美恵子さん、キーボード川崎祥子さんのトリオによるコンサートです。
こちらも入場無料。間違いなく寒いです!も〜屋外と言ってもいいところですので、暖かい服装で行きましょう。

ということで今日はこの2つ掛け持ち出来ますで! 2つとはいいませんが、ぜひどちらかでも行っていただけたら嬉しいです。
by concerto-2 | 2012-11-30 09:16 | 演奏会のこと | Comments(0)
昨日は一応休日扱いにして昼くらいから夕方まで外へ!
(あー風邪が治らん!)

まずはパユ様のコンサートチケットの精算でだいしホールさんへ。
早速次回のだいしさん主催のライフアップコンサートのチラシとチケットをお預かりしてきましたよ!
e0046190_17315648.jpg

2月23日(土曜日) だいしホール 15時開演 チケット前売り2000円 当日は2500円。
「新倉瞳 チェロリサイタル」
まぁ〜パユ様ほどの盛り上がりにはならないと思いますが、この新倉さんはなかなかいいチェリストさんですよ。
CDも出されています。今の日本の若手チェリストの中でも有望株。
そしてこの公演はまた県内の学生の皆様をご招待(100名)ということもあります。
どうかチラシ裏面を見て下さいね。いいコンサートになると思います。チケットも扱っております!!

そして昼食べて向かったのは新潟市美術館! 略してシビ。
こちらを見るため!
e0046190_17353382.jpg

どーん! 出たー! って感じでインパクト強いですよね! 草間彌生さんの展覧会です。
実は、、、正直、、、あまり「見たい!」とは思っていませんでした。。
シビにもいくつか草間彌生さんの作品があって、よく目にしますが、そんなに。。。
というネガティブな精神のまま、入場したのですが。。。

面白い!!!

とっても面白いのです! これは〜お金払ってでも来るべきです!
e0046190_17384631.jpg

入口にはどでかいこんなのが!
e0046190_17375044.jpg

通路や中庭にもこんなのたちが
e0046190_1738282.jpg

そして、なんっつっても草間彌生さんといえば水玉アート!
それだけで構成された部屋があります!
e0046190_17393934.jpg

最初その部屋に入ると「ぐはっ!」と頭を抱えたくなるのですが、これが長くいると不思議な事に実に落ち着いて見えるし、気分も元気になってくるし、すごく居心地が良い空間になってくるのです。これは体験してみないと理解不能です。ほんと最初はクラクラするんですけどね。思わず何回も入っちゃいました。

それと同じ位にお勧めなのは、これも個室になっていて、そこに数人で入る。そこには無数のライトと鏡。
真っ暗な中での星空体験みたいな(あくまでもみたいですが)部屋があります。これがまたいい。

それとたくさんの大きな絵画たち。そういったものがつくる展示室たちは実に統制がとれているとでも言ったら良いのでしょうか。そのご本人の容姿から受けるアヴァンギャルドな時間とは異質な物を感じましたね。
実はけっこう実力派なんだ! と。そりゃそうですよね、フェイクではこんな有名になって長続きしないでしょうし。
でもそんな当然な事を再確認させてくれる素晴らしい展覧会です。
これはお子さんなんかも喜ぶと思いますよ。
最初に載せたポスターを見て「うひゃぁ〜行かない」と思われる方も多いかもしれません。
行ったら、きっと楽しいです! これは行ったものでないとわかりませんね。
充分お勧めしたい展覧会です。

あと余談ですが
私が行きましたら、美術館のご担当さんが、なんと私を待っていてくれてました。びっくり!
ブログを読まれてて、待っててくださったとのこと。次回の展覧会の資料をいただきました。
またそちらも宣伝しますね。どうもありがとうございました。

これも余談になりますが、そんな素晴らしい展覧会でしたが、一つだけ気になる事が。
とても細かい事なのかもしれないけれど、う〜んこれは気を付けた方が良いかも。
気をつけなくてもマイナスではないのですが、プラスを生み出せない。
この「あること」に着目して実践しているのが東京ディズニーランドなんです。TDLでは絶対にしない。
それがあったので、う〜ん気持ちは分かるけれど勿体ないかな〜。そんなことも思いました。
それが何かは直接お聞き下さればお話しします。書くと「な〜んだ」と思われるような事なんですけどね。

それにしてもいい展覧会です! ぜひ新潟市美術館さんにお立ち寄り下さい。
それに美術館がある西大畑のあたりっていいですよね〜歩いても自転車に乗っててもふと立ち寄りたいところが多いです。
そして帰りにはいつもそっち方面に行ったら必ず立ち寄るスィーツの名店「ヒロクランツ」さんにも行ったし。。
いい休日でした。でも外で歩くと風邪治りませんけどね。ツイメ様のコンサートまでに咳だけでも直さねば。。

美術館と言えば! 新津美術館さんもいろいろやられています。
こんなコンサートがありますよ!
e0046190_17535829.jpg

12月1日 19時開演で「音の展覧会」というタイトル。一般は2000円 小中学生は1000円 要申し込み
出演はたくさん! フルートの市橋さん、オーボエの金子さん、クラリネットの広瀬さん、ファゴットの小武内さん、ホルンの宮野さん、トランペットの藤井さん、パーカスの本間さん、ヴァイオリンの廣川さん、庄司さん、田代さん、加藤さん、ヴィオラの佐々木さん、チェロの渋谷さん、コンバスの星野さん、ソプラノの山下さんという豪華メンバー! 企画編曲は小西先生ということです。もうちっさなオーケストラですよ。
きっと素晴らしいミュージアムコンサートになることでしょう。お楽しみに!

ギャラリーコンサートではこちらもあります。
古町8にあります羊画廊さん。
この羊さんの分館みたいなのがすぐ近くの西堀通りに「小羊画廊」というのがあるんです。
そこでギャラリーコンサートが行われます。
12月8日(土曜日) 19時開演 1000円
「チェロ&コントラバス 演奏会」
出演はチェロが渋谷陽子さん、コンバスが別森麗さんという素晴らしいデュオ。
ぜひいかがでしょうか。子羊画廊さんはまだあんまり知られていませんが、本館の羊さんより演奏会には向いているスペースだと思います。ちなみに子羊でコンサートは初めてですね。ぜひいかがでしょうか。
申し込みは。。。羊画廊さんの方まで。025−224−1397です。
その頃の本館の羊さんのほうでは「皆川リョウイチ 展」というものが行われています。
これがまた素晴らしいですから! もー一度見たら皆川さんのファンになる事間違いなしです!

ということを今回お知らせしました。美術館やギャラリーなどで、どんどんコンサートが行われて、演奏の場みたいな場所が増えていくといいですね。

と思っている中、哀しいお知らせが。
今朝の新聞にも載っていますが、数々の素晴らしいコンサートを行ってこられた東北電力グリーンプラザさんが3月いっぱいで閉館なさるとのこと。
仕方ない事情もわかりますが、残念ですね。ここは私もよく出入りしてました。スタッフの皆さんも小林さんや森平さんをはじめとして皆さん一生懸命な方々でした。とても残念です。
こうなるとロビーコンサートでよく知られているところって新潟市役所くらいになります。
もちろんいろいろなところで行われてはいますが。なかなか広報が追いついてません。
プレイヤーさんにとっても、ちゃんと仕事になるところなので貴重だったんです。残念です。

今日のCDは久々に入荷! これは不滅の名盤です。
e0046190_1875733.jpg

ヴァイオリニストのラウテンバッハーがリーダのしているトリオによる
ビーバーの「ロザリオのソナタ」です。
まだお聴きになられていない方いらっしゃいましたら、ぜひ一度お聴き下さい。私に騙されたと思っていただいてもいいです。今回2枚入荷してきました。これはいいですよ!
曲も演奏も。

暖かくしていきましょう。
e0046190_18115037.jpg

またまたテルツォさんで「牛スジの赤ワイン煮込み」です。
テルツォさんは安く早くそして美味く!なので重宝してます。イケメンのオーナー井黒さんグッジョブ!

まだまだお知らせしたい事がたくさん有るのですが次回に!
とにかく咳をとめるべく養生します! 
by concerto-2 | 2012-11-29 18:13 | 展覧会のこと | Comments(2)

Noismさんの〜。

今、りゅーとぴあさんにいくとロビーフロアでこんなの開催中ですよ!
e0046190_16481832.jpg

松本で中国の不思議な役人をやったときの写真展。リハも含めてのショット。カメラは篠山紀信!
e0046190_16493257.jpg

ずらっとたくさんありますよ。
e0046190_16495087.jpg

以前BP2で行われた時のものと同じと思いますが、再びこうしてみても壮観です!
当然無料ですので、ぜひりゅーとぴあで見てくださいね。
そしてその時の演目「中国の不思議な役人」の新潟初公演が間近です。
e0046190_16552495.jpg

来月の20&21日ですね。この時一緒に演じられる「solo for 2」という作品もいいんですよ。
初演の時私も見ました。バッハの無伴奏ヴァイオリンなどをバックにシンプルに踊る、コンテポラリーというよりバレエといった趣の作品です。ですのでバルトークとのコンビというのはとっても興味ありますね。
ぜひ見に行きましょう! Noismって見ないと全然わからないと思います。
もし、見に行きたいんだけどお金が〜〜という方に、あんまり大きな声では言えない話をこっそりと。。
この公演のポスターを貼ってあるお店って目にしたりしません? もしあったら、そこのお店には無料招待引換券がいってる場合が多いのです。お店の人に聴いてみましょう!案外とあったりしますよ。
私もガソリンスタンドやラーメン屋さんで聴いてみたらあって、いただいたことがあります。恥は一時!思い切って聴きましょう!(こういうことは劇場公演だけですからね)

で、これらはNoism1さんですが、Noism2さんも頑張っています!
新公演のチラシがでてましたね。
e0046190_1715983.jpg

Noism2さんの公演は2月22日〜24日です。柏崎は3月8日、妙高は3月9日です。
前回は名作「火の鳥」で大好評を博したNoism2さん。
今回は、、、元Noism1の山田勇気さんの新作と。。。な、な、な、なんと! Noismの代名詞的な作品であった「NINA」ではありませんか!! これは驚き!
かってNoismの知名度を一気に上げたり、NHKなどにも放送されたりした名作「NINA」
このNINAのプリマは今のところ3人だけ! 初代の井関佐和子さん、そして再演の時のWキャストだった中野綾子さんと、、、え〜っと私の記憶では高原伸子さんだけど違ったかな。。。すいません。
なんせ再演の時には当時私の憧れのまとだった中野綾子さんのセンターを、どーしても!見るために前から3列目のセンターをゲットした私でした!! それが今では中野さんと友人付き合いをしていることが当時からすると信じられませんよ。
あの頃ってNoismといえばNINAみたいな感じがありましたよね。
それだけシンプルでありながらインパクトがあり作品です。もちろんNINAが嫌いだという人もいて当然な作品ではありますけど。しかし見てない人には一度は見て欲しいですね。
今回のセンターはどなたがされるのでしょうか。
でもよく見ると「NINA」は完全版ではなくて一部版なんですね。ちょっと残念ですが、これはきっとNINAをもってNoism2さんに各所でまわって見てもらおうと言う狙いがあり、その先駆けの事なのかなと期待しています。

その私の憧れの的であった中野綾子さん。Noismをやめる少し前に知り合いになれた時はほんとに嬉しかったですね。それから彼女はドイツに渡り、、、なんと新潟に戻ってきてくれて、加藤千明さんとともにご自身の故郷でもない新潟の地で今も頑張ってくれています。
公演がもうすぐありますよ。
e0046190_17161445.jpg

12月22日です。よくオルガンの公演が行われる新潟駅近くのカトリック花園教会です。
音楽が付きます。チェロ根津要さんとチェンバロ笠原恒則さんという強力なる布陣。
ダンサーの中野さんと加藤さんは超がつくほどのバッハ好き。きっとバッハ好きの方にはダンスの面でも音楽の面でも楽しめる構成になるのではないでしょうか。考えてみれば贅沢な話ですね〜。
ぜひご予約を。

笠原さんと言えば。
先日のインストアライブ&三条での公演も盛況のうちに終り。
もう今日連絡が来て、撮影したものをyoutubeにあげる準備をされています!
私ちょっと映像見せてもらいました。伝わりますよ〜スモークオンザウォーターの重量感が!
思わず歌っちゃいますよ!「俺たちゃモントルーに行ったぁ〜ジュネ〜ブ湖畔さぁ〜」(by王様)
オッケーになりましたら、ここでもお知らせしますのでお楽しみにです!
ぜひ来れなかった方にも見て欲しいし、こうして載せてPRしていくと、やがてはすごい広がりになる気がするんですよね。ぜひ皆様も拡大にご協力を。

今日のCDはヴィジュアルもいいけど、中身も良さそうですよ。の2枚を。
まずはヴァイオリン神尾真由子の新譜です。
e0046190_1729016.jpg

フランクのソナタ、ブラームスの2番ソナタ、Rシュトラウスのソナタの3曲が収録されています。
こういう強そーな女性が好きだという方も多い事でしょう。

反面こういう柔らかい笑顔がたまらないという方も多いでしょうね。
e0046190_17313764.jpg

木曽真奈美さんの展覧会の絵です。チャイコの舟歌とラフマニノフの23−5も入っています。
なかなかこのCD評判いいみたいですね。レコ芸でも特選でしたし、新潟のヤマハさんにも何度か来られています。私もいつか聴ければいいな〜と思っている方なんですよ。
ヴィジュアルが良くても、それだけ〜という時代は過ぎ去ったと思います。
実力があるからこそ、こうしてCDも出せるわけですし。

かって仲道郁代さんのことを「彼女もうちょっと顔が悪かったら良かったのにね〜」と御夫人がおっしゃられているのを耳にした事があります。なるほどね〜と思ったものです。
今はそういう事が無くなってきた世の中だと思うのですが、いかがなものでしょうか。
仲道郁代氏は頑張っていますよ。いまだにきれいなイメージを保持していってます。同い年として応援したいと思います。

月刊ウインド到着!
e0046190_17363443.jpg

12月は興味あるものがいくつもあるんです。
まず「黒部の太陽」は絶対に見る! そして見たいな〜というのは「バレエに生きる」と「ライク・サムワン・イン・ラブ」「スープ」。興味があるのが「聴こえてる、ふりをしただけ」「こうのとり、たちずさんで」あたり。たぶん全部は行けないと思いますが、なかなか充実している月だと思います。ぜひシネウインドにも行かれてみて下さい。
そしてシネウインドと言えば、新人のキューティMちゃんがかわいいのです! 今度演奏者さんたちの某集まりにも連れて行きますので。

いっこうに喉が復活しません。。。暖かくしていきましょう。。
ぐつぐつと。。
e0046190_17424848.jpg

まさにぐつぐつと煮立ってます! 火山さんの石焼ラーメンです。
これは温まります〜
ただちょっと私にはスープが濃いかな〜。
そういうと「薄味好みになったってことはおいらも年をとったものよ」と思っちゃうんですよ。
段々シンプル系が好みになってきていますなぁ〜。
昔はチャーシューが転げ落ちそうなほど具沢山のが好きだったんですけどね。

明日は一応休み扱いで1号さんに来ていただく事になってまして
市美にいってくるつもりです。あの点々のおばさまからすれば、まだ私なんか若造!
パワーもらってこようかと思っています。「草間彌生 展」で!

晴れて欲しいです〜!
by concerto-2 | 2012-11-27 17:51 | 舞台・演劇などのこと | Comments(2)

いろいろと。。。

県民会館さんのロビーにもこのようなものが設置されましたね。
e0046190_16437100.jpg

っこでサンタさんとの記念撮影がされます。来月25日まであるとのことです。
もうそんな季節ですね。早いものです。

寒くなってきました。またしても風邪をひいてしまったようです。声が出ません。。。
今日は昨日で長岡の近代美術館ギャラリーで素晴らしい個展を開いた書家の泉田佑子さんから電話あったんですが「声どうしたん!」と言われ、思わず「あんたの展覧会が開くまで外うろうろしてたらだわい!」と。
実際はそんな特定出来る事でなくいろいろな事が重なってまたひいちゃったんだと思います。養生しなくては。
あ、それで泉田さんの作品集の本、こちら2500円なんですが、もし欲しいという方いらっしゃれば手配出来ますので。よろしくお願いします。店においてあるのでぜひ見てみてくださいね。

週末の土日はばたばたしてたり、体調いまひとつだったため書いてない事がたくさんありました。
例えば、観てきました「新世紀エヴァンゲリヲン Q」を!
うーーーーーーん、、こうなってきたかぁ〜と、ここまで展開させるかね?と、たしかに意外なことには驚きましたが出来そのものとしてどうかな〜と思いました。「破」を観た時にはこれはすごい!と思ったのですが。

日曜日には東京で室内楽をやられ大好評だった井上静香さん。
来年2月にはこういうコンサートもあるそうです。
e0046190_1618941.jpg

ワンコインコンサートですね。
500円だなんて安すぎるぞ!といいたくなるような気さえしますが、こうして一つ一つ仕事をこなされていくのは大事な事ですし、そうしていけばまた大きな仕事もきますよね。

その井上静香さんと並んで新潟出身の素晴らしい弦楽器奏者、私も大好きな! 羽柴累さん。
現在オーストリアの方のプロオケで首席ヴィオラ奏者として頑張っていらっしゃいます。
2月にはソリストとしてバルトークのヴィオラ協奏曲を演奏されるとのこと。素晴らしいですね。
e0046190_16484122.jpg

羽柴累さんは来月末にはお母様である羽柴先生の門下発表会にゲスト演奏されることになっています。
私も楽しみにしています。ピアノは石井朋子さんが弾かれるそうなので私にとっては夢の顔合わせです。

明日は7の付く日ですよね。ということでこちらがあります。
e0046190_1625348.jpg

西川まちなかサロンコンサートです。明日はちーまま様と神田さんの黄金デュオ。
ちーまま様も昨日のパユ様を聴かれて充電たっぷりなことと思います。頑張って下さい。

水と土の芸術祭の一環事業らしいです。
こちらなんですが。
e0046190_16272633.jpg

12月24日に市民プラザでおこなわれるオーケストラNIIIGATAというもの。
これの出演応募申し込み中だそうです。
私も全然知りませんでしたが、極論を言うと楽器出来なくともいいんだそうです。
なんか叩くとか、歌?とかなどなどで参加する事に意義あるというようなことなんだそうです。
うーん、なんか安易な感じは否めませんが。。。オーケストラと付けると敷居高くなりますよね。
そして24日って市内中いろいろある日で、私もその日は3カ所を駆け回っています。
もしこういうイベントに参加してみたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひご応募されてみて下さい。

3.11震災で延期になってしまったコンサート。復活です。
e0046190_16311826.jpg

佐渡裕&辻井伸行&BBC でラフマニノフ2番、幻想という、やる予定だったものを来年の春に実現出来る事になったそうです。
あの日の事とか思い出しそうになりますね。
きっといいコンサートになる事でしょう。

今日ずっと聴いていたCDがこちら。
e0046190_1633583.jpg

ゴールドベルク変奏曲のハープソロ版が大好評だったハーピスト、カトリン・フィンチの新譜でジョン・ラッター作品集です。自作の曲も入っています。
も〜ラッターの世界ですね。なんというかイギリスの田園音楽とでも言ったらら良いでしょうか。
穏やかな気持ちになります。フィンチの自作はケルティック協奏曲というケルト音楽に触発されたような作品です。聴きやすい1枚です。

ハープと言えば話題作としてこちらもありますよ。
e0046190_16372685.jpg

こちらは発売元のチャンネルクラシックスの社長様がべた褒めのハープ奏者、ラヴィニア・マイヤーの新譜でフィリップ・グラス作品集です。最後なんか映画「めぐりあう時間たち」セレクションなんかもあったりします。
フィリップ・グラスの世界も独特ですよね。さっきのラッターとは違う意味でBGM的とも言えるのですが、音楽的には全く違います。分かりにくいという事はありません。瞑想なんかにはいいかなぁ〜。
youtubeとかでも一部聴けると思いました。部分部分を聴くとグラスの音楽って引きつけられるんですよね。
いかがでしょうか。

ハープものってなかなかいいですよね。個人的に好きです。

ついに当店も暖房をつけはじめました。(って遅いかw)
暖かくしていきましょう。
e0046190_16431521.jpg

いきつけの立ち飲みカフェ「テルツォ」さんに飛び込み、「なんでもいいから温まる食べ物!」といったらセレクトしてくれたのがこれ。
「ゴルゴンゾーラのパングラタン」
ほっかほかで美味しかったです。テルツォさんのような立ち飲みのとこって、さっと入ってさっと出て来れるとこがいいんですよね。変に落ち着いたりしない。ぜひ上古町に来られましたらお立ち寄りください。水曜日定休。

ほんと暖かくしていきましょう。
今日も早く寝る事にします。っていつも本読んでて起きてたりしているのですが。。
明日は声がもっと良く出ますように。。。
by concerto-2 | 2012-11-26 16:46 | 演奏会のこと | Comments(4)

パユ様降臨。

行って来ました、だいしホール!
フルート界の貴公子、エマニュエル・パユ様のコンサート。
e0046190_1884152.jpg

ま〜当然と言えば当然ですが。。。

すごかったです。

音色といい音量といい技術といい、もう余裕しゃくしゃく。
さすがは現代フルート界の頂点にいる人ですよ。

プログラムは
クラカンプ&ブリチャルディのヴェルディ「椿姫」によるファンタジー
ライヒェルトのファンタジーメラコリック
チャイコフスキー(ブラウンシュタイン編)のレンスキーのアリア
タファネルの「魔弾の射手」によるファンタジー

グルックの妖精の踊り
フォップスの「魔笛」によるファンタジー
ビゼーのカルメン第3幕への間奏曲
ボルヌのビゼー「カルメン」による華麗なるファンタジー

アンコールは
フォーレのシシリエンヌ
ビゼーのカルメン第3幕への間奏曲

という内容でした。
ピアノは国立の先生でいらっしゃる河原忠之さん。

文句無しですね。こういう人がだいしホールという場に来て演奏してくれた事を素直に喜びましょう。
第四銀行さんありがとうございました。
担当、阿部さんお疲れさまでした。(明日電話します)

このコンサート、チケットを売るぞ!という意気込みで頑張ったら、この会場のキャパの約3分の1を販売しました。90ちょっと。その達成感が私個人としては嬉しい。
今のところメジュ様の80ちょっとを抜いて当店の記録になりました。皆様ありがとうございました。

当然とはいえ
いい演奏会でしたね。

だいしさんのライフアップコンサート次回はこちら
e0046190_18224481.jpg

2月23日にチェリストの新倉瞳さんです。
ヴィジュアルだけでない、優れたいいチェリストですよ!こうご期待!
チケットも取り扱えたらいいな〜。

パユを聴きながらですが、心の中では西川のアテナ音楽プロジェクトさんを応援していました。
e0046190_1824583.jpg

柳本幸子さんに力を!

いいコンサートだった事と思います。どうだったでしょうか。

三条でも大作さんと笠原さんの素晴らしい演奏が炸裂した事と思います。

東京では井上静香さんたちのコンサートが行われていました。
e0046190_18245128.jpg

聴きに行かれた某偉い方から「よく練り上げられた、聴き応えのある演奏でした!」とお褒めのお言葉をいただきました。さすがです! よかったですね。

なんかいろいろあった一週間でした。
ちょっと私もまた風邪ひいちゃったようなのですが、今の軽いうちに撃退したいと思っています。
明日からまたいい一週間がはじまりますように。

PS
昨日のインストアライブでお越しのお客様にご連絡なのですが、傘のお忘れ物が2本あります。
おとり置きしておきますので、お気づきの方はお知らせ頂けたらと思っております。
by concerto-2 | 2012-11-25 18:29 | 演奏会のこと | Comments(4)
午後から3回行われたインストアライブ。
e0046190_21212412.jpg

3回とも満員!
そして皆さん楽しんでいただけたようです。
よかった〜よかったよかった。
笠原さんと大作さんの演奏はすごかったですね!
特にディープパープルの「ハイウエイスター」「スモークオンザウォーター」「バーン」の3曲は「なるほど!」と思わせてくれるアレンジ。
これはぜひyoutubeにのせた方が良いと思いましたよ。
笠原さんのアレンジャーとしての技量が開花してきていると思います。まだまだこれからすごいことをきっとやってくれると思います。お楽しみに。
そして、まるちん大作の型にはまらない個性が多くの人に聴いてもらって、そして見てもらってよかったです。

あ〜ほっとしました。
明日は三条での公演です! 素晴らしい内容ですよ! お近くの方はぜひ三条の方にも行かれてみて下さい。

明日はいろいろありますね。パユ様もありますが心情的には三条と西川のアテナ音楽プロジェクトさんにぜひ御客様が集まっていただきたいです。
いろいろあっていいんです。まだまだ裾野を広げられる余地は充分にあります。
今日のインストアライブでも7時の部にはヴァイオリニストの加藤礼子さんが来てくれました。
加藤さんも新潟に戻って、まだ長くありませんが、いろいろな人に知っていただいてヴァイオリンでのビジネスというものを軌道に乗せて欲しいですね。今日がいい機会になったすればよかったです。

ライブ中は店をクローズしてまして、なにかあるといけないので出入り口にいました。
すきま風がずっと入ってきて、ちょっと。。なんというかあんまり暖かくはない場所でして。。
今日は早く寝ます。

笠原さんと言えば21日の新聞に載ってましたね。
e0046190_21285393.jpg

上越で飯田さんとのデュオのコンサートがあったそうです。
素晴らしい! いろんな場所でいろんな活躍ができるっていいことです。

また今朝だったかな、こういう記事もありましたね。
e0046190_2128194.jpg

薫風之音さんの公演の事です。
新潟は邦楽器の皆さんが元気いいんです!ぜひこの公演も満員になることでしょうけど、皆さんお楽しみに。
薫風之音さんはCDも出されますね。

なんかいいじゃないですか!新潟の音楽界って。
未来は明るいと思います。みんながみんないい仕事ができるようがんばりましょう!

明日はまるちんによると、いい天気だそうです。あたるかな〜
今日はありがとうございました。
そして笠原さんと大作さんありがとうございました。明日もかっ飛ばして下さい!
by concerto-2 | 2012-11-24 21:33 | 演奏会のこと | Comments(6)
この週末はです。
明日の土曜日!!
当店でのインストアライブがあります!
e0046190_19133819.jpg

リコーダー大作綾さんとチェンバロ笠原恒則さんによりますインストアライブ。
おかげ様で3時5時7時の3回公演とも全て定員になっております。ありがとうございます。
25日は三条での公演もありますので、そちらもお願いします。
それと、インストアライブの時間帯は店としてはクローズさせていただきますので、ご了承下さい。
ですから3時から4時、5時から6時、そして7時以降はクローズとなります。
駐車場も午後からは演奏者さんの車を停めますので、空きません。そちらもご了承下さい。
入場料をとってのインストアライブは初めてなんですが、とにかくやってみないと!
今後も企画する予定です。その第一歩! 良いライブだったと言われるようにします。

りゅーとぴあコンサートホールでは、ワンコインコンサートがありますね。
e0046190_19192096.jpg

明日はロシア民謡ですね。11時半から。

北区文化会館では、念願のミュージカル!
e0046190_19203923.jpg

24日と25日に行われます。北区フィルの皆さんの音楽にもご注目下さい! 北区ホールさんの企画力と実行力はすごいです!

県内ツアー中。ベザリアンさん。
e0046190_19253647.jpg

24日は長岡リリック、25日は新発田文化会館、28日はりゅーとぴあだそうですね。

24日はこんな感じでしょうか。
25日の日曜日は!

大作さんと笠原さんの三条公演よろしくお願いします。
まだ定員にはなっていないので聴きに行けますよ!ぜひ!

で日曜日はやはり。
e0046190_19273213.jpg

だいしホールのパユ様でしょう〜。私も行きますが完売札止めですからね〜入場前は並んでるかもしれませんね〜。

りゅーとぴあコンサートホールさんでは市吹さん。
e0046190_19283221.jpg

新潟市民吹奏楽団さんの定期です。午後2時開演。

西川ではアテナプロジェクトさん!
e0046190_19294136.jpg

アテナ音楽プロジェクトさんとは柳本幸子さんを中心として、ある主旨に賛同して集まられた演奏者さんたちのことです。詳しい話はまた別の機会に。とても豪華な皆さんですよ。
e0046190_19322699.jpg

入場無料で14時開演です。

フルート本宮さん頑張っていらっしゃいますね。
e0046190_19321584.jpg

万代市民会館です。要申し込みで50員定員だと満員になっているかもしれませんね。

というところですが、、東京の方では井上静香さんがあります!
e0046190_19344436.jpg

東京方面の皆様、よかったら聴きに行かれて下さい。

土曜の夜11時からのFMPORT「クラシックホワイエ」
今週は面白いテーマ。選曲もへー!
こちらです。

放送日 2012/11/24

【チクタク・クラシック 時を刻む音楽】
時を刻む音楽をテーマにお届けします。

【曲目】
◆ハイドン:交響曲第101番「時計」ニ長調 より 第2楽章 アンダンテ
  シギスヴァルト・クイケン指揮
  ラ・プティット・バンド

◆ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調
  フランス・ブリュッヘン指揮
  18世紀オーケストラ

◆ルロイ・アンダーソン:シンコペーテッド・クロック
  レナード・スラットキン指揮
  BBCコンサート・オーケストラ

◆リゲティ:「100台のメトロノームのためのポエム・サンフォニーク」より一部
  フランソワーズ・テリュー(メトロノーム)


【新譜情報コーナーmyNEW】
フルートの上野星矢さんのデビュー・アルバム「万華響」
(DENON COCQ-84980)
◆ラフマニノフ:ヴォカリーズ

という内容なんです。

おーーー!!! この最後の上野さんのCD、実は私もいいな!と思っている1枚なんですよ。
e0046190_19374326.jpg

この千原ジュニアみたいなフェイスのフルーティスト上野星矢くん面白いです!
CDとしてもこれお勧めですよ! すっごく面白い。
できればこのヴォカリーズより、違う曲の方が聴く人の耳を奪えるのでは〜と思ったりもしたんですが。
個人的には熊ん蜂の飛行とボリングの曲とYMOの東風はすっごく面白い。フルートのCDとして久々に目が覚めるような1枚です。

最後に品田真彦さんのリサイタルをご紹介。
e0046190_1941462.jpg

入場無料だなんてもったいない! でも聴く人にはお得ですね。
12月9日に西コミュニティセンターで午後2時 入場無料です。ぜひいかがでしょうか。

今日は懐かしい人と電話で話せました。変わらぬ口ぶりには笑ってしまいました。
早く帰国するのを楽しみにしています。
4号と店の中でバッハのドッペルを弾いてくれたのが、ほんのこの前だったような。
早く春が来ませんかね。
明日はいい天気だといいなぁ〜。。インストアライブがお客様に喜ばれますように。。
by concerto-2 | 2012-11-23 19:48 | 演奏会のこと | Comments(1)